大阪・堺*2才からのこども料理教室「こどもカフェ」

こどもの「できる」を見つけると、子育てはもっと楽しくなる!
自分でやりたい!!今だから・・・
Let's Enjoy Cookinng & Comunication!


テーマ:

ママのイライラ笑顔にかわる
2才からのこども料理教室
「こどもカフェ」
みほりん@村上三保子です

 

人は「変わりたい」とよく言うけど、

基本的に「変われない」んです。

 

これは、ママイラ卒業講座で

脳の仕組みから詳しく話しているのですが、

 

動物として、種の存続を本能としているため、

変化は好まないのです。

 

魚がチャレンジを持って、陸にあがってこないのと同じ。

 

いつも、ぎりぎりに起きている人が、

いきなり、「明日から30分早起きするぞ!」

なんて、とんでもない変化をすると、

種の存続に危機が訪れることになり、

早起きしないように、脳が止めるのです。

 

私も、今まで、数えきれないほど、

ま、1万回はゆうに超えるくらい

「早起きするぞ!」って思ってます(笑)

自信を持っていえば、

「たったの一回も、ただの早起きはできた事がない」

必要な時だけ(笑)

 

そんな私の変化のおすすめは・・

命にかかわらない程度の

めっちゃちっちゃな事だけ、

こっそり、こっそり、何気なく変えてみる。

脳が気づかないくらい・・・

 

最近の私の変えたことと言えば・・

 

リビングでパソコンをするくせに、

別の部屋に電話プリンターの複合機を

置いていたのね。

 

で、プリントアウトするたびに、

ノートパソコンを持って家の中を

ウロウロしてた(笑)

 

電話がひっついてるので、

移設するのに、3000円かかり、

工事の日は滞在する必要がある。

 

これは、私の脳が気づいてしまうほどの

変化(面倒くささともいう)だったのです^^;

 

だから、ノートパソコンを持ってウロウロ

これは、慣れてたから変化じゃないねん。

 

それが、ついこの間、J:COMのテレビアンテナの

電波検査で、どうしても家にいないといけない日があって、

その時についでに色々聞いたわけ。

 

そしたら、なんとかサポートで500円で、

パソコンのセキュリティー強化のなんとかと、

電話の移設と、新しいタブレットの細かい設定を

やってくれるというではないか~!!!

 

500円になったとたん、脳は変化に気づかないふりをする。

(どんだけ、ケチやねん)

3つの用事が一度に済むことにも脳は気づかない

(合理的でいることに生き甲斐を感じる私)

 

無事、プリンターはリビングに。
ネット環境も快適に。

 

そ、脳が気づかないほどの小さな小さな歯車のひとつの

ひとつの「歯」だけを、命にかかわらない程度だけ

ちょっと変えてみるんです。

 

あと、もうひとつ。

 

キッチンの気になっていた箇所を片付けて、

子どもたちの水筒の置き場所を確保しました。

 

なんせ、毎日のことで、水筒も年々おっきくなってきて、

あっちこっちに転がって、キッチンじゃ邪魔。

足元に置いたり、ラックの上に置いたり、

もう、ほんとにどこ振り返っても、水筒が転がってて(涙)

 

もともと、決めていた場所には、到底入らない大きさと数。

 

なので、いらない水筒は処分して、

いるものを別の場所に確保する。

もともとの水筒を置くようにしていたところは、

違うものが入るようになり、

 

これまた、脳の気づかない範囲で、

キッチンが動き出した・・・

こんな風に、少しだけでいい。

命に関わらない、影響しない程度に変えてみる。

 

するとわかる。

 

「思ってた以上に、いや、

気づいてないレベルで、

ストレスを溜めていたり、

物事がうまく

進まなかったりしてる」

ということが。

 

 

そして、大きな歯車ばっかりに目がいって、

「あれもやらなきゃ」

「これもやらなきゃ」

 

って、気持ちばっかりがあせるあせるあせる

 

大きな歯車は、力がいる。

勇気がいる。抵抗が大きい。

まずは、小さい歯車の小さい歯を

ちょっとだけ、こっそり変えてみよう。

 

いつのまにか、それが他の歯車に影響を与えるようになるよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ママのイライラが笑顔に変わる こどもカフェ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ママのイライラ笑顔にかわる
2才からのこども料理教室
「こどもカフェ」
みほりん@村上三保子です
 
プライベート記事が続きますが・・
 
今日は、次男の野球の試合。
 
最近、やっと2試合に一回くらいは
クリーンヒットが打てるようになってきたけど、
私が行くときは、その打たない方の試合・・・涙
 
今朝、
「今日は、お母さん行くから、クリーンヒット見せてや!」
「うん!今日は、しっかり打つわ!」
 
と元気いっぱい。
 
そして、有言実行でした♪
ライト線抜けるツーベースヒット!!
 
