御宿のお宿にて

テーマ:

さて、午前も午後もハイキングでいっぱい歩いた後は、

予約を入れておいた宿に、チェックイン☆


美人の湯で有名で、テレビ番組「もしもツアーズ」でも登場したことのある、

「御宿温泉 元湯」


毎日はっぴぃ気分☆-御宿温泉 元湯


実はこのお宿、2年前と3年前にも宿泊したことがあり、

今回で3度目のリピーターなのです (^^ゞ


秋のこの時期は、ちょうど伊勢海老祭りとかやっていて、

味覚的にも嬉しいし♪


リピーターのおかげか、とっても良い部屋を準備してくださったり、

姫をかわいがってくださったりして、

感謝感謝です。



毎日はっぴぃ気分☆-オーシャンビュー

お部屋の窓より。

目の前が御宿の港で、オーシャンビュー☆

朝から晩まで一日中、波の音も楽しめます。



毎日はっぴぃ気分☆-南国チックな窓眺

一番良い角部屋を用意してくださったので、日当たりも抜群。

ちょっと凝った窓の手すりと南の島の木が、南国の楽園的雰囲気を醸し出しています。



毎日はっぴぃ気分☆-F1001212.jpg

ふと座卓に目を向けると、嬉しいおもてなしが (^^)

近隣にある、天津小湊名物の鯛せんべい♪

あの優しい甘さと、パリっとした歯ごたえが大好きな逸品です。


ちょっと一息入れたあと、美人の湯へ(笑)

これ以上綺麗なったら困っちゃうけど(爆)

一泊中計3回もお湯につかりました (*´д`)~3



毎日はっぴぃ気分☆-F1001214.jpg

さてさてお待ちかねの夕食♪

ここの板前さんは、とっても美味なお料理をたくさん並べてくださいます。

だからフレーム内に全部収まりきれませんでした (^^ゞ


前菜・酢の物・お造り・煮物・揚げ物・鍋物・椀物などなど。

前菜だけでも数品、すべて凝ったお料理だし、

天ぷらに至っては、食べるのが遅いはっぴぃが手をつけたときも、まだカリカリ☆

デザートのメロンをお部屋にお持ち帰りするほど、お腹いっぱいになりました♪



毎日はっぴぃ気分☆-F1001215.jpg

ちょうど伊勢海老の美味しいシーズン。

夫君が別注文で、伊勢海老のお造りを予約しておいてくれました。


弾力のある歯ごたえに、濃厚な甘味。

まさに海老の王様と呼ぶにふさわしいお味でした。



毎日はっぴぃ気分☆-F1001218.jpg

お風呂の閉まる時間ギリギリの22時まで館内をうろつき(笑)

何気に気に入っている、ロビーにある木彫りのテーブルを激写(笑)


ガラスの上板の下に、凝った装飾が。

たくさんの動物たちが収まっています。


でも次の日は、海からの日の出を撮りたいから、そろそろ休まなくちゃ

ということで、一日目の夜を閉じました。



次の日は、示し合わせたワケでもないのに、

みんな朝5時ごろから、モソモソ起き出し(笑)


毎日はっぴぃ気分☆-早朝の月

5時半前、まだ蒼が濃い空の中、

白い月が海とはっぴぃを、静かに見守っていました。



毎日はっぴぃ気分☆-5:29 日の出

5時29分、空が朱に染まり、ぽっかりと太陽が顔を出してきました。



毎日はっぴぃ気分☆-5:36 港の朝陽

7分後の5時36分には、輝かしい太陽の全貌が。

ちょうど一隻の船が停泊していたので、なんだか良いアクセントに(笑)



毎日はっぴぃ気分☆-防波堤灯台と朝陽

防波堤堤防を照らし出す朝陽。

琥珀色の空と海、そして防波堤堤防と人のシルエットが、

ドラマティックな雰囲気を演出しています。


この旅行で初の望遠レンズ使用。

それまではすべて標準で頑張っていました (^^ゞ


(疲れきりすぎて、レンズ交換すらままならなかったのが事実だったりして(^^;))



