先日、天白区のTeaToroさんで
開催された
やわら香 お話会へ参加しました(^_^)



主催は、森の栖 シータさん
http://s.ameblo.jp/aroma-forest-shanty/entry-12222543297.html

シータさんとは、
数年前に桜山で開催した
和のアロマ教室で出会い
屋久島へも、一緒に旅しました。







写真は、以前TeaToroさんで
開催された
シータさんの作品展です(^^)

アロマの活動だけでなく
作品展を開催されたり
森の案内役や
セラピストとして施術など。。
森と繋がる多彩な方です(*^^*)

お話会は
屋久島の薬ウコンの精油を
珊瑚に垂らして
深呼吸からスタート。





屋久島では、たくさん
珊瑚が流れつく海岸があって。

珊瑚は島の人にとっては
当たり前のものだけど

こうやって
工夫して、ワークに活用する
やわら香のアイデアは
とっても素晴らしいな〜と
いつも感動させられます。

そして、
やわら香の優子さんの
紙芝居(^^)

やわら香の活動を
言葉にすると、熱くなりすぎるから。。
というのが紙芝居の誕生のきっかけ
だったようです(*^^*)笑



おなじみの屋久島の地杉精油や
新しい商品も色々ありました!
見てるだけで
癒やされる。





ランチも美味しかった(*^^*)



屋久島の精油は
食品としても認可されたので
ポンタン精油を
お水に入れてみたり。



とても楽しい会でした!

やわら香の活動。
言葉にまとめるのは
難しいですが

現代は不自然なものが
多すぎて
自然や、食、など
生きてく上で大切なものが
壊されまくって
います(´・_・`)

なんか、工夫して
持続可能な形にして
次の世代に繋げて行かないと
大変な事になる!と
気付いて屋久島の森作りを基盤に
動いているのが
やわら香です。

また、岡崎で
子育て中のママ達に
伝えられたら良いな〜と
思いました!

最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

写真は、屋久島にある
やわら香店内(*^^*)


AD

ひだまりへ

先日、久しぶりに
日進市のひだまりへ
行って来ました(^_^)




OL時代から、アロマトリートメントの
お客さんとして通い

その後、アロマスクールへ
セラピストコースに通い
和のアロマを学んだり
施術を学んだり

さらに、卒業後は
ひだまりで出会った縁で
屋久島やわら香の
お店に関わったり。。

色々な思い出が
たくさんあるひだまりが
12月で、閉店してしまうと聞いて(´・_・`)

急いで
和のアロマトリートメント
90分コースを予約!

久しぶりに、癒やされ
極楽でした(*^^*)/



オーナーの久美子先生とも
色々話せて
良かった(*^^*)

子どもの話とか
これからの話とか。。

ひだまりが、閉店してしまうのは
寂しいけど

最後に貰った

ひだまり カクレガのカード



終わりは、始まり。

新しいひだまりを

また応援して行きたいなと
思います!

この私のブログも
実は、ひだまりスクールに
通うのと同時にスタートさせたもの。

ひだまりで学んだ事を記録して、
同じように志す人にとって
何かの情報になるといいなって
思って始めました(^_^)

実際、どんな人に読んで
頂いていたか
分からないけど!

私も、節目を迎えているので
もう一度
自分を見つめ直して
ブログの方向性とか
決めて行きたいなと
思います。

最後まで読んで頂き
ありがとうございます。



AD
娘ちゃんも三ヶ月に突入。

振り返れば
あっという間でした(^_^)

最近は、寝返り練習してると
思ったら

あっと言う間に
寝返りできるようになって。

気付いたら
ほふく前進!?で移動してたり



目が離せなくなってきました^_^;

昼寝も、気付いたら一人で
寝てくれます。

手が、思ったよりもかからなくて
昼間は、のんびり(^_^)

夕方からは
黄昏泣き!?
夕飯の準備する頃になると
グズグズが始まるので

なかなか落ち着かないけど^_^;

ほんとに
日々の変化があって
面白い(^_^)

それと、今は育休中なので
1歳になる来年の7月頃から
保育園に入る事も可能なのか
話を聞きに行ったら

ほとんど、無理と言われて
しまいました^_^;

4月入所が一番入りやすいみたいだけど
それも、今年は定員以上の
申し込みがあって
選考になるという。。

1歳で保育園は早いかなと
いう気持ちと
復帰したら、経済的には
助かるので
その方が良いのかという気持ちと
半々だったので

なんとも、複雑な気持ちですが。。^^;

とりあえず、7月入所で
予約して来ました!

最善な方へ進むように
流れに身を任せようと
思います。。(^_^)

最後まで、読んで頂き
ありがとうございます。
AD