幸せワーキングマザーへの道♥

仕事と育児の両立、保育園、夫との関係などなど、なにかと悩みが多いワーキングマザーが幸せに生きる道を模索しています。


テーマ:
昨日の記事で、リンク先の元記事をご覧になった方は読まれたと思うのですが、『専業ママに言ってはいけない言葉』 の方もご紹介したいと思います。


1.毎日何してるの?
何って、子育てですよ。家事ですよ。子どもは片時も目を離せないし、毎日、手を変え品を変え、子どもと遊んで、いろんな経験させて、ママ友との交流もこなし、節約レシピを考えて――。専業主婦ママだって、暇を持て余してるわけじゃないんです。

2.自分の時間があっていいね。
自分の時間なんてないんです、そういうあなたが一日子どもを見てくれない限りは。幼稚園に入園するまで、四六時中、子どもとべったりですよ?ママのリフレッシュ目的のための一児保育もたまには使いますよ。でも、いつ呼び出しが来るかとびくびくしながら美容院にでも行けたら御の字。銀行行ったり、たまった家事を片づけたり、2~3時間なんてあっという間。

3.旦那さんの稼ぎだけで生活できるなんてうらやましいわ~。
世の中には、自分の稼ぎだけで女房子供を食わせていける夫もいるけど、専業ママたち全てがそういう夫を持っているわけじゃないんです。子どもと過ごす時間を優先させたくて、自ら家にいることを選んだ人もいるし、働きたくても働けなくて、専業主婦でいる人もいるはず。そういう家庭では、共働き家庭がなんの躊躇もなくお金をかけている豪華な外食とか家族旅行といった贅沢を犠牲にしているかもしれないってことも、お忘れなく。

4.うちの子、保育園でこんなこと学んできたよ。集団生活って大事だわ~。
確かに、0歳、1歳のころから、保育園でたくさんの刺激を受けている子と、在宅児の差は大きい(乳幼児期のわずかな時期だけとはいえ)。オムツはずれだって早いし、早くから社会性も身につくし、そりゃあ、いいですよ、保育園。でも、専業ママは、希望したとしても保育園に預けられないし、自ら選んだことだとしても、保育園の良さを力説されると、「すごいね~、よかったね~(棒)」としか答えられないのも現実です。

5.今しかない貴重な時間、子どもとの全ての瞬間を楽しんでね。
子どもが癇癪起こして外でひっくり返ってる瞬間も?ウンチまみれの下着を必死に漂白してる瞬間も?それは無理ってもんです。24時間365日、子どもといる全ての瞬間を心から楽しむことは、不可能です。専業ママだからって、そんなこと求めないでください。


雑誌などでも、たまに『専業主婦 vs 兼業主婦』なんて記事があって、見るたびドキッとしてしまうのですが、私自身は、専業ママさんのことは心から尊敬しています。

長女だけの時は割と楽しく子育てしていて、怒ったりイライラしたりすることもなかったのですが、次女が産まれて2年近くは、本当~~に大変で今となっては記憶がないほどです笑

特に次女が保育園に入るまでの数ヶ月は、2歳長女と赤ちゃん次女に翻弄され続け、、昼間だけでも長女が保育園に行ってくれていたことがどんなにありがたかったかわかりませんドワーッ

次女が産まれて初めてわかったのですが、長女ってすごく育てやすい子だったんですよね。

おっぱいもミルクもよく飲み、離乳食はなんでもよく食べ、寝つきもよく、少しくらい目を離しても、その場を微動だにしてないような子でした。

次女も、よく飲み、食べ、寝るのは同じで、ダメ母のキャパをよくわかっているな・・と大変助かったのですが、目につくものを何でも口に入れたり、おむつ替えを嫌がって転がりながら逃げたり、はいはいとつたい歩きでおふろ場に侵入して湯船に落ちそうになってたり、とにかく常に見張っていないと油断も隙もない状態。

長女も、いわゆるギャングエイジと妹の出現という大事件が重なったからか、その頃からひじょ~~~~~に面倒くさい女に変貌し、それはそれは大変でした。

あの当時、もし1日中家に2歳児と赤ちゃんがいたらと思うと・・・・
考えただけでも思わず背筋が・・・ぶるぶるさむい。


でも、専業ママさんにとってはそれが当たり前なんですよねダッシュ

今となっては、夫がたまに休日出勤しても全然OKですが、当時は夫がそんなこと言おうものなら、白眼になってムリムリムリーー!!!と頭をかきむしっていたことでしょう・・・・・ゴルゴ


というわけで、私は専業ママさんはすごい!!と心から思っているのですが、ある時、友達の専業ママさんに、「私も早く働きたいな。。」と言われ、そうか、自分の選択ではなく、働きたくても働けない専業ママさんもいるんだよなあ。。と気づきました。

働きたくないのに、働いているワーキングマザーがいるのと同じです。

一口に専業ママ、兼業ママと言っても、事情は1人1人違うのだし、それぞれにいいところ、大変なところがあり、一概にどっちがいいと決められるものではありません。

働いていようといまいと、同じ『子育て中の母親』として、お互いの事情を理解しながらつきあっていけたらいいなーと思います。


↓↓素敵なワーキングマザーのブログがたくさんハート





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

まゆむさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「育児」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。