毎日はっぴぃ気分☆-黄金色の海

宿の隣に鐘つき堂があるので、帰り際昇って撮ってみました。

5時54分、すっかり日は昇り、

空や海は、琥珀色から黄金色へと変化を遂げていました。

これぞ、自然の宝石です。



部屋に戻り、一息ついて朝風呂へ。

その後は、これまたお待ちかねの朝食♪


毎日はっぴぃ気分☆-F1001228.jpg

昨夜の伊勢海老がお味噌汁になって出てきたのですが、

その前に撮っちゃいました (^^ゞ


実は青魚が苦手なはっぴぃ。

だけどここの鯵の干物だけは、香ばしくて美味しくいただけます。

カルシウムチャージ完了(笑)


女将さんお手製の卵焼きも、とっても優しいお味で大好きです。



帰り支度をしてチェックアウトし、そのあと寄ろうと思っていたスポットがあるのですが、

残念ながら今年の夏で閉園していたので、そのままノンストップで帰りました。


前日のお家騒動+体調不良で、

一時は本気で旅行に行けないと思いましたが、

お初スポットの花野辺の里や鵜原理想郷や海辺の自然で癒されたし、

美味しいお食事や、温かいおもてなしで心和み、

やっぱり行って良かったです♪



あとは運動会ネタとか、今までUPできなかった旅行記とかあるんだけど、

やっぱり肉体的にも精神的にも疲労が抜けていないので、

またしばらくは書けないかな…


まぁムリせずに、ボチボチやってきます (θωθ)/~ バイ

AD

鵜原理想郷

テーマ:

さて、花野辺の里をあとにしたはっぴぃ一家は、

昼食をとった後、ちょっと御宿方面へ戻り、

途中まで勝浦海中公園の道のりと重なる、鵜原理想郷へ。


(鵜原理想郷の詳細は、「千葉県勝浦市ホームページ 観光マップ:鵜原理想郷」 にて)


ココも、もうすでに3回目くらいかなぁ。

姫が生まれてから、勝浦に来るたびに立ち寄るスポットです。


でも今回は、はっぴぃの体調が激悪だったため、

(失語症で声が出ないのだけど、一生懸命意思を伝えようとするもんだから、

 ムダに器官と全身に負担がかかって、もぅヘロヘロ状態..._| ̄|○)

最初は山道を越え、全長2300mのコースを回りきれるか不安でしたが、

夫君と姫に手を引かれ、おケツを押してもらったりして(苦笑)

なんとか回りきることが出来ました。



毎日はっぴぃ気分☆-手弱女平より太平洋を望む1

ひとつめの岬、手弱女平。


切り立った崖と広がる海。

いつ訪れても、空も海もどこまでも澄んだ蒼。

理想郷の名にふさわしい絶景です☆


この風景を見ると、ココまで登ってきた疲れを忘れ、

本当に来て良かったと思います。



毎日はっぴぃ気分☆-手弱女平より太平洋を望む2

ちょっと角度を変え、モノクロ風の風景。



毎日はっぴぃ気分☆-手弱女平の鐘

この岬には鐘があり、永遠の愛を誓い合ったカップルたちの痕跡も(苦笑)

はっぴぃは、ひとり虚しく鐘をつきましたとさ (^^ゞ



毎日はっぴぃ気分☆-勝浦海中公園

後ろを振り返れば、勝浦海中公園が。

今回は花野辺の里を優先したため、立ち寄りませんでしたが、

もう2・3回は楽しんだスポット。

あの螺旋階段も、これまた結構キツいんだ (^^;



毎日はっぴぃ気分☆-手弱女平のあずまや

老体

じゃなくて、軟弱な体に鞭打ったので(自爆)

ちょっとあずまやでひと休み。

絶景と海風が、疲れた体を癒してくれます。


このあと、毛戸岬・白鳳岬に立ち寄り、

山岳地帯では最後の絶景である黄昏の丘へ。



毎日はっぴぃ気分☆-リアス式海岸

勝浦海中公園方面の反対側には、リアス式海岸が連なります。



毎日はっぴぃ気分☆-黄昏の丘

ここでもあずまやが。

リアス式海岸を楽しみながら、ひとやすみ。


今までは、海を撮る時は、

光の光状が十字になる、クロススクリーンフィルターを装着することが多く、

また光量を調整するために、偏光フィルターも活躍してくれるのですが、

今回はすべてノーマル、かつほとんど標準レンズです。


やっぱり風景を撮るには、広角までまかなえる、標準レンズが最適です。

それに写真の原点は、小細工なしですから(笑)


