「分身」 東野 圭吾

テーマ:

分身

結構怖いはなしです。

ホラーやサスペンスとはちょっと違いますが、背中がゾクっとするような・・・


鞠子と双葉はそれぞれ北海道、東京に住む20歳前後の女の子です。

双葉がテレビ出演をしたのをきっかけに過去行われた、ある事件が

再び動きだします。

不可解な事故、自殺でそれぞれ母を失い、鞠子と双葉はその事件の真相

を探り始めます。


体外受精、遺伝子操作・・・医療とモラルの境目って難しいです。

最近、ニュースにもなっていますが、体外受精や代理母のあり方やモラル

ってなんなんでしょう。

自然に反することかもしれませんが、それでも子供が欲しいと思う人は

たくさんいると思います。

もし私も子供が出来ない体だったら・・・手段があるなら欲しいと思うかも。


遺伝子操作も今は植物、動物だけですがそれっていずれ人間に

施されるための実験段階なのかもしれません。


10、20年前はありあえないことだったことが現在普通になっていると

いうことはたくさんあります。

近い将来、遺伝子操作もあたりまえになっているのかもしれません。


いずれにしても「知らない」と言うことは怖いな、と思いました。




゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

勝手にランキング~!(暫定)

東野圭吾作品


1. 白夜行

2. 片思い

3. 秘密

4. 分身

5. 宿命

AD

友達とフリーマーケットに出店することになりました。


BARN VILLAGE で11月4日(土) 9:00~です!

フリマ自体は3,4,5日とやってるようですが、私は4日だけでます。

アクセサリーも出す予定なので、お近くの方は遊びにきてくださいね~★


準備がなかなか進まなくてちょっとあせってます。

フリマ久しぶりなので楽しみ(^^)


AD

お土産

テーマ:

人に買っていったお土産は別として、今回は自分用のお土産をたくさん

買ってしまいました。

心惹かれるものがたくさんあったんです(^^;)


くろちく という会社の和小物がホントに可愛くて!

前に京都に行ったときにも同じもの見たんだけど、今回たくさん買って

きました。

くろちく

一番気に入ったのはこの白地に椿柄の小物です。これは化粧ポーチ。

くろちく

おそろいのがま口。

実はこれらを買う前に城崎でちりめんのポーチとがま口を買っていたのです。

なのにまたさらに買ってしまった~( ̄Д ̄;;

先に買ったほうは友達のお土産にします。

竹久夢二

お弁当包み。

これは竹久夢二のシリーズです。竹久夢二の絵をデザインしたものだと

思いますが、すっごく気に入ってしまったんです。

このシリーズは他にも素敵なものがたくさんあったのですが、このドクダミ

のデザインといい色の組み合わせといい私のハートをわしづかみです。

200610222351001.jpg

天橋立で買ったがま口。丹後ちりめんというそうです。

京都のちりめんとの違いはわかりませんけど・・・(^^;)

このがま口は温泉を巡るときに役立ちました。

大きい財布持ってくのがいやだったので、これに小銭とお風呂の券を

入れていきました。

200610222351000.jpg

裏はこういう柄です。こっちが気に入っています。

200610262004000.jpg

これおいしいんです!

香りもすごくよくて、用もないのに匂いかいだりしてます(^^;)


あと椿柄のハンカチとハチミツ石けんと下駄用の靴下を買ったのですが、写真を

撮る前に使ってしまいました。

ハンカチもすごく可愛いのでまた写真撮って載せます。


AD

城崎 観光

テーマ:

お風呂と食べ物意外にも楽しんできましたよ~

日曜日は10時ぎりぎりにチェックアウトして(最後のお風呂から帰ったのが

9時半過ぎ、そこから高速で化粧しました^^;)チラシでみて目をつけていた

七宝焼きの体験に行きました。


カフェをやりながら、七宝焼きと陶芸の作品を作っている工房のようなところ

で女の人が2人でやっていました。


まず何を作るか、どんな形にするかを見本の中から選びます。

私たちが選んだのはキーホルダーです。(後でネックレスに作り変えようと

思っています)

七宝焼き

上のは色見本です。下の小さなケースに入っているのが塗料です。

塗料は色のついた細かいガラスだと思うのですが、ざらざらして砂みたい

でした。それを水に溶かしてあります。

銅版の上にもう細工がしてある型をもらってその上に自分の好きな色

を塗っていきます。

ベネチアンガラスのような小さな粒があってそれを乗せたりしても

可愛かったです。

私は秋らしくシックにしよう!と思ったのですが、好きな色を組み合わせて

模様をつけたらなんだか夏っぽくなってしまいました。

七宝焼き

フラッシュのせいでさらに明るくなってしまいましたが、もうちょっと落ち着いた

青とゴールドです。

白いてんてんのせいで夏っぽく感じるのかな?


