優しい言葉

テーマ:
最近ちょっと落ち込むことが続いていました。





前を向こうと決めていても
なかなか上手く行く日ばかりではなくて…。
人間ですから
1か0かでは測れなくて
ビミョーな0.7みたいな日もあって…。




どんな人も日々過ごしていく中で
仕事のことや家庭のこと、家族のこと、友人のこと、
少なからず何かしら
悩みを抱えて生きていたりします。
悩みのなさそうな人ほど
実は一人で抱えていたり…。




そんな時、私はいつも
SMAPに元気をもらっていました。
SMAPを見ていれば
いつの間にか笑顔になって
「まぁ、いいか」「そんな日もあるか」
と思えていました。




今回の電池切れは
プライベートなことも重なり
完全にSMAP不足です。





どうしようもないことばかり考えていました。





だって、
中居さんは組織に所属する以上
ジャニーさんに従うって言ってたよ?




木村さんは2020年までSMAPとして
パラリンピックを応援するって言ってたよ?




5人は56枚目のシングルを
「ゴロー枚目」だと楽しみにしてたよ?




飯島さんだって
新しいお仕事とってきてくれてたよ?




香取さんは
2016年に向けて、SMAPだからできることを
増やしたいって言ってたよ?




稲垣さんは会える場を楽しみにしててって
言ってたよ?




2016年になる前日、大晦日の日、
中居さんと木村さんは
二人揃ってSMAP SHOPに来てくれたよ?





草彅さんは2016年年明けのインタビューで
5人の関係は変わってないって言ってたよ?





中居さんは屋外でライブがしたいって
言ってたよ?




木村さんは信じてついてきてって
言ってくれたよ?




なんで?
なんで?
なんで?




なんでSMAPはいないの?




分かってるんですけどね…。




昨年の大晦日の中居さんのラジオを聴けば
今、5人で活動をすることが
どれだけ厳しい状況なのか…
痛いほど伝わってきました。




5人でわちゃわちゃしてる姿が見たい。




木村さんと絡む姿が見たい。





分かっていても
寂しくて寂しくて寂しくて
どうしようもなくなる瞬間があります。




最近の私は
なんだか心がトゲトゲしてしまっていました。




だから
私から出てくる言葉もトゲトゲしていました。




トゲトゲ
トゲトゲ




その言葉を1番近くで聞いているのは
実は自分自身で
誰かに向けた言葉でも
1番そのトゲが刺さるのは自分自身でした。




自分のトゲで
自分の心が傷付いて
また落ち込む




それの繰り返しです。




私は自分の心を守るため
もうだいぶ前から
ネットニュースを見なくなりました。
SNSなどネットで
SMAP絡みのことを検索することも
なくなりました。
誰かを憎むことも
誰かと比べることも
やめました。




それでもやっぱり
不安定になってしまう日はあります。




会いたい。




SMAPに会いたい。




寂しくて寂しくて寂しくて
仕方ありません。




そんな時に
森くんの新しいヘルメットのことを知りました。



mint.tea03さんのInstagram




五角形の☆の中にメンバーカラーである
5色のスワロフスキー。




しかもそれが森くんの希望だったと。




涙が出ました。




森くんが
どんな気持ちでこのデザインを選んだのか
語っていないので本当のところは分かりませんが
以前、27時間テレビで
森くんがSMAPに贈った手紙の1節を思い出しました。



------------------------------

SMAP。
僕の友達は5人以外にいません。
SMAP最高。

------------------------------




彼らが紡ぐ言葉はいつも優しい。
本当に優しい6人です。




私は彼らのように人間が出来てないので
なかなか難しいこともありますが
少しでも彼らに近ずけるように
優しい言葉を紡いでいけたらな…と
心新たに思いました。




意地悪な人って意地悪な顔してますよね。
どんな言葉を普段使っているのかって
やっぱり顔に出るんだと思います。
私は意地悪な顔した大人より
優しい顔の大人になりたい。
彼らは本当に素敵な年の重ね方を
してるなぁと思います。




SMAP不足が危機的な状況なので
そろそろ封印していた
LIVE DVDを見始めるかもしれません。
(逆に寂しくなりそうで、
実はもう1年くらい見ていませんでした)
ドラマやコント、
ただトークをしているだけの彼らも大好きですが
やっぱり私は
歌って踊る彼らが大好きです。










