ベクトルの向き

テーマ:
ベクトルの向きを外向きに。
それが、人を思いやるということ。
シアワセは結果的に自分に返ってくる。


もし、あなたに恋人ができたとしよう。


「フラれたらどうしよう」と考えるのは
ベクトルが内向きということ。
自分のことを考えてしまっている。

このベクトルを外向きにすると
「どうやって相手を喜ばそう」
「どうやったら相手はシアワセになるかな?」と
考えられるようになります。

相手のシアワセを考えることが
自分のシアワセに結びつきます。
相手にシアワセを与えたら
自分にシアワセが返ってくるのです。

結婚相手を探している時、
理想の相手を想像します。
年収は? 外見は? 優しい人かな?
これは、ベクトルが内向き。

ベクトルの向きを外向きにすると
「私の持っているものは何だろう?」
「私はどうやったら相手をシアワセにしてあげられるだろう?」
そういう風に考えられるようになります。

思考のベクトルが内向きの人は
反転させて、外向きのベクトルにしてみよう。


AD

打率

テーマ:
10割打とうとしない。
3割で十分。


WBCでイチローが打って神扱いになりましたね。
ここぞという時に打てるのがイチローの
スーパースターたる所以です。
つまり、どんなプロでも
あの場面ではなかなか打てないということです。

野球には詳しくありませんが
通常は3割打者というのは
すごい打率です。

つまり、7割打てなくても大丈夫。
10回打席に立って、
3回ヒットを打てれば十分なんです。

10割打者なんて、どこにもいません。
3割打者を目指しましょう。
AD

期待しすぎない

テーマ:
誰かに過剰に期待しすぎないこと。
それが穏やかに過ごすコツです。


誰だって、多少は誰かに期待する。
期待したことが、期待した通りにおこればあなたは満足する。
そして、それを当たり前の事と思う。

願いが叶っても、当たり前の事と認識すれば
感謝の気持ちは沸いてこない。
もっと、もっとと期待することになる。

しかし、大抵は過剰に期待しすぎると、
それは叶わないことのほうが多い。
かなわないと、悲しくなる。
裏切られたような気持ちになる。
そして怒りが込み上げてくる。

自分以外の誰かに、過剰に期待するのを止めると
心に平安が戻ってきます。
AD