1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006-08-19 13:10:00

2月26日(娘退院)

テーマ:入院生活(妊娠後期~出産)

午前中に病院から電話が入り、娘も今日退院になりました。



昨日(2月25日)も2回の面会時間に合わせて会いに行き、
搾乳した冷凍母乳も渡してきました。



昨日の段階で体重は2524g、そして今日は2534g。
念願の2500g超えです。



小児科の先生からのご指導として、



・当面は体重増加を目標にしましょう



・体重が増えてくると吸う力も強くなってきます



・今はあまり授乳に時間をかけず
 母乳、ミルクを上手に活用して対応してみて下さい

 (長くなると疲れて眠ってしまい飲めないので)


そうか、何がなんでも母乳!じゃなくてもOkなんですね。
まずは体力UPを目標に・・・



この未熟児室では今日も小さな命が戦っていました。



今回の出産を通して、本当に書ききれないほどの事を

学んだ気がします。



過酷な労働条件の先生方。
出産は医学が進歩した今も命がけ、豪華な食事やプランに惑わされず、
本当に大切なものは安全なお産ができるということ・・・。
老い、そして消え行く命。



たった2ヶ月ですが、私の目を通していろんな場面を見てきました。
産婦人科が直面する事態も、垣間見たような気がします。



外は大雨、だんな様は雨男です。
ヅラちゃんも、雨女ですか?



今日からどうぞよろしくお願いしますね!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-19 13:00:00

2月24日手術後9日(退院)

テーマ:入院生活(妊娠後期~出産)

さていよいよ退院となりました。



問題は娘・・・。



昨日の夜小児科の先生からお話しがあり、
ほんの数日だけ延長して継続入院することに決まりました。



哺乳力もあり、健康上も問題ないので、
2500gを超えた時点ですぐに退院となります、との事でした。



娘には申し訳ないけれど・・・



私も家を空けて2ヶ月近く経っているし、ベビー用品のチェックも心配、
加えてまだとても寒いし、OKが出るまで預かって頂けるのは安心です。



だんな様、上の娘にもとても寂しい思いをさせて、
いっぱい頑張ってもらいました。



今日は二人を精一杯労ってあげたいです。



病院を出るときには先生は手術中で会えなかったので、
院内で撮った写真と手紙を渡して頂くように

ナースステーションにお願いしました。



3時過ぎに病院を後にしました。



車の窓から外を眺めているととても不思議な感覚になります。



長かったな。。。



でも無事に帰ってくることができて本当に良かった・・・

としみじみ思いました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-19 12:50:00

2月23日手術後8日(入院51日目)

テーマ:入院生活(妊娠後期~出産)
081906

相変わらず授乳が上手く行きません。



乳頭保護器を使うと、なんとか右側(のみ)から少しだけ

飲んでくれるようになりました。



これは帰ってすぐに必要になるかも・・・と携帯からネットで
乳頭保護器を探し(特定のものじゃないと受付ないので探すのが大変)
オーダーしてしまいました。



退院までには納品されそうなので一安心です。



今日はシャワーの日。
傷口はまだガーゼで覆われてますが、ドキドキもんです。



結局は根性なくて傷は見なかったなぁ。



シャワーの後は傷の消毒と最後の診察でした。
異常がなかったので、いよいよ、明日退院となりました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-19 12:40:00

2月22日手術後7日(入院50日目)

テーマ:入院生活(妊娠後期~出産)

朝一番で採血です。



でも、ほんとにほんとに、これで血管に針を刺すのは最後です。
涙が出るほど嬉しいですよぉ。



ただし今日は抜糸です。
抜糸はMr.斉藤先生かなぁ・・・と思ったらやっぱりそうでした。



ホチキスみたいなものを上から順に外していくのですが・・・



1本目・・・ぷつっ



あれ、痛くない。足をソイエ(脱毛)するより痛くないかも、



と思っていたら、どんどん痛くなってきました。



話は簡単。一番上はまだお腹の肉がぼよんぼよんしていて、
痛みが伝わりにくく、下に行けばいくほど脂肪が薄くなるから

なんだなぁと。



無事抜糸も済み、少し動くべく院内をくまなく歩いてきました。

長かった入院生活も終わりに近づいてきました。



こちらは病院からのお土産一式です☆

081905

2月22日の娘
体重:2444g
哺乳量:60~80cc/回

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-19 12:30:00

2月21日手術後6日(入院49日目)

