★実践から学ぶ体験は宝である!

テーマ:
ふっと、踊る大捜査線の台詞が思い浮かびました❗

「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」




事件ではないですが、やっぱり
現場で起こったことや体験は
人を成長させてくれます。って話です。

何を言いたいかというと
私は、ヨーガ指導をある施設で
定期的にさせていただいております。

そうすると、何が現場で起きるか!?

①初めて参加される方にお会いする
②分かりやすく丁寧に説明をする
③変化を感じていただきたいと願う
④反応が気になる

人がすることなので、毎回毎回違って
雰囲気もその時だけの変化する空間な訳で

毎回、全力投球!

かさこ塾長の言葉を借りるなら
毎日がオーディションな訳で

現実は、私が指導をするので先生のように見えているけど、実際は指導を受けている方々が、面接官のような存在で、どんなことをするのか?どんなことを言うのか?嘘、偽りはないのか?どんな心の在り方なのか?




きっと、無意識に判断していると思う。

その、無意識の判断が現れるのが
次回、その方が参加されるかどうか?

なんだと思う。

ヨーガが合う、合わない、
よりも
わたしという人間性と合うか?合わないか?

そのぐらいのことなんだと思う。

現場に出てみないと
現場の大変さは分からない

でも

現場での喜び体験は
学ぶ意欲を大きくしてくれる

もっと、分かりやすく
もっと、楽しく
もっと、知ってもらいたい

そのためには

私自身が感度を高めて
楽しんで、喜んで、学ぶことが
大切なんだと思う

現場で学ぶ機会を与えていただけて、本当に感謝している。

私のあの辛い過去にも
今まで出会った人たちにも
私を支えてくれた全ての人に
そして、辛くても諦めずに
今まで歩んできた自分自身に
心からありがとう❤



実践から学ぶ体験は宝である!


AD

★お金から思うこと

テーマ:
もう、一昨年になるか…

会社員であったころは、毎月決まった金額が支払われ、安定しているように感じてました。

しかし、今わたしはフリー

会社を辞めるときも
会社を辞めてからも

不安になる要素は

お金

なぜ、社会はこんな仕組みを作ったのか?
そんなことを思ってみても解決する訳ではなく…

でも、今の状態だからこそ
ふっと感じたことがあります。

欲しいもの、要らないもの
やりたいこと、やりたくないこと
会いたい人、会わなくてもいいやと思う人

それを感じやすくなりました。

今までは、お金が定期的に入るから
まずは、やってみる!と言う選択をしてました。

今は、定期的には入らないから

本当に欲しいものを買う
やりたいことだけをやる
会いたい人だけに会う

という感覚、行動になっている気がする。

これもわたしは段階だと知っている

会社員時代なら
興味があるものは片っ端からやる。
気が乗らなくても、やれば何かがあるんじゃないか?と期待しながらやる。
仲間外れは寂しいから、みんなと繋がっていたいから参加する。

そんなことが多々ありました。
お金に余裕があったからできた。というより
そういう思考の行動パターン。

このことを客観的に見られるようになった今、何かが変わるかもしれません。

ヨーガの智慧

ダルマの法則にしたがって
私自身に問いかけながら進んで行こう
と思います。


・・・

・・




もしや
だから、ヨーガ行者は
何もかも棄てて修行していたのか?
何かを持っていては、それを失うことを恐れるから?
執着が手放せないから?

もともと人間は生まれる時
肉体ひとつだもんね。
それも、生命力に溢れた
純粋なエネルギーそのもの。

肉体ひとつになってこそ
エネルギーや感度が鋭くなるのかな…

未知の世界だぁ~

私はまだわたしを知らないのかな
豊かさも喜びも幸せも楽しさも

在る

のに、気付かないのかもしれない。

これからは、お金のエネルギーとも
仲良くなっていきたい。

まずは、自分自身と仲良くならなきゃね。




そういえば
かさこ塾繋がりの
金運最強ヒーラー マエこはるさんが居たな
どんなことをするのかな。

かさこ塾では話す機会があまりなかった。
ちょっと存在自体、気になりますニコニコ
AD
なんだろう

すごく、心が落ち着いて
穏やかだ

何かをしなければいけない
これは、こうでなければいけない
と言う思いがあまり沸かない…



なんでだろう

なんでだろう

なんでだろう



『ヨーガって何?』

チェータナナンダジから直接話を聞いたからだ!

私は、体が固いことが幸いし⁉
ヨーガのアーサナだけの虜になることはなかった。
何だか分からないけど、伝統的ヨーガの智慧のような、奥深い【何か?】を探し求めていたのかもしれない。

だからこそ、ヨーガ療法にも出会えた。

でも、それでもまだ納得できず
【何か?】を無意識に求めていた。

そんな時に、尊敬するヨガの先生が
ヨガ哲学を教え始め、その教えと
自分の考えや行動に違和感を覚えることも多々あった。

でも、根気よく話に耳を傾けた。

ある話に違和感を覚えると

いいとこどりすればいいや。
とか、
昔の状況と、今、現在の状況とは違うんだよ。
とか、
ヨーガの教えと自分の気持ちに
折り合いを付けながら、話を聞き続けた。

そして、1年以上が経過し
尊敬する先生の先生、チェータナナンダジから直接話を聞き、内側で何かが変わった。


執着って、手放そうと思ってもなかなか
手放すことなんて出来ないよ。

チェータナナンダジは話してくれた。

執着を手放す
聖典の価値が分かってこそ手放せる

そう、私は価値が分かっていなかったから、いいとこどりしようなんて考えていたんだ!

より価値がある方が分からないと手放せない

わたしは、チェータナナンダジの話を直接聞いたことで、今までの考えや行動よりも、この教えが、府に落ちたから、より価値が見いだせたから、考えや行動も変わったんだと理解できた。

完全な自己受容

そしたら、内側がすごく穏やかだ

これから、私自身の変化が楽しみでならない




AD