感動はひとつづつ

ぶらぶらしながら人生楽しく


テーマ:

四川省旅行14日 3日目です。待望の九寨溝1日ゆっくり散策です。

中国,四川省南坪県城の南西40kmの岷山山脈の山中にある峡谷。奥行き40km余りで,周囲にチベット族の村が九つあることから九寨溝と名づけられました。一帯は原始林に覆われ,標高2000~4000mで河沿いに100余りの湖沼があります。1970年代に森林伐採の労働者によって発見されるまで知られることのなかった秘境です

チベット族は一妻多夫で、死を恐れないそうです。死は再生を意味するそうです。
1

    今まで乗っていたバスは、ここで降ります。
2

    九寨溝入口へと進みます。
3

    九寨溝での観光は、環境保護のためエコバスを利用します。

こちらでチケットを買いエコバスに乗り込みます。(年齢によって料金が変わります)

 早朝にもかかわらず沢山の人が並んでいます。
4

    エコバス車窓(ちょっと小型のバスです)一つ目のチベット族の村です。
5

   二つ目の村を超えて


0

  九寨溝散策マップ
6

    まず最初は、諾日朗瀑布(だくじつろうばくふ)標高2375m

チベット語で「男神」を意味する諾日朗瀑布。その名の通り幅320m、高さ25mの九寨溝最大の滝です。
7

   幾筋もの水が流れ落ちるさまは、もう圧巻の一言に尽きます。
8

    ワイドで全体を・・ 幅広のとてつもない水量を流す迫力ある滝。
9

  近くに行くと水しぶきがかかります。79

    ゴゥーゴゥと雷のような音をたてながら流れ落ちます。
10

    木道をエコバス乗り場へと・・・10分程で鏡海へ
11

  鏡池(きょうかい)標高2390m・・静かで穏やかな湖面が周りの山々をまるで鏡のように

映し出すことで名付けられました。
14

     ガイドさん曰く、「波がたたない午前中がお薦め」とのこと。
11

     水底まで透き通り、色はまさにコバルトブルー。
12

   湖底に沈んだ樹木が透き通って見えます。 
15

    3つ目のチベット族の村を超えて
16

  長池(ちょうかい)標高3101m・・九寨溝最大の湖で標高約3,060m。木道の階段を下りると

湖畔までいけます。
17

  木道の階段を下って湖畔に到着 200段あったとか 
18

    湖畔から4000m級の山々を望む
19

   ワイドで長海全体を
20

    木立の中続く木道を五彩池へと
21

   階段を下ると五彩池が見えてきました。
22

   九寨溝の中でも、五彩池が一番水の色が美しいと言われています。
23

   五彩池(ごさいち)標高2995m・・水の透明度は抜群で湖底の景色がはっきり見えます。

声が出ない程美しいです。
24

   遊歩道に沿って進むと水の色が変わって見えます。
25

   昼食タイムになりました。九寨溝で食事のできるのはここだけです。
26

  バイキングです。 添乗員さん曰く、美味しくないとか・・どうにかこれだけ
27

   ぜんざいは美味しいそうです。お餅の代わりにお米のような物が入っていました。

まぁまぁか
28

    店内はお土産物であふれています。
29

  集合時間までうろうろです。買い物したいが言葉が通じず見て回るだけ・・o(^▽^)o
30

     五花海(ごかかい)標高2472m ・・・九寨溝絶景のハイライト!最も透明度の高い五花海には、

唯一高山冷水魚(別名:はだか鯉)が生息しているとか。よーく見ると小さな魚が泳いでいます。

ここはほとんど階段はなく、平坦な道を散策します。
80

     九寨溝の精華。その色はコバルトブルー、エメラルドグリーン、マリンブルーなど、

場所場所で異なります。
31

    何て表現したら良いか分らない程の感動を覚えました。
81

     今までに見た事もない透き通った湖水、異常なほど青いです。33

    橋の上は観光客であふれています。橋を渡り向こうのデッキへと
34

      湖底が見えるほどの透明度は水深を感じさせず、あたかもそこに湖底があるようです。
83

     集合時間まで見惚れて・・・・
36

    続いて熊猫海(パンダカイ)標高2592m 熊猫海は昔、野生のパンダが多く目撃され、

