SMAPに残された選択肢

テーマ:
8月14日午前1時18分、 NHK総合でニュース速報としてテロップで「人気アイドルグループSMAP 12月31日で解散、事務所が発表」と報じました。同時間はリオデジャネイロ五輪のテニス男子シングルス、錦織圭・アンディ・マリー戦を放送していた時で、まさに水を差すようなタイミングでの発表でした。




この時、店頭にはすでに解散を伝えるスポーツ紙が並んでいました。私が住む地方の町でも午前2時過ぎには店頭に並んでいました。



そのスポーツ紙にはメンバーの公式コメントが掲載されており、公式発表前に事務所から情報を得ていたことが分かります。



そして、その中にはこんな情報も掲載されていました。



------------------------------------------

メンバー数人が「今の5人の状況ではグループ活動を継続することは難しい」と主張。出演依頼があった7月の音楽特番も辞退していた。
この状況を受けて、3週間前から、事務所はメンバーに海外での語学留学や芝居の勉強などを含め、グループ活動の休止を提案した。

(サンケイスポーツからの引用)

------------------------------------------




事務所が情報提供している訳ですから、事務所にとって不利になる情報は提供されないはずです。つまり、「事務所としては、様々な提案をしたがメンバーが受け入れなかった為、解散に至った」と言いたいのだということになります。



しかしながら、この点に二つの疑問が浮かびます。



まず、グループ活動を継続する事が難しいのに、なぜ海外留学の提案をしているのでしょうか?海外留学すれば、グループでの番組だけでなく、彼らが長く続けている個人のレギュラー番組までも終了せざるを得なくなります。そうすれば、グループ活動だけでなく、個人活動までも難しい状況になります。なぜ事務所はそのような提案をしたのでしょうか?



次に疑問を感じたのは、「グループ活動を継続することは難しい」とメンバー数人が主張したという点です。




ハワイから帰国した木村さんの様子や、ラジオでのコメントを聞いて、木村さんがグループ存続に後ろ向きだったと考える方はいないと思います。では、他の4人はどのような発言をしていたのでしょうか?




2016年は2年ごとに行っているライブ開催年で、デビュー25周年の記念年です。その年に向けて2015年末に発売された雑誌で稲垣さんは次のように発言しています。



------------------------------------------

来年もみなさんにお会いできる場を設けることができたら、と思っています。
楽しみに待っていてください。

------------------------------------------



また、稲垣さんは毎週ラジオでメンバーの話をしています。騒動後も騒動前も何も変わらず毎週話しています。その様子からはメンバーと変わらず何気ないコミュニケーションを取っていることが伺えます。




また、5月に放送されたラジオで中居さんは次のように発言しています。



------------------------------------------

本当はね、(ライブを)屋外でやりたいんだけどね。最近やってないなぁ、屋外。何年もやってないから。屋外だとどうしてもね、雨の降る可能性があるから。

------------------------------------------




これはどこのライブ会場でライブをやりたいかという話の流れからの発言です。屋外でのライブをやりたいと発言する中居さんは、グループ活動が難しいと考えていたのでしょうか?




------------------------------------------

曲はずっと作り続けたい。ライブでもやりたいしね。そのためには感性を磨いて、日々是精進です!

------------------------------------------



これは、7/26に発売された雑誌に掲載されていた草彅さんの言葉です。7/9の誕生日をどのように過ごしたかも掲載されていましたので、それ以降に取材されたものだと分かります。また、8/26に発売された雑誌には次のような発言も掲載されていました。



------------------------------------------

ようやく歌うのが好きになってきた感じなんだもん、40歳を超えて(笑)
もちろんライブはずっと大好きだよ。

------------------------------------------




このインタビューは8/4に取材したものです。この言葉以外にも最近好きなSMAPの曲、ライブで歌う時に感じるSMAPの曲の広がり、音楽との関わり方、楽しそうに語る草彅さんの様子が伺え、すべてにSMAPに対するリスペクトを感じるインタビューになっています。このインタビューを受けてから数日で彼の気持ちは変わったのでしょうか?




また、香取さんは8/3に収録したラジオで草彅さんと楽しそうにSMAPのライブの演出の話をしています。ライブを意識した発言を繰り返していた彼らは、グループ活動を継続することは難しいと考えていたのでしょうか?




報道されている彼らと、実際の彼らの発言が矛盾しているように感じるのは私だけでしょうか?




そして、こうした発言をしている彼らに事務所は、なぜ海外留学を提案したのでしょうか?




彼らに残されていた選択肢は、解散し個人活動を継続するという道、もしくは海外に留学しグループ活動だけでなく個人活動までも失う道、それ以外にどんな道が残されていたのでしょうか?












■SMAPはもう40代だし、グループとしては限界だったのだろうと思っている方は、良ければこちらもご覧下さい。

SMAPは限界だったのか?




■SMAPは不仲なのだから修復は難しいだろうと思っている方は、良ければこちらもご覧下さい。

放送されないSMAP




■事務所を独立しようとしたのだから、制裁を受けるのは当然だろうと思っている方は、良ければこちらもご覧ください。そもそもその考えを受け入れていることに個人的には驚きを隠せませんが、本当に報道されていたとおりなのか疑問を感じて頂けるのではないかと思います。

SMAPは本当に独立したかったのか?











AD

リブログ(7)

リブログ一覧を見る

コメント(14)