AD

SUMMER GATE

テーマ:
先日、あるブログを拝見させて頂きました。




SMAPのファンではない方による
「SMAP 25 YEARS」の感想を綴ったものでした。




その方は、ファンではないので知っている曲もあれば
全く知らない曲もある中で
「SUMMER GATE」にハマったと
楽しげに語って下さっていました。




私も大好きな曲なので、
その方の感想を読み進めていく中で
嬉しくて嬉しくて嬉しい気持ちで
いっぱいになりました。




そして、あることに気づきました。





最近の私はSMAPにワクワクすることを
忘れていたのかもしれない…。




アイドルの楽しみ方に
正しいも正しくないもないのですが、
私は毎日SMAPのことを考えているのに
SMAPを楽しむことから
少し離れてしまっていたような気がします。




それでは単なる執着です。




思い出させて下さったブログ主さん
ありがとうございます。




私はどうしても考えすぎたり
思いつめすぎたりしてしまう癖があるのですが
時には楽しむことも大切だな…と
改めて感じました。




大好きな人たちがいるのに
楽しまなきゃ損ですよね。





そこで、
今回はこんな企画☆
(誰も求めてない…)




「SMAP25YEARS」を聴いて
「SUMMER GATE」にハマったみなさんに贈る
夏まで待てない!
今の季節に聴いてほしい3曲!




完全に私の個人的な趣味です。




そして、あえて
「SMAP 25 YEARS」には収録されていない曲を
選びました。




まず、1曲目。

「Jive」

アルバム:Drink!Smap!収録(2002年発売)





あのアイドルど真ん中な「SUMMER GATE」を
気に入って下さった方なら
ツボに入るんじゃないかなーと
最初に浮かんだのがこの曲でした。




恋愛キラキラソングではなく
そんな考えすぎないで
気楽に行こう
という日常を歌った曲です。




特に「夏」という意味の歌詞は出てこないのですが
メロディーは初夏を感じさせてくれて
「そうさ悩んで迷ってあきらめたりして
僕らは気ままに生きてゆく」
と歌う彼らの歌声に
「明日が来るのも悪くないかもな」と
感じさせてくれる爽やかな曲です。




そして、ぜひこのライブのDVDを見て頂きたい!




メインステージから
会場中央のステージまでの花道を
この曲を歌いながら歩く5人。




白スーツに黒シャツで
歩いてるだけなのに
もう、めっちゃっくっちゃっっカッコイイです。





2曲目。

「僕の自転車の後ろに乗りなよ」

シングル:たぶんオーライのカップリング曲(1994年発売)




まさにアイドルという感じのメロディーなので
高校生くらいのカップルのキラキラソングかと思いきや
以外にも成人した普通の男性の心境を歌った曲です。




自転車二人乗り推進ソングなので
コンプライアンス的に今後TVで歌うのは
難しそうな曲です(苦笑)




車じゃない気分だから
自転車に乗って海に行こうと歌う
ハタチ前後の彼らの爽やかな歌声が
今の季節にピッタリなので
ぜひ風を感じながら聴いてほしいですね♪




では、最後3曲目。

「Call Your Number」

アルバム:Pop Up!Smap収録(2006年発売)




この曲、個人的にかなりヤバい曲です。




私だけかもしれませんが
この曲を聴いてる時
妄想してなかったことがありません(爆)




木村さんと香取さんのラップがSEXYな曲なんですが、
大好きな彼女に逢えない夜の男心を歌った曲で
こんなふうに愛されたいっっって感じです。




そして、毎回耳もとで囁かれる妄想をしています…
(*ノдノ)テレッ



間違いなくテンションがアガる曲です。




なんだよ、最後は季節関係ないじゃんって感じですが
夏の夜の妄想にピッタリですよゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ





と、いうことで
今回はいつもと違う雰囲気のブログになりましたが
たまにはいいのかな?
彼らと過ごす時間はやっぱり楽しいですね。




夏が近くまで来てる
こんな季節に聴きたくなるSMAPソング
みなさんはどんな曲がオススメですか?







