腹をくくる

テーマ:
地震の前の年、急性肝炎になりました。

とてもだるくて、オシッコが紅茶のような色・・・

GPT1200!

普通20~30。

即、数値がわかる機械のある病院だったんです。

行きつけの病院なんか不安だったので、ちがう病院へ初めて行ったんです。(メチャラッキーでした)

「明日、仕事したら死にますよ!」って先生に言われました。

芦屋病院即入院。「一ヶ月入院です。」

11月30日のことで暮れに一ヶ月入院したらお客様、みんなどっかいってしまいます。

でも、何故か不思議と動揺しませんでした。

腹をくくったんです。居直るのとは違います。

全てを受け入れたんです。

その頃ハリと同じ効果のあるツボの機械持っていたんです。

内蔵は温めるといいので、和裁用のアイロン。

肝臓に効くイノシトール。

クエン酸

やったるでーってかえって楽しんでいる気分。

やることやって、一日目に半分の600に下がりました。

二日目、半分の300に下がりました。

三日目150。

四日目75。       「もう退院してよろしい。」

ヤッター!    ガッツポーズ!

本当のお話です。

人は窮地に立ったとき、全てを投げ捨てて、はらをくくると、必ず道は開けるのです。

彼女と別れるとき、離婚、詐欺に遭って店潰れかけたとき「、もうどないなっても、

生きてて酒飲めたらいいわ」って腹くくると、いつも好転しました。


じたばたしてうろたえると、ろくなことありません・・・

店も詐欺にあって新しいビルに入る予定でしたが、親戚の内装屋さんに「お金ないからもうやめます」っていうと「大丈夫や今あるお金、株で元に戻してやる」っていうので内装をお願いしました・・・1千万以上かかりました・・・

なんとその後その親戚もどっかににげてしまいました・・・

途方に暮れて、またやめる腹をくくっていると、なんと親戚の叔父が貸してくれました、うそみたいでした・・・

痔瘻になって、一か月入院って言われてもお客様が日帰りで手術してくださる病院をおしえてくださったり・・・

ほかにもいろいろありますが・・・

千文字を超えるとパンクなので、きょうはこれで・・・





すんませーん!・・・

AD