2分くらいで焼きあがるのでトータル1時間もかかりませんでした。


そのあとお店をぶらぶら見ながらソフトクリームを食べました。私はマロン、

友達は黒豆キナコ。さすが和風のものが多かったです。


その反動か(笑)お昼はイタリアンレストランで。

駅にクーポン券が置いてあって無料でデザートをつけてくれました。


結構時間があったので、繁華街(?)を少し離れたお寺を見に行きました。

極楽寺

「極楽寺」。

枯山水のお庭がきれいでした。繁華街は人がたくさんいましたが、ここは

全然いなくて落ち着けました。


最後に駅前の最後のお風呂「さとの湯」で足湯に入りました。

足湯

足湯だけでもかなり気持ちいいです。

歩きつかれた足にしみわたります。しかも足湯だけなら無料なので、けっこう

混雑していました。

下駄

駅前にあった「下駄奉納」。

飾ってあるのは全部下駄です。各旅館から一足ずつだしてあるみたいです。

高級旅館の下駄はやっぱり高級です(^^)


駅前のお土産屋で家や会社のお土産を買って、城崎終了です。

2日間みっちり遊んだ!っていう気がします。


天橋立も、城崎もまた行きたい場所です。

前日の夜、早く寝た分、早く起きて朝から外湯めぐりです。

外湯は7時から開くので、6時半の起きて朝は散歩がてら残った中で

一番遠くのお風呂へ行きました。

浴衣ではちょっと寒かったのですが、天気が良くて空気が澄んでいて

とても気持ちが良かったです。


朝イチの湯、「鴻の湯」です。

昔、コウノトリが足の怪我を温泉で治したという由来があるそうです。

鴻の湯

(HPより)

朝でもけっこう人が来ていました。

冷えた体にお湯が染み込んでいくようです!


ゆっくりとつかって、宿に帰りました。

またまたすでに朝食が用意してあって嬉しかったです。ホント至れり

つくせり(^^)

小さなカレイの干物が名産のようで朝食にでてきました。

伊豆でアジの干物がでてくるようなものですな。

朝からしっかり食べて今日一日に備えます。


ここまでで7つの湯のうち4つまで入りました。朝食が終わって8時半

くらいだったのでもうあと1つしか入れないかな、と思ったのですが、

この際張り切って10時までにあと2つ入ろう!ということになりました。


1時間で2つ入りました(^^;)

「一の湯」

一の湯

(HPより)

ここは洞窟風呂という半露天風呂があって楽しかったです。

夜だったらゆっくり入りたかった。


最後に「地蔵の湯」

地蔵の湯

建物の前にお地蔵様がいました。

ここまでくると時間との勝負なのでお湯につかっているのは10分くらい

です(^^;)

でも朝から長風呂してしまうと1日だるくなってしまうので、あわただし

かったけど、このくらいしゃきしゃきと行動して目がすっきり覚めて

よかったかも。

ここは打たせ湯がありました。肩こりに効きました!


お湯に入れたのは6つでしたが、残りの一つは電車乗る前に足湯に

はいりました。

「さとの湯」

さとの湯

(HPより)


これで外湯めぐりは終了です。

食事

テーマ:

お風呂に行って、宿に戻ると部屋にもう食事の支度がしてありました。

この夕食は今回の旅のもうひとつのメインイベント。なんと蟹が一人一杯つき。

食事

どーん!!

左上から豚肉と野菜の陶版焼き、茹で蟹、酢、甘海老の刺身、前菜、茶碗蒸

真中が焼き海老。

あとお膳に乗り切らない天ぷらとお蕎麦、お汁がありました。

カニ

蟹を持って浮かれる女(笑)大きいでしょ~!

とても美味しかったです。

あとからいろんなお土産屋をみてこの紅蟹というのは値段がすごく安いと

いうことを知ってしまいました(^▽^;)

(なんとこのくらいの大きさの蟹杯で1000円・・・車だったら買って帰り

たかった)

おかずの量が多すぎてご飯が食べられないくらいでした。

二人ともお酒に弱いので小さいチューハイ1杯ずつで十分だし。

でも料理は完食しました。


お腹を落ち着かせて外湯めぐり再スタート。

腹ごなしもかねて一番遠いお風呂屋さんまで歩きました。


城崎のメインの温泉街は端から端まで歩いても30分かかりません。

私たちの泊まった宿は中心からちょっと離れたくらいのところだったので

歩きやすかったです。一番遠いお風呂まで15分くらい。

この日の夕食がわりと早い時間(6時)だったので、食事前には一つ

しかいけませんでした。


とりあえず、一番近くの「柳湯」というお風呂に。

柳湯

ここは一番小さいお風呂だったみたいで、すごく混雑していました。

みんな着いてすぐ入りにきた、という感じでした(^^;)

なぜかとても深いお風呂で立ってはいりました。


浴衣を着るのが慣れなくて大変!


食事の後は遠いほうから行こうということで「御所の湯」へ。

7つの湯のなかで一番大きいところです。

御所の湯

(HPより写真を借りました)

一見、お寺のようですね。

露天風呂などもありました。


ここの湯のまん前にジェラート屋さんがありました。旅行会社の

クーポン券でジェラート無料券があったので、食べました。

温泉で暖まった体にアイスが美味しい!


