国会で岸田外務大臣が”性奴隷”と言う言葉は不適切と答弁してから、海外の報道も少し収まりつつあったのですが、何と日本の新聞 ジャパンタイムズが、慰安婦は性奴隷だ!と言い切り、これからも SEX SLAVES ( 姓奴隷)という表現を使うと宣言しましたよ。

Japan’s foreign minister challenges use of ‘sex slaves’ term for ‘comfort women’

文の中でこのように述べています。

It is the policy of The Japan Times that “sex slaves” is acceptable for referring to the women who were forced to provide sex for Japanese troops before and during World War II.

第二次世界大戦前、および大戦中に日本の軍隊に強制的に性行為を行わされた女性たちの事を”性奴隷”と表現するのが妥当だというのがジャパンタイムズの方針である。

全訳を読みたい方はAJCNのこちらのページへ → ジャパンタイムズの日韓合意に関する記事 慰安婦は性奴隷が社の公式見解と宣言

全部読んでも、一体何故性奴隷と呼ぶことが妥当だと思うのか、さっぱり分かりません。こ、これはもしかして日本国民に対する宣戦布告メラメラでは?

昔から日本のメディアは海外で日本の悪いところばかりをあげつらい、ちっとも良いところを報道しないなぁと思っていましたが、これはさすがに驚きましたよ。ジャパンタイムズ記事のコメント欄には「また日本が過去を否定している。「謝った振りだけしやがって!」というコメントがあふれかえっています。

それでは皆様、どうやら喧嘩を売られたようですので、”よし買ったー!”と思われる方は、拡散お願いいたします。


英語 ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
 
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


保守 ブログランキングへ
 








AD

コメント(6)