加 速 筋 肉

ウェイトトレーニングとか日々思うこととか・・・

バーチャル・ジム・コミュニティ
take3GYM
(テイクスリージム)はこちらからご参加いただけます。



take3GYM

NEW !
テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、自分探しの旅に出ています。 というのも先日起きたあることがきっかけとなりました。 そのあることとは・・・ それは某日某ジム某店舗にて起こりました。 トレーニング後にシャワーを浴びていて何気なくふと鏡を見ました。 そして、、 「オレってけっこういい体してるじゃーん」 などと思ってしまいました(恥) シャワー後ロッカーに戻ってふと鏡を見ると、、、 なんということでしょう! 「全然ダメダメすぎる体じゃーん!」 ガックシ。。 この数分の間に私の体にいったい何が起きたというのだ。。 否! きっとシャワーの鏡は照明とかいろんな条件が良くて、いい体に見えるのだ。。 その後、よく考えてみると家の鏡でも、鏡によってよく見える鏡とよく見えない鏡があることに気がついた。 こうして私の「どの鏡に映る自分が本当の自分なのだろう」という自分探しの旅が始まった。 終わりのない壮大な旅だ。

takesaburo.sさん(@take3gym)がシェアした投稿 -

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

 

今回のメルマガ(2017/4/28発行号)の内容をご紹介いたします。

 

◆「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「タンパク影響仮説と食材の関係は」 です。

 

今回も非常に面白い内容です!

 

「楽して痩せる方法」

 

と聞くとどんな印象でしょうか?

多くのまじめなトレーニーにとって、もしかしたらこれは許せないことかもしれません。

 

私が思うに、何が問題かというと、世の中にある「楽して痩せる方法」の多くが「楽だけど痩せない」ことにあるのではないでしょうか。

 

本当に「楽して痩せる方法」があれば問題ないでしょう。

それが「楽しい」かどうかはまた別の話ですが・・・

 

実際に、トレーニーやボディビルダーは「楽して痩せる方法」を求めて、試行錯誤して、その方法で最大限に努力しているのだと思います。

 

そしてそこに試行錯誤や努力があるから、その「楽な方法」は「楽しく」もあるのだと思います。

 

話が逸れましたが、今回はそんな「楽して痩せる方法」です(^^)

 

とはいえ、必要な量の栄養素を摂って、それ以上もそれ以下も摂らないベテラントレーニーには当てはまらないかもしれません。

 

むしろ、ダイエット中でもついつい食欲を抑えられないという一般の方には有益な内容だと思います。

 

人間の体って面白いですね~

 

 

◆「Q&A」

Q1:
肩のトレーニングでサイドレイズが中々効きません。
首に凄く刺激が入る感じがします。
何かいい方法はないでしょうか?
よろしくお願い致します。

 

Q2:
高重量のスクワットやデッドリフトで、左のハムストリングの肉離れが癖になってしまっています。
予防やリハビリ方法をご教授いただけないでしょうか?
お願いいたします。

 

Q3:
いつも有益な情報をありがとうございます。
最近、お腹の張りとガス溜まりがひどく困っています。
こう言った症状を緩和できる運動やサプリはあるのでしょうか?

 

Q4:
質問です。
競技者でロープを振るトレーニングをよくやっていますがどのような効果があるのですか?

 

Q5:
山本先生いつも勉強させて頂いております。
ローカーボダイエットを行う為、脂質の酸化を防ぐ目的でビタミンEを摂ろうと思います。
おススメのサプリや選び方が有れば教えて下さい。
また予算があまり多くはないので安価な物であると大変助かります。
宜しくお願い致します。

 

Q6:
いつも情報を活用させて頂いています。
ありがとうございます。
質問なのですが、いわゆる外胚葉の人にはケトは向いていないのでしょうか?
去年から知人数人で糖質制限食での減量を行ったのですが、元々体脂肪のつきにくい体質の人があまりうまく行かず、体脂肪率が高い人は比較的スムーズに体重が落ちました。
元々の体脂肪率が高ければ、当然体脂肪が落ちるスピードは早いのでしょうが、外胚葉タイプの方は殆ど体重の減少が見られませんでした。

個人的な考察としては
・外胚葉の人間は元々脂質の代謝が早いから、ケトーシスになっても脂質代謝のスピードに伸び代がない。
・中胚葉/内胚葉は逆に伸び代が多くスムーズに落ちやすい
というような事を考えたのですが、山本さんのお考えをおきかせください。

また、外胚葉タイプの人がケトーシスを行う際の注意点等ありましたらアドバイス頂ければと思います。
以上、よろしくお願い致します。

 

Q7:
いつも有益な情報ありがとうございます。
知り合いのボディビルダーの方から、タンパク質は、固形物(肉等)から摂取した方が筋肉に還元しやすいからプロテインを飲むより肉や魚を食えと言われました。
同じタンパク質で、筋肉に還元しやすいなんて本当にあるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

