眠れない夜は、こんなイメージをしてみよう。
森の中の小屋。



(スクリプト)
森の中の小道を歩いている。
風を頬に感じながら…
足元の小枝を踏む感触を感じながら…
木漏れ日の暖かさを感じながら…
鳥の声に耳を澄ましながら…

自分のペースでゆったりと歩いている。

小屋が見える。
あなたの別荘だ。

小屋の中に入ると暖炉の火が揺れている。
暖炉の前にはラグがひいてあり、
毛布が置いてある。

毛布にくるまって
暖炉の暖かさを背中に感じる…
背中がだんだんと温かくなってくる…

寝返りを打つと
おなかがだんだん温かくなってくる…
手足がだんだんと暖かくなってくる…

暖炉の火が、やさしくあなたを包むように
身体全体を暖めてくれる。

暖かく、シアワセな時間…
暖かく、シアワセな時間…


AD

楽天的

テーマ:
どういう風に生きたって
人生たかだか100年。
だから楽天的に生きよう。


どんなにがんばったって
どんなに苦しんだって
どうせいつかは人生の終着駅に着く。

苦行するだけの一生は
遊んで過ごす一生と変わらない。

楽天的に考えて
楽天的にやり過ごそう。

AD

悪くない

テーマ:
あなたは何も悪くない。
ホントはあなたが一番よく知ってるよね?


あなたを責める人もいるかもしれない。
でも、ホントは
自分が何も悪くないことを知ってるよね?
だから、イライラしたり怒ったりするんだ。

あなたは何も悪くないよ。
あなたは何も悪くないよ。

そう、僕は知ってるよ。
AD