NEW !
テーマ:
前回のブログ

「やりたいことを反対されたとき」に

愛情深いこの方からコメントいただいて。


逆の立場

「反対したくなったとき」

「反対している自分に気づいたとき」

について書いてみますね。



そうそう

物事には両面があります。


私は反対された経験の方が多いから

どうしてもそちらの立場になりがち。


それだけでも

制限制約のある見方になりがち。

人って

自分の枠で

モノゴトを見ているということ。



さてさて

それでね。


「反対したくなったとき」

と言われて

どんな場面が浮かぶでしょうか?



お子さんだったり

パートナーだったりが

多いかもしれませんね。


お子さんの場合は


ただただ心配なだけ

ただただ可愛いだけかもしれません。


大切な人だからこそ

様々な妄想が

どんどん拡大してしまうのでしょう。


でもね

例えば子どもが学校を辞めるとか

転職したいだとか

気に入らない人と結婚するだとか


それを反対するときの

ほんとうの根っこの思いって


子どものことを思っているようで


実は

自分がダメな母親と思われたくない

ダメな嫁だと思われたくない

ずっと家にいたら私が困る

ずっと家にいたらお金が減る



などなど

「あなたのために」

実はそうではなかったりするのです。


つまりは

ウソだったりするわけですね。



私自身は

親に拒絶されたり怒られたり

そんな経験が多かったので

我が子には

親の考えは

なるべく押し付けないようにしてきました。


迷っている時は

それぞれのメリットデメリットをあげて

自分なりの考えを

出すようにサポートしてきたつもりです。



でもよくよく思い出してみると

少年野球をやりたいと言った息子に

当時フルタイム勤務かつ

夫単身赴任の私は

即座に

「む~り~」

と拒絶したこともありました。


このときは

子どものことを思いやらず

自分の都合で

反対してました(汗)


休日もたまった家事もあるし

身体を少しでも休めることができないなんて

ホント無理だと思った

自分のカンは

ある意味正しかったです(涙)



一方

パートナーが何かをしたい

それも大金がかかる

遠くへ行ってしまう

などというときに

反対したくなったときは


「寂しい」


が本音であることも多いですね。



ただただイライラと

「ダメ!」

と言い続けているときは


何がダメなのか

それしたらどうなりそうなのか

それしたら

自分はどんな感情が湧いてくるのか

感じてみるのがオススメです。




「捨てられそう」

「お金がなくなりそう」

「大事にされていない気がして悲しい」

「一人ぼっちを感じて寂しい」


・・・・・


などの気持ちが出てくるかも

しれません。


いやいや


あったまに来てヽ(`Д´)ノ


殴りたい!

蹴飛ばしたい!

メチャメチャに罵倒したい!



と思う方もいるかもしれません。


そしたら

それを思い切り出してみるといい。


我慢しないで

抑えないで

出せるなら出してみると

スッキリするかもしれないし


「もういいや…」


ということになって

怒りの下に隠れていた

ほんとうの想いが

出てくるかもしれません。




そして

実は

パートナーのことが

こんなに好きだったのか

と気づく方もいるかもしれません。



涙が出てくる方も

いるかもしれませんね。

身体は正直だから

心にちゃーんと反応して

本音を教えてくれますね。



「反対されたとき」

「反対したくなったとき」



いまそんな最中の方は

いますか?


心を平穏にして

反対ということについて

向き合った方は

いますか?


メールで教えてくださいね。

〈メールはこちらから〉


いずれにしても

それは

自分のあり方や人生が変わるとき

かもしれませんね。



その大切な人が

それを教えてくれているのかも

しれないですね。




だからこそ

一度ストップがかかるのでは、

立ち止まって考えるのでは、


そう、思います。


じっくり向き合うと

きっと

次のステージに行けますね。



━─━─━─━─━─━─━─━─━─

■魅力を生かし望む未来を選択する■
大人の女性の選択心理学
~本来の魅力と能力を生かしてリスタートする1day講座~とは


さらに内容充実させて次回は7月予定
人生リスタートしたい方は下記のご案内フォームに登録してくださいね。
追って詳細をお送りします。

先行ご案内フォーム


■心のブレーキを見つけて外す■


■あなた仕様の初級セミナー&カウンセリング■


■全国からご相談多:本気で変わりたい人のカウンセリング■


いいね!(51)  |  コメント(0)  |  リブログ(1)