ハッピーコンピューティングのブログ

東京都小平市の小さなプログラミングスクール兼パソコン教室のブログです。


テーマ:

若いうちは、それこそ小中学生のうちは

食い散らかすように片っ端から手を出してみるといいのではないかと思っています。

 

知識というのは狭い分野だけ掘り下げていってもなかなか頭に入りづらいものです。

 

幅広い分野の知見を拡げていくうちに意外な関連に気づく。

その関連から 「・・・ってことはこういうことなんじゃないか?」 という風に推論ができるようになる。

その推論から仮説を立てて実験する。

成功すれば 「やっぱり!ってことはこういうこともあるんじゃないか?!」 となるし

失敗すれば 「なぜ?どこが間違っていたのか・・・?」 となる。

そこまで行けば知識として定着しやすいでしょう。

 

下手に効率を求めないほうがいいと思います。
プログラミングに限らず、何かを学ぼうというなら時間がかかるのは当然です。

 

たくさん経験して、いろんな情報に触れ、土台を作りましょう。

失敗してもいいし、無駄に感じてもいい。

遠い将来、その無駄に思えた小さな記憶が、別の分野の何かと紐づき

とても重要な意味を持つものとして浮かび上がってくるかもしれない。

 

大学生くらいになれば、社会の役に立つことも求められたりするので

片っ端から手を出している時間がなくなります。

効率を求めるのはそれくらいの年齢になってからでいいのでは?と思います。

狭い領域を専門的に掘り下げるために、大学で専攻するといいです。

大学の教授が近道を教えてくれます。

 

ただ、受験に関しては、傾向と対策があるようにテクニックのようなものがあるから

効率よく学ぶのもいいのかなと思います。


というわけでハッピーコンピューティングは

効率よくアプリを作る、というやり方ではありません。

 

ScratchでARアプリを作ってみたりして、なんだか今風な成果が出ることもあるけど

先日は中学生3年生の子に古いCPU本 「はじめて読む8086」 を貸して

「難しかった!」という感想を引き出しました。それでいいんだと思っています。
 

 

またいつか再読しましょう!

次読むときはきっと、今よりも少し読み進むことができるでしょう。
 

そもそも名著と言われる本がある時点で効率がいいと言えますね。

さすがに駄作をおススメしたりはしませんが、それでもたとえば

自分で大きな本屋に行ってみて、片っ端から背表紙を眺め、

興味を持った本を一冊買って読んでみたらひどい本だった、という経験をしたとしても

それはそれで良し!良書を選ぶための目を養ったのだと、褒めてあげたいなと思います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ハッピーコンピューティングさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

同じテーマ 「プログラミング教育」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。