不平等

テーマ:
最初から不平等なもんだ。
そのカードの中でゲームを楽しむしか無い。

我々に配られたカードは、決して平等ではない。
生まれながらにお金持ちもいれば
生まれながらに美しい人もいる。
いい親に育てられたらのびのび育つかも知れない。
優しい親に育てられたら、優しさを知る子に育つかも知れない。

でも、他人のせいにしても何も変わらない。
そもそも我々に配られたカードは不平等なものなのです。
その配られたカードの采配は自分でできるから
自分の手の中にあるカードで楽しめばいい。

楽しめた人が、勝ちなのです。
AD

努力ってなに?

テーマ:
努力ってなんだろう?
なんだかめんどくさそう。

努力って、今までできなかったことを、できるようになるために頑張るイメージだよね。
幸せになるために、何か努力をしなければならないとしたら
なんだか、とっても大変そう。

でも、シアワセを感じていない人って
もしかして、シアワセを感じないように努力してるんじゃないかな?

あなたはもしかして、こんなことを自分に質問してない?
自分はなんで愛されないんだろう?
自分はなんでいつも失敗するんだろう?
自分はなんでできないんだろう?
自分の間違っているところはどこだろう?
自分の不幸なところはどこだろう?

どんな質問をしたって、脳は答えてくれるよ。
だから、自分が不幸になる質問は止めようよ。
自分が不幸になる努力は要らないから、止めてしまおう。

ちょっと質問を変えるだけでいい。
自分の素晴らしいところは?
自分がこれまでに褒めてもらえたことは?
褒めてくれた人は、誰だったっけ?
何を褒めてくれたんだっけ?

ちょっと質問を変えただけで、
今まで見えなかったたくさんの事が見えてくるよ。




AD

他人のせいにしない

テーマ:
他人のせいにすると、一時的に自分の問題じゃなくなる。
でも、あなたの問題は、あなたの問題。
あなたがどう考えるかで、世の中は変わってくる。


嫌いな人がいると、
ついつい「あの人さえいなければ」と考えがち。
でも、幾らそういう風に考えてても
嫌いな人っていなくならない。

ちゃんと教えてくれないから…
ちゃんと聞いてくれないから…
ちゃんと認めてくれないから…
ちゃんと愛してくれないから…

文句を言い出したらキリがない。

教えてもらうためには、聞いてもらうためには
認めてもらうためには、愛してもらうためには…。
そういう風に考えても、世界は変わる。

そもそも、自分は学ぼうとしているか?
自分は自分の話を聞いているか?
自分は自分を認めているか?
自分は自分を愛しているか?

自分が自分にできていないことを
他人に求めるのは、非合理です。

自分が他人に求めていることを
自分自身にしてあげてください。

生という全ての瞬間の中心にいるのは、いつも自分。
自分自身の生き方に、自分自身で責任を持つ。
自分の宇宙の中心は、
いつも自分なのだということ。
自分の世界は、自分が創っているのだということを
認識してください。


AD