テーマ:入院生活(妊娠後期~出産)
081904

まだまだ動作きがぎこちないので、
トイレにいくのも時間がかかります。



朝6:00の授乳に間に合わせるために
かなり早く起きてトイレに向かい準備しないといけないんですよねー。



日曜日から直接母乳を授乳する練習に入っているのですが、
相変わらず、授乳がうまくいかないんです。



娘は寝ていたり、起きていても乳首を嫌がって受け付けなくて。

助産師さんもかなり厳しく娘に指導するので大泣き状態。



うーーーん・・・なんだか、大泣きする娘が哀れなのと、
上の子が母乳で上手く行っていただけに、ものすごーく不安に・・・



原因としてあるのが



・未熟児室と普通の新生児室のタイムテーブルが1時間ずれている
(そのために熟睡していたり、お腹がすいているタイミングで授乳できない)


・小さいため吸う力が弱い


・乳首がまだ完全にほぐれてなく、飲みづらい



らしいのです。



とにかく体重を増やしてできれば一緒に退院・・・を目指してはいるので、
授乳のたびに助産師さんや未熟児室の看護士さんつきっきりです。



あまり授乳に時間をかけても今の状態では娘にとっても良くないらしく、
適当に切り上げ、そのあとは搾乳して、与えてもらう事になりました。



前途多難ですねぇ。。。



今日は沐浴指導と家族計画指導がありました。



鉄剤の点滴は今日で終わりらしい!!ううう~~~!長かった~~!



最後の最後に一番点滴刺しが上手と言われている

「隊長」ナースにやってもらいました♪



2月21日の娘
体重:2410g
哺乳量:60cc/回

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-19 12:20:00

2月20日手術後5日(入院48日目)

テーマ:入院生活(妊娠後期~出産)

名前が正式に決定しました!!



今日、出生届を提出し、入院しているという関係もあるので、
急いで保険証、乳幼児医療費受給者証も発行してもらいました。



さて今日のお昼は特別食でした!

081902


午後は退院指導がありました。

日、一日、退院の日が近づいてくるのを感じます。



一度ベットで横になってしまうと、寝起きが大変なので、

(電動ベットだったら、楽なんですけど・・・残念)

起きた後は、椅子に座りっぱなしの状態です。



そのため足はパンパン!!!にむくんで、

象の足のようになっています。



授乳は相変わらず上手く行きません。



点滴は朝、夕の鉄剤投与、あと少しだ~~!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-19 12:10:00

2月19日手術後4日(入院47日目)

テーマ:入院生活(妊娠後期~出産)


朝方突然、



「今日から新生児室(一般の赤ちゃんがいるお部屋)の授乳室で

授乳にしましょう」



との事で、朝8時半からの部から参加することになりました。



昨日まで壊れ物のように大切に扱ってきたのに、

いきなりで大丈夫なのかしら・・・?



授乳室では切迫で入院して同室だった方2名+同日帝王切開の方が

いらっしゃったため、スンナリとけこめました・・・が・・・



つれてこられた娘っ!

爆睡中!!!



ほっぺツンツン、足の裏こちょこちょも効果なし・・・

普通の新生児担当の助産師さんがこれまた・・・スパルタ!!

乳もぎゅうぎゅう、娘もむりやり起こして、パクっ!とさせるものの・・・

まったく歯がたちませんでした。



・・・だ、大丈夫かなぁ・・・



結局未熟児室の看護士さんに引き取られていきました。



通常の新生児は、



6:00、8:30、12:00、15:00、17:30・・・授乳室で授乳
20:00~22:00母子同室
0:00、3:00・・・希望者は授乳室で授乳



というスケジュールで動きます。



この間に、いろんな指導が入ったり、来客の応対したり、

自分の食事、汚れたガーゼの洗濯などで、
息つく間もない忙しさでバタバタします。



今日は、他に(帝王切開でシャワーができないので)看護士さんによる

シャンプーやら、だんな様が参加しての父親教室があったり、

昨日とは打って変わって忙しかったです。



一応未熟児室に入院中なので母子同室はなし。
この時間帯は唯一一息つける時間です。



21:00に授乳室に出向き授乳ですが、またもや、爆睡中。
子供はまた未熟児室に返し、私は乳マッサージを受けることに・・・



いやーーーー痛いんです!これがっ!!
出ているのはいいのですが、本当に痛い!



