2016-10-17 09:38:36

網入りガラスの真実

テーマ:ブログ

From 真山英二(さのやまえいじ)

 

「ああ、よかった、鉄線が入っていて」

 

建売住宅を案内している時の一コマです。

 

「この窓、シャッターが付いてなくて

気になっていたんですよ」

 

(う〜ん・・・)

 

「これなら安全そうですね。」

 

(やっぱり、、、)

 

この奥様は、防犯のことを

とても気にしていました。

 

確かに、最近、物騒な事件もよく聞きます。

防犯意識が高くなるのもうなずけます。

 

ただ、、、

 

この金網入りガラスに関する誤解は

まだまだ根強く残っています。

 

「網入りガラスは、

ガラスに鉄の網が入っているので

割れにくくて、防犯性が高い!」

 

この神話は、大間違いです。

網入りガラスに防犯性はありません。

 

気をつけてくださいね。


防犯的な意味合いについては、

普通のガラスと全く同じです。

 

 

それでは、網入りガラスは

何のためのものでしょうか?

 

これは、火災の被害を抑えるための

消防的な意味合いで、

建築基準法・施工令に基づいて

規定されています。

 

一般的なガラスは、耐熱性能を

持っていません。

 

したがって、火災の際、

高熱になると割れてしまいます。

 

ガラスが割れて落ちてしまった

窓から空気がどんどん流れ込み

火災が広がってしまうのです。

 

金網入りガラスは、

その被害を少なくします。

 

高熱になって割れてしまっても

ガラスが落ちないので

なるべく空気の流入を防ぎ、

火災の被害を抑えてくれます。

 

細かい話になりますが、

防火地域や準防火地域では、

外気と触れる窓については、

シャッター(防火性能有り)をつけるか

この網入りガラスを入れるかになります。

 

シャッターをつけるのであれば、

シャッターで防火性能を担保するので

窓ガラスは普通のもので構いません。

 

また、かなり高価になりますが、

透明で防火性能を持ったガラスもあります。

そのガラスであれば、金網入りガラスの

代わりになります。

 

金網入りガラスは、あくまでも

消防的な意味合いということを

覚えておいてください。

 

ちなみに、防犯を機にするのであれば

やっぱり防犯ガラスが強いです。

 

防犯ガラスは、遮音性も高いので

もしお金があれば入れたい

アイテムの一つではあります。

 

素敵なマイホーム探しを楽しんでください。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

真山英二さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。