今回の撮影テーマは、「風景」「家族」に加え、

写真の「原点」も意識してたかも。



さていつもなら、ひとつかふたつの岬、

もしくは最後の黄昏の丘で体力を使い果たし、

元来た山道を引き返して、ハイキングに幕を閉じるのですが、

今回は初めて、山をひとつ越えて、ハイキングコースを一周回ってみることにしました。


というか、地図を見たら、黄昏の丘の先は海岸沿い。

ってことは、山道を戻るより、よっぽどラク!?(笑)

そんなヘタレな発送から、行き先を決めただけです(自爆)



毎日はっぴぃ気分☆-鵜原海岸船曳場

でもヘタレはっぴぃの予想は、大当たり。

緩やかに下った先は、鵜原海岸の船曳場。


漁船たちがお行儀よく整列し、

漁師さんたちが網の手入れなどする、

なんとものどかな風景に癒されました。



毎日はっぴぃ気分☆-鵜原海岸でのシルエット

そして海に佇む、ひとりの少女。

イィ背中してますね~(笑)

姫はスイミングやってるから、後姿だけはカッコイィです(自爆)



毎日はっぴぃ気分☆-鳥居を発見!!

海岸を歩いていると、白い鳥居が見えてきました。



毎日はっぴぃ気分☆-鵜原海岸を見守る鳥居

なんだか厳粛な気持ちになり、気付いたら海に手を合わせていました。

これからも、鵜原の海の安全を、見守っていてくださいね。



さてさて、歩きまくった旅の一日目は、これでおしまい。

お次はチェックアウト後のお宿記事…

書けたら書きます (^^ゞ


なんせ、いつ何が起こるかわからないし、

それでなくても、日々忙しすぎる生活をしているので (^^;


AD

花野辺の里

テーマ:

さて、月の沙漠の舞台である御宿海岸で楽しんだ後は、

さらに南へ進み、勝浦方面へ。


これまで御宿や勝浦に、3回ほど足を運んだことがありますが、

毎回のように、勝浦海中公園など同じスポットしか巡っていなかったので、

はっぴぃの事前ネットリサーチにより、今回はお初スポットへ。


勝浦「花野辺の里」 (←HPはクリック)


まだ開園して5年ほどだから、

10年前に買った「るるぶ」に載っていなかったのも無理はなく (^^ゞ

ってか、イィ加減買い換えろって(自爆)


広大な敷地の中を、四季の花を楽しみながら散策なんて、

まさにはっぴぃの萌えポイント、直撃ずっきゅ~ん (ノ^。^)‥‥…━━━━━☆(笑)


それは予想に反することなく、

入り口や企画からして、ワクワクの連続でした。


まず入場券を購入した際、

「七福神のスタンプラリーをやっていますので、どうぞ」

とご案内され。


順路通りに進んでゆくと、七福神の名の7つの門と、7体七福神様が♪



毎日はっぴぃ気分☆-七福神

画像編集ソフトで、7ヶ所を1枚に凝縮してみました♪

門も、七福神様も、なかなか凝った造りです。

お賽銭は、小銭がある限り、頑張りました(笑)



毎日はっぴぃ気分☆-F1001231.jpg

そして、7ヶ所巡った証 ☆


祈願は…

夫君に没収されたため、不明です(苦笑)



毎日はっぴぃ気分☆-緑道

さて、園内は随所に渡り、風流な景色で目を楽しませてくれます。

青々しい竹林が、癒しへの道標です。



毎日はっぴぃ気分☆-赤い橋

和のテイストには欠かせない、赤い橋(笑)