AD

どうか届きますように

テーマ:
「ああ、この感じ…完全にトラウマだな…。」




そんなふうに感じた1日が過ぎていきました。




夜のザワザワから、眠れぬ夜を過ごし
朝になってスポーツ紙とワイドショーによる一斉報道。




もう本当に勘弁して欲しいです。
(降参だけは絶対しないよ、ですけどね。)




あれから私が知り得た情報は
「稲垣さん、草彅さん、香取さんの3人が
2017年9月8日契約満了で事務所を辞める」
ということだけです。




それ以上でもそれ以下でもない、
それだけです。




彼らが事務所に入っておよそ30年。




最初に勤めた会社を
勤続30年で去ることになったのです。




「SMAPはジャニーズっぽくない」
とよく言われますが
5人は誰よりも
「ジャニーズのSMAP」であることを
誇りに思っていました。





彼ら自身で選んだ道なのか
それとも
選ばざるを得なかった道なのか
私には知る由もありませんが、
この選択を飲み込むのに
どれだけの葛藤があったのか…
それを思うだけで胸が張り裂けそうです。





3人が何も語っていないので
今、どんな気持ちで過ごしているのか分かりませんが
相変わらずの憶測だらけの報道に
また、胸を痛めているのではないかと
そればかり考えています。





報道の中で、示し合わせたかのように
「中居さんは、独立する3人を守るために
事務所に残る」
と伝えられていますが、
正直その点も半信半疑です。




なぜなら、事務所の公式コメントの中にある
ジャニー社長のコメントを
鵜呑みにするのであれば
彼らは円満退社で
社長も応援してくれているのです。




「守るために事務所に残る」ということと
完全に矛盾しています。





中居さんに対して香取さんが言ったとされる発言も
昨年あれだけの報道に晒されて
人目につく場所で
そんな大切な話をしないと思っています。




昨年1月に「SMAP解散か?」という報道が出て
朝から晩までSMAPに関する報道一色だった時
中居さんはダウンタウンの松本さんと
会ってお話をされています。
自宅ではなく外食です。
でも、その話は松本さんが番組で話すまで
漏れることはありませんでした。





彼らが信頼している方は
その信頼に値する方々ばかりです。




なので、自分にとって
「そうだといいな」と思える報道でも
1歩引いて見ないとな…と感じています。




なかなか難しいのですが、
「心は熱く、頭は冷静に」
この言葉を唱えながら過ごしたいと思います。




これから彼らが進む道
それが私が望む道と同じかどうかは分かりませんが
どんな道であっても
私の選ぶ道は変わりません。
彼らについていくだけです。





香取さんは、レギュラー番組のSmaSTATION!!について
昨年11月に発売された雑誌で、番組が15周年を迎え次のようにコメントしています。




------------------------------

16年目も気持ちは変わらずにルーティンのままで、
スタッフを信じて、スタッフに任せて(笑い)。
小さな進化と絶対的なマンネリで
番組をやっていきたいですね。
次の15年後は54才か~…。
その時も、ぼくがやっていることもそうですけど、
大下さんと一緒に番組を続けていられたらいいですね!

------------------------------





草彅さんは、今年1月に発売された雑誌で
お仕事について次のように語っていました。





------------------------------

お芝居はもちろん、歌もバラエティーもすべて、
やっぱり好きな仕事なのでね。
表現することは、なんだかんだ言っても、
好きだからできていることなので。
なんかこう…見る人の心を動かしていく仕事って
素敵だなと思っているので。
これからもがんばりたいなと思います。

------------------------------




稲垣さんは今年3月に発売された雑誌で
ファンに向けて次のように語っていました。



------------------------------

みなさん長いつきあいなので、
多くを語らずともわかり合えていると思っていますが、
最近お会いできていないから、
また舞台に出てじかにお会いしたい。
生のコミュニケーションを楽しみたい。
劇場で同じ空気を共有したいです。

------------------------------




彼らがこうして
レギュラー番組や演じること、芸能のお仕事に対して
前を向いている以上、
私がすることは
彼らが進む道を応援することだけです。




力強い追い風にはなれなくても
前を向くのが辛くなった時に
前髪を揺らすくらいの
彼等を包むあたたかい風にはなれるのではないかと…。
それを信じて、愛を伝えて行きたいと思います。





そして、
どうか神様…。
私のポイントだけでは足りないかもしれませんが
どうか
中居さんを
稲垣さんを
草彅さんを
香取さんを
そして
木村さんを守ってください。
強い人に見えますが
普通の心を持った人間なんです。
優しい人なんです。
眠れない夜を過ごすような繊細な人なんです。
どうか、どうか、守ってください。
お願いします。








AD