「幻夜」 東野圭吾

テーマ:

幻夜

分厚かった!でもあっという間に読んでしましました。

雰囲気的には「白夜行」と似ていますが、別の話です。

が、私は巻末の書評を読むまで気付かなかったのですが、「白夜行」

の続編のような形になっているようです。

そこで主人公の一人である「美冬」の正体にはっと気付きました。


美冬は相当の悪女で、いったいなにを求めているんだろう?と

思ってしまいます。

周りの男たちの愛情を利用してのし上がっていきます。

この本を読んでいるときは単なる悪女だと思ってたのですが「白夜行」

のことを考えるとこの悪女ぶりにも何か訳があるのではとおもいます。


もう一度「白夜行」読もうっと!

AD


2

ある男が逆ナンしてきた女性を逆上して殺してしまいます。

被害者との関係がバレずに男は7年間捜査の手から逃れていました。

しかし、この男が有名な小説家になってしまったことから忘れたはずの

犯罪が再び目の前に突きつけられます。


自分の犯罪の一部始終を壁の穴から覗かれていたかもしれないと

いうことがわかったのです。

それを覗いていたとしか思えない小説が発表されたからです。

でもそれが真実なのか想像なのかわからないので男はあせります。


あせっておかしな態度をとってしまったばかりに、罪が暴かれていきます。

やっぱり罪は、罪。完全犯罪と思っても隠し切れないのでしょうか。





AD