水を飲みに下りてきたことから、この名がつけられたそうです。
84

    崖沿いの遊歩道とパンダ海 曇り空為パンダ海に周囲の山々の陰影はありません
38

     箭竹海(せんちくかい)標高2618m・・箭竹海は熊猫海森林方面に上がったところにあります。

パンダが好む箭竹が多く生育していることから付いた名前です。この湖の水はパンダ海に注いでいます。
39

     箭竹海には倒れた枯れ木が朽ちて珊瑚のように見えます。
40

   エコバスで移動・・珍珠灘(ちんじゅたん)から、珍珠灘瀑布までの景色は九寨溝の中でも、

素晴らしい景色が連続する場所です
41

     まず、珍珠灘の上の木道を1kmほど歩き、滝の横の階段をくだると珍珠灘瀑布です。42

    珍珠灘(ちんじゅたん)・・珍珠とは中国語で真珠のこと。浅瀬の岩に急流の水が跳ねて、

真珠のように光っていることから珍珠灘と名付けられた43

    凄い勢いで流れてきます。水しぶきが小さな粒になってまるで真珠のように跳ねています。

下流には大きな滝があります。
44

    木々の間を勢いよく流れています。今までに見たことのない風景です

45

    木道がずーっと先まで続いています
46

   木々の間から豪快に流れる滝を・・・さらに水は、珍珠灘(ちんじゅたん)から、

最大落差40mという珍珠灘瀑布(ちんじゅたんばくふ) へと続きます。
47

    五花海から流れ出る水が広大な珍珠灘に注ぎ、やがて一連の滝となって珍珠灘瀑布と

なって流れ落ちていきます。
49

     遊歩道は、珍珠灘から、滝のすぐ脇をとおり、滝の下へと続いていて、 あらゆる角度から、滝を見ることができます。 とにかく水量が多く、圧倒されます。
50

    圧巻です。こんな自然が・・・世界遺産頷けます。51

   風に乗って水しぶきが・・・
52

   幅約310m落差40っもある雄大な滝。大量の水が流れ落ちるさまは素晴らしいの一言です。

53

   珍珠灘瀑布ここは標高2433m54

   珍珠灘瀑布から豪快な流れを横目に遊歩道を下って行きます。
55

   山の斜面あっちこっちから流れ落ちる滝
56

     犀牛海(さいぎゅうかい)・・九寨溝で2番目に大きな湖です。その昔、大きなサイに乗った老人がこの湖の水を飲んだところ病気が治った、という伝説から「犀牛海」と名付けられました。57

    犀牛海・・綺麗です。 駐車場の目の前にあるので、歩きません。
58

    この5色の旗は、いろいろなところで目にしましたが、「タルチョー」と呼ばれ、 よく見ると、経文が書かれています。風に吹かれることで、経文を読んだ効果があるとされています。青(天)・白(風)・赤(火)・緑(水)・黄(地)を、それぞれ表しています。
59

    木々の中、遊歩道が設けてあります。 あれば渡っていきます。
60

     石灰華浅瀬を流れる豊富な水量。山なのか? 川なのか?なんとも不思議な光景です。

 樹正溝と言うようです。
61

  老虎海(ろうこかい)標高2298m  犀牛海を過ぎたところにある老虎海です。

湖畔の森の景色が湖に写って湖に虎が横たわっているかのように映るので老虎海と

名付けられたそうです。

62

    老虎海・・・湖面がコバルトブルー美しい湖です。87

    老虎海から流れ出る水が山肌を流れ・・・

63

  小さな滝になって流れ落ちます。
64

  こんなにも急流に流れ落ちてくる滝が散策路の間近に迫ってきました。なかなかの迫力です。
65

   木道の遊歩道をさらに下り樹正瀑布と辿り着きます。
66

     樹正瀑布(じゅせいばくふ)標高2295m・・・樹正溝という水の中に沢山の樹木が生えている

ところを得て流れ落ちてきた滝なので樹正瀑布と付いたようです。67

    流れに沿って遊歩道を下ります。
68

    幾つもの滝が現れます。そのたびにシャッターを切って
69

   湖は互いにつながり、何千メートルもくねくねと続いて、幾重にも重なった段々畑のように見えます。これらの美しい湖が樹正寨(九寨溝民俗文化村)の隣に位置するので、「樹正群海」と名付けられたそうです。
70

