2005-12-26 13:12:55

入院日決定・・・

テーマ:今日の診察

ついに・・・この日がやってきてしまいました。



今日は年内最後の診察でした。

あまりにも体調が安定しているので(息切れ以外)、

胎盤があがっているだろう、と勝手にタカをくくっていましたが、

結果・・・胎盤は、ほんの少ーーーしだけ上に伸びているものの、

前置胎盤は治っていませんでした。



子宮口にはベッタリ貼り付いていないけれど、

完全にかかってしまっているようです。

そして管理入院の宣告が・・・。

出血に備えるのと自己血採取のためとの事です。



「本当なら、明日、あさってにでも・・・という所なのですが、

お正月を病院で過ごすのも・・・ですよね・・・。

なので1月4日ということでどうでしょう?」



うわーーーっ!!そうですかっ! >< っっ

最悪、1月中旬から・・・と思っていましたが(勝手に)、

やっぱり・・・そんなに早いんですね・・・



「仕事がちょうど決算で・・・3営業日まで忙しくて・・・

1月7日から(の入院)では、ダメですか・・・?」



「うーーん、1月4日がギリギリの線ですねぇ・・・

やっぱり危険が伴いますし・・・」



実は今日の内診はとても時間をかけて行われました。

いろんな可能性を探っておられたようです。その結果だし、

思ったより逼迫した事態なのかも・・・。



「会社が9:30からなので、上司に報告してみてから

 連絡させて頂くのは・・・」



「それでは、9:30までお待ちしてますので、

すぐにお知らせ下さいますか?」



うわっ、はるか先生、マジですっ!本気ですっ!!

カマかけでは・・・ないのですね??(T-T)

(ごめんなさい、ちょっと失礼な書き方になって)



この場で決断しないといけない状況からは逃れられないみたい・・・

やっぱり逼迫しているんですね?(; ;)

 


すぐに会社に電話したものの、まだうちの部員は未着。

直接上司の携帯へ連絡を入れ、1月4日からの入院の承諾を得ました。

はるか先生にもすぐ報告しました。先生も安心されたようです。



他は、

○体重、今期間ちょっと増加が激しいので、気をつけましょう。

(・・・そうなんです。54kg突破です。

 妊娠前+6キロ、2週で+1キロ以上だったので・・・T_T)

○むくみなし。血圧も正常。

○前回の血液検査の結果、貧血は少し改善。ただまだ貧血傾向あり

○おりもの検査の結果も良好

○ヅラちゃんは30週相当の大きさで、1600gくらい



心の準備ができていたつもりでも、いざ入院宣告を受けると、

・・・今、頭の中、まっしろ状態です。

(出産準備品も・・・最低限の入院道具以外用意してなくて。。。)



ともかく年内の仕事を片付けないといけません。

子供の学童の申し込みは済ませたのでOKとして(今審査待ち状態)、

・・・それでも正直、ちょっと凹んでいます。



NICUも整っているし、早い時期から大事を頂くことになるので、

生命的な危機感は薄いものの、、、

家庭は・・・仕事は・・・

でも、今は無事出産を終えることだけに神経を集中しないと・・・

と思っても、気持ちがどうもついてゆけません。



今度の病院は一応携帯電話は禁止です。

このブログに気持ちも吐き出せなくなるのかなぁ?・・・。




AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005-12-13 21:16:44

胎盤あがらず

テーマ:今日の診察

もう、本当にすっかりご無沙汰してしまってごめんなさい。

7ヶ月の記事がほんの少ししかなくて、それでいいんかい!

と自分でもツッコミを入れたくなりますが、

「便りがないのは元気な証拠」・・・という4週間でした。



体調を慎重に見ながら、名古屋や実家にも行くことができて、

今も無事出血なく、過ごしています。(ありがたい・・・)



で、この日曜日から28週突入!=8ヶ月です。

・・・自分の事ながら・・・本当に早いですね。



昨日ですが、妊婦検診に行ってきました。

だんな様も仕事がお休み日だったので一緒に。

朝一番の予約で検診、午後は後期の母親学級に参加しました。

(だんな様とはお昼で解散)



妊婦検診の結果・・・



○胎盤はまったく上がらず・・・

胎盤がまだ子宮口に完全にかかっている状態だそうです。

全前置胎盤ではないものの、完全に「前置胎盤」ですって。

入院は早くなるかもしれないですが、子宮口が現在しっかり閉じていて、

張りもほとんどなく、出血もないので、もうしばらく様子を見ましょう、

との事でした。でも出血したら即受診(=入院)になると思います。。。

「とにかく安静にして下さいね」との事です。



○ヅラちゃんは

どうも女の子みたいです。まだ断定はできないですけど、

どうやら・・・って。私もハッキリわかっちゃったですよ。

おまたが「木の葉型」。突起もなし・・・。

今の推定体重は1100~1200グラムだそうです。随分大きくなりましたね。



で・・・驚きのニュースがっ!!!



