突然ですが、


寒いとなぜブルブルを震えるのか、ご存じですか?


答えは


哺乳類は筋肉を動かし熱を発生させ体温を保つので寒さを感じると震えると言われています

そのためにはエネルギー源が必要です

すなわち食事がとれなくては体温維持に必要な震えが出来ず凍死してしまうのです


ちなみに「鳥肌」も、体毛を立たせ体毛の中に温かい空気をため込み暖を取るためと言われています。



12日の福島ですが、今まで経験した事もない積雪に見舞われました


▲幹線道路以外はワダチがほとんどなく深い積雪でした。
このワダチは私達の車で出来たモノです。
軽く膝上まである積雪でした。


朝方は粉雪も舞っていました。


こんな天気なので猫さんは出てきてくれないのではと「くろさん」と話していると・・・

▲給餌ポイントから少し離れた道路に「茶白さん」が!
体毛がボサボサで腰骨が浮き上がっていました。
後日、「RAIF 」から保護許可が出たので次回「保護」を試みます。



▲空腹で食料を探し求めていたのでしょう。
急いで「温かいウェットフード」と「美味しいご飯(ドライフード)」をあげました。



どこの給餌ポイントもカラでした。

寒さをしのぐ為には沢山のエネルギー源が必要です。

食事ができなければ、「凍死」してしまいますから、みんな必死で食料を求め、この極寒の地を彷徨っていました。


▲「美味しいご飯」を求め現れた"あの子達"の「生きている証」。


▲このポイントにも・・・いつから食べれていないのか?
何度もこの地を訪れたはずです。
命尽きてしまった子がいない事を祈りながら給餌を続けました



▲このポイントも無数の「生きている証」が・・・
このポイントでは、「白キジさん」が「美味しいご飯」が届くのを待ってくれていました。



6号線とトラックなどの作業車が行きかう道路以外は除雪車が入っていませんでした。

一瞬入る事を躊躇してしまうほどの積雪でしたが・・・

くろさん」が、男らしく一気に突き進んでくれたおかげで、ほとんどのポイントは車で辿り着くことができました。

くろさん」が一緒に来てくれて「良かったぁ~」と感謝感謝の一日でした!


▲これ急な昇りの坂道です。
途中何度かケツ振りしたりする箇所もありましたが諦めずガンガン突き進みました。



しかし、いくつかのポイントは雪の厚い壁が行くてを拒み・・・


▲車が入れない場所からは、徒歩で・・・。
数十キロの「美味しいご飯」と「お水」などを背負込み、ひたすら給餌ポイントをめざし歩きました。


▲ここの道は最も苦労しました。
車が深い積雪の中、坂道&橋で脱出困難になってしまうかもと思っていたら、除雪車が遠くから心配して見守ってくれていました。
しかし、「くろさん」の見事な運転で無事に脱出できましたが・・・危険でした(冷汗)



▲ここは、積雪自体が固まってしまって車で入れなかった道路です。
固くなった雪の上だと歩くのは楽です。
ただし活動終盤になれば・・・疲れ切ってフラフラ。



とあるポイントで目にした"あの子達"飢えで「もがき苦しんだ痕」。

▲発砲スチロール箱を何度も引っ掻き「ご飯」を探していた形跡です。


▲ポロポロになった箱底。
この痕を残した子は、無事なのか、心配です。

全てのポイントに、今まで以上に沢山の「美味しいご飯(ドライフード)」と「給餌日だけのご馳走(ウェットフード)」を置いてきました。




▲移動中に出会った「茶白ちゃん」。
まだ1才にもなっていない子でした。
お腹が空いているのか、一度は逃げてしまったけど・・・



遠くからずっーと私達を見つめていました。
焼きカツオ」と、少しだけ「美味しいご飯」をあげました。

この子も次回「保護」を試みます。

また、この子がいた場所近くに給餌されている「nekonekoさん」に連絡し「保護」をお願いしましたのでご安心ください。



凍死



それだけは阻止しなくてはとの想いで、急遽、福島入りを決めたのが12日午前4時前。

それから「給餌日だけのご馳走(ウエットフード)」を湯煎しFB(フェイスブック)で福島に向かいことを報告しました




突然、少しだけ時間が出来たので、しかもこんな早朝ですから誰にも声を掛けられないので1人で福島に行くつもりでした。


しかし、FBで私が福島に行く事を知った「くろさん」の「奥様」が「くろさん」にそのことを伝えて下さり・・・
くろさん」が活動に同行してくれると電話を貰いました。

くろさん」、「奥様」、お陰様で無事に活動できましたありがとうございます!!!


それから、2人で「福島被災動物レスキューRAIF 」にご寄附いただいた「美味しいご飯」を車に積みこみ福島に向かいました。



皆さま、いつもいつも温かいご支援と応援を、ありがとうございます!


今回も福島で飢え寒さで震えている"あの子達"に、沢山の「美味しいご飯」を無事に届ける事が出来ました!!


"あの子達"にかわり御礼申し上げます。


これからも、"あの子達"のために、ご協力を宜しくお願い致します。





全ての給餌ポイントで"あの子達"の「生きている証」がありました。

皆さまから託して頂いている「美味しいご飯」が、"あの子達"の「命」を繋いでいます。




【救護活動のご支援応援について】
まだまだ救出を待っている"あの子達"が沢山います。

出来ましたら、"あの子達"のために温かい応援ご支援をお願いいたします。

里親様」、「保護っ子預かりボランティア」、「活動支援 (物資または資金)」などについては、コチラをご覧ください。

http://ameblo.jp/happycat-satuki/entry-11760339788.html




1日1回 「ポチッ!」 として頂けると、助かります♪
  ↓


にほんブログ村


AD