明日は娘との息があえばいいのですが・・・



今日から抗生剤は飲み薬に変わり、点滴は鉄剤のみになりました(^o^)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-19 12:00:00

2月18日手術後3日(入院46日目)

テーマ:入院生活(妊娠後期~出産)

寝起きは相変わらず大変な思いをしていますが、
体調はすこぶる快調。食欲もお通じも二重丸!



未熟児室の面会時間は、



午後1時半~午後2時

  赤ちゃんへの直接授乳のためお母さんだけ入室可

午後2時~午後2時半 

  赤ちゃんの両親のみ入室可(ガラス越しに外からの面会は可)

午後7時~午後7時半 

  赤ちゃんの両親のみ入室可(ガラス越しに外からの面会は可)



となっていて、その他の時間帯は、

未熟児室担当の看護士さんによってケアされます。



午後1時半に未熟児室に行くと・・・!

あら!娘、保育器から出て、コットに入っています。



体重はまだ2500gに達してはいないけれど、

状態が安定しているので保育器から出してもらえたようです。



なんだかいつもと違う・・・と思ったら、産着を着ていたんですね。
保育器の中では、紙おむつしかつけてない姿だったので、

おお~!と思いました。



そして初めて母乳をあげてみることに。

お?・・・吸ってるぞ!!あら、お姉ちゃんより上手かも!!

これは幸先いいな~なんて嬉しくなっていましたが、
私の方も、娘もまだ・・・ね。最後にはミルクを足しました。



今日の点滴は、抗生剤と鉄剤を朝と夕方に1回ずつ。
針を残して置くのも痛いので、

都度抜き差しでお願いしていくことにしました。
でも、もうすでに血管がないっ・・・



さて、今日の夕食から晴れて普通食です~~!!

しかもちらし寿司♪ やった~!


081903
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-12 20:30:59

2月17日手術後2日(入院45日目)

テーマ:入院生活(妊娠後期~出産)
またまたコメントを頂き、本当に嬉しいです!!ありがとうございます。


こみかんさん、ぷくぴーさん、Puri☆Puriさん、本当にありがとうございます(*^_^*)こみかんさん、遅くなりましたがご出産おめでとうございます!経過はいかがですか?


いまだゆっくりPCに向かう余裕がなく、携帯から操作してます。ごめんなさいっっ…


☆☆☆☆☆


まだおそるおそる歩く状態なのですが、胃腸の調子は絶好調のようで、食事(五分粥と柔らか食事)はたいらげ、朝には大量の便も。


今日からは大量の点滴はなくなり、収縮剤は内服に。鉄剤と抗生剤は都度刺しの点滴ですが、時間が短いので、負担にはなりません。


この日は病院のサービスでアロマ足湯とハンドマッサージがありました♪


その後、処置室へ呼ばれて、傷の消毒と背中に刺してある痛み止めの抜き去りとなりました。


処置室のベッドって…細長いベンチのような長椅子仕様なので、寝起きの事を考えると憂鬱に…でも、背中の針が抜けるのは少し嬉しいです。痛み止めはこの後は内服にかわります。


なんとか寝起きもできたので帰りついでに元の病室へ立ち寄り、仲間と話していたら、インターン先生(これから仮に斉藤先生とします=ブラックジャックによろしく)に見つかり、


「結構この方しっかりしててね、今も術後間もないとは思えないでしょ~?」


なんて仲間に話していましたが、だって~!動けって言ったじゃん、内心ヘロヘロよぉ…と即ツッコミさせてもらいました。


帝王切開とは言え、産後のスケジュールは盛り沢山で、午後一番に母乳指導を受けることに。


そこでは、同じ日に帝王切開で出産した方も一緒になり、久々のご対面で、…術後関連の話題で仲間意識が高まりました。
(床擦れ的お尻の痛み、起き上がり困難、すぐ行動が固まっちゃうなど…)


彼女の赤ちゃんは3000gを超えているのですでに今日は他の妊婦さんと一緒に授乳も開始していて大変そうでした。


その後すぐに未熟児室の面会時間となったので、未熟児室へ向かいました。


保育器の中でのおむつがえ、ミルクを与えるのは結構難しいです。


未熟児室では、尿・便の量を調べるため、おむつの重さをはかります。


今日の体重は2288g、1回のミルク量は30cc、
昨日は2318g、10ccですので少し減っています。


未熟児室はとても落ち着いた素晴らしい空間です。この場所なら安心してお願いできます。


部屋に戻りましたが、ベッドに横になったり起き上がったりが大変なので、ずっと座って過ごしました。


夕食前に抗生剤の点滴、夕食は全粥へ、
夕食後はだんな様と未熟児室…とバタバタしましたが、二人そろって赤ちゃんに触れるのはなんとも言えない幸せを感じます。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-03-03 11:28:42

