今回は、「シミズさん」が一緒に活動してくれました。


まずは「シミズさん」をお迎えに行って、千葉まで行き物資積み込み





今回は、閉鎖予定地なども回るため、また現地に置いてあるストックがなくなりつつるため、フルに積込みしました。


久々に恐ろしいほど車体が沈み込みにヒヤヒヤしながらの出動となりました。


皆さまから託して頂いた美味しいご飯」と温かい想いがいっぱい詰め込み、いざ出発!





早朝、福島入りしてすぐに外の世界の給餌を開始しました。


中の世界に入れる時間までに出来るだけ給餌を済ませておきたいので大急ぎで廻りました。


ここのところ本格除染ライフラインの復旧工事などの関係で通行止めになっている道路が増えてきたので給餌活動がし辛くなってきています。


どうしても車で入れない場合は、徒歩でポイントまで行くしかありません


今回は「シミズさん」が来てくれたので本当に助かりました。


美味しいご飯」と「お水」に掃除道具など計20キロ以上の物資を、ポイントまで歩き1人で運び入れるのは本当にしんどいので。


とくに夏は暑さで体力を奪われるので辛い作業となります。





閉鎖予定地に入る時間となったので、ある場所へ…


震災直後から福島の被災動物のために給餌活動に参加されているPOCOさん」と合流しました。


中の世界複数の検問があるのでどうしても時間のロスが出てしまい、捕獲器を掛けるにも効率が悪く困っていたところPOCOさん」が救いの手を差し伸べてくださいました


車2台で手分けして回ればそれだけ作業効率も良くなりますし、生態調査も可能となります。


POCOさん」は、警戒区域だけでなく飯館や葛尾など広範囲で活動されているので土地勘もあり知識と経験もある方です。


その「POCOさん」が、今回はあのガリガリ猫さんがいたエリアを担当してくださいました。






私と「シミズさん」は、国有化にともない完全閉鎖されると言われているエリアなどを回りました。


定点カメラに写っていた"あの子達"を閉鎖されるまでに救出するために今回も捕獲器を掛けました。



少なくともこのポイントにはあと3匹はいます。


全ての子がカメラに写るわけではありませんから、もっといると思われます。


1匹でも多く、1日も早く、閉鎖されてしまうまでに保護をしてあげたい


「お願いだから入って」


いつも祈りながら捕獲器を掛けています





この数か月は落ち着いていたせいか目にしなかった「流血痕」ですが、今回とあるポイントで発見しました。



写真では分かり難いかも知れませんが、かなりの出血量です。


この出血をしたのが猫さんをはじめ小動物だとしたら、かなり危険な出血量です。


弱った子がいるか回りを捜してみましたが見つかりませんでした。


この出血をした子が無事であることを祈ることしか出来ません





まだまだ日中は暑いけど、日がくれれば肌寒さも感じるようになり「」へと移り変わっている福島。


動物達は、これから来るであろう「」に向けて体力をつけるために食欲が増してきます


どの給餌ポイントも、夏に比べると確実に「美味しいご飯」の減り方が激しくなっています。


厳しい寒さからみを守るために体力と脂肪をつけておかなければ越冬はできません


只今、"あの子達"の命を繋ぐ大切な給餌用フードが不足しています。


どうか保護出来るその日まで命を繋ぐ美味しいご飯のご寄附をお願い致します



 ●ドライフード
  カビ・虫対策で、6袋位の小袋入りが助かります。

  商品例  
   一か月で約3トンが必要です。

  ●「焼きカツオ」
   これも給餌日だけの嬉しい「オヤツ」です。 商品例

  ●保護猫用フード
   厳しい環境を生き抜いてきた子に
   バランスのとれた「ご馳走」を。 商品例


送っていただく場合は ヤマト運輸の利用 でお願いいたします。
通販元から直接、送っていただく場合も ヤマト運輸を選択してくださる
ようお願いいたします。

        〒279-0042
        千葉県浦安市東野1-18-29
         ヤマト運輸 035-124 浦安東野センター止め

 宛名    : RAIF (090-3406-8111)
          上記電話番号は伝票用です。
          電話でのお問い合わせはご遠慮願います。
          お問い合わせはメールにてお願いいたします。
          : raif.fukushima@gmail.com

