蛹からキアゲハ蝶へ羽化する

テーマ:

昨日から今日の朝にかけての話。
キアゲハの幼虫が蛹(さなぎ)になってからだいぶ
たちましたが昨日、黄色っぽく変色していました。



キアゲハの蛹(最終段階)


蛹がとまっていた明日葉(アシタバ)も葉から茎が
同じく変色。まるで保護色のようだと感心。
空気を読んでいるのかとも思いましたが、蛹の中で
複眼と羽ができているのが確認でき最終段階。


今日の朝、ひそかに5時半頃に様子を見てみてまだ
ぱっとみ羽化してないなと思って、よく見てみると
蛹に既に黄色い蝶が。



キアゲハ蝶


「あー羽広げてる。」羽化する瞬間を見逃しました。
4時代にくれば見れたかも。
空は白かったが雨の降る気配もないので明日葉の
プランターごと外へ。寝床へ戻る。


朝8時にもまだいましたが、人の気配を察知するや
いなや空へ飛んでいってしまった。お達者で~。


そういえばアゲハ蝶は種間雑種ができる事があるとか。
クロアゲハとモンキアゲハなど。
ちなみに主にセリ科の植物を食べるキアゲハは高い山
でも生息できるとか。理由はセリ科の植物は高山にも
生えるから幼虫がそこにつくため。
どうりでキアゲハの幼虫が害虫扱いにされているのに
減らないわけだ。他にも理由があるのでしょうけれど。


あと数日前にまた明日葉にキアゲハの卵がついてました。
雨が連続して降らなくなってから確認した。



明日葉についたキアゲハの卵


沢山卵がついている。画像を大きくすると分かるかも
しれませんが葉の裏にも点々とある。
「新手の嫌がらせか」とも思いました。数で勝負のように
産んでいった様子。下手したら明日葉が全滅。
他に餌となるセリやミツバは殆どお庭に生えていないし。
飼うとするなら無農薬のパセリやセロリ、人参(ニンジン)
の葉などが大量に必要となる。
でもセロリは嫌いだから余程でないと買わないけれどね。


AD