今回も1人での活動となりました。



アメリカを襲った大寒波が日本に上陸すると言われていたので、急いで冬タイヤに履き替え福島に向かいました。


寒いと覚悟していましたが…


福島に着いた段階で、気温-5度


日が昇った時点で-2度でした (写真提供「太郎さん」)




日が昇る前にまずは保護依頼のお宅子猫さん保護依頼ポイントなどに捕獲器を設置しました。






寒さで手がかじかみましたが、保護してあげたいと祈りながら1つ1つ丁寧に捕獲器を設置していきました。





草木の夜露も…




"あの子達"のための「お水」も、全てが凍りついていました


とうとう本格的に冬に突入してしまいました。




捕獲器を設置したあとはいつもの通りひたすら給餌へ




今回も、"あの子達"のためにと皆さまから託していただきました「美味しいご飯」を届けさせていただきました。




温めた給餌日だけのご馳走「ウェットフード」も沢山



寒さに耐えるためには、沢山のエネルギーを必要とします。


しっかり食べなくては身震いもできず凍死してしまいます。


そのためにも今まで以上に沢山食べて体力と脂肪をつけなくてはならないので給餌を欠かすわけにはいきません。


寒さと飢えで命を落とす子が出ないよう、今回はどの給餌ポイントもいつもより多めに給餌してきました。


いつも温かい応援とご支援をありがとうございます!


引き続き"あの子達"のために、ご協力をお願いいたします!!






今回、給餌ポイント2か所で猫さん目撃しました。



1か所目は、「牡丹」・「」・「このは」を保護したポイントです。


急いで捕獲器を1台だけ設置しました。



もう1か所は、「シトリン」・「アンバー」・「ルチル」を保護したポイント



こちらも捕獲器を1台だけ設置しました。



あと「キツネさん」に会いました。



この子は野生動物ですから、保護はしませんw


除染や復興などの作業員さん達に可愛がってもらっているので、馴れています。


この子は、「コン太」って名前をつけてもらっています。




日が暮れるころ給餌を終え捕獲器の回収。



今回は、保護依頼のお宅その周辺に設置した捕獲器3台に関しては、東日本大震災復興支援団体元気魂JAPAN」の代表の「太郎さん」が現状確認や場所の移動など色々と協力してくれていました。


そのお陰で3台中2台に猫さんが入ってくれました!


まずは、11月8日に保護した「キキ」と「ララ」のママで、授乳中だったため一旦はリリースしてママ猫さん。


(「キキ」と「ララ」の保護の記事は http://ameblo.jp/happycat-satuki/entry-11951070576.html  )

(リリースした時の記事は http://ameblo.jp/happycat-satuki/entry-11955171334.html  )



◆仮名「キティー」 ♀ 3~4歳 エイズ白血病共に陰性








・柄ーサバ白

・瞳ーイエロー

・尻尾ー長くて真っ直ぐ


保護後、血液検査・避妊手術・検便・駆虫・爪切り済み。


11月8日に保護した「キキ」「ララ」のママに間違いと思いますが、この「キティー」を15日に保護した時点で授乳の形跡があったので念のため一旦リリースをしました。

時間をあけ再度保護しおっぱいが萎んでいれば保護と決めていました。

今回おっぱいを確認したところ萎んでいたので安心して保護することになりました。


仮名は、「キキ」と「ララ」のママなのでサ○○オ繋がりで「キティー」にしました。

保護前からこの仮名で呼んでいました。


保護時は怯えていました。

ただ捕獲器からケージに移った後は、だいぶ落ち着いてくれました。

攻撃性なしで撫でることも許してくれました。

差し出したウェットフードも完食してくれました。


(獣医師による推定年齢が3~4歳と微妙なため念のため震災前生まれを視野に入れ元々の飼い主さん捜しを平行していきますが)

体調が安定しましたら、里親様募集をいたします。


ビビッ! と運命を感じた方がいらっしゃいましたら、下記までご連絡をください!

  ↓

福島被災動物レスキューRAIF」  raif.fukushima@gmail.com




お次は…


◆仮名「ソフィー」 ♀ 3~4歳 エイズ白血病共に陰性






・柄ーサバキジ

・瞳ーイエロー

・尻尾ーフサフサで長くてまっすぐ


保護後、血液検査・避妊手術・検便・駆虫・爪切り済み。


2匹の保護が確定した段階で保護枠オーバーになってしまうので捕獲器の蓋を閉めようと「太郎さん」が現場に向かってくれたところ、「ソフィー」が入っていました。

ギリギリのところで保護された強運の持ち主だと思います!


骨格がよく長毛なので洋猫さんの血が入っていそうです。

ただどこを触っても骨があたるほど痩せていました。

この子はこのままではこの冬は越せなかったと思います。


保護時は、見ていて可哀想なほどブルブルと震えていました。

ただまったく攻撃性がないので試しに撫でたところ抵抗せずすんなり抱っこさせてくれました。


保護したこのエリアの仮名は、「人名シリーズ」なので「ソフィー」といたしました。

きっとこの子の本来の姿はフワフワで美しいはずと思ったらこの名前が浮かびました。


(獣医師による推定年齢が3~4歳と微妙なため念のため震災前生まれを視野に入れ元々の飼い主さん捜しを平行していきますが)

体調が安定しましたら、里親様募集をいたします。


ビビッ! と運命を感じた方がいらっしゃいましたら、下記までご連絡をください!

