新年あけましておめでとうございます。


昨年はほとんどブログ更新をできず、

反省の多い一年となりました。


そんな中、当ブログをご訪問くださった皆様には

心より御礼申し上げます。

特に先月中旬頃から年始にかけては

ペタのお返しもできず大変失礼しました。


2012年、心新たにチャレンジ精神を持って

何事も取り組みたいと思います♪


今年もどうぞよろしくお願い致します。



さて、今年2012年は、数秘術では5の年となります。


数秘術には、人も世の中もそれぞれが

9年ごとのサイクルを持っているという考え方があり、

5の年はちょうど中間地点。


現在の周期(2008~2016年)における

ターニングポイントとなる年です。


5は変化や循環を象徴しており、

個人で5の年を迎える人の場合は、

何となく心落ち着かないザワザワとした気分を味わいやすく、

変化を伴いやすい年です。


ただ、躍動の年であるため、暗い兆しを感じることがあったとしても、

その中に明るい希望の光を見出すポジティブさがあります。


今後に飛躍するための重要な年でもあるため、

私たちは目先のことだけにとらわれて衝動的になったりせず、

世の中の流れを高い視点から冷静にみつめ、

尚且つ、チャンスを逃さない行動力を持つことが大切だと言えそうです。


2012年はいろいろと話題があるだけに、

心のどこかで皆さまドキドキ(ワクワク!?)して

いらっしゃるのではないでしょうか^^



一方、昨年は世界的にも激動の一年でしたが、

私たち日本人にとっても生涯忘れられない年となりました。


4の年であった2011年


4は地球や土地を象徴し、そこから

安定がキーワードとして示されています。


状況的には安定とは程遠い一年でしたが、

心の平穏や安定を得るべき年だと受け止めることが

必要だったのではないかと思っています。


今もなお、心身ともに苦しい状況に置かれている方々を思うと

何も言えなくなるのですが、あえて数秘術の視点で言うなら、

ありのままを受け入れることがこの年には求められていたのかも

しれません。


お正月に、被災した方が歌われた短歌を紹介する番組を見たのですが、

言葉として吐き出すことで心の中を少しずつ整理しようとしている様子に、

あらためて被災した方々の苦しみが息苦しいほどに伝わり、

どうしようもなく涙が止まりませんでした。


2012年、どうか誰もが希望の光をどこまでも灯し続けて

大きく飛躍できる年であってほしいと願うばかりです。



最後に今年ひいたおみくじに書かれていた

神の教をシェアしたいと思います。


「笑う門には幸来る(さいわいきたる)、ねてもさめてもにこにこと

にが虫をかみつぶした様な顔、とがった声、

それがどれ程自分の心を暗くし、家庭をくらくし、世間をくらくする事か。

つとめてもにこにこと笑いましょう。

自分の心が明るくなり、家庭も社会も、ほがらかになる。

天の岩戸(あまのいわと)は笑いであけた。

笑う門には福が来る」


2012年が笑顔あふれる世の中でありますように!


AD

7とか1とか8などの話し

テーマ:

こんにちは(*^ー^)ノ

ずいぶん久しぶりの更新となってしまいました。

その間にも訪問してくださったり、ペタやコメントやメッセージ、

読者登録、グルッぽへの参加などなど、本当にありがとうございます。


今年はいろいろと考えることが多く、

ふと先日、数秘術のライフサイクルにおいて

自分自身が7の時期であることに気づきました。


7は内省と変革の時期です。


みなさんも生きている中で、

行動力みなぎる時期があったかと思ったら、

ある時期は物怖じしたり打たれ弱くなったり、


忍耐強く取り組んでいる時期があったかと思ったら、

ある時期は新たなことに目が向かったり、


目標が明確な時期もあれば、

先行き不透明で何をどうしていいかわからなくなったりするなど、

人には見せていない内面をお持ちなのではないでしょうか。


そのような感情を受け止めて、

リズムに逆らわず穏やかな気持ちで

流れに乗ることが大切なのかもしれませんね。


いろいろと思うところはあったとしても、今、私たちにできることは

いずれ何かが開けてくると信じ、今この時を生きるだけです。


100%「今」に集中しながら成長を続ける4才の息子を見ながら、

明日もあさっても、来年も、5年後も、10年後も、その先も、

すべて「今」の積み重ねだな~とつくづく思わさせられています。



話が逸れますが、

昨日は2011年11月11日。


11時11分11秒に意図的に何かをされた方が結構いらっしゃったとか。


かくいう私は、ふと気付けば夜で、

ニュースを見ながら「あ~そうか今日は1111だったな~」 などと

いちごポッキーを食べながら呑気に考えていました。←ジョークです(・・。)ゞ


みなさんは特別な日となりましたか?


