盲腸騒動

テーマ:

先週の木曜日の朝、バッツリメイクして、車のエンジンまでかけたにも関わらず、

激しいめまいと嘔吐感で、仕事を断念。


職場に電話して、布団に倒れ込みました。


…ってか、布団上げちゃってたから、布団を敷けるようになるまでうずくまっていて、

しばらく動けなかったんだけど カゼ


午前中は、とりあえず死んだように眠り、

午後は少し落ち着いたので、近くの個人医院へ。


めまい系は、中耳の奥の器官にあるリンパ液が膨張することにより、平衡感覚がなくなる、

メニエール病のようだとのこと。

リンパ液が増幅するのは、ストレスから来るとか。


…何が原因か、わかっておりますとも。

だけどストレスの原因は、ひとつだけでなく、

いくつもの重圧や問題が、はっぴぃを攻め立ててくれております。


「これは、ゆっくり治療していくしかないねー」


でもたぶん、問題が全部カタついたら、少しは軽減すると思うけどね。

ひとまず、年度末までは、この症状に悩まされること覚悟。


めまいの原因はわかったとして、もうひとつ気がかりな症状が。

先週の火曜日の夜から、おなかの右下奥に鈍痛を感じていて。


診察した医師曰く、

盲腸に極めて近い」

と 叫び


「おなか綺麗だから、切ったことなさそうだねー。

 まだ盲腸はあるね?」


はい、まだブラブラぶら下がってるはずですけどー(笑)


ってなワケで、虫垂炎と子宮系も視野に入れて、血液検査。

そーいえば、子宮ってか卵巣も、癒着の可能性があるって言われたことあるっけなー

はっぴぃのカラダ、ガタガタね(自爆)


「明日朝一で来てね」

の言葉通り、次の日の金曜日、朝一で行ったら…




「血液検査は…
























 問題なさげだね」


問題ないのに、引き伸ばし過ぎだろっ(自爆)


でも部位が部位だけに、一度外科に診てもらった方が安心とのことで、

近所の総合病院の外科に紹介されて、その足で受診しました。


半日以上待たされた挙句、そこでは血液検査のみ。


「後日CT検査してみよう」


それだけ。

薬や診断結果は、一切なし。


で、不安と痛みを抱えたまま、週末を過ごし。


そんな中、日曜日に祖父の四十九日&納骨があり、

その前夜の土曜日の20時半頃叔父から、


「明日の法要で、果物の盛り合わせと、菓子折りと、清酒をお寺に納めなくちゃならないんだよー

 はっぴぃ、何とかして~」


…そういう大事なことは、早めに言ってくださいっ(大焦っ)

はっぴぃ、ハライタを抱えたまま、深夜0時までと24時間やっているスーパーをハシゴしましたよ(泣っ)


ってか、そーゆーことを何も関わってくれない母にも、

腹が立つやら、情けないやらガーン


四十九日当日も、お食事の手配やら、親族の送迎やら、叔父の面倒見やら、

色んなことこなしてたら、そのときだけは、ハライタも忘れてたけどね(苦笑)


でも、疲労とストレスから、体調はさらに悪化。


月曜日の午後には、CTの予約を入れていたから、

その時に診察もしてもらおうと思っていたけど、


「本日は、診察はしておりませんニコニコニッコリ」


挙句、

「CTの結果は、2週間後となります」





……


………



2週間、この痛みを放っておけと~!?むかっむかっむかっ



ビョーインって、どーゆー体制なんでしょう!?


しかも、

「明日はもう予約取れませんので、診察されるのでしたら直接来ていただいて、

 お待ちいただきますが」



…何だかもう、違う病気になりそうですよガーン


でも、2週間もの放置プレイは耐えられなさそうになかったので、

次の日の火曜日に飛び込みで受診しましたよ。


前回診てもらった医師とは、また違う医師。

それでも診てくれりゃぁ、誰でもイィ(苦笑)


「これは…




















 携帯(エコー室へ電話している模様)

 虫垂炎の疑いのある患者さんだから、大至急検査してっ」



やっと緊急性をわかってくれたのねーしょぼん


ということで、エコー検査。

その後、また血液検査。


…この数日間に、3回の血液検査で、はっぴぃの血液は何ml抜かれたのでせう?(苦笑)


ってか、CTのときに、造影剤も注入されたので、

はっぴぃの腕の血管は、穴だらけでございます叫び



さてここで、ちょっと話題は変わり、造影剤の感覚をご紹介(笑)


造影剤は、ヨード液を血管内に注入することにより、

より画像の解析度が高まるものらしい。


血管確保のために、あらかじめ生理食塩水を点滴しておいて、

撮影するタイミングが来たら、点滴チューブの脇から造影剤を注入するんだけど、


「入れた瞬間、体がかぁ~っと熱くなりますが、

 それは生体反応なので、通常のことだから、あまり驚かないでくださいね」


と看護婦さんに予告され。


どんだけ~ 熱くなるんだか

と思っていたら…
























頭のてっぺんから、爪先まで、

熱い液体が、ぎゅるるるぅ~っと、

体中を駆け巡ったのがわかる感じ



…というような、感覚(苦笑)


CTの撮影時には、息を止めるんだけど、

あまりの熱さに、息も絶え絶え。

目を閉じていたら、瞼の裏に一面赤い情景が映ったくらいだもん(苦笑)


で、最後には膀胱に辿り着くようで、

下腹部が、じわ~っと生温かく感じたから…
























はっぴぃ、

もらしたのかと思いましたよ~(爆)



まぁ今後、造影剤を使用される方は、こんな感覚に見舞われるので、

参考にしてくださいね(笑)



で、話題は火曜日の診察に戻り、

エコー&血液検査後、今度はレントゲンを撮ってくれと。


まるで検査のフルコースですなガーン


そこで出た結果。

























「盲腸の炎症反応は、薄そうだね。

 ただ腸がちょっとむくんでるかな」

























…その程度でしたか(自爆)



腸の不調。

そういえば、心当たりがありました。


年末は祖父の死。

年始から、職場環境の悪化。


その前から、もう体力的にも精神的にも、キツイ日々を送っていたから、

色んなものが積み重なって、

めまいやら、胃痛やら、腸の不調を引き起こしていたのでした。


そういえば、盲腸って悶絶するくらい痛いって聞くから、

部位的にはヒジョーにアヤシイんだけど、

ジワジワと継続的な痛みのはっぴぃは、

ちょっとヘンだなー

と思っていなくもなかったり。


3人の違う医師も、場所的には盲腸だけど、検査結果を見て、

「あり~?」

みたいな感じだったんだろーな(苦笑)


「次の診察は…?」

と聞くはっぴぃに、

「痛かったら来れば~?」


…その程度ですか(自爆)


2週間後に取ったCTの検査結果の予約も、

「CTも問題ないね」


…所詮、その程度ですよね(自爆)


ってか、検査のフルコースで、すでに医療費は2万円超え叫び

もう今月は、家族の病院費も、はっぴぃのメニエール病治療費もありましぇ~んダウン


盲腸騒動は、金欠にて幕を閉じたのですた(自爆)



…そんなこんなで、

晩秋旅行の写真や、お笑いネタやマンガネタなど多数あるにも関わらず、

まだまだバタバタしているはっぴぃなので、しばらくはネタ出せましぇ~ん(号泣っ)


きっとそのうち、ネタ自体腐る悪寒(自爆)

AD