    色んな樹木が群生している、「樹正群海」71

   穏やかな流れの樹正群海
72

    樹正群海の沿岸には、古い粉ひき場とマニ車があり、水流によって止まることなく

回転しています。 中を覗くとお祈りの場ともなっていましたが、今は使われてないようです。
73

   樹正群海ワイドで・・・・樹正滝
75

    マニ車、水流によって止まることなく回転しています。
76

    樹正滝は標高が2295メートル、最高部の幅がおよそ60メートル、高さが15メートルで、九寨溝に入ってからの一番目の滝です。
78

    九寨溝で最も人気がある村です。白い仏塔は村の出入り口のところに立って、仏教経文がプリントされたのぼりは風に翻っています。木製の家屋が山にしたがって並び、炊煙が立ちのぼり、穏やかでゆったりしたチベット族の風情が現れています。観光客はここで香りいっぱいのバター茶、ジャガイモで作られたもち、甘いハダカムギの酒などの食品を味わうことができます。74

    九寨溝最後の見学、盆景灘(ぼんけいたん)標高2140m

石灰華浅瀬の上を流れる浅い川のなかに、水を好む沢山の植物が群生し、木の根元には、植木鉢のような石灰華ができて、更に浅瀬のあちこちに、人手を借りることなく盆景のような光景を作り出すことから盆景灘と名付けられたようです。
88

    寄せ植えのように見えます。九寨溝の自然の美が伝わってきます。

九寨溝の魅力は、広大な自然に囲まれた中に、緑や青の美しい湖や、 大小多くの滝が数多くあるところです。 1日ではとてもすべて見ることはできません。 世界遺産として、後世まで大切に残してほしいと思います。
109

九寨溝散策後は、チベット民族舞踊鑑賞です。
90

     チベット仏教のお経が流れ、大きなマニ車が回り、老女とヤギ(本物)が五体投地しながら

登場します。五体投地とは、頭の先、両手両足すべてを地面に付ける最高の礼拝方法

【あらすじ】
チベットに古くから伝わるお話。
身体を投げ出して進む「五体投地」でチベット教の聖地ラサを目指す老婆とヤギが主人公。
彼女が三年という歳月をかけて旅をする中で、チベット族の歌や舞、宗教儀式、伝統祭典が芝居に組み入れられ舞台上で展開されていきます。

老婆とヤギは旅の途中で吹雪に会って死に掛けます。しかし、老婆は着ているものをヤギにかぶせ自分は寒さのため死んでしまいます。志半ばで命を落としてしまう老婆の悲しい運命。さてどうなるのでしょう
103

    六弦琴の演奏と激しい舞踏 

六弦琴は宮廷で使われる伴奏楽器で、チベット族の代表的な楽器です
92

    六弦琴と太鼓の演奏が続きます。
93

    土を固める棒を打ち鳴らすボダラ宮殿修復の歌

チベットの聖地ラサのボタラ宮殿などの寺院の修復工事に係ることはチベット人にとっての

誇りの一つのこと。

95

   次から次へと場面が変わって行きます。寒い冬が訪れます。
98

    こんな民族衣装も
96

    民族衣装を着て、数十人が一斉に踊るシーンは確かにすごい迫力があります。
97

     吹雪に遭遇して、寒さで老女は着ているのもをヤギにかぶせます。

しかし、自分は寒さで死んでしまいます
98

   ヤクダンスはチベットの民族舞踊で、吉祥を祝う意味でチベット各地の祭りで踊られているという。
105

    輪廻転生の踊り
99

    鳥の神・・・魂の抜けた肉体を天に運んでくれるのは神の使いである鳥。天界では老女の生前の善行を評価して願いどおりに鳥葬に付すこととした。106

    そして老女は天国に昇天
100

    再生へのお祈りが始まります。
101

  再生です。生まれ変わった老女は少女の姿となり再びヤギと巡礼の旅へ

ヤギの名演技にビックリしました。107

    フィナーレ 約1時間程でした
108

    夕食ホテルバイキングです。

3日目感動の連続で無事終了 2回目の足つぼマッサージ、明日に備えて・・(≡^∇^≡)