はるか先生、以前お伺いしていた通り、

1月から一時的に麻酔科へいかれるそうです。

そしてその代わりの先生というのが・・・



なんと!!!



元の病院でお世話になった、私の元担当医、

Y先生でございました!!!

きゃ~~~っ (^O^)♪



実は、かなり前に

『もしかしたらY先生が年明けから、こちらの病院へ転院されるかも』

という情報を、入院仲間からメールでもらっていたのですが、

実際はどうなんだろうか・・・と思っていた所でした・・・が!

やっぱり、Y先生もはるか先生同様、

こちらの病院へ来る事になったようです。いや~~びっくり!!!



診察待ちの間に、待合室に流れるメッセージボードの表示を見て、

だんな様ともども、びっくりして思わず色めきたってしまいました。



診察の時にはるか先生にも確認しましたが、

そのままY先生に診て頂く事になります、とのことでした。

はるか先生も大好きだし、Y先生にもまた診て頂けるなんて、

わたしゃ、なんて幸せな転院ができたんでしょう~~!!

(でも、この業界の仕組みがよくわからない・・・ --;)



でも・・・Y先生ごめんなさい。前置胎盤という大きなお土産つきで・・・

(経過はもちろんご存知なわけですが、結局あがらなくて・・・)

とことん最後までお世話になります。



はるか先生も、麻酔科なら、帝王切開の時にお世話になりそうだし、

前の病院フリーク&お二人の先生の大ファンな私は、

本当に幸せものです。



※つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-11-22 13:58:57

ウテメリン(錠剤) 始動開始!

テーマ:今日の診察

昨日になってしまいますが、定期健診に行ってきました。

前回が10月28日なので3週間ぶりになります。



昨日は仕事も佳境気味だったので早めに出発。

8時10分には受付をして一番乗りとなりました。



ヅラちゃんは推定体重750gを超えたようです。

大きさ的には24w相当、

昨日の超音波写真での予定日は3月13日ごろになってて、

ちょうど排卵あたりから計算して、ピッタリの成長具合です。



先生も「赤ちゃん、順調ですね~」とのこと。

昨日みた画像の中で印象的だったのは、手かな~?

ものすごく綺麗な手をしているぞ!という印象でした。



それから顔写真も頂いたのですが、見たところ、

だんな様似かもしれません。

骨格の形というか、鼻の形というか。



性別は、確定判定にはならなかったのですが・・・

私も目をこらしてみていたのですが・・・

・・・どうも(おまた付近が)娘の時と形が似ているかも!



先生も

「う~~ん、ついてない・・・っぽいですねぇ、でもハッキリとは」

ということで「また次回かな♪」という事になりました。



肝心の胎盤ですが・・・



「うーーーーん。。。低いですねー」

と先生も渋い声を出されました。(超音波&内診あり)

昨日は具体的なことは私も確認しなかったのですが、

安全な位置には上がっていないようで、



「お腹が張ると出血をしやすくなるので、

予防としてウテメリンを出しておきますね」

という事になりました。



※ウテメリンは本当に有名な切迫流産(17w~)、早産予防薬。

子宮の収縮を防ぎます。



それから先週末から息切れがあってそれを説明した所、

貧血からくるのでは、ということで、またまた鉄剤&胃薬も

処方となりました。



今、私の状態は、息切れや(鉄剤の影響?の)気持ち悪さ、便秘、

これらを除くと本当にまさに安定期というのかな?



出血もないし、お腹もほとんど張らないのですが、

ウテメリンの登場ということは、いよいよ本格的に、

胎盤が低い状態での出産を覚悟しないといけない時期に来たのかな、

娘の時の前置胎盤経過とは違うなぁ、と焦り始めました。



早い方では28週から管理入院、という病院もあったり、

そうすると残り3週間・・・。

せめてクリスマスとお正月は我が家で迎えたいです。。。

(でも、ぜ~~ったい、大掃除はしません・笑)



ウテメリンは次の検診までの3週間分処方、鉄&胃薬は2週間。

鉄剤飲むと、どうも気持ち悪くて、困ったちゃんです。

051122

ウテメリン、「妊婦専用」「切迫流・早産治療薬」と明記されていて

ちょっと驚きました。昔は刻印されてなかったような。



昨日は朝2番尿を搾り出したおかげか、尿蛋白「-+」、

血圧は、また低くて72/39・・・。

こちらの病院の自動血圧測定器、ちょっと締め付けが緩めかも。



10月07日77/47

10月28日62/40(4回測定不能エラー後)

