リトリーブサイコセラピー モニター募集

テーマ:

私は今、大鶴和江氏が代表理事を務める「一般社団法人 日本NLP心理セラピー協会」が認定する公認心理セラピストを目指して日々勉強中です。

そして協会公認のセラピストになるために「リトリーブサイコセラピー®」という、新しいスタイルの心理セラピーの技術を学んでいます。




私が学んでいるリトリーブサイコセラピー®は、大鶴和江氏が11年に渡るセラピスト経験の中で作り上げたもので
その人自身が本来持つ、力を取り戻し、回復させる…本来の自分に還るというプロセスを目指した新しい心理セラピーのスタイルです。




そしてこのリトリーブサイコセラピー®こそが、私を長年悩ませ続けてきた「強い恐怖」を解決へ導いてくれたセラピーでもあります。




心の病が一般的なものとなり、生き辛さを抱える人たちが当たり前のように存在する今の世の中。
リトリーブサイコセラピー®は、そんな人たちの希望になるものだと私は思っています。


そして私はそのリトリーブサイコセラピー®を、一人でも多くの人に届けられるセラピストになりたい!




私自身のセラピストとしての技術向上のために、モニターに協力して下さる方を募集します。


IMG_20150425_113537170.jpg




リトリーブサイコセラピーの特徴

チェックどんな悩みも、その根本をダイレクトに扱います
チェック根本を扱うためリバウンドしません
チェック問題行動の元になる感情を丁寧に取り扱います
チェック心だけではなく身体全体に直接的に働きかけます
チェック人間としての在り方を追求します
チェック葛藤から癒しへのプロセスを大切にしています





こんな方に

チェックうつ、パニック、PTSD、摂食障害、虐待
チェック周りに気を使いすぎてしまう
チェックリラックスできない
チェック自分のことが好きではない
チェック「普通」でいることにこだわりすぎる
チェック人から見捨てられることが怖い
チェック見捨てられるくらいなら最初から人に近づかない
チェック人の集まる場所を避けてしまう
チェック言いたいことが言えない
チェックいつもイライラしている
チェック買い物依存、ギャンブル依存等…人や物や行為に依存してしまう
チェック感情が感じられない
チェック恋愛や結婚で何度も同じ失敗を繰り返す
チェックうまく行きそうになると投げ出してしまいたくなる
チェックパートナーを異常に束縛してしまう
チェック子供に辛くあたってしまう、虐待してしまう
チェック心を開いて他人との人間関係を築くことができない…等



得られるもの

過去の思い込みによって作られた人生ストーリーが、新しい信念に基づいた脚本に書き変わるため、新しい感覚が得られます。

感覚・感情が変わると、目の前の出来事に対する反応が自然に変わります。
たとえば今までならイライラしていたであろう場面で、穏やかな気持ちで過ごせるようになったり、相手の気持ちを思いやれる余裕が出てきたり…。
無理やり変わろうと努力するのではなく、気が付くといつの間にか変わっていたというくらい自然に、振舞いや行動が変化します。


私自身の変化を例にあげると…
チェック人が怖くなくなった
チェック人に相談事ができるようになった
チェック心に常にあった不安が消えた
チェック他人の視線が気にならなくなった
チェックリラックスできるようになった
チェック失敗することを必要以上に恐れなくなった
チェックパニック発作が起きなくなった
※注 これらは私の個人的な感想です。全ての人に効果を保証するものではありません。



■ 場 所 神戸市西区にあるサロンまたは貸し会議室
※:神戸・明石・大阪等でセッション希望の方は、ご相談ください。

■ 料 金 2000円(90分~120分)+会場代(会場を借りてセッションを行なう場合 1000円~3000円程)+交通費(サロン以外でセッションを行なう場合 ~2000円程)


お申し込みはこちら




【注意事項】

・心理セラピーは、医療行為とは異なり治療や治癒を保証するものではありません。
・心療内科、精神科に通院中の場合は状況によりお断りさせて頂く場合もあります。
・利用者が18歳未満(高校生以下)の場合は、原則として保護者の同意が必要となります。
・守秘義務は厳守いたします。
・1回で問題が解決するわけではありません。継続して受けることが必要な場合もあります。
・過去と他人を変えることは出来ません。セラピーの性質上「子供を変えたい」「主人を変えたい」という相談はお断りしております。
・動きやすい服装でお越し下さい。







怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる/大鶴 和江
¥1,512
Amazon.co.jp

↑こちらの本を読んでからセラピーを受けられると、より効果が感じられるようですよ。




電車の不思議…

テーマ:
リトリーブサイコセラピー®であなたの生き辛さを解決する
神戸の心理セラピスト日吉マリコ ですインコ?
 
   

久々にこの絵を使わせて頂きます。





今日のお客様はなんと、石川県からパーソナルカラー診断にお越し下さいました。

遠方から沢山のお客様にお越しいただき、本当にありがとうございます♪





さて、そのお客様とお帰りになる電車の時刻を調べている時に、不思議なことに気が付きました。




私のサロンから石川へ帰るには、まず大阪駅または新大阪駅まで行き、そこからサンダーバードに乗り換えるという方法が一般的なのですが…




JR三ノ宮駅から新快速で大阪駅に行き、そこからサンダーバードに乗って石川へ帰るより

新神戸駅から新大阪駅まで1駅(10分間)新幹線で移動し、そこからサンダーバードに乗った方が料金が安いという

何とも不思議なことが起きるんですっ!





