立上舞のHappy music life with violin♪

東京藝術大学卒業、ベルリン芸大大学院でヴァイオリンを勉強しつつ、ドイツのオーケストラ奏者として活躍する立上舞のブログです☆
小さな幸せや、感謝の気持ちを綴っていきたいです!

御訪問、ありがとうございます音譜素敵な一日となりますように☆



テーマ:
ただいま、私は毎夏恒例のカナダの音楽祭に来ております。
カナダのケベック州、Orfordで行われている音楽祭なのですが、私が大使を務めている音楽祭でもあります。
{6B291D27-2610-4C4B-B0B2-F280119DF7E4}

美しい自然に囲まれたキャンパスでは、野生の小動物も沢山生息していて、練習の合間に自然を見てはホッと一息。
この1年間、オーケストラを弾いている時間の方が長かった私にとって、自分の事だけに集中する事が出来る貴重な機会でもあります。
また、嬉しい友人との再会も…!
3年前に仲良くしていたカナダ人のピアニストくんと、予期せぬ再会を果たしました。
現在、ザルツブルクのモーツァルティエムで勉強している彼とは、ヨーロッパで会おう会おうと話していたものの、なかなかタイミングが合わず…
しかし、私がこの音楽祭で練習を始めると
「ちょうど今、Maiの事を懐かしく思ってたよー!今、Orfordにいるんだ(^^)」
というメッセージが届きました。
まさかの展開に驚いた私も直ぐに
「本当に?私もいるよ!今、練習室!!」
と半信半疑でお返事。
その数分後に、彼が現れ感動の?再会を果たしたのでした
3年前に仲良くしていた他のメンバーにも、2人で写真を撮って報告。
{F9DF7658-3CA2-4706-8CFD-40A6B1056161}

インサイドカメラなので、画質がとても悪いのですが、再会を記念した写真はこちらです。
数週間前には、仙台のコンクールを受けていた彼。日本が大好きになった様で、色々な話をしてくれました。
音楽を通じて仲良くなった友人達は、月日が経っても前と変わらず色々な話をする事が出来、とても楽しいです。

{611A8CF5-7416-44D4-AC61-677083D42575}

こちらは、この音楽祭での2つ目の演奏会。
ブラームスのソナタ第1番を弾かせていただきました。
NYフィルのフルーティストの方や、コントラバス界の巨匠、Franco Petrachi氏に「とても良かったよ。」とお声を掛けていただけて、本当に嬉しかったです。
写真を撮ってくれた友人にも感謝
ちなみに、カナダ人の仲良しくんは
「普段、ブラームスは実はあまり好きじゃないんだけど、でもMaiのブラームスはとっても素敵だった。心に響く感じで、本当に良かったよー!」
と言ってくれたので、更に嬉しくなった私でした。
でも、調子に乗らず、日本の演奏会まで更に練り上げようと思います。


皆様にお話したい事は沢山あるのですが、ソロの本番の他にも室内楽の本番やその合わせ、その他、今年から始まった様々な試みがあり、とてもバタバタしているこの音楽祭。
またゆっくりと書かせていただきますね

Mai*^-^*T

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月5日は、私の誕生日でした。

日本の日付が5日に変わった頃から、沢山の方々から嬉しいお祝いのメッセージをいただき、皆様の暖かいお心遣いに心が熱くなった一日となりましたきらきら

皆様、毎年、私の誕生日を覚えていてくださって、そしてお祝いもしてくださって、本当にありがとうございますh

皆様と出会えた事に、感謝の気持ちでいっぱいです。


長くブログを読んでくださっている方々は、いつの間にか私のちょっとした心の動きを感じてくださっていたり、あまりブログを更新する事が出来ていない日々の事も、優しく受け止めてくださったり…。。

皆様のメッセージを読ませていただきながら、幸せな気持ちに溢れておりました。


image
本当に、ありがとうございます!