野球をしたいと言い出した時、
色々迷い、考えました。
 
土日の使い方。
仕事のまわしかた。
 
いったいどこまでこの子のことを応援できるのか?
 
でも、チームのみなさまのおかげで、
今は、とっても楽しい時間となっていて、
月に数回のお当番や、試合に行ける数日が、
楽しみで楽しみで仕方ない。
 
 
母同士のつながりや、
父同士のつながりは、
明らかに、私たちの世界を広げてくれてます。
 
誰の親が誰の子で・・・みたいなのがなくて、
みんなで、みんなの子を育てあってる。
そんな感じなんですラブラブ
 
春に向けて、体験の子どもたちも増えてきて、
今まで、人数の関係で、レギュラーだった次男も、
油断してたら試合に出れないかも~という話を
してたんですが・・・
 
その中でも、ベンチの子の役割。について話してたらね。
 
今、2年生の子が、バットを渡す係りをしてくれてて、
 
次男にバットを渡してくれるときに
「打ってきてな!」
って言ってくれるのが、
次男にとってすごく力になるらしいおねがい
 
「打ってくるわ」
 
と言って、打席に向かう次男。
 
親には見えないところだけど、
子ども同士、チームとして、
自分のポジションでできることを
自分なりに考えて・・・
そして、それを自然にやってる。
 
それは、きっと考えてやってることなんじゃなくて、
自然とやってることで、
それをお互いに受け入れあってるから、
きっと、お互いに伸ばしあってるんじゃないかな~。
 
って、しみじみ感動しましたドキドキ
 
 
長男がゴルフをしている時も、ほんとうに学びが多かった。
 
完全に個人競技で、いつも自然と仲良くなり、
自分と向き合うことを必須とされた。
キャディとして帯同していた私は
苦行だった(笑)
 
全てが対局にある中でも、共通することもある。
 
それぞれの子どもが
それぞれに与えてくれた親への体験というギフト。
 
子どもたちは、やりたいことをただひたすら
一生懸命やってるだけなんだけど。
 
親として、そこから学べることは、
はてしなく多い。
 
朝早い休日。
お弁当。
 
うーーん・・・・正直楽ではない。
 
そんなときに、チームの先輩ママの声が聞こえる。
 
「子どものやりたいという事に、
親がどれだけ腹くくって応援するか。
それにつきるよ。」
 
ほんっとそれにつきるな~。
と、半年ほど前に聞いた言葉が
よみがえるこの頃。
 
子どもたちは、自分たちの力で
自分たちのチームをつくり、
強くなるために、
チカラと技と心を寄せ始めてる。
 
心の底からありがたいと思う。
 
そして、腹くくって応援していこう。
 
こどもたち。ありがとうラブラブ
 
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。

 
 
ママのイライラが笑顔に変わる こどもカフェ
 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ママのイライラ笑顔にかわる
2才からのこども料理教室
「こどもカフェ」
みほりん@村上三保子です
 
今日は、キャンセルが重なったのと、
キャンセルじゃなかったけど、ひとりだったら
来週に振り返るよ~という
お客様のありがたいお言葉で
午前中の時間が空きました。
 
私は、キャンセルが出たときは、
神様から時間をいただいたと感じます。
 
そして、最近・・・
ほんのちょっとだけ違和感を感じる空気があったので
リセットしにでかけてきました。
 
私が小学校6年生になるまで、
ずっとずっと、毎日のように遊んでいた神社。
その頃はもちろん、土だったので字を書いたり、
けんけんぱをしたり・・・(今は、コンクリートですが)
広いとは言えないこの神社に、だんじりの時は、
宮入をして、ずらーっと並んだその圧巻な風景は、
写真は一枚もないけど、しっかりと記憶に残っています。
 
