【3月7~8日の活動報告(前篇)】のつづき

http://ameblo.jp/happycat-satuki/entry-11792700278.html



昨晩から早朝まで暴風とにわか雪に見舞われました。


零下の中、"あの子達"はどのように暖を取っているのか?


みんな無事に朝を迎えられたのか?


そんな思いで朝を迎え圏内に向かいました。





3月8日早朝、2日目の活動開始です


捕獲器の回収可能時間まではまだ時間があるため、前日給餌したポイントの点検をして回りました。


どこも「美味しいご飯」を猫さんが食べた形跡がありました。


また「給餌日だけのご馳走(ウェットフード)」は、完食されていました。


もちろん「おかわり」を入れてあげました。


夜中にちゃんと温めて用意しておきましたのでw



さあ、閉鎖予定地に入る時間です。



昨晩の悪天候を考えるとあまり期待は出来ない。


でも、皆さまが無事に保護出来る様にと祈ってくださったのだから、大丈夫なはず・・・


はやる気持ちを抑え1つ1つ確認をしていきました。



蓋が閉まってもいない捕獲器。


蓋は閉まっているけど、中はカラの捕獲器。


蓋が閉まっている・・・けど、「ネズミさん」。


6台のうち5台が、こんな感じでした。


タヌキさん」さえ入っていないなんて・・・やっぱりあの天候だからダメだったんだ。



絶望的結果を目の当たりにして、悲しくて、情けなくて・・・


今すぐその場から立ち去りたくなりました。



そして6台目の捕獲器を見に行くと。


ガタッ


捕獲器が動きました!



被せてあったシートをそっとどけると、そこにいたのは・・・


あの定点カメラに映っていたシャムmixちゃんでした!!!




もう、嬉しくて嬉しくて、感激の涙を流しながら「RAIF 」の代表「みーちゃんさん」に電話してしまいましたw



「あなたに逢いたくて、あなたを助けたくて、ここに通っていたんだよ」

「やっと会えたね」

「さあ、ここから出よう」


「一緒に帰ろう」


もう、ずっーと「シャムmixちゃん」に話しかけていましいました。



実は、危く「シャムmixちゃん」が逃げてしまいそうだったんです。


シャムmixちゃん」が凄く興奮して捕獲器の中で激しく暴れたんです。


そして捕獲器の蓋を破壊して頭が外に出てしまって、もう心臓が飛び出る位に驚きました。


ここで逃がしてしまっては、もう二度と保護出来ないと思い必死に蓋を押さえました。


その後蓋を結束バンドで固定し一安心となりました。


なんでここまで蓋が壊れたのか確認してみたところ、蓋を固定しているパーツが経年劣化なのか分かりませんが割れていました。


この捕獲器は、以後使用中止といたします。




●仮名ミント  ♂  1~2歳  エイズ・白血病共に陰性




健康状態は、ただいま検査中。

ただ給餌も継続して出来ていたポイントにいたので食事は出来ていたはずなので、極度の衰弱はないと思われます。

顔・足・尻尾に柄があるシャムmix。

尻尾は長くまっすぐ。

保護後ずっと「うぅーうぅー」唸っていましたが、そういう子は人馴れが早い傾向あります。

先週同じポイントで保護した「バジル」と血縁関係があるかも知れません。



他にかけた捕獲器4台ですが、そちらも今回はダメでした。

10台中9台がダメで、残りの1台に、願っていた「シャムmixちゃん」改め「ミント」が入ってくれたなんて、奇跡です! 感激です!!


よく入ってくれたね!

諦めなくて良かった。

あなたのを、諦めなくて良かった。





現場の後片付けをし「ミント」を乗せその地を後にしました。




まだ見ぬ"あの子達"がいるかも知れないのだから、閉鎖されるまで保護を諦めず、まだまだ通うつもりの道です。




これで今回の目的は全て終了。 では、ありません。


昨日出逢った首輪をしたキジ猫さん」の保護をしなくてはなりません。


10台かけた捕獲器の結果次第で保護するかどうかという事になっていましたから。




捕獲器は2時間も置いておけないけど、昨日「キジ猫さん」がねぐらにしていると思われる場所を確認していたので掛けてみました。




で、結果は・・・入ってくれていました!!!

