ラブ&ピースで幸せな毎日

潜水艦乗りの妻から、お百姓さんの妻へ

Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。

テーマ:
セミナーや講演会で、「SMCが大切です」というお話を必ずしています。

SMCというのは、「素直・前向き・チャレンジ」です。




先日、末っ子長男の誕生日でした。

3歳になりました。



3年前、3回目の出産は、

今思うと、「SMC」を実践したお産でした。




「ありがとう出産」と、呼んでいます。



「ありがとう出産」

というのは、大それたことはなにもしません。



とてもシンプルです。


陣痛の波が来る度に、

「ありがとう」

と、言うだけ。




主人と抱き合いながら、

「ありがとう。幸せだね。嬉しいね」

と、言い続けたのです。



これだけで、痛みの感じ方が全然違いました。

助産師さん達も、涙を浮かべながら介助してくださいました。


「幸せ」

を、その場の全員で体感・共有しながらのお産になったのです。





そもそも、なぜ私が「ありがとう出産」をしようと思ったのか。


「お産が、痛い!苦しい!しか味わえないなんてオカシイ。

産んだ後には、もちろん喜びはあるけれど、

産んでいる最中だって、喜びがあってもいいじゃないの」


という、

「ひねくれた考え」

からでした。




長い人類の歴史で、女性が命がけで挑むお産が、

「痛い・苦しい・怖い」

だけだとしたら、生命が続かないじゃないか、と。



もしかすると、

「お産の間にも、喜びがあるんじゃないか?」

と、疑問がわいたのです。








長女と次女の出産では、お産の間にしたことと言えば、

「痛みを、怒りに変えること」

でした。




痛みのはけ口に、陣痛の間は、主人を、グーでパンチ。



「もう無理!」

と、分娩台の上で、あきらめる。




こんな出産でした。





でも、3回目の出産は、

「感謝の心で、プラス思考で、幸せなお産をしてみよう」

と思ったのです。








「思考が現実化する」という言葉がありますが、今思えば、お産もその通りでした。



長女と次女の時は、出産経験者から、

「痛い」「苦しい」

という、不安になることばかり聞かされていました。




お産というのは、そういうものなのだ、と刷り込まれていたのです。



そして、

「痛い!苦しい!怖い!」

という思いが、そのまま現実になりました。



しかし、その刷り込みに対して、

「いや、ちょっと待てよ。もし、そうじゃないとしたら?」

と、3回目の出産では疑問を持ち、


「幸せなお産をしたっていいじゃないか」

という思いが、現実になったのです。







3年前。


主人と抱き合いながらのお産は、窓からキレイな夕日が見えていました。


あの夕日は、きっと一生忘れないと思います。




AD
いいね!(19)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。