11月21日72/39



ですものね。



最低血圧39って・・・一体なんなのよぉ~~って感じです。

血圧低すぎて+息切れで、他の病気は大丈夫なんだろうか・・・

と心配にもなっています。

(※先生は「高いと心配ですけれど、低い分には大丈夫」と

おっしゃってました)



今日の診察代:

6,220円(妊婦検診:保険適用外)

3,380円(投薬料など:保険適用)

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2005-10-07 19:21:36

無事転院しました ~3~

テーマ:今日の診察

追加検査の内容と、これからの出産までのスケジュールは

ナースさんからの説明になりました。採血検査です~><

やっぱりここの病院でも、検査に関しての承諾書を書きました。



追加項目は全部で7項目くらい。うむむ!心電図までありです。



中央処置室は、オープンスペースになってて、

臨床検査技師さんが、5名強体制で対応しています。



私の担当は、主任検査技師の男性の方。

番号と診察券を照合して、あれ?お名前確認は・・・?

いいのかな。



順番待ちの時に腕をさすって、血管を出すようにしていたのですが、

やっぱり今日もダメ。

「出にくい・・・ですか?」と聞かれてしまいました。



途中で私も気を抜いたのか、血管が逃げたらしく、

一度開いた手のひらをまたグーに。



「ごめんなさいね。今日、5本とるもんですから。

 もう少しの間、頑張って下さい。」



なぬ??? 5本!! ・・・@@・・・ 冷や汗が出てきました。

前の病院では3本だったからなぁ・・・。ふう・・・。

採血の時間が、とんでもなく長く感じました。



次に心電図の測定です。

心電図検査がある棟まで移動ですが、検査室がたくさん!

さすがに大きいです、この病院は。

いろんな方が心電図を待っておられて、本当に緊張しました。

重篤な病気を抱えてらっしゃる方もいるんですよね・・・きっと。



検査後は外来に戻らず、会計です。

会計カウンターにファイルを提出後、自動精算機で精算します。



さて、今日のお会計は・・・

高いとはいえ、追加検査だし・・・ちゃんと紹介状もあるし・・・♪



え???ええええええ???



15,930円~~~っ



た、た、た・・・高っ!!!



・・・・・



前の病院の外来のナースさんも、いつも気を遣って下さって、

妊婦検診は、転院先の病院でした方が・・・という感じを、

いつも見せて下さっていたんですよね。

うん、確かに料金、倍になってしまいますもんね。



そんなこんなで一応、無事転院果たせました。

いままでの経過が順調だったら・・・

ポリープ入院がなければ・・・



早々に転院先に移る事になっていたと思います。

そうしたら、はるか先生が担当医になる事はなかったわけで。



でもちょうど良いタイミングではるか先生と転院ができて、

ポリープってば、なかなか粋な計らいをしてくれるな、と、

最近なんだか、憎めません。



う~~ん・・・しかし・・・私たちの税金で運営されているので、

仕方がないとはいえ、なぜF市は・・・

3D超音波機、カラードップラーを導入できるんでしょう~。

・・・・・うらやまし(うるうる・・)。



きっと内診台もいいものに違いない・・・。

お金持ちだなぁ・・・F市。(ぼそっ)



今日の診察代:15,930円

(検査料9,710円、健康診断料6,220円すべて自費扱い)


【妊婦検診結果】

血圧:77-47(低っ!)

浮腫:-

尿:蛋白-、糖-

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-07 18:35:47

無事転院しました ~2~

テーマ:今日の診察

一番目のおばあちゃまの到着が遅れそうな状態だったので、

急遽私が一番目の診察へ。



はるか先生の方に呼ばれることを最後まで祈りつつ・・・

無事!はるか先生側の診察室へ呼ばれました。(ほっ)



診察室のカーテンをくぐり・・・



「センセ・・・♪ こんにちは♪」



※これじゃまるで飲み屋の常連さんみたいやん!(--)



だけど、そういう雰囲気ありありで、私は先生にご挨拶。

先生も覚えて下さっているようで、不思議な和やかな空気が漂います。



「Y先生から、紹介状まで頂いちゃって♪」



(そぉ~ですよぉ~、

 強力プッシュして名指しで書いて頂いたんですもん)



ここで先生&私で、これまでの妊婦検査経過、ポリープ入院、

胎盤が低い・・・などを確認。

まずはお腹の上から超音波検査です。



ごくごく、フツ~~の2D超音検査機です。



頭、目、心臓のパコパコ、背骨、手、足。

今日もバッチリ、ヅラちゃんは元気です。



「順調ですね。大きさもちょうど18週相当で。

胎動は、どうですか?」



そう、母子手帳に”胎動を感じた日”を記載しなければならないのですが、

まだ書いてなかったので・・・。



「16週位にむにゅむにゅ感じて、今はポコポコに変わってきました」

「はい(^-^)、むにゅむにゅからポコポコですね」



肝心の胎盤は・・・

「あぁーー、胎盤・・・・低いですね・・・、こちらそうなんですが・・・」

「そうですかー、まだ上がってないんですね ; ;」



次にポリープと胎盤の様子をチェックするための内診へ。

内診室は診察室から直接行けますが・・・

せ、狭いかも。。。



な、内診台がぁぁぁああ~~!!!



