webデザイナーとは?独立したい人も多いはず。
だけど、デザインしかできない。ディレクションしかできない。
そんなときにweb全体を一歩距離をおいてこの本で知ることができます。


Web Designer’s StyleBook―Webデザインのプロフェッショナルになるための心得AtoZ/小山 賢一

¥2,100
Amazon.co.jp

プロのWebデザイナーとして仕事をしていくために必要な考え方や知識、テクニックを、ポイントを押さえて解説した本です。
 「基礎編」ではサイトデザインのワークフローやコンセプトメイキング、仕様書の作成など、デザイナーの仕事の基本をまとめます。
 「デザイン編」は「ビジュアルデザイン」「インターフェイスデザイン」「デザインを実現するWeb技術」の3章で構成。「ビジュアルデザイン」「インターフェイスデザイン」の章ではレイアウトスタイルの決め方や、Webページの基本レイアウトパターン、配色やテキストデザイン、Webのインターフェイスデザインなどについて解説。「デザインを実現するWeb技術」の章では、HTMLの基本からレイアウトの実現例、CSSやJavaScript、XML などの基礎知識、さらにデザインを行う際のガイドラインまでを説明します。
 「ビジネス編」では制作コストの見積りから納品、クライアントへのプレゼンテーションやチーム内のコミュニケーションなど、Webデザインのビジネス面を中心に取り上げます。
 「付録」には用語解説のほか、HTML、CSS、JavaScript、カラー一覧など各種リファレンスを収録。
 Webデザイナーの方にも、Webデザイナーを志望する人にも、必ず役立つ1冊です。
AD

+DESIGNING the Photoshop

テーマ:
+DESIGNING the Photoshop

¥1,680
Amazon.co.jp

DTP全盛の今日、Photoshopはいまやデザイナー必須のアプリケーションとなりました。また、デジタルフォトが写真のスタンダードとなりつつあり、フォトグラファーにとってもPhotoshopは必須のアプリケーションとなっています。ところが、あまりにも機能が多すぎて、学習するのが困難になっているのも事実です。そこで本書は、Photoshopの基礎から応用までを体系立てて解説し、効果的な学習を促します。Photoshop Masterを目指す人のバイブルとなる一冊です。

webデザイナーこそ欠かせないphoshopですから、この本の見易さと
カラー、写真も大きく読みやく実践しやすい本です!
AD



プロとして恥ずかしくないWEBデザインの大原則―正しいWEBデザインのルールを知っていますか?

レイアウト・配色・css・動き・サイト構造・アクセシビリティ・SEOなど。
Part7までカテゴリ別に詳しく書かれています。
見やすいです。