HAPPY-HIPPOの活動のきっかけ。


それは、メンバーであるmimiの息子が脳性まひのヨダレから始まりました。

スタイは、赤ちゃんの物で大きくなってからのものは、使う頻度が少ないので商品化されていません。

なので、こうした障害を持ちヨダレが常に出てしまうような場合、どうしてもバンダナやタオルをゴムひもを通して、簡単な手作り品を代用して、その場をしのぎました。

でも、首周りや襟が出てしまい、結局スタイの役目をしないのが現状です。


mimiには息子と同じ年の子供が二人、三つ子で誕生しているので二人が通っていた幼稚園での手作りが縁で、幼稚園ママたちによるスタイ作成部隊が誕生したのです!

なかなか活動できず、商品化できていないのが現状ですが、障害児が大きくなってもオシャレで素敵なスタイを、ママ達が困らなくてもここに来ればいつでも購入できる!をモットーに、活動できたらと思っています。


もちろん、障害・健常にかかわらず、ご要望あらばできるだけたくさんの方に使っていただけたらと思っております。

…しかし、素人集団ゆえ温かみのある、一つとして同じものがないというオリジナリティー豊かは、ご愛嬌ということでお願いしたいと思っております。


目標としては!


1.3歳以上の子供たちが使えるスタイを2008年度中にHPにて販売をする。

2.6歳以上の子供たちが、自分で着脱できるエプロンを作成したい。

3.手先に麻痺のある方が、自分でできるチャックのロープをマスコットを使って商品化したい。

4.余暇として、羊毛や布、毛糸を使った作品を紹介しながら、販売出来るよう努力したい。


やれたら良いねドキドキ


女の子ならかわいいのさせたいし、男の子ならかっこいいのさせたいのが、親の気持ちだもんね!

それに、子供達だってきっとうれしいはずラブラブ


気長に、お待ちください!


AD