アイスで体が冷めたので次のお風呂へ。

「まんだら湯」

まんだらの湯

(HPより)


このあと本当はもう一軒行きたかったのですが、お酒を飲んだせいか

長湯のせいか疲れてしまってこの日はここで断念しました。

7軒中3軒です。


10時すぎでもお土産屋さんが開いていたので、またいろいろ見ながら

歩いて帰りました。


宿に帰ったら11時くらいになっていましたが、すでに布団をひいてくれて

あったのでごろんと横になってそのままばたんきゅー。

夜のガールズトークもなく(^^;)二人とも撃沈でした。

朝早かったしね・・・。

城崎温泉

テーマ:

そして城崎駅に到着。

駅を出るとすぐにお土産屋が並んでいて、温泉街!という感じ。

電車

さっそくまたお土産屋にひっかかる私たち。真っ直ぐ目的地につけた

ためしがありません(^^;)

さっきも見たような和風の小物なのに・・・また欲しくなってお買い上げ。

(お土産はまた後ほど写真のせます)

駅から宿まで徒歩5分ということだったので4時には着くね、と言っていたのに

結局ついたのは4時半。


すぐにチェックインしてお風呂へGO!


と、その前に・・・この宿では浴衣の無料貸し出しがあります。

(夏季4月~10月のみ。大人の女性のみ)

可愛い柄の浴衣がたくさんあって、自分の好きなものを選べます。

私は浴衣の着付けができませんが、友達ができるので助かった(^^;)

城崎

城崎の町並み。柳と川がいい感じ!

浴衣

借りた浴衣で。浴衣の色がかぶってますが(^^;)

私はちょっとくすんだ水色に蝶の柄、友達はさわやかな青に花柄。


この城崎の温泉街には7つの外湯があって、宿に泊まってる人はチェックイン

からチェックアウトまでの間は無料で入れるのです。

ちゃんと料金を払ってはいると600~800円くらいするので、時間内に

できるだけ入っておいたほうが絶対お得!

朝は開いていないところもあるので、どういう順番で入れば効率がいいか

じっくり計画して外湯めぐりスタート!


天の橋立 2

テーマ:

天の橋立では2時間半しか滞在しない予定だったので、駆け足で観光。

ビューランドを降りて、お土産屋や食べ物屋の並んでいるエリアにいきました。

夕飯のためにお昼は軽くうどんを食べて、少し歩きました。

廻船橋という橋があって、船が通るときに橋を回転させてよけるとこ

ろがありました。

短い滞在中に2回も見ることができました。


このあたりは丹後のちりめんというのが有名らしくてちりめんの小物

がたくさん売っていました。

はまりました・・・(^^;)

私も友達も和風小物に目がないんです。ちりめんの小さながま口

とポーチ、お弁当包みなど、旅が始まったばかりだと言うのにたく

さん買い物をしてしまいました(^^;)


海を渡っていくと向こう岸にも同じようにお店がたくさん並んでいる

エリアがあるようなのですが、今回は時間がなくて橋の途中で引き

返しました。今度は天橋立メインでゆっくり来たいです。


天の橋立からまた電車に乗って城之崎まで。一時間半くらいでした。

ずーっと山の中を走る電車で、快速なのにのんびりした感じでした。

朝早かったせいかこの電車では2人とも爆睡してしまいました。




行ってきました!温泉旅行。

食べて、お風呂入って、買い物して、またお風呂入って・・・

なんて贅沢な時間なんでしょう!楽しかった~★


土曜日の朝、7時13分浜松発の新幹線で京都まで。

余裕をもって起きたはずだったのですが、出発がぎりぎりになってしまい

アクセサリー類を全部忘れてきてしまいました。

さすがに腕時計だけはどうしても欲しくて母親に届けてもらいました(^^;)

黒セーターに黒ジャケットの真っ黒スタイル・・・


行きの新幹線はすいていたのでのんびりいけました。天気もイイ晴れ

時間どおり京都について、心配していた待ち合わせもスムーズにできました。

朝9時だというのに京都駅には人がいっぱいでした。


京都から初めて乗る特急「はしだて1号」。

これに乗る人はわりと年齢層高めなような気がしました(^^;)


1年半ぶりに会う友達は変わってなかったです。きっと私もだろうと思いますが。

電車ではいろいろ話したり、計画を立てていたらあっという間でした。


11時半ごろ天の橋立駅に到着。

まず一番初めに日本三景の一つを見ておかねば!ということで

「天の橋立ビューランド」というところに行きました。

山の頂上にあって、よくポスターで観るような天の橋立はここからしか

見えないそうです。

ケーブルでのぼるコースと、リフトで上るコースがあって私たちは待ち

時間のないリフトにしました。

ホントにリフト!スキー場のリフトです!

リフト

初めは怖いけど楽しい!すごく気持ちよかったです。

この写真は下りですが、景色も最高★

そして頂上へ・・・

天の橋立

感動的な風景です!!

さすが日本三景のひとつと言うだけあります。

海が青くて砂が白くてホントにきれい!

天気がよくてよかった(^0^)

船

木の向こうに大きな船がいます。

水平線

水平線までくっきり。

あれは日本海かな~

太平洋の近くに住む私にとって日本海なんてすごく遠くにある気がしたのに

来ちゃったんだな~(^^)

看板

最高の風景!

おすすめです。