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年6月12日~19日まで九寨溝・黄龍四川省感動紀行8日間に参加しました。

前々から是非行って見たいと思っていた九寨溝・黄龍です。

最高の感動を味わえることが出来た8日間でした。
0

  出国手続きを済ませ、空路 成都へと・・所要時間5時間です。 時差1時間
1

    成都市の街並みが眼下に・・・もうすぐ着陸です。
2

    成都空港着後 ホテルへと向かいます。
3

   CHENGDU XIANGYANG HOTEL (向陽大厦賓館) お部屋です。 22時45分
4

    ホテル部屋からの眺め
5

    早朝の成都市  ホテル部屋からの眺め

成都市は東京都と同じぐらいの面積、人口数も同じぐらいだそうです。
6

    朝食バイキング 分けの分らないものがズラリ並んでいましたが、分るものだけを
7

    果物 スイカはおかわりしました。
8

    CHENGDU XIANGYANG HOTEL (向陽大厦賓館) 外観
地図

    観光マップ赤○を観光します。
9

   ホテル8時20分出発です。 3つの県(分折・茂県・松藩県)を超え420km約9時間、高度順応のため観光しながら九寨溝へと向かいます。

 成都市のラッシュアワーに巻き込まれています。

トヨタ・ホンダ・ニッサンなどの車が多く走っています。ゴミも落ちておらず町自体綺麗です。
10

   車窓・・成都市内を抜け岷江(みんこう)川沿いを走行、2000m級の山々が聳えています。
51

    途中検問所が設けてあります。
11

   トイレ休憩です。 背後には2000級の山並
12

    休憩所前には沢山の果物が販売されています。 50元でさくらんぼを購入 1元(18円)
13

    中国最初の洗礼です。w川・o・川w チャイニーズトイレです。ドアがありません

 聞いてはいたけれど本当にドアがありません。
14

   昼食場所(3日目の宿泊場所) 茂県国際酒店
15

    昼食   ご飯はチャーハンのよう、トマトと卵の和え物、きくらげ等々 同じような味付けです
16

   豆腐、鶏肉、カリフラワー 後は映像で想像してください。
17

     地震でできた湖・畳渓海子(じょうけいがいし)

畳渓海子は1933年の大地震で珉江が堰き止められて湖になったもので,チャン族の村人が1万人も犠牲になったそうです。
18

   畳渓海子(じょうけいがいし) 一つの村が湖底に沈んでいます。

畳渓海子の両側は高く聳え幾重にも重なって、水も山の勢いに乗って延々と流れ、八の字が横になっている形をしています。また、湖は大きさの違った二つの湖が繋がって出来たもので、それぞれ「上海子」、「下海子」とも呼ばれています。

