自分を愛し、揺るぎない自信を育む「しあわせメイク」Life

自信、メイクレッスン、理想のライフスタイル、誕生数秘学、自分を知る、好きなことを仕事にして、幸せ、自分らしく、開運、引き寄せ、自分を好きになる、


テーマ:

 

 

1年前に、数秘学ティーチャーの同期でもある
この方に声をかけていただき

 


参加させていただいた

おひとり起業家さまを対象にした、

フォト×メイクセッション。

 

 

 

このプロジェクトでは、

ヘアメイク、撮影、そして

ヘッダーデザイン担当として、

携わらせて頂いてきました。

 

 

 

これまで撮らせて頂いた
お写真は、4000枚を越えていて

 

 

自分でも、、、うわあ、、、と、びっくり。

そして、我ながら良くやったなあ・・・(笑)

と、しみじみでした。

 

 

特に、この4ヶ月は

かなりハードに動き回り、

結果、〈3つの大きな気づき〉があったんです。

 

 

 

まず、1つめは、

「仕事って何だろう」という長年の問いかけに対する

一つの答えが湧いて来たこと。

 

 

 

仕事って、

「自分の一番大切にしているものを、表す場所のひとつ」

なんだあ、と。

 

 

 

だからこそ、

真剣に悩み、真剣に向き合うし、

妊娠しても、出産をしても、

育児中で、例え亀の歩みだとしても、

 

 

決して辞めることが出来ないものなんだな、って

改めて、思ったのです。

 

  

同時にね、、感謝も湧き上がってきたんです。

 

 

なぜなら この場所は、
決して自分ひとりでは
作り上げることが出来ないものだから。

 

 

 

 〈依頼してくださる誰か〉がいてくださって

その誰かに用意していただいた

大切な「特別な場所」でもあるんですよね。

 

 

 

ご縁をいただいた皆さまに

「ありがとうございます」という想いが

むくっ、むくっ、と沸き上がってます^_^、

 

 

(この感謝の気持ちを忘れてはいけないなあ・・・・。)

 

 

 

そして、やはりこの場所で

届けたいメッセージを、

届けたいたい方に、

届け続けるチカラが、

 

 

今の私にとって

「本当に大事なことなのだ」と改めて思ったのでした。

  

 

 

2つめは

自分にとっての〈やりがい〉や

 

今のわたしに出来ること

そうでないことが、はっきりと分かったこと。

 

 

 

じつは、プロジェクト中、メイク後のお姿を見て

「女性で良かった・・・」

涙される方もいらっしゃったんです。

 

 

 

そのことが、私の琴線に触れ、、、

心も目頭も、じんわりと熱くなったときに

気づいたんです。

 

 

 

きっかけは「外見を美しく魅せるメイク」だったとしても。

 

 

その根っこには、

自分に産まれてきた喜び、

女性である悦びを、

女性たちの輝きにのせ、届けたい という想いが在り

 

 

それが、私にとっての

〈やりがい〉に繋がっていたんだなあ、ということです。

 

 

 

だから「メイクのテクニックだけ」をお伝えすることが

私のお役目ではないのだな。

 

ということに、気がつけたこと。

 

 

 


 

 

そして、3つめは。

〈近くを大切にすることが、遠くを大切にすること〉に繋がる、ということ。

 

 

そのためには、「今の自分サイズ」という「足下」を

しっかりと見なくてはいけないな、ということ。

 

 

 

大切にしたい主人、子どもたちとの

かけがえのない時間を大切にし、

家族のシアワセを満たすことが

 

 

本当の意味で、クライアント様を大切にすることに

繋がるんだな、って思ったのです。

  

 

{1895C017-6866-4B48-BB7F-951A20A0ABDD}


 

 

例えば、編集作業に追われているときほどね、、

夜中に決まって子供たちが ぐずるんですよ。(苦笑)

 

 

 

そんな中、バタバタと寝かしつけ、

「いつ起きて来るかしらん・・・」と

ピリリとした緊張モードで仕事を続けとしても、、、

 

それは、いつか、どこかに、澱みや、綻びが出てしまう。

 

 

もちろん、上手にバランスを取れる方も

居ると思うのです。

 

 

ですが、わたしはそうでは無かった、ということ・・。

 

 

 

「早く終わらせないと、こなさないと」

こんな〈追われた〉状態では、、、、

 