 通販先URLに送付先を登録されている方、ご変更をお願い致します。





今回は、「POCOさん」と二手に分かれ4カ所に捕獲器をかけました。


が、"あの子達"を保護することは出来ませんでした。


日中はアスファルトは焼けるように暑いこの時期は日が出ている時間にそれも数時間では、なかなか猫さんは入ってくれません。


でも捕獲器を掛けなくては入ってもらえませんから、これからも諦めず保護を試みていきます





福島原発がある「大熊町」にはなぜかこのような看板が多くみられます。








「団結して締め出せ 町から暴力を」 



ほかにも「暴力団のいない町・・・」などの看板を目にします。


」と「」を生み出す「原発」がある町にこの看板…


震災前、静かな田舎町だったはずのこの町に、このような看板があること自体が不自然というか違和感を感じます。







あと2日後には無くなる国道6号線にある検問。(9月15日午前0時に無くなります)


震災後一般車両が通行出来なくなって3年と半年。


この6号が開通する事により多くの人と企業が助かります


しかし、この6号が開通する事により、防犯面被爆などの問題が出てくることは確かです


何が正しくて、何が正しくないのか?


理想と現実の埋まらないギャップを埋める事は困難だとは思いますが…


なんとも言えぬ、また新たな壁が、この福島に出来てしまったように感じます







帰りの高速。
無人の町なので灯りもなく真っ暗な闇の中をひたすら走ります。
恐さよりも寂しさを感じながら、"あの子達"を想い帰路へ…



今回、給餌保護活動に参加しご協力くださった「POCOさん」と「シミズさん」、ありがとうございました!

同じく給餌保護活動のためご協力くださった住民の「まーちゃん」、いつもありがとうございます!!


またこの活動を支えてくだっている「福島被災動物レスキューRAIF 」の皆さま、いつもありがとうございます!!!

そして、いつもいつも温かいご支援と応援をしてくださっている皆さま、心より感謝申し上げます!!!!!





~~~~~~~~~~~





いつも温かい応援とご支援をありがとうございます!


引き続き"あの子達"のために、ご協力をお願いいたします!!



1人では、ここまでの活動は出来ません。

給餌保護活動に協力してくださる皆さま。

保護っ子の受け入れ、支援物資を受け入れ管理してくれる「福島被災動物レスキューRAI F」のみんな。

温かい応援とご支援をしてくださる皆さま。

沢山の方に支えていただいているから出来る「命のリレー」です、ありがとうございます。

今後も、その「命のリレー」を続け1つでも多くの「命」と「心」を救い出せればと願っております。

皆さま、これからも"あの子達"のために、温かい応援とご支援を宜しくお願い致します。





【ご支援のお願い】


現在、:給餌保護活動用の「給餌用フード」と「焼きカツオ」が不足しています。

給餌を継続しなければ、命をつなぐことも、保護する事もできません。
取り残されたこの子たちのため、ご支援をお願いいたします。


-----------------------------------------------------------
支援物資のお願い。
  ●ドライフード
   夏場はカビ・虫対策で、6袋位の小袋入りが助かります。     商品例  
   一か月で約3トンが必要です。

  ●「焼きカツオ」
   これも給餌日だけの嬉しい「オヤツ」です。 商品例


-----------------------------------------------------------

送っていただく場合は ヤマト運輸の利用 でお願いいたします。
通販元から直接、送っていただく場合も ヤマト運輸を選択
してくださるようお願いいたします。


 送付先
        〒279-0042
        千葉県浦安市東野1-18-29
         ヤマト運輸 035-124 浦安東野センター止め

 宛名    : RAIF (090-3406-8111)
          上記電話番号は伝票用です。
          電話でのお問い合わせはご遠慮願います。
          お問い合わせはメールにてお願いいたします。
          : raif.fukushima@gmail.com

-----------------------------------------------------------





《SOS》保護っ子預かりボランティアさん

完全閉鎖されると言われている「双葉町(一部のエリア)」と「大熊町(一部のエリア)」の猫さんは、立ち入りできる今しか、救出チャンスがありません。

しかし、保護っ子の「預かりボランティアさん(フォスターホーム)」が不足しております。

どうか、"あの子達"に生きるチャンスをください!

預かりボランティアさん(FH)」については、「福島被災動物レスキューRAIF 」にお問い合わせください。

詳しくは下記のリンク先をご覧ください、協力をお願いいたします。


●「預かりボランティアさん(フォスターホーム)」について

http://raif.exblog.jp/19138172/


●里親様を募っている猫さん情報

(保護っ子情報は、コチラ ←クリックしてください)


お問い合わせ先

raif.fukushima@gmail.com




ランキングに参加しています

"あの子達"のことを、ひとりでも多くの人に知って欲しいので、

1日1回 「ポチッ!」 として頂けると、助かります♪

  ↓

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村




AD