19

    ヤクに乗って記念撮影です(10元)、真っ白。それもきれいに手入れが行き届いています。
21

   畳渓海子から松藩に向けての車窓・・・

少しずつ山が深くなってきました。切り立った岸壁が続きます。
22

    チャン族の住宅が並ぶ中を走行 
20

    松藩古城(標高2800m)・・・かっては松州と呼ばれ、中国とチベットの交通・貿易の要所として

栄え、元の時代から1300年の歴史を持つ城壁に囲まれた古い町。
23

   松藩古城の中、南北に延びるメインストリートを散策です。
32

    干し肉がぶら下がり
33

   犬? 足を見ると犬の肉球が  「ドック」と聞くと店員ニヤリと
34

   素敵なシルバーのブレスレットがガラスケースいっぱいに並んでいるお店もあり・・・
29

    漢方薬 冬虫夏草などが店先にズラリ並ぶ店も・・・

メインストリートに並ぶ店は何でもあり、店の人はのんびりと店番をしているようにみえます。
24

      裏通りへと・・・裏通りを歩くと町の人達の生活がじかに感じられます。28

    裏通りでのんびりする老女
26

    チベット族の住宅もちょっと覗き見
35

    チベット王「ソンチェン・ガンポ」と唐朝皇女「文成公主」の中睦ましい像の前で記念撮影
36

   松藩から九寨溝への車窓 山の中腹や川沿いなどにチベット族の村が見られます。
39

    雪をかぶった山も
37

  車窓・ 菜の花・ラベンダー
44

    山の斜面に何だ・・? すごい数です チベット族の祈祷旗だそうです。
43

   標高4000mの峠を超え、トイレ休憩 ここはスルーです トイレは有料1元です。ドアが無いのに
42

    山の中に突然現れたテーマパーク 九寨溝の中心地のようです。 

46

    そこからさらに進み九寨溝景区観光の入口を通りやっとホテル7時17分到着です。
  ホテルロビー
47

   お部屋です。
48

  夕食はチベット風バイキングです。

  見ての通り 大きな肉は「ヤク」の肉?? 果物・ケーキをメインに・・
50

    夕食を済ませ、ぶらっ~と散歩です。
49

    2連泊宿泊場所九寨溝喜来登国際大酒店 

足つぼマッサージ(190元)を受け一日終了です。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年6月9日 小野市浄谷町の浄土寺の裏山の小高い丘に江戸時代に設けられた四国八十八ヶ所霊場巡りができる林道が整備されていてあじさいが沢山植えられているのを前回確認済み、どうかなぁーと思いながら行ってきました。
0

   コースは1周約1.5キロメートル約30分程度、散策するのにも丁度よい距離です。

木立の中にしっとりと咲くあじさいを、見ながら散策です。
1

     6月から10月まで長く花を咲かす種類だそうです。
アジサイの基本種であるガクアジサイやハイドランジア(西洋アジサイ)等、約1万株が植えられています。
2
    こちらは最高の見頃となっています。
3
    88体の仏像の側で咲くアジサイ
4

5
   こちらのガクアジサイはこれから・・・・
6
    もう少しすると後方の紫陽花も色づき圧巻になるのは間違いなしです。
7
    まだまだこれから
8
    阿弥陀堂と鐘楼
四国八十八ヶ所霊場巡り30分程度で結願です。
明日から8日間中国九寨溝・黄龍の旅です。楽しみです(^O^)/
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年6月8日 四国88ヶ所満願となり、最後に高野山奥の院にお参訪りです。

自宅から高野山まで175kmです。9時30分ゆっくりの出発です。今回は奥の院参訪と朱印のみです。
0

    和歌山 紀ノ川SAで休憩
1

    花壇には色とりどりの花が植えられています。その先は和歌山市街地が広がっています。
2

    くねくね道を登りきると高野山、結界のシンボルの総門が現れます。

左右には金剛力士像が安置されています。
3

    奥の院への参道・・・聖なる地、霊場と呼ばれる高野山のなかでも弘法大師の御廟がある。

奥の院は特に尊い場所であると昔から信じられてきました。(中の橋駐車場から・・無料です)
4

    奥の院参道には色んな会社の供養塔が並んでいます。
5

    その中で一番眼を引いたのが献体の碑です。

‟医学を志す 若き志士貴人 心ある立派な医師になられることを” と記されていました。
6

    樹齢数100年以上の杉木立の中を奥の院へと・・・
7

   苔むし時代を感じさせる、肥前島原松平家墓所 
8

    浅野内匠頭墓所
9

    豊臣家墓所  石段を登りお参りです。
10

    正面に豊臣秀吉公とその母、秀吉の弟である大納言秀長と夫人など、一族のお墓があります。
11

    納経所 こちらで朱印を頂きます。  
14

    納経所の側は水かけ供養場所になっています。
15

   水行場になっていますがどこで滝に打たれるのかなぁー

よーく見ると滝の下が少しくぼんでおり、そこで座禅をくむのかな
12

この橋を渡ると弘法大師空海の御廟の霊域に入ります。

御廟橋から撮影禁止になっています。 古くから大師様が参訪する者をこの橋までお迎え下さり、帰りはお見送り下さると信じられています。13

    手前が燈篭堂 後方に 弘法大師空海御廟

「御廟の奥の岩室で今も生きて瞑想を続けていると信じられている弘法大師空海」
16

   参訪・朱印を済ませ遅めの昼食です。満願を済ませた掛け軸の表装です。お店の人にお薦めのお店を訊ねます。紹介して頂いた表装店に直行し、色・柄を選び今日の行程終了です。あとは帰路に・・・・