 

愛のエネルギーを出しているとは、到底

言えないよなあ。と。

 

 

 

それに、泣いて起きて来る娘には、

何の問題もないのに

 

 

わたしの余裕が無いがゆえに、

子ども達を「仕事が進まない存在」として扱うことも

それも、違うなあ、、、って。

 

 

 

 

ママ、ママ、と屈託のない笑顔を

眺める、心の余白があってこそ、

〈良い仕事が出来るのだな〉と思ったんです。

 

 

そして、滞りの無いエネルギーを

出し続けられなかった、ということは…

 

 

自分を過信して、

多くを得ようと、無理をしていたということ。

 

 

 

 

 

今、わたしが大切にしたいものは

自分の大切にしたい人との時間を育みながら

自分のペースで活動を、

コツコツと続けてゆくこと、だと思ったのです。

 

 

image

 

 

そのことをプロジェクトリーダーに

きちんと伝え、

「ごめんなさい」と謝罪をしたのですが、

 

 

結果、快く承諾してくださり、

 

わたしは一旦ここで、

このプロジェクトでの〈カメラとデザイン業務〉を

卒業させていただくことにしました。

 

 

 

私の中では、本当に、本当に、

充分にやりきり、

充分に楽しく、多くを学ばせていただきました。

 

 

  

青春ドラマのように、

熱く、無我夢中だった、そんな、1年でした。

 

 

 

だからこそ

「やり尽くして、尽くして、一点の未練も無いなあ」

この言葉がぴったりかなあ、なんて思うのです。

 

 

 

今回のことでね、つくづく感じたのです。

 

 

 

人生で後悔を残さない

〈ヒケツ〉があるとしたら?

 

 

それは、とりあえず、まずは

「やってみたいこと」を「やってみることだな」って。

 

 

 

あれや、これや、しのごの、考えることも

時には大切なことかもしれませんが、

 

 

 

やってみて、結果、経験から得られるものこそ

その人の『人生のお宝になる』のだなあ、って。

 

 

 

 

 

 それにね、

やってみて、違ったり、うまくいったり、

悩んだり、もやもやしたり、喜んだり。

 

 

そうやって、

〈魂〉を磨いてゆくのだなあ、と。

 

 

 

 だとしたら、今目の前にあることは

自分の人生に、「絶対に必要なことだった」

ということなのでしょうね。

 

 

 

それを誰かのせいにするのではなく、

〈自分の責任とし受け入れる〉

 

 

それが、心の自立や、しなやかさを持ち、

〈自分の人生をクリエイトする上で〉

大切なのだなあ・・・・と思ったのでした!

 

 

 

 

 

最後になりましたが、

熱く、しなやかな意思を持ち、

プロジェクトを纏めてくれている
>>リーダー影山ミレイちゃん

 

 

 

彼女の器の大きさに、人として大切なことを

学ばせていただきました。

 

 

 


そして、武将のような(笑)

女性陣を和ませ、いつも温かく見守りくださいました

>>カメラマン日野さん

 

 

日野さんが居て下さるだけで

場が和み、柔らかな空気感になり、

癒しをいただけたと思っています。

 

 

 

 

 さらには、ここには

写っていないのですが、

 

 ファッションコンサルティングを

担当とし、衣装セレクトで力を貸してくださっている

 

 >>麻生 麗子ちゃん。

 

 

彼女には、本当に、頭が上がりません。

縁の下の力持ちとして、沢山力をお貸しくださいました。 

 

 

 

チームの皆のサポートがあってこそ
表現出来た世界でした。

 

 

そして、プロジェクトに参加し

〈共創〉してくださいましたクライアントの皆さまに

 

 

心からの愛を込めまして、
この場をお借りして御礼申し上げます。

 

 

 

・・・・・

 

 

 

〈ただいま帰りました〉というキモチと共に、

発信にもエネルギーを注いでゆきたいと思っています。

 

 

これからも、等身大の自分らしさを大切にし

更新してゆきますので、

どうぞ宜しくお願い致します^^

 

 

 

KANAKO

 

 

 

 

・・・・

 

 

※プロジェクト自体はこれからも
随時募集をしてゆくそうです。

 

今後は「メイク部門」として

必要とされるシーンのみ参加させていただき、

 

皆さまの〈女性性をひらく〉
そんなきっかけでありたいと願っています!

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)