ボンの家のメルシーちゃん役を務めてくれている羊さんと一緒に、記念にパシャリ。

母からも、嬉しいプレゼントが届きましたハート1


毎年、誕生日の日は晴天に恵まれている私。

雨が降っていても、生まれた瞬間の時刻には、太陽が見える事が多く、私もそんな太陽の様に明るい存在でいたいなと思っています。


財産よりも、もっと尊いのは「明るい性格」だ。

人間の心も体と同じだ。

日陰にいるのではなく、日光の照る場所に移るべきだ。

困った事があっても、笑いで吹っ飛ばしてしまおう。

さあ、日の当たる場所に出ようではないか


という、カーネギーの言葉に出会った私。

この名言を心掛けて、大切に一年を過ごしたいなと思っております。



image
さて、今年の誕生日の日は、朝4:30に起きる事となった私。

実は、その前夜にベルリンの大学にてクラスのおさらい会があったので、それに出演させていただき、ベルリンに一泊していたのです。

友人のお家にお世話になっていたのですが、友人の大家さん(ドイツ人)が朝5:00に素敵な朝食を用意してくださり、更にドイツ語の誕生日の歌を歌って、お祝いしてくださいました。


まさかの展開に、とてもビックリすると同時に、本当に優しい彼女に感激してしまった私ですどっきゅん

明朝からとても素敵な時間を過ごした私は、6:00過ぎに機内に到着。

生まれた瞬間を機内で迎える事となりました雲と虹

美しい青空に向かって羽ばたく飛行機。

この一年は、大きく羽ばたける一年にしたいです!



image
飛行機を降りると、出発が数分後に迫っているボン行きの空港バスに、仲良しのジュリーが乗っている事が判明。

彼女も、オフの1日を使ってミュンヘンを訪れていたのです。

朝から、ボンの親友にも無事会う事が出来、幸せでした。


ボンに到着した後は、お互いそれぞれの家に帰り、身支度を済ませて10時からのオケのリハーサルで再会。

ちなみにドイツでは、誕生日を迎えた人が、ケーキやクッキーなどを持参して同僚や友人にお祝いしてもらうという習慣があります。


ベルリンにいた頃は、オケがあっても移動日な事が多かったので、こっそり過ごしていた私でしたが、この日は初めて、ちゃんとお菓子を持参。

リハーサルが始まる前に、第一ヴァイオリンのグループ全員の席にチョコレートとクッキーの詰め合わせを置きましたバイオリン2

全員が揃い、調弦を済ませた後、コンマスの方が

「今日は、Maiの誕生日だから皆でC durでお祝いしよう!」

とアナウンスしてくださり、全員がC durのハーモニーで数秒即興演奏を。。

更にその後、指揮者の方も

「今日は、誰か誕生日なのか?おめでとうー!」

と言ってくださったリハーサルのひととき。


ちなみに、こちらのお写真は前日にベルリンで友人といただいた美味しいケーキと、誕生日当日の夜にボンでジュリー達といただいたクレープ!

久しぶりの、甘い物と共に過ごす素敵な時間となりました。



image
誕生日前日、誕生日当日に会った友人達は、お祝いをしてくれるだけではなく、何とプレゼントまで…!

母から届いたプレゼントもあり、私の事を考えて選んでくれた彼女達の心遣いが本当に嬉しかったですheat+kira*

皆、ありがとうー!!!


誕生日が訪れる度に、皆様に支えられている有り難さを実感しております。



image
最後にちょっぴり宣伝。

8月2日に南麻布のセントレホールでさせていただく、デュオリサイタルのチラシが手元に届きました。

夏真っ盛りの中、選曲も熱い作品ばかりですが、お越しいただけますと嬉しいですシャンパン

ちなみに、8月6日の大阪の島村楽器様での演奏会は、有り難い事に完売したとの事。

現在、キャンセル待ちでのご案内となっております。


沢山の方々に興味を持っていただけて、とても嬉しいです。

ありがとうございます!