何時もカーナビ頼り、行く時は有料道路2590円 帰りは1040円 どうしてこうなるの・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年6月1日 三ツ塚廃寺跡 史跡公園(丹波市市島町丹波市市島町上田814)の菖蒲園にどうかなぁーと思いながら行ってきました。

「三ッ塚廃寺」は白鳳時代(7世紀後半)に建立された寺院跡に作られた緑あふれる公園です。新治廃寺式という日本で三例しかない珍しい伽藍配置を持つ国指定史跡で、周囲は公園として整備され、園内には「花菖蒲園」があり、6月になると約5万本の菖蒲が目を楽しませてくれています。
1

    三ツ塚廃寺跡 史跡公園 石碑0

    石碑のある入口から、いこいの家・民族資料館方面を望む

最高の見頃となっています。
2

     デッキから廃寺跡方向を
3

   菖蒲園をぐるっと一周します。
4

    
5

6

7

8

9

10

    菖蒲園全体をワイドで・・
11

    三ツ塚廃寺跡は、7世紀後半(白鳳時代1300年前)に建立された寺院跡です。東西に並ぶ3つの基壇は、中央が小規模な金堂跡で、東西は地下式の心礎をもつ塔跡です。講堂跡は不明ですが、この伽藍配置は全国的に珍しいものです。
12

    三ツ塚廃寺跡と菖蒲園をワイドで・・・
13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年5月28日、小野市黍田町の白雲谷温泉ゆぴか観光交流センターで「小野さつき展示会」が5月27日~29日まで開催、との案内状が届き早速行ってきました。「小野さつき盆栽会」の会員が丹精した盆栽作品や、グリーンアート研究会による寄せ植えなど計約30点が並んでいます。
0

    グリーンアート研究会の寄せ植えです。
1

    グリーンアート研究会の寄せ植え
2

    丹精込めたサツキがズラリと並んでいます。

同会には小野市と加古川市の12人が所属されているとか。
3

4

5

     半世紀かけて育てたという木が貫禄たっぷりに紅白の花を咲かせています。

担当の方が色々説明してくださいました。
6

7

8

12

  人気№1賞・・・ 前年に配布された同じ条件の苗で1年間の育て方を競う「競技花」もあり、

入場者の投票で1位を獲得したサツキ。
9

    私はこっちの方が良いかも・・・
10

11

    こんなサツキも・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年5月22日、丹波市青垣町東芦田の都市農村交流拠点「ごりんかん」で里山セッコク花まつりが開催されていると知り行ってきました。「ごりんかん」前の広場では苗や盆栽など沢山のセッコクが展示販売され愛好家が集まっていました。

19

    ごりんかん前広場 テント横テーブルに丹精込めたセッコクがズラリと並んでいます。
20

   ごりんかん
0

    東洋のランと言われているセッコク

セッコクは岩の上や大木に着生するラン科の植物1

2

    テーブル上に並んだセッコク
3

4

5

6

   
7

   
8

  ごりんかん建物の横が登山口になっていて、大岩さん・展望台・城の丸・・・・案内板を見つけて登ってみる事に・・・後で聞くと平成19年度より裏山の里山整備事業に取り組み登山道が整備されたとか。
22

     下山してこられた方が、「すぐそこの大岩にセッコクの花が咲いてますよ」と教えて頂き登って行くと咲いてま~す。21

   
12

     
13

   足場が悪く近づくことが出来ません。 ズームで
17

    近づこうと踏ん張るが落ち葉に足を取られズルズル滑ります。滑り落ちると結構やばいです。
18

    大岩に咲くセッコクが丁度見頃となっていて、今まであまり知らなかったセッコクを存分に楽しむことが出来ました。 展望台・城の丸は次回に・・・ここで折り返しです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年5月20日 県の絶滅危惧種に指定されているクリンソウが宍粟市のちぐさ高原で見頃を迎えていると聞き行ってきました。クリンソウはサクラソウの仲間で花の形が仏塔の先端にある九輪に似ていることから、この名が付けられたと言われています。日当たりの良い湿地に群生しています。
いろは滝

