体は大事な”器”

テーマ:

どんなに幸せになろうとしても、

 

 

どんなに人生を楽しみたくても、

 

 

 

自分の体が健康でなければ、夢も叶えられないし、目標も達成できません。

 

 

自分の体に感謝して、生きていこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちの体は食べたものでできているってよく言われているけど、

10代、20代、細胞が若い時は実感がないかもしれません。

 

私は小さい時、アトピーができやすくて、

でももともとの体質だと思っていたので、皮膚科に通って直していました。

 

 

 

でも、食事と体の関係を知って、

健康なものを選んで食べていたら、いつの間にかそれが治っていました。

 

 

 

でも、たまにイライラしたり、不安だったり、見えない気持ちに折り合いがつかず

食べ物でそのストレスを解消していた時

 

つまり暴飲暴食してしまっていた時、

 

 

 

必ず、アトピーが復活します。

 

腕や足の関節に出やすいのですが、

ひどい時は、背中や足全体にできたことがあります。

 

 

衝撃!

 

 

ショックで、

悲しかった~

 

 

 

 

女性ならわかると思いますが

 

きれいじゃないと

かなり落ち込みますよね。

 

髪型やメイク、ちょっとしたことでも

気分が乗らない時があるのに、

 

身体中、湿疹。。。

 

 

 

服やメイクは直せばいいけど

体の湿疹はすぐには治らない。

見たくなくても向き合わなくてはいけない

 

 

 

 

 

 

 

も~こんなのいや~

ってなりましたよ。笑

(冬場で露出が少なかったのが救い。あと顔に出なかったのも救い。神様ありがとう)

(あと、何かうまくいかない時は、あなたは間違ったことしてるから気づいてねのメッセージですよ。この機会にしっかり自分を見つめなおしてねって言われているらしいですチューリップ赤

 

 

でもね、自分の体を大切にしよう

食事を大切にしようって決めて、毎日心がけて生活したら、いつの間にか治っていましたショボーン

 

 

 

 

 

 

体質を変えることは、「食べ物」を変えること

体の悪ところって、自分に出してくれるSOSです

 

 

 

 

 

 

人間って<魂>と<肉体>でできているって言われています。

 

 

体は魂を入れる大切な”器”何です。

だから、心をいつも幸せにしておくこと

そして体をいつもしておくことが大切なんです。

 

 

 

ボロボロの車じゃ、人生という旅は快適じゃないし、楽しくありません。

 

 

 

体そっちのけで、心のことだけ大切にしていても幸せにはなりません。

車のタイヤが片方しかないのと同じらしいです。

 

 

無理やり進んでも、

途中で動かなくなっちゃうから、

 

 

 

しっかり自分が元気になるような食べ物(栄養)をとったり

しっかり寝て休ませてあげようね。ラブラブ

 

 

 

 

 

美味しいもの・・
便利なもの・・

たくさん溢れている現代
だからこそ

自分の身体は自分で守る
賢い選択ができるようになりたいですね


 

(生理後に食べたい食、「牡蠣」
海のミルクとも呼ばれていますが、
牡蠣は他の食材よりダントツで亜鉛が多いのでぜひ食べてください^^)

 


 







便利になった今だからこそ
健康でキレイになるためには
正しい知識を持って
かしこい選択ができるようになることが大切です


現代女性が陥りやすい
ホルモン分泌を妨げているもの・・・
それは、

揚げ物

コーヒー

お菓子

フアストフード

コンビに弁当などです


 

お菓子が原因で、卵巣の細胞が傷つけられていて女性ホルモンの生成に支障をきたしているかもしれません。
 

特に油で揚げたお菓子は全体的に高カロリー、高脂質・・

 

油は時間が経つと

活性酸素が発生します


 

活性酸素は卵巣を始め

様々な細胞をサビせ

正常な働きを妨げています。



 

手軽に食べられられるので

意識を高めることが重要ですね^^



今だけでなく、
未来の理想の自分に出会うためにも
毎日の選択を大切にしていってください


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生理前には体調がすぐれない人は多いのではないでしょうか?






イライラや憂鬱
不安が出てくるのもこの時期です。



今回は、そんな「生理前」に取りたい食(栄養)のお話です










「トリプトフアン」

私たちの身体はおよそ10万種類のタンパク質からできています。
その構成成分となるのは、わずか20種類のアミノ酸





そのうち9種類は、人間の体内では合成させず、

食べ物を通じてとる必要があることから
「必須アミノ酸」と呼ばれています。






トリプトフアンはその1つ。

これは精神を落ち着かせる「セロトニン」の原料になるため、
イライラしたり、
不安感、
落ち込みやすい生理前にとることがおすすめです。








<生理前に取りたい食材>

・大豆製品
(豆腐、油揚げ、納豆、高野豆腐、きな粉、湯葉など)
・赤身のお肉
・バナナ
・アーモンド
・カツオ、しらす
などがあります。






女性の身体は、月のリズムによって
体調やメンタル面も左右されてきています。



自分の身体が今どのような状態なのかを
しっかり把握すること
そして、意識して整える食事をとってあげることが効果的ですよ
ニコ

 

 

 

 

 

 

私の兄は、薬剤師です。

 

なので、薬についても色々教えてもらっています。

 

 

 

 

 

風邪をひくと、風邪薬を飲んでなおしている方が多いのではないでしょうか?

