こんにちは。レモンです。
ブログ書かなきゃーと思い出してから3時間は経過してました。週一更新だとブログ更新イコール1週間経過をまざまざと感じます。早い。

センターまで265日。まじか。
38週。
去年のこの時期はまだ部活やったり、体育祭の練習してたと思うと恐ろしいです。スタートラインに対して始めるの遅すぎた典型的な浪人生って感じですね😭

今週の勉強時間
{8F6D7CA8-1172-4840-8F6C-71C3564C83FA}



予備校が始まって1週間経ち、一通りの授業が終わりました。駿台では同じ講師が1週間で2つの授業をもつことはないので本当に多くの先生が出てきます。特に面白かった、面白そうな授業を紹介します。

英語科
☆大原先生
細身のちょいイケメン講師。前日に矯正していたらしく、口の中が血だらけだと言っていました。笑うと猫っぽくて話が面白いです。気さくな雰囲気で授業スタイルは必要なことを自分でどんどん板書していくもの。内容は濃いので要素ごとで力がつきそう。
☆鈴木海太先生
ハゲを積極的にに強調する隠れ名講師。お茶飲みwikiによれば、どっかの大学で助教授だかをやっているらしく鈴木海太というのはハンドルネーム。その大学の方の仕事が終わればゆくゆくは3号館でメーン講師になるらしい?です。笑って脳を活性化させる方針なので本当に面白いです。私は1人でずっと笑ってますが、みんなはほどほど?ツボが浅いと辛いです笑笑。「ここでチャイムが鳴る」と言った1秒後にチャイムがピッタリ鳴ったのには感動しました👏👏

☆廣田睦美先生
名前は女の人のようですが実は男の先生。読解の授業ですが、結構教室の中を歩いて生徒のノートをチェックしたりするので緊張します笑。予習の仕方だったり、英文の基礎的なところを初回は教わりましたがいい緊張感と要素を突いた授業が展開されそうで期待。

☆小林敏昭先生(コバトシ)
永遠のアイドル。可愛い。見た目は地味目なハゲてるおじさんです。でもいい。大好きです。(語彙不足)
今週の小ネタ
「ええ、parisienってあるでしょ。パリ人って意味です。東京人というのもあるんすよ。Tokyoiteです。なかなかかっこいいでしょ?でもね、埼玉人てのは無いんです。ええ、でも私作りました。これ毎年言ってるんすけど流行らないですよね。Saitamian.ええ。どうすか?(一同笑う。関東で埼玉ネタは鉄板)ええ、是非使って流行らせてください。可愛いじゃないですか笑」
コバトシ可愛い❤️

国語
☆関谷先生
古文科。御歳70を超えるという駿台の重鎮中の重鎮。他の先生方も"関谷大先生"とよく言いますし、先生方自身も教わった方は多いようです。初回なので授業はあまり進んでませんが字も綺麗で、重鎮という響きだけで期待大です。

☆内野先生
現代文。霜栄師と並ぶ駿台のエースらしいです。私は直感的にこの先生好きだなと感じました。考え方が自分と似たところが多くて勝手ながら親近感を感じました。例えば、
「まずは、自習室に行きましょう。外枠から勉強する時間を作っていくんです。まずは1週間、机に向かう時間を記録してみてください。自習室で寝てもいい、寝て集中できることもあるでしょ?とにかく9時まで自習室にいる。そうするとだんだん勉強する習慣がついてきて、集中力も上がるから。授業終わって家帰る人を見ると、あの人きっと自分より勉強時間少ないな、と思えるようになりますよ。」とのことでした。激しく同意。来週の授業も楽しみです。


ちょっと思ったより長すぎるので今週はこの先生方の紹介にとどめておきます。面白いことがあれば随時載せます。個人的に漢文の宮下先生も大好きです。宮下先生曰く、駿台講師たちは各々部活をやっているらしく、野球部は河合塾や代ゼミと試合をしているそうですww世間って狭い←個人的にツボ

あと駿台記述模試とやらを23日(今日)に受けました。それは次の記事でまとめます。

予習復習大変だし、数学もわからない問題が早くもあったり…と前途多難です。
38週間なんてあっという間ですよね……。総合点勝負だから数学は最低限押し上げて英国社を伸ばすのも得策です。とりあえずセンター120点アップを目指します。

ちなみにまだ予備校は友達できてません。お昼ご飯もみんな静かです😑😑
土日にお昼ご飯食べたり、ホールで会ったら挨拶交わすような友達欲しいな…………。席替えでチャンスが巡ってくるのを祈ります。

現場からは以上です。
次回は臨時増刊駿台記述模試号です。


東大受験生ブログランキング投票お願いします。
👇クリックして投票してね


AD

コメント(2)