8月2日のリサイタル、そして7月31日のコントラバシスト岡本潤さんとの演奏会は、まだお席がございますので、もし宜しければいらっしゃってくださいね♪



Mai*^-^*T

AD
いいね!した人  |  コメント(29)  |  リブログ(0)

テーマ:

少し久しぶりのブログとなってしまいましたが、私は元気に毎日を過ごしております。

週末はオペラを弾く事が多い為、月曜日はお休みとなる事が多いボンのオーケストラ。

その貴重なオフを使って、ウィーンやベルリンへレッスンに伺っておりました♪


その時のお食事のお話も書かせていただきたかったのですが…

今日は先日のインド音楽の演奏会について書かせていただきたいと思います。


インド音楽とは、まさに名前の通り、古典のインド音楽、ラビ・シャンカール氏が作曲したシタールとオーケストラの為のコンチェルトや、ボリウッドのメドレー、インド音楽のリズムに触発されて作曲された作品(作曲家御本人もいらしてくださいました。)などを演奏する夕べ。

ベートーヴェンオーケストラが、インド色に染まった一夜でした太陽


ちなみに、インド音楽を演奏する事は実は初めてではなかった私。

何と、2008年の夏、まだ藝大に在籍していた頃に藝大とインド音楽のプロジェクトに参加させていただいた事があったのです。

その際には、弦楽四重奏とメゾソプラノ、タブラーという楽器の編成で

ナレシ・ソハル Naresh Sohal作曲

≪ギーターンジャリより三つの歌≫ Three Songs from Gitanjali
を演奏させていただきました。

まさにその演奏会も6月だった事もあり、とても懐かしく思い出されます。


実はその際、後半にはラヴィ・シャンカール氏のお嬢様であるシタール奏者のアヌーシュカ・シャンカール氏が出演なさっていました。

ゲネプロの際にしか交流する機会はなかったのですが、その時にほんの少し言葉を交わした事があった彼女。

何と今回のシタール協奏曲のソリストとしていらっしゃっていました!

思わぬ偶然に驚きですきらきら



image
こちらは、初日のリハーサルの後に楽器に興味深々で集まっているオーケストラのメンバー達。

偶然、女性ばかりのお写真となりました!

この後、アヌーシュカと少し話す事が出来、藝大のお話で盛り上がったり…♪

藝大での演奏会の事を覚えていてくださって、とても嬉しかったですハート1



image
そして、演奏会当日の様子はこちら♪

前半は燕尾服で指揮をなさっていた指揮者のブルニエ氏ですが、後半のシタール協奏曲の際はサリー(?)を着て登場なさいました。


今回の演奏会には、司会者の方もいらっしゃったのですが、その際の短いインタビューで

「以前インドに行った時、ボリウッドのスターと間違えられた事があるんだ。どうやら顔もかなり似ているらしいし、この立派なお腹の膨らみが、まさにそのスターとそっくりだったらしいんだよ!」

と話して、お客様の笑いを誘っていたブルニエ氏。

緑色の衣装が、とてもよくお似合いでした。


アヌーシュカがアンコールで演奏してくださった曲は、彼女自身が作曲した「雨」を意味する題名の作品。

シタール協奏曲にも出てきた独特のリズムと調性で、普段なかなか触れる事のない世界に足を踏み入れた様な気持ちになりました。


オーケストラの皆だけでなく、会場も大盛り上がり。

インドの伝統的な衣装を身にまとった方も沢山いらっしゃり、とても華やかな客席だったのですが、更にアヌーシュカが登場するだけで、まるでロックスターが登場したかの様な大騒ぎ。

本当に国民的大スターの方なのですねテヘッ

御本人も、とても気さくで笑顔の素敵な方でした。


インド音楽を弾いて、インドカレーを食べたい気分となった団員さんも多かった様で、この週は沢山の方がボンのインド料理レストランへ行かれたとか…♪

私は、インド料理の代わり(?)にチベット料理を初体験したのでした。


image
中華を少し優しい味わいにした様なイメージのチベット料理。

辛い物をあったのですが、辛い物が苦手な私は、辛くない物を探して手打ち麺のうどんの様な物を注文してみた所、長方形の様な形の麺が沢山入っている野菜とお肉の麺が運ばれてきました。

野菜とお肉の出汁がまろやかで、とても美味しかったです!

また次回、別のメニューも試してみたいな…♪


と、最後は食べ物で締めくくる6月末のブログでした。



Mai*^-^*T

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。