手術翌日(入院44日目)

テーマ:入院生活(妊娠後期~出産)
060303_1033~01001.JPG
またまたコメントを頂き、本当に嬉しいです!!ありがとうございます。


ご心配をおかけしました。おかげ様で経過は順調です。


ここに書くべきか悩みましたが…手術後ですが、福島で明らかになったニュースを知り、驚きました。(警察の措置は私は疑問に思います。民事じゃないのに…)


その患者さんの状態は、帝王切開歴は違えど、他はほぼ同じ。私ももしかしたら…と思うと…


でも事前にあらゆる万が一の事をインフォームドコンセントをして頂き、私も大袈裟ではなく、覚悟して手術に臨みました。だから本当に怖かったのです。


うにゃさんがおっしゃったように、すべてが生きている事で新鮮に、ありがたく感じました。


お産は安全…という情報が先行しすぎているのでは、と、入院している仲間の言葉を聞いていても、思いました。


福島の件だけではなく、この病院で起こっているお産の急変を目の当たりにして、やっぱりどんな場合でも命懸けなんだ、という思いは強くなります。


☆☆☆☆☆


良く眠れない、お尻の痛い一夜が明けました。まだ半日もろもろの点滴があります。


収縮剤入りの点滴のせいか、点滴した箇所の周辺がものすごく痛むのです。(もれかも)


今日の朝から水分摂取OK。吸い口を看護師さんに取ってもらって水を一口。おいしかったです。


その後、体を清め着替えをしてもらいました。


ガスはまだ出ず、導尿カテーテルも午後までそのまま…


昨日の夜の未熟児室面会にはだんな様がいきましたが、泣いていたのに触れたら泣きやんだとか、ブドウ糖を飲んだと、嬉しそうにしていました。


出血具合ですが、先生も立ち寄られ、とりあえずの危険は脱して、今後も大丈夫でしょう…良かった~!これで前置胎盤との戦いは終わりなのかな。


午前の看護師さんによると、今日は起き上がるのが目標で、車椅子で未熟児室へ行きましょうとの事でした。


午後になり、未熟児室の面会時間になりました。


まだ点滴は続いていますが、導尿カテーテルを抜き、血栓予防ポンプを外して、面会に行く事になりました。


担当の看護師さんは日勤担当の方に変わっていて…この方ちょっぴり厳しい方なのでした。


「はい!起き上がって!」


えっ(^_^;)


は、はい。わかりました。
電動ベッドではないため起き上がるのが大変!


「辛かったら帰りは車椅子でね」


未熟児室は私の病室からは少し遠いのですが…会いに行かなきゃ!


おそるおそる歩き始めるとなんだか下半身が自分のものではないような…でもなんとか歩けました。さっきの方も足取りしっかりしてていいよって。


未熟児室に入りました。入った途端、優しく流れるオルゴールの音楽が耳に入り(しかもTSUNAMI)、涙が止まりませんでした。


保育器に入った娘…。
ものすごく小さくて触れたら壊れそうで、なんとも言えない気持ちで、涙だけが流れて止まりませんでした。


少し気分が悪くなってしまい、未熟児室担当の方にも無理はしないで…と、今日は対面だけとなりました。


病室までは結局歩いて戻りました。そして点滴再開も…血管が限界のよう。でも残りわずかなので、無理やり液を流し込み終わらせる事に。


痛いのなんの…(ToT)


夕方の抗生剤の点滴は差し替えてもらいました。もう腫れ上がっていて限界でしたから…


今夜からお粥と柔らかい食事再開です。夕食直前にはガスも出ました。


夜の未熟児室はだんな様のみにしてもらいました。少ない時間なのに歩くのもおぼつかない私がいたら、時間が…でも明日は二人で行きたいです。


だんな様、初の保育器越しおむつ替えに挑戦したらしくうんちまみれで大変だったそうです。


後陣痛の痛みもかなり和らいではきましたが、寝る体制が相変わらず…で、それでも昨日よりは眠れた感じです。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。