  ↓

福島被災動物レスキューRAIF」  raif.fukushima@gmail.com





そして、「牡丹」・「」・「このは」を保護したポイントは…


◆仮名「クリス」 ♀ 生後4~5ヶ月 エイズ白血病共に陰性







・柄ーシャムMix

・瞳ーブルー

・尻尾ー長くてまっすぐ


保護後、血液検査・避妊手術・検便・駆虫・爪切り済み。


捕獲器を覗いた時に、あまりにも美しい子なので驚きました。

澄んだブルーの瞳に優しい発色の被毛…サラサラのパウダースノー「初雪」のようでした。

このエリアで保護した子の仮名は「植物シリーズ」にしていましたが、これから来るXマスの「クリスマスツリー」から仮名は「クリス」といたしました。


捕獲器からケージに移ってもらう時に触れました。

撫でるのは大丈夫ですが、抱っこは嫌がりました。

まだ生後4~5カ月なので人馴れも早いと思います。


保護場所・身体的特徴などからして、「牡丹」・「」・「このは」と血縁関係ありだと思います。

この月齢からすると「」と姉妹かも知れません。


体調が安定しましたら、里親様募集をいたします。


ビビッ! と運命を感じた方がいらっしゃいましたら、下記までご連絡をください!

  ↓

福島被災動物レスキューRAIF」  raif.fukushima@gmail.com





そして、ラスト


シトリン」・「アンバー」・「ルチル」を保護したポイントにいたこの子は…



捕獲器の蓋が閉まっていましたが中には何も居ず。


このポイントは海風が強いので風で蓋が閉まってしまったようです。


蓋さえ空いていれば、子猫さんは絶対入ったはずなのに…


保護してあげられなくて申し訳なくて涙が出てしまいました。


捕獲器を1台だけでなくせめて2台設置していればよかったのにと自分の判断ミスを恨みました。


しばらく子猫さんがいないか周りを探したりしましたが完全に日が暮れてしまい気温もグングン下がりはじめてしまい…


この日の保護は無理となってしまいました。


来週朝一に保護を試みます。


(この子に対する想いを綴った記事 http://ameblo.jp/happycat-satuki/entry-11962638367.html  )




今回、保護した猫さんたちを捕獲器からケージに移って貰い一息



美しい満月が輝いていました。


後で聞きましたが、今年最後の満月だったそうです。


その美しい月を眺めながていたら涙が…





この段階で気温0度。


冷たく吹き付ける北風が容赦なく吹き付けていました。


今日保護してあげられなかったあの子猫さんは無事なのか?


なんであの時捕獲器をもう1台設置しなかったのか?


保護枠オーバーだからと捕獲器の蓋を閉めようとしたその捕獲器に入った「ソフィー」をリリースするしかないかもと一瞬だけでも考えてしまったことに対する罪悪感。


(もちろん授乳中の子以外はリリースはしません)


まだまだ保護してあげなきゃならない子達がいるのに、私には助けてあげることが出来ない自分の無力さと怒りと悲しみと情けなさと…


悔しさで涙が止まらなくなってしまいました。








福島被災動物レスキューRAIF 」ですが、無理に無理を重ねて保護っ子さんの受け入れをしてくださっていましたが本当にもう限界です


今回目撃した子猫さんまではなんとか受け入れしてもらえますが、それ以上は…


よって年内の保護は、その子猫さんを持って終了せざる得ないことになりました。


また週末より寒波が来るそうです。


凍えて誰にも看取られず亡くなる子が出てしまうかも知れません。


助けてあげたい。


今まで必死に頑張ってきた"あの子達"を1匹でも多く助けてあげたい


保護っ子預かりボランティアさんが1人増えると1つの命が救えます


どうか保護っ子預かりボランティアのご協力をお願い致します。



《SOS》保護っ子預かりボランティアさん 

保護っ子の「預かりボランティアさん(フォスターホーム)」が不足しております。


どうか、"あの子達"に生きるチャンスをください!


「預かりボランティアさん(FH)」については、「福島被災動物レスキューRAIF 」にお問い合わせください。


詳しくは下記のリンク先をご覧ください、ご協力をお願いいたします。


●「預かりボランティアさん(フォスターホーム)」について

http://raif.exblog.jp/19138172/


里親様を募っている猫さん情報

(保護っ子情報は、コチラ ←クリックしてください)


お問い合わせ先

raif.fukushima@gmail.com



"あの子達"のために必要な物資と医療費などのご支援については…

http://raif.exblog.jp/  ← こちらをご覧ください




できましたら1人でも多くの方に、「フォスターホーム(保護っ子預かりボランティアさん)」と「里親様」を募っていることを知っていただきたいので「拡散シェア」をお願い致します






ランキングに参加しています

"あの子達"のことを、ひとりでも多くの人に知って欲しいので、

1日1回 「ポチッ!」 として頂けると、助かります♪

  ↓

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

AD