新聞あそび

テーマ:
未来へつなぐ 居場所づくり
*考える力 *伝える力 *想像力 *助けあい
"生きていく力"を育む団体
BumpyCompany かたやままゆです。


土曜日クラスでは新聞あそびをしました。
乳児ではないので、遊び方がダイナミーックアップ
高く舞い上げたり、いーっぱい集めたり💖
新聞あそびの中にも たくさんの観察ポイントが入っています。
・新聞紙というものが触れるか?
・びりびり破る音は平気?
・手先を使って破れるかな?
などなど 何が好きで何にモヤっとするかを発見したいですね~~。

{FDC1B838-5950-4805-A783-0C9579D1C95C}

3.2.1ザバーっと上から新聞が落ちた後の様子(笑)

{DAD8A1A8-AE48-4C96-A07C-361065F03F2C}

集めは投げる たーっくさん集めてはかける‼️

当たり前にできそうな新聞あそびですが、上記に書いたように様々な要素を含んでいます。
運動、感覚、手先とどれも刺激できる 簡単で楽しいあそびです。

新聞あそびが苦手なお子さんは 何が嫌なのか~?と苦手ポイントを観察してみてはいかがでしょうか。

AD

今年のテーマは学び。のようで、物事や行動が理論的になってきました。

5月からスタートしました、かわのゆみこ氏による ソーシャルプランナー養成講座が3回目まできました。
残10回(笑)まだまだあるー爆笑
かわのさんに めっちゃ会える~

今までの講座を振り返ってみました。
一つのキーワードが浮き出てきたように思います。
それは、、、


想像力

制度の仕組みや子育て支援法など子育ての現状と課題を学び、子どもの発達支援や子育て環境の今と昔までの話しだったんですが、全てにおいて サービスを受ける側や支援者には想像力をものすごく要するということです。

ということは、生きている人みんな、この「想像力」の不足ゆえ クレームに繋がったりクレームと捉えてしまったり、制度の悪用乱用、ギスギスした社会になっているんじゃないか?と考えました。
(今さらでスンマセン)

児童手当や一時預かり、医療費補助やファミサポなど昔に比べたら ものすごい数のサポートを私たちは受けていますし、受けられます。
核家族が進み、社会で地域で子育てしている人たちを応援しましょう!ということで、どんどんどんどん せっせと税金を使い応援してくれています。

鼻水 一滴垂れただけでも、無料で受診とお薬をもらうことができます。
生まれつきの病気で毎月受診をしている子も 無料で受診とお薬をもらうことができます。

お金を払えば もっとたくさんの制度やサービスを提供してもらう事が可能です。

それだけではありません。
世の中には様々な人がお互い様で住んでいると思います。
しかし、中には社会と上手くお付き合いできない人もいます。その人の中には 想像力を膨らませる事が難しい人もいると思います。

発達障がいという言葉や精神障がいについて ずいぶん認知されてきたとはいえ、まだまだ偏見を持つ人も少なくありません。

乱暴な子、いじわるな子、無愛想な子、変な子ですまさずに社会には いろんな子どもも大人もいることを もっと知って欲しいと思いました。

そのためには 一人ひとりが「想像力」を働かせ、いろんな角度から物事を考える必要があると思います。

政治家だけが!とか、先生が!とか、自分以外の人が!ではなく、そこには 自分自身も入れてあげて欲しいなぁと感じます。

「想像力」
どうやったら 養われるのでしょうか。
講座の中でこんなヒントがありました。
・段取りをつける
・折り合いをつける
・注意を払う
・切りかえる
・気をつかう
普段の生活の中を見渡してみてはいかがでしょうか。

{95206512-4F81-4C86-8079-F88ECA1C2DAE}

赤ちゃんペンギンでは ございません


AD

ついついワード

テーマ:
未来へつなぐ 居場所づくり
*考える力 *伝える力 *想像力 *助けあい
"生きていく力"を育む団体
BumpyCompany かたやままゆです。

今日もツラツラと。
子育てをしている中で良かれと思っていた事が実は 自分よがりだった事ってありませんか?
例えば、「勉強やった~?」の一言。
「今からやろうとしているじゃん。」反論されて 私は撃沈笑い泣き
なので、「勉強いつやるの?私が心配だから教えて」の声かけに変えたんですが、この勉強やった?って言葉かけ
「⚪️⚪️やった?⚪️⚪️できた?」も同じで ついつい口をついて出てしまう ついついワードだと思います。

この ついついワード、一見 子どものために、、、と思われがちですが、よ~く考えてくださいね。
「勉強やった?」の問いに 「まだ」と返事がきたら あなただったらどう返しますか?

「はーい!」と返せれれば 素晴らしいドキドキ
まだ。ときたら これまた ついついワード
「早くやりなさい」「まだやってないのぉ」「いつもいつも、、、、」なんて返してしまうこと、ありませんか?

結局は、私の気持ち「早く勉強を終わらせて欲しい」「勉強はやってほしい」「子どもの将来のため」という思いが抑えられないだけなんだと思います。

ついついワード
自分の気持ち?それとも本当に子どものため?
一度 自分はどうだか振り返ってみませんか。
勉強の他にも、着替え、持ち物の準備、食事、生活のありとあらゆるところについついワードは潜んでおりますニヤニヤ

私も修行の身であります。
私目線での声かけ、ついついワードが多いので、反省。

{613A1FE6-3353-4FBD-9238-87E847199B5C}

5歳娘作
自ら💯の採点までデレデレ

AD