「布ナプおばちゃん」 今日も行く~!ハッピー布ナプライフ☆

布ナプキンを知ってから、布ナプキンの大ファンになり、女性のみなさんにぜひ使ってほしい!と、布ナプキンをおススメしています。
布ナプキンは女性を幸せにするもの。このブログでは布ナプキンを始め、衣服や食事など、女性を幸せにするものを紹介していきます。

「I  天使の羽ハート天使の羽 The Earth 地球
愛する人たちと愛する地球を守りたいハート

地球環境を考えるサイト 地球
2010年11月1日オープン
http://love-theearth.com
I Love The Earth
賛同してくれる方大大募集ですラブラブ

テーマ:
スマートフォン、携帯で記事を閲覧するには、
下記URLをご参照ください。
http://nunonapuobachan.com/?p=673
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
スマートフォン、携帯で記事を閲覧するには、
下記URLをご参照ください。
http://nunonapuobachan.com/?p=663
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
スマートフォン、携帯で記事を閲覧するには、
下記URLをご参照ください。
http://nunonapuobachan.com/?p=660
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。布ナプおばちゃんです晴れ


大型連休が終わりましたが、いかがお過ごしでしょうか?


私は連休中、どこへも出かずに、

家でごろごろしていましたクローバー


しかし、

近所の和菓子屋さんの柏餅をいただいたので、

端午の節句を味わうことができましたニコニコ




長音記号2今日は「塩」についてお話したいと思います。



私たちにとって、最も身近な調味料と言えば、
何と言っても「塩」ですね。


実は、私の故郷、長野県大町市は、
「塩の道」と呼ばれる千国街道の沿道の街で、
「塩」にゆかりのある街です。


この「塩の道」とは、
その昔、越後の糸魚川から

信州の松本城下までの道のりのことで、
日本海から塩や海産物を信州に運んだそうです。





海から内陸に塩などを運んだ「塩の道」は、
各地にあるそうですが、
とりわけ千国街道が「塩の道」として有名なのは、
上杉謙信が敵である、

武田信玄に塩を送ったと言われる
「義塩伝説」があるからです。


この、「義塩伝説」の塩が松本に到着した日が、
1月11日と言われており、
松本ではその日を記念して、
「あめ市」という年頭の大売り出しの行事が開催されます。


「塩」が村に到着したことを記念に、
お祭りをやってしまうくらい、
当時の人々にとって、
「塩」はとても貴重で有り難いものであったようです。


この「あめ市」は塩の道の沿道である、
大町でも行われています。

私も子どもの頃、
バーゲンセールが大好きな母に連れられて、
「あめ市」(商店街のお祭り)によく出かけたものです。






写真:「黒部観光ホテル」 フェイスブックより




前置きが長くなりましたが、
この「塩」は、人間にとってなくてはならないものです。


人間の生命維持のためには、塩分が必要ですし、


「天然塩」を摂取することで、
豊富なミネラル分や、ナトリウム、
カリウム、カルシウムなどの
人体に必要な物質を補うことができて、
体にとても良いそうです。



また、食用だけではなく、
生活のいたるところに「塩」は使われています。


古代の人々は、この「塩」を確保するために、
製塩法を編み出してきたそうです。


世界で生産されている塩のうち最も割合の多いのは岩塩で、
その他、海水塩、湖塩などがあるそうです。


日本の場合は、海水から塩を取っていたそうですが、
塩田に海水を引き、天日にさらして塩をとるという方法が、
気候条件等から困難であったため、
海水を煮付めて塩を取り出す方法が主流だったそうです。



この製塩の作業は、大変手間暇がかかる、重労働だったそうです。


海水1リットルの中に、
塩は30g程度しか含まれていないそうなので、
いかに大変な作業だったかがわかります。







塩の起源は、その原料の海の起源、
地球の誕生にまでさかのぼります。


地球からの恵み、塩を大切にするなら、
海や自然環境を守ることも大切です。



生命を繋ぐために、私たちの祖先が「塩」を大切にして、
子孫に引き継いでくれたことに感謝して、
そのことの尊さを忘れないようにしたいと思います。


そのために私たちも、未来の子どもたちに、
きれいな海や自然を、
ありのまま残してあげたいと思います。






写真:「小谷村商工会 塩の道トレイル」より引用
http://sionomichi-trail.com/areaguide.php




いつか私が帰郷した時には、
先人たちが大切に守ったきた

「塩」への思いを噛みしめながら、
「塩の道」をゆっくりと歩いてみようかな、と思います虹



最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。