 

 

◆「私が博士に教わったこと」

今回は「肩+腹筋」のトレーニングメニューをご紹介する予定です。

 

 

メルマガは4月28日(金)17時ごろ発行予定です。

メルマガのご購読は、こちらから。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

 

今回のメルマガ(2017/4/21発行号)の内容をご紹介いたします。

 

 

◆「今週のメインテーマ」


メインテーマは、 「追い込むテクニックは必要か?」 です。

 

ウェイトトレーニングの場合、基本的に「追い込む」というのは「自力でできなくなるまで」ということは多くのトップ選手、トップコーチの共通認識であると思います。

ただし、ギリギリまで自力で追い込むというのは、特にフリーウェイとの種目によっては危険であったり、また精神的に限界が先にきたりして、なかなかできない場合もあります。

 

そこで、追い込むためのテクニックが出てきます。

例えば、チーティングやパーシャルレップスなどです。

 

今回はその中でも、レストポーズ法の基本形をご紹介した上で、変形のレストポーズ法というものをご紹介します。

 

そしてこれに関する研究結果や、「自分で決めたレップスで止める」群と「限界まで行う」群と「レストポーズで限界まで行う」群を比較した研究結果などをご紹介します。

 

最後にこれらの研究結果を踏まえた上で、「追い込んで多セット」、「追い込んで少セット」、「 追い込まずに多セット」のどれがお勧めか考えてみます。

 

かなり興味深い結論となっていますので、ぜひご覧ください。

 

 

◆「Q&A」

Q1:
繁忙期の為、トレーニングの時間が作れず、「二分割で週2~3回」のトレーニングをしています。
その場合でも、マンデルブロ・トレーニングを取り入れた方が筋肥大には良いでしょうか?
それとも一般的なトレーニングPhase1(1set:8~10reps)のみが良いでしょうか?
よろしくお願い致します。

 

Q2:
山本先生お世話になります。
ダイエットでATPが減少する事とT4からT3への変換が減少するという事ですが、
これは脱ヨード反応にATPが必要になるからでしょうか?
またこういったホルモンの働きなど生理学を学ぶのにおススメの書籍等がありましたら、
あわせて教えて頂ければと思います。
宜しくお願い致します。

 

Q3:
ケトジェニックで減量中ですが、停滞しています。
チートデイを入れてもあまり変動がありません。
このような場合ローファットに切り替えた方がよろしいのでしょうか?
またローファットに切り替える場合1度チートなどは入れた方がいいのでしょうか?
よろしくお願い致します!

 

Q4:
いつもお世話になっております。
健康診断結果についてなのですが、ここ1年ほどLDL値が125→124→138となかなか減りません。
対策としてレシチンday10g、E-gems400iu、tocomin50mg、ユビキノール200mg、
脂溶性ビタミンday3gを摂取しています。
tocomin50mgは博士のビタミンの全てを読んでから摂りだしました。
あと、LDL値を改善するサプリメント、食事はどうしたらよいでしょうか?
また有酸素運動はほとんどしていませんが、取り入れたほうがよいでしょうか?
ご教授よろしくお願いします。

 

Q5:
いつも勉強させていただいます、ありがとうございます。
いろんなサプリを紹介されていますが、
山本さんが普段飲んでいる物と調子が悪い時に(風邪など)追加する物があれば知りたいです。

 

Q6:
体育系の大学院を卒業した者です。
大学では分子筋生理の勉強をしていました。
これからは少しの間、海外で体育に携わる仕事をするのですが、
将来はパーソナルトレーナーやS&Cコーチのような職業に就きたいと考えております。
そこで博士からこういうことを勉強しておくといいというものや、
オススメの書籍などあれば紹介していただきたいです。
現在もウエイトトレーニングは継続しており、筋量もそれなりにある方だと思います。
大雑把な質問で申し訳ありませんが、お答えいただければありがたいです。

 

Q7:
いつも楽しみにメルマガを拝読しています。
ブラジリアン柔術で内惻側副靭帯を損傷しました(上側が大腿骨から剥がれました)。
今は通常のサプリメントに加えて、グルコサミン&コンドロイチン+MSMを摂取しています。
そのほか怪我の回復を早めるサプリメントがありましたら、お教えいただけるとありがたいです。
また、現在怪我をして3週間なのですが、
上半身のみトレーニングをはじめたためローカーボダイエットをしようと思っています。
こちらは怪我の回復に問題ありませんでしょうか?

 

 

◆「私が博士に教わったこと」

今回は「脚+上腕二頭筋」のトレーニングメニューをご紹介する予定です。

 

 

メルマガは4月21日(金)17時ごろ発行予定です。

メルマガのご購読は、こちらから。

 

 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。