(慌てて捕獲器の写真を撮り忘れてしまいました、すみません)


大人しくちょこんと座っていました。


小さな声で「みゃ~みゃ~(早くここから出してぇ~)」


と鳴いて、私の事を見つめてくれました。


この子は、家族に愛され育てられたのだろう。


そう感じました。


この子は、昨日は触らせてくれなかったけど人馴れしてはずだから大丈夫だろう。


そう思い、捕獲器からゲージに移動する時に触ってみました。





一瞬、驚いたようですが、大丈夫でした!


小さくゴロゴロいってくれていたので、思い切って車内をフリーにしてみました。






私が怖い人でないと認めてくれたのか、ナデナデされてくれて、お膝に乗ってきてくれました♪


そして、温もりを確かめるかのようにじっと私の腕に抱かれていました





2011年3月11日東日本大震災からあと3日でまる3年


この子が、家族と離ればなれになってからもまる3年になるのでしょう。


「もう大丈夫だよ」


「寂しかったよね」

「よく頑張ったね」


「あなたの家族探そうね」


この子の心のキズを少しだけでも癒してあげられればと、しっかりと抱きしめてあげました。




●仮名「きな子」 ♀ 4歳位  エイズ陽性・白血病は陰性







健康状態は問題ないと思いますが、病院にて検査中。

全身キジ模様だがサビっぽいかも。

尻尾は長くてまっすぐ。

避妊手術済みの可能性アリ。

飼い猫の可能性大、人馴れしている。

していた首輪は、赤に白のドット模様。

このポイントで保護した「うずら」「あずき」「くろまめ」「はな」と血縁関係ありかも知れません。

このポイントで保護された子の仮名は「豆シリーズ」で統一していますので、この子の仮名も「豆」繋がりにいたしました。




ダメかもと思いましたが、諦めず保護を試みて本当に良かった。


もし諦めていたら「ミント」も「きな子」も救い出せなかったのだから。


保護させてくれてありがとうね!!!

無事に保護出来る様にと祈って下った皆さま、ありがとうございました。

皆さまの祈りが届きました!!!


心より感謝いたします。




ミントきな子皆さまの温かい想いと託してくださった美味しいご飯」を食べて生き延びてきました


2011年3月12日の原発事故以降今現在も助けを待っている"あの子達"が多数あの地に取り残されています


もう3年も経過しているにも関わらず・・・


私に出来る事などたかが知れているとは思いますが、今までもこれからもやれる限り活動していく所存です。


風化と共に忘れ去られてしまった被災地。


まだまだ手つかずの状態が多く、命が、そして心が、置き去りにされたままです。


どうか、まだ救いを必要としている、命と、心があることを忘れないでください。


皆さま、いつも温かい応援をありがとうございます。


これからも、"あの子達"のためにご協力とご支援を、何卒宜しくお願い申し上げます。






【お願い】


私達と一緒に、福島で救出を待っている"あの子達"の「尊い命」を繋ぎ留め救ってくださいませんか?


皆さま、ぜひ、ご協力をお願いいたします。


里親さん」、「保護っ子預かりボランティア(フォスターホーム)さん」、「活動支援(物資や資金など)」についてはコチラ をご覧ください。

  

福島被災動物レスキューRAIFのブログ

http://raif.exblog.jp/




《SOS》 現在、給餌用フード不足しています
出来ましたらご寄附をお願い致します。

送り先など詳しくは、上記ブログに記載してありますので、宜しくお願いいたします。



《急募》 保護っ子預かりボランティアさん

3月末で完全閉鎖されると言われている「双葉町(一部のエリア)」と「大熊町(一部のエリア)」の猫さんは、今しか救出チャンスがありません。

しかし、保護っ子の「預かりボランティアさん(フォスターホーム)」が不足しております。

どうか、"あの子達"に生きるチャンスをください!

「預かりボランティアさん(FH)」についても、上記にリンクされている「福島被災動物レスキューRAIF」のブログをご覧ください。

何卒、ご協力をお願いいたします




ランキングに参加しています

"あの子達"のことを、ひとりでも多くの人に知って欲しいので、

1日1回 「ポチッ!」 として頂けると、助かります♪

   ↓

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村



AD

コメント(6)