   千種高原への途中見つけた滝【いろは滝】、前回来た時に見つけた滝は確か大釜の滝だったはず

名前が変わったのか?そんなはずがない 違う滝か?
マップ

    マップ 現在地に車を置き、 布袋 大黒天 群生地へと進む

クリンソウ群生地は、ちくさ高原キャンプ場の道路をはさんだ向かい側より入園口を設けられ、園内には大小7ヵ所の群生地が確認されています。 7 にちなんで各群生地に七福神の名前が付けられています。それぞれの群生を尋ねるコースは、3つに分かれています。

恵比寿・毘沙門天はパスです。
布袋1

   まず初めは布袋群生地
布袋2

    布袋群生地
布袋3

    布袋群生地
大黒天

    布袋群生地から大黒天群生地へと・・近くまで行きたいが、自生地に踏み込まないようにロープがかけてあります。自生地を消滅させないためにも、仕方がないでしょう。ズームで・・・・
大黒天

    大黒天群生地をワイドで  7つの中一番大きな群生地です。
大黒天

   大黒天群生地  クリンソウの綺麗な色が出ません。 写真では分りにくいですが圧巻です。
東屋

    大黒天から車道に出て、再び森へと入って行きます。   東屋
山々

    東屋から周囲の山々を望む
遊歩道

     遊歩道の側に咲くクリンソウ
クリンソウ

遊歩道の側に咲くクリンソウ  森の中へと、寿老人・福禄寿方面と
16

     寿老人群生地
寿老人

     福禄寿群生地

寿老人

   福禄寿群生地    弁財天

    弁財天群生地
弁財天

    弁財天群生地
19

    弁財天群生地を振り返る。
18

   前回来た時にはなかったデッキが造れれていました。

ちぐさ高原を後に「たたらの里学習館」へと
20

    たたらの里学習館、今日は休館日です。

この学習館はたたら製鉄の歴史や工程を模型や図表等で紹介し「鉄と自然と人間」が作り出した千種の魅力を再発見するとともに、先人たちの製鉄の歴史を伝える施設です。入館料は200円でした
21

    石垣とクリンソウ
22

     学習館の目の前にある天児屋鉄山遺跡・整然とした石積みが残っています。23

     手入てが行き届いています。
24

   たたらの里学習館側の大木に絡みつく藤は最高の見頃を向えていました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年5月19日 良い天気に誘われ六甲高山植物園に行ってきました。

ヒマラヤの青いケシとクリンソウはどうかなぁーと思いながら
ランチ

   お昼がまだなのでお店を探しながら行く事に・・ちょっと可愛いお店を見つけて・・・

マザーリーフ神戸鈴蘭店・・メニューを見て入ることに  ワッフルと紅茶がおすすめのようです。
ランチ

    デミグラスソースのオムライスを注文です。 

●アメリカンワッフル・2カット or くるみパン or ミニサラザ どれか一点選ぶことが出来ます

飲み物は紅茶かコーヒーで 1080円
ランチ

   アメリカンワッフル 美味しかったで~す。 又食べた~い(*^▽^*)
ランチ

    ミルク紅茶  大きな器いっぱい入っています。
3

    六甲高山植物園 西入口前に咲くサラサドウダン

六甲山頂付近、海抜865mにある六甲高山植物園は高山植物を中心に世界の寒冷地植物、六甲山自生植物など約1500種が栽培されています。
4

   大葉大山蓮華も西入口前に、見事に咲いています。
7

    西入口すぐに湿生植物区になっています。 大きな葉っぱの水芭蕉の群落 後方は映像館
8

    ニッコウキスゲはこれから・・・・蕾が沢山あります。
9

    「ユキモチソウ」 花序の先端が餅のように白く丸く、その名の由来となったとか
10

   真っ赤の実のように見えますが、紅ドウダンです。
12

    山斜面にマイヅルソウの群落
13

    マイヅルソウ 可愛いお花です。
14

   ケヤキの木に寄生した【ヤドリギ】
15

    エンコソウ 

昭和56年5月26日昭和天皇はこの場所からエンコソウの群落を興味深くご覧になりました。御来園の翌月に30株を献上し、それらは皇居内の吹上御苑に植えられています。
16