↑ 上の¥7530が、新神戸から新大阪まで新幹線を利用した料金
下の¥7860が、新快速で大阪まで移動したパターンの料金。





不思議じゃないですか…!?
…え!?どうでもいいですか???(笑)







他府県からわざわざパーソナルカラー診断に来られるお客様には、パーソナルカラー診断だけではなく、診断にメイクレッスンやショッピング同行をプラスされることをおススメしてます!

パーソナルカラー漬けの一日になりますが、せっかく遠方からお越し頂くんですから、濃厚な学びの一日にして頂きたいと思います。






ホームセンターでパキラを買いました。

¥398って、お値段に感動してしまいました♪

ホームセンターLOVEですっ




                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

勉強会と関西人が持つビリーフ…(笑)

テーマ:
リトリーブサイコセラピー®であなたの生き辛さを解決する
神戸の心理セラピスト日吉マリコ ですインコ?
 
 
先日は大阪でリトリーブサイコセラピー®の勉強会でした。

講座の卒業生で、セラピストを目指している方や、私のようにセラピストとして活動している方たちが集まってセラピーの練習を行なっています。


↑ 勉強会での一コマ。
セラピスト役が終わって、ほっと一安心…の笑顔です。





その勉強会で私がセラピスト役を務めたセッションを見ていた方から、とても嬉しい言葉をもらえました。

「今まで以上に(クライアントの)痛いところ(問題の核心)に切り込んでいくのに、優しさが感じられるようになった」

↑ こんな感じの言葉をかけてもらえたんですが、本当にとってもうれしかったんです。





少し前までの私にとっては、心理セラピーの場は「挑むもの・戦うもの」という感覚でした。
今にして思えばですよ…

だけど最近自分でも、その肩に入っていた力が抜けたような気がしていたんです。

それが人から見ても変化が感じられるようになっていたなんて、本当に嬉しいです。

もっともっと力が抜けた、自然体のセッションが出来るようになればいいなと思います。








…さて、その勉強会の後に、明るいうちから飲みに行ったんですが…


↑ 乾杯~♪の図(笑)








勉強会の会場からお店へ移動する途中に

↑ こんなおじいさんの像を発見しました。
真ん中のおじいさんは、本物の人ではありません。





この写真を早速Facebookにアップすると、いっぱいコメントが付きました。

このおじいさんの像は、どうやら有名らしいですね。

なにやらハッピーグランパという名前も付いているそうです。






まあ、そのおじいさんの説明はさておき…

先ほどの写真を、もう一度ご覧下さい。

↑ うつむいて座っているおじいさんを心配して話しかけている風を装った写真を撮影しました。

そしてその写真をFacebookにアップしたのです。






関西風に説明させて頂きますと、この写真はボケに相当するわけです。

そうすると、この写真に対するコメントはツッコミに相当します。

いっぱいツッコミが入ったところをみると、このボケはどうやら当たりだったようです(笑)






関西人って、呼吸をするかのようにナチュラルにボケたりツッコミを入れたり…

日常のあらゆる場面に笑いを入れてきます。




この関西独特の、何でも笑いにしてしまう文化。

これこそ関西人のみが持つ行動パターンです。

これを私たち心理仲間の間では、冗談で「関西人のビリーフ(信念・思い込み)」と呼んでいます。





ではこの関西人だけが持つビリーフを、既存のビリーフに当てはめると、一体どのビリーフに相当するのでしょうか…!?
ここから先は、かなりどうでもいい内容になっております。暇な方のみお読みください








ではいきます!




チェック 笑いを取れる私なら存在してもいいと感じる、笑いを取れなかった時に死にたくなる・消えたくなるという方は「存在してはいけない」というビリーフを持っているかもしれません。

チェック 笑いが取れる自分でなければだめだと思う、あの人のように笑いが取れないといけないと感じる、笑いを取れている人をみるのが嫌という方は「ありのままの自分であってはいけない」というビリーフを持っているかも知れません。

チェック 自分の本心を悟られないために、常に冗談を言い続けているという方は「人に近づいてはいけない」というビリーフを持っているかも知れません。

チェック わざわざ笑ってくれない人に近づいては裏切られるということを繰り返すという方は、「人を信用してはいけない」というビリーフを持っているかもしれません。

チェック 親を笑顔にすることで感情のお世話をしていたという方は「子供であってはいけない」というビリーフを持っているかも知れません。

チェック 笑いを取るという以外の行動をしようと思うと恐怖を感じる、身体が固くなる、心臓がドキドキする、罪悪感を感じてしまうという方は「自由に行動してはいけない」というビリーフを持っているかも知れません。

チェック 人を笑顔にすることより、自分が笑われていることに快感を感じる、人とは違うおかしな発言や行動をし、「あなたはかわっている」と言われることが嬉しいという方は「正気であってはいけない」というビリーフを持っているかも知れません。

チェック どれだけ笑いが取れても達成感がなく、まだまだ、もっともっとと思ってしまうという方は「成功を感じてはいけない」というビリーフを持っているかも知れません。




…まだまだ、こじつけて作ろうと思えば出来そうな気もしますが、今日のところはこの辺で!








他にもあるよと思うお暇な方は、ぜひお知らせくださいね♪

今日は完全に息抜きブログでした笑

ではまたニコちゃん






雰囲気が変わったと言われる、私のセラピーも受けに来てくださいね。