 

実は、風邪薬で病気を治しているわけではないのです。

咳や鼻水といった「症状」を薬で抑えている内に

体にもともと備わった自然治癒力が働き、治してくれているのです。

 

 

薬で治っているわけではありません。

 

「根本的なものは薬では治っていない」

それを知って、私は衝撃を受けつつ、

とても納得した記憶があります。

 

だから、私のアトピーも薬をのんでも、外から塗っても

毎年毎年、出ていたのか。と

 

 

 

 

 

⭐︎

咳が出る理由のほとんどは気管などの痰を出すため

自然な体の反応です。

 

 

痰を体外に出し切ってなおそうという自然にそなわった力が働いています。

 

 

この時、せき止め薬を飲むと、

 

「せき」が止まる代わりに

痰が詰まってしまいます。

 

 

 

 

ただ単に、症状だけみると

間違った解釈をしてしまっている方が多いのです。

 

 

風邪の症状である「せき」が止まった = 風邪が良くなった(良くなってきている)と。

 

 

 

 

 

正常に痰が出ていかないため、

それが原因で、肺炎などになってしまうこともあるそうなのです。。。

 

症状の多くは、病気をなおそうとして

体の自然の反応なのです。

 

 

必要だから出ている症状なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⭐︎

栄養学の勉強をしていたため(特に自然治癒力に関する興味が湧いてきた時から)

薬はほとんど飲まず、

 

風邪をひきそうになったら

白湯にレモンを絞って、ビタミンCを多めに取りいれたり、

また早めに就寝するなど

 

 

体の声を聞き

 

 

休む、必要なビタミン(栄養素)を取り入れることを

意識するようにしていました。

 

 

 

そのため、熱で寝込む前に

防ぐことができていたのです。

 

 

 

 

暴飲暴食、寝不足など

不摂生な生活(不自然な生活)を続けているから

病気が起こるのです。

 

 

これは、今のあなたへの注意です。

必要なことに気づきなさいというメッセージなのです。

 

体調が悪くなったら、

今の生活をしっかり見直すことが大切です。

 

 

安易に薬に頼り、その症状だけ止めている内は、

根本的な問題である生活の改善をせず、

同じような生活で暮らしていくことができてしまいます。

 

 

 

しっかり自分のからだの声を聞く。

 

何を改善すればいいのか。をしっかり見つめる。

 

 

好きなものをたくさん食べたい。

夜遅くまで、遊んでいたい。などといった体の欲は

本当の体の声ではありません。

 

 

本当はわかっています。

何が大切なのか。

 

どうしていけばいいのか。

 

 

安易な欲望の声に負けず、

長期的な真の願いの声を聞いてください。

 

 

 

それは、きっとあなたの人生を大きく変えてくれる

第一歩になるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

規則正しい生活にしたい・・・・とは思っているんだけれども・・・

 

 

 

 

 

「夜遅い時間にご飯(間食)を食べてしまう。」

 

「テレビ、ネット、ケータイなどをだらだら夜遅くまで見てしまって、寝るのが遅くなってしまう。」

 

「昨夜遅く食べたから、朝お腹空いていない」

 

など

 

良くない循環のループにはまっていて

なかなか改善できなかったりはしませんか??

 

 

 

 

こんな時、一番てっとり早く体内時計をリセットする方法

「朝起きたら、まずカーテンを開けて日光に当たる」ことです!

 

 

 

 

 

 

 

そして、それができたら

朝食の時間と就寝の時間を一定にしていきます。

 

 

(◎朝、菓子パンを食べる方が結構いらっしゃいますが、

 空腹時の第一の食事が血糖値の上昇を大きく左右してしまします。

 その日一日を充実した日にするためにも、

 ビタミンや酵素をしっかり取れる果物や

 ご飯に味噌汁、納豆などの和食でも良いですね。

 

 ◎午前中は、消化の時間。

  消化機能が活発かするため、

  水分をしっかりとり、朝はがっつり食べるのではなく

  消化に良いものを適量とるのがオススメです。)

 

 

 

 

 

 

体の内外に起こる様々な変化に対応して、

体内の状態を一定に保つ機能(ホメオスタシス)と言いますが

 

 

これには自律神経、内分泌系、免疫系の3つがあります。

 

 

この3つはそれぞれ関わりあって連動しているため、

1日の流れでリズムをつくっています。

 

 

そのため、規則正しい生活を送ることで

 

自然に沿ったリズムになり、

 

体の調子も整いやすくなるのです。

 

 

 

 

まずは、手軽ですぐできる「朝日を浴びること」に是非チャレンジしてみてくださいね。