毎日はっぴぃ気分☆-水辺の静寂

萩と青椛(もみじ)の奥には、睡蓮の葉の浮かぶ池が。

頭上も足元も、翡翠色の静寂。



毎日はっぴぃ気分☆-萩の道

はっぴぃが行った時期は、花の少ない時期でしたが、

萩の薄紫が、優しく可憐な雰囲気を醸し出していました。



毎日はっぴぃ気分☆-萩園

まるで淡紫の楽園。

優雅な時が、ゆったりと流れます。



毎日はっぴぃ気分☆-水車

またも和テイスト発見(笑)

水車も欠かせないアイテムのひとつ(笑)



毎日はっぴぃ気分☆-雛人形館

七福神巡りの最終地点には、雛人形の館があり、

そのきらびやかさに圧巻です☆

雛人形たちの前で、記念撮影もできます。



また運が良ければ、

ベールの着いた笠に着物の、古風で素敵なお姫様にもお会いできます。


…実のところはっぴぃは、写真を撮らせてもらいたかったのですが、

お家騒動のストレスによる失語症のため、声が出なかったので、

お声をかけられず (TωT)


次回リベンジ(笑)



ここ花野辺の里は、小高い丘ひとつ分あるので、

結構なお散歩コースです。


途中、七福神様やリアルお姫様に会えたり、

四季折々の花や自然の癒しがあるので、

お散歩は、全く苦痛になりません♪



さて、お次のスポットも乞うご期待 ☆


ここで結構歩いたのに、はっぴぃ一家は、まだまだ歩く…(笑)


AD

秋の海

テーマ:

毎年秋頃になると、はっぴぃ家は旅行に行きます。

今年も10月の連休に、旅に出てきました ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ


行き先は、2年ぶりの九十九里。

2年前、および3年前は、連続で行っていたんだけど、

昨年は、同じ太平洋側でも、北の方で遊びました♪

(参照記事:2008年11月エリア


今年は台風の後だったから、海岸が散らかっていたけど、

早朝から、姫はこの通り元気元気♪


毎日はっぴぃ気分☆-海辺で青春

九十九里道路の最初のパーキング(?)

というか、ただの休憩所かも (^^ゞ

にて。


朝7時42分、すっかりジョギングスタイルです(笑)


この休憩所から、数十分走ったところに、

今度はちゃんとしたパーキングエリアがあります。

(一宮PA)



毎日はっぴぃ気分☆-一宮PA

ちょっとした公園や、見晴台(?)みたいなものもあり。

見晴台があれば、登ってみなくちゃ損損(笑)



毎日はっぴぃ気分☆-丘の上より

朝8時の清々しい風と海。

時折にわか雨が落ちてきたけど、それもまた気持ち良く…


カメラが濡れるぅ~ ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ ヒョエェ~



毎日はっぴぃ気分☆-海岸沿いの遊歩道

デジ一ペンタくんをハンカチで包みながら、海岸沿いの遊歩道をお散歩。

どこまでも続く海と道。

あぁこのまま、地の果てまで行ってしまいたい(笑)

疲れてるなぁー(苦笑)



ひとしきり、九十九里沿いのパーキングで楽しんだ後、

ちょっと異動。


あの有名なシンボルがある海岸へ。


毎日はっぴぃ気分☆-月の沙漠

「月の沙漠を~」

で有名な、御宿海岸です。


…らくだに乗った王子様とお姫様像、オンリーで撮り忘れますた (^^ゞ


最近のはっぴぃの撮影テーマは「風景」なのですが、

今回の旅行は、それに「家族」を加えておりますゆえ、

姫画像がいつもより多く残っております。


今までは、写真詩を意識した写真を重視しすぎて、

風景でも人でも、全体像や自然のさりげない一瞬を、切り取れずに過ごしてしまったし、

姫は日々成長し、今年で小学校を卒業してしまうから、

子ども時代を、もっとたくさん残しておきたいし。


それに姫も、新しいコンデジで、はっぴぃ達を撮ってくれるようになったし♪


スナップ的な構図は、写真の原点ではないかと思うのです。

これまでマクロにこだわりすぎて、変わり映えのない絵ばかりになってきたので、

ココらでまた一皮向剥けてみようかと(笑)


旅日記は、写真がたくさんになりそうなので、

今回は、これでひとまずUPしちゃいま~す☆