    エンコソウが咲く小川はサラサラ流れています
17

    湿性植物区 クリンソウの群生地
18

    最高 !! 最高!!の見頃になっていました。
19

    約5,000株あるそうです。

クリンソウがピンク色の絨毯のように重なり合って広がっています
20

   クリンソウに混ってチシマキンバイも負けじと咲き誇っています
21

   淡いピンクも
22

   白いクリンソウも咲いています。
24

   ガラス室に、ヒマラヤの青いケシ 綺麗に咲いていたのは、これ一輪だけでした
31

    ガラス室内にレウィシア・コチレドン(白・ピンク)  カンパニュラガルガニカ(紫)   25

  ガラス室・  ウスユキソウ
26

   ガラス室・ イヌノフグリに似たベロニカヌム???
43

    ロックガーデンぶらぶらですが、真夏のような日差しです。アツゥ

高山の岩場を再現したロックガーデンはできるだけ自然に近い状態で高山植物が鑑賞できるように工夫されており、六甲山という大都会郊外の山で手軽にヒマラヤやアルプス、日本の高山植物に出会うことができます。
32

   ロックガーデンに咲く花々  クロユリ
33

    フタリシズカ
34

    シコタンハコベ
37

     ジプソフィラ・セラスティオイデスの群落
36

      ジプソフィラ・セラスティオイデス
38

    チシマギキョウ
29

   ロックガーデンにもヒマラヤの青いケシが咲いています
40

コケモモ
42

    ミヤマクワガタ
44

   エリヌスアルピヌス
46

高山植物の女王コマクサ 石ころの間に群生していました。
45

    コマクサ
48

    シロツメグサよく似た、アルメリアアルピチ

41

  ロックガーデンに咲く日本シャクナゲ
47

    プリンスブリッジ 昭和33年10月29日 皇太子殿下のお渡り初めを記念して

51

    水草が生い茂る池、その先にプリンスプリッジ
52

     ニッコウキスゲの咲く遊歩道を西入口へと 一周してきましたが暑かった
50

   最後にニッコウキスゲをパチリと・・(‐^▽^‐)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【市の池公園ナイトフラワー2016】が高砂市阿弥陀町で5月14日(土)・15日(日)に開催されました。
15日にちょこっと行ってきました。音楽のステージや模擬店もあり、親子連れやワンちゃん連れでにぎわっていました。0

    市の池公園駐車場が満車なので手前駐車場に車を置き公園へと 池にピンクの球体が
1

    公園へと続く歩道
2

    バラが綺麗に咲いています
3

   真っ赤なバラもo(〃^▽^〃)o
5

    遠くから見ると青色のお花畑かと思い近づくと青い光のじゅうたん 4

  暗くなるまで公園内ぶらぶら
21

    そば畑
7

    色とりどりのイルミネーション。暗くなるのが楽しみ
1

   10万個のLEDだとか。 
9

    7時30分から歌謡ショーひなちゃんのステージです 女性?男性? 性別はグレーだそうです
11

   皆で歌って踊って観客もいっしょに楽しみます。
8

   ひなちゃんは加古川で飲食店を経営されているとか
20

    日暮れとともに、芝生の上に青い光のじゅうたんが浮かび上がりま~す。
12

   光の中を再び散策です。 こちらは蕎麦畑 花の中にも光が・・・
13

     白・青・ピンクのLEDが、光輝いています15

    池の中に浮かぶ球体
16

    光のトンネル
17

    光のトンネルから・・発光ダイオードが芝生や生け垣に飾り付けられ青やピンクのLEDが、

花壇の花々や池を彩っています。。18

    池の中にハートの光と光のトンネルを・・
19

    駐車場へと戻る途中、光輝く市の池公園を振り返る。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。