11月11日は毎年廻ってきますが、

今回は2011年というところがポイントでしたね。


数秘術に関る身として期待の目が注がれていると勝手に思い込んでいる私は、

期待に応えるべく、過去を遡って1911年、1811年・・・と、

100年ごとの11月11日を調べてみました。


が、、残念ながら発見はありませんでした。


ちなみに、この注目の2011年11月11日に誕生した赤ちゃんは、

数秘術では誕生数8を持つことになります。


逆境に強く、目標を達成するパワフルな数字です。


誕生数8を持つ人には、本田宗一郎さん、太宰治さん、J・S・バッハ、

今もご活躍中の方で、安室奈美恵さんなどがいらっしゃいます。


情熱の8を象徴しているかのようです。


昨日の場合は、1が並んでいることが特徴でしたが、

1」は物事のはじまりを表し、「11」はインスピレーションを表します。

現実的な要素と非現実的な要素が入り混じっています。



そんな思わせぶりな2011年11月11日も過ぎ、

2011年はあと7週間となりました。


1111と同じくらい(それ以上!?)、

注目の2012年がすぐ目の前に来ています。


「今日が人生の最後の日」と思って頑張ろうというセリフがありますが、

個人的にはこのセリフはあまり好んでいません。

(本当に最後になったら嫌なので・・・(;^_^A)


私が好きなセリフは、

「今日は我が人生のすべて」です♪


昨日までのすべてを今日に生かし、最高に幸せな今日を生きる。

と私は解釈しています。


志は高く持っていたいですね(*^.^*)
AD

昆虫!人類!生命の起源!

テーマ:

おはようございます(*^ー^)ノ


地球上で最も多様性に富み、繁栄した生物である昆虫。

今、多くの分野の研究者が、

昆虫の持つさまざまな力=昆虫パワーに注目しています。


というわけで(?)、先日、博物館に行ってきました。

宮崎では 「ふしぎ!昆虫パワー ムシから学ぶテクノロジー!!」という、

虫嫌いにはドキドキものの昆虫展が開催中です(;^_^A


チビッコたちに人気のクワガタやカブトムシ、ハチにチョウにコオロギ・・・

たくさんの標本や化石などが解説を交えて展示されていました。


ところで皆さん、

○キ○リが、3億年前にはすでに誕生していたことをご存知でしたか?


化石を拝見いたしました・・・。

たしか美しい琥珀の中に入った昆虫化石もあった気がします。

↑直視できなかったので定かではありません(・・。)ゞ


幾度と訪れた大量絶滅の危機を乗り越え、たくましく生きてきたのですね。


私たち日本人は、およそ10万年前にアフリカで誕生した新人(ホモ・サピエンス)の直径の子孫だと考えられていますが、彼らが日本列島へ来たのがおそらく今から4~3万年前。


虫くんたち、桁違いのキャリアです。


日曜日に見たNHKスペシャル(深海大探査 生命誕生の謎に迫る 生命はなぜ生まれたのか 地球46億年の物語)とも重なり、なんとなく生命の起源について想いをめぐらせてしまいました。


※地球深部探査船「ちきゅう」から、水深1000mの海底にある熱水噴出孔を掘削し、生命の起源につながる証拠を探し出そうという番組です。

(8月21日(日)午後2時~再放送予定です♪)


深海の噴出孔から吹き出る熱水は300℃を超える高温で、その熱水付近で鉱物がみつかっています。


これらが何らかの化学反応によってタンパク質の元となるアミノ酸が生まれたのではないかと推測しているようなことを言っていたと記憶しています(かなりうろ覚えでスミマセン)。


近年、生命の設計図と呼ばれるDNAの解析がなされて、その働きが解明されつつありますが、なぜそのように振る舞い、エネルギーを使って細胞をつくり続けるのかはわかっていません。


そして、約60兆個の細胞が私たち一人一人の命を動かしていますが、人類は命のもとになる細胞をつくりだすこともできていません。


※番組の中で、たしかカーネギー大学の博士が、あと数十年以内には細胞をつくりだせるはずだと言われていたので驚きでした∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


生命の起源。


科学的に解明を試みる人もいれば、宇宙人説もあったり、あらゆる分野でさまざまな考えや認識がありますが、もしかすると近い将来、新たな生命観が生まれたりするのかもしれませんね。


どのような発見があり、私たちはどのような道を選択していくのか。


そこが大切なのかもしれません。


DNAは数秘術では「1」。


何もないところから出現する最初の数字です。


宇宙創成、世界の創世神話、

さまざまな場面で1は創造の象徴とされています。


まさに神秘ですね(*^.^*)

AD