今は、写真や動画で記録を残すことに
一生懸命になりがちだけど・・・
 
こうして、自分の子どもの頃を振り返って、
写真がないことに、なんの不満もありません。

たくさんの思い出は、いつでも心にありますよね。
 
そして、神社の本殿の横にあるくすのきは、
樹齢850年と言われている。
この木の下で、毎日のように遊んでいました。
今日は、お天気のせいか、鳩はいなかったけど・・
よく、この木にとまる鳩のふんに泣かされてた(笑)

小学校6年生になる春に、引っ越しをして、
その後、引っ越しを重ねて、訪れることもなかったんですが、
時々、夢に出てくる「木」
 
きっと、私はこの「木」に守られてるな~キラキラ
って漠然と思ってたのです。
 
そしたら、7年前。
道に迷って、車でウロウロしてたら、
この神社にたどりついたのでしたクローバー
 
そして、自転車圏内の今の場所への引っ越し。
 
住宅街の中にある、
小さな小さな神社
 
大きな大きな「木」
 
きっと、私のこと守ってくれてるな~・・・
 
 
気持ちがすっきりして、
前から気になっていたところを整理整頓。
 
お片付け苦手なので、
そんなところはいっぱいあるけど、
少しずつでも、
気になっている所=気が滞っているところ
を、クリアにしていきたいな~と
あらためて感じた一日でした。
 
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。

 
 
ママのイライラが笑顔に変わる こどもカフェ
 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ママのイライラ笑顔にかわる
2才からのこども料理教室
「こどもカフェ」
みほりん@村上三保子です

 

歯医者さんを受診するほどではないけども、

ちょっと子どもの歯で気になることってありませんか?

 

ふだん忘れてるんだけど、

ふと、仕上げ磨きをしている時に

思い出したり・・・

 

好き嫌いが激しくて、

食べるものが、白ごはん、うどんなど

炭水化物のみ・・・・

 

とか。

 

極端に小食、または、大食い・・・

 

これも、子どもがいたって元気な場合、

わざわざ保健センターに行くほどじゃないけど、

 

ずーーーっと、ママにとっては、

頭の隅にひっかかる悩み事ですよね。

 

池田の歯医者さん・こいし歯科の

歯科衛生士のお姉さん

管理栄養士のお姉さんが

こどもたちにも、ママたちにも

分かりやすく、歯の話や栄養の話をしてくれます。

 

今月は、シフトの都合上、歯医者さんスタッフが

レッスンに入れないのですが

その分、ゆっくりとおやつ作りを楽しんで、

いつも話せないような子育ての悩みなどを

たーーぷりお話したいと思ってます。

(イライラ持参大歓迎♪)

 

思い悩むほどでないことほど、

小さなストレスだったりします。

 

おしゃべりしてたら、

「ああ~!!!それそれ!

聞きたかってん~」

 

ということも♪


こどもが作るおやつは・・

砂糖を使わないアップルパイとバナナパイ。

 

包丁を使ってりんごやバナナを切ります♪

包みます。

ひとりひとりが、マイフライパンとマイコンロで焼きます。

2才でもできます^^

内 容 ①包丁を使って、りんごやバナナを切ろう
     ②包んで焼くよ。自分だけのフライパンとコンロです
     ③子育てのちょっとした悩みやママのイライラ解消お話会
開催の目的:・食べることが大好きになろう!
        ・肩の力をぬいた子育てをしよう
対  象 :2歳以上~小学生のこどもと保護者 10組限定
参加費 :こども1人 2000円
持ち物 :エプロン、三角巾、手拭きタオル
場所  :MOG2ルーム(もぐもぐルーム:こいし歯科より道をはさんだ向かいの研修室)
日時  :2月15日(水) 15:00から17:00頃まで 

お申し込み先:こいし歯科 ➿0120-834814

 

普段のレッスンのハードルが高く感じている方は

ぜひぜひ、お気軽にいらしてください♪

 

お申込み受付は、こいし歯科までお電話となります。

↓↓↓↓

フリーダイヤル

0120-834814

 

こいし歯科ブログにて、前回までのレッスンの様子も

ご覧いただけます。

こいし歯科のアクセスはこちら

電車阪急電車 池田駅前

車駐車券サービスもあります。

ゆったりした子ども時間をすごしてみませんか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 
 
ママのイライラが笑顔に変わる こどもカフェ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)