感情の開放

テーマ:

感情を開放しよう。

それが感情を手放すための第一歩です。




我々は「我慢すること」を美徳として教育されます。

自分の感情を素直に表に出すことを

「我侭だ」と教育されます。


確かに社会生活を送る上で、

多少の我慢は必要です。

しかし、それもバランスの問題。


何でもかんでも

「自分が悪いんだ」「我慢すればいいんだ」となってしまうと

それはやっぱり、生き辛い。


誰の心の中にだって、抑圧された感情はある。

たまには自分の中に隠れている

自分の感情に気づいてあげよう。


小さい時に

許してもらえなかったこと

認めてもらえなかったこと

愛してもらいたかったこと

必要として欲しかったことなどの感情が満たされないと


怒りや悲しみになって

あなたの心の中に住みつきます。

幾ら我慢しようと思ったって

幾ら忘れようとしたって

その感情がなくなることはない。


そんな時は、悔しかったことを思い出して、泣くの。

そして、泣いている自分に言ってあげるの。


悲しかったね

辛かったね

苦しかったね

いっぱい我慢したね

酷かったね

解って欲しかったね


って。