・・・これ、どうやって乗っかるんだろう???(^-^;



実は元の病院は、内診台に普通に腰掛けると、

自動で回転して、高さも上がり、足も自動的に開く、

とてもラクちんなものでしたが・・・



ちょっと古いタイプのもので、上下はしますが回転はせず、

自分で座る位置を調節することによって、

診察しやすい位置までお尻を持って行くことになります。



後はなんともいえない風情なのが、

お~~~~っきく「○○○立○○病院」と印字されいる、

診察室のベットに敷かれているバスタオル、内診の時に羽織るタオル。

ちょっとひなびた温泉旅館風です。



あぁ、少しずつ、すべてがレトロ・・・。昭和のかほり・・・。

(というか、わたし、贅沢ですねぇ)



先生は先生で、内診室の方の超音波検査機に戸惑われてました。

お互いどきどきモノです。

ポリープの洗浄と消毒、胎盤の様子を詳しくチェックしました。



診察の結果、

○胎盤はまだかなり低く、子宮口にかかっている。

○ポリープは今は落ち着いている。



胎盤の位置が悪いので、先生も今まで出血がないか、

かなり心配されていました。

また胎盤が低い場合のトラブルの詳しくて優しい解説も。

「赤ちゃんも苦しくなっちゃいますからね・・・」って。



これから上がってくるといいんですけれど、と。また



「普通の妊婦さんより、慎重に、様子見て下さいね。

 出血やなにか異常があったらすぐに来て下さいね。」



とご指示いただきました。



それから、前の病院では検査しなかった項目で

こちらの病院では必要というものもあるらしく、



「ちょっと(お会計が)お高くなってしまいますが、

 診察後受けて下さいね」



とのお気遣いも頂きました。

これからよろしくお願いします♪と挨拶をして診察室を出ました。

次の検診は3週間後になりました。



(つづく)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-07 18:17:00

無事転院しました ~1~

テーマ:今日の診察

今日、行ってきました!転院先の公立病院へ。



また肩に力が入っちゃっていたようで、

家に帰ってからどっと疲れが出てしまいました。

今日は、元通院先病院のはるか先生も転院初日です。



ここで、「はるか先生」のご紹介をもう一度☆



*と~~~ってもかわいいくてキレイで優しい先生です。

 以前、私が目をつけていたF市の病院にも(この日の4.

 いらっしゃったようです。


*元の病院の患者さん達にもモチロン、ネットの口コミ評判も大人気☆


*元の病院では私の担当の先生(Y先生)と日替わりで、

 産科、婦人科を担当されていました。


*不妊外来通院の時に子宮卵管造影検査をして頂きました。


*ポリープから出血で入院していた時、回診の時に数回診て

 いただいています。


*「はるか先生」とは「綾瀬はるか」ちゃんからとっています。

 あんまり似てはいないんですが、無理やり芸能人にたとえてみました。


*ちなみに私の担当Y先生は、元の病院で、年内いっぱい婦人科を

 診察されます。



午前は8時から受付開始らしいので、初診は色々手続きもあるし、

早めに病院入りをしようと、だんな様に車で送ってもらいました。



さすが公立!!!

8時きっかりまで、ロールスクリーンもびっしりしまってます。

待合室にはたくさんの患者さんがすでに待機。

(お年を召した方が本当に多くて、高齢化を感じずには・・・)



初診受付を済ませ、2階産婦人科外来へ向かいます。

到着が早かったせいか、待合室には他にお一人だけ。



とても気さくな方で、いろいろお話しをしました。

その方、すでにお孫さんがいらっしゃるのですが、

お母様の子宮の様子が悪く、ご本人がご高齢のため、

代理で待っていらっしゃるとの事でした。初診です。



そっか~、初診というと、はるか先生担当だなぁ。

私は、先生の2番目のお客さんになっちゃうな、、、



「今日から新しい先生がこられるんですってねぇ!」

「ええ!そうなんですよ。実は私、先生の元いらっしゃった

病院から転院してきまして・・・」(紹介状も見せる)



「とってもかわいらしくて美人さんで、評判良い先生なんですよ」

「まぁ、じゃあうちの担当の先生にもなるのかしら♪」



受付事務の方も到着。

どうやら先日立ち寄った事を覚えて下さっていたようで、

「はるか先生・・・ですね!」と順調に運びます。



2階に上がっていた時から気になっていたのがBGM。

音色が生の音に近いピアノの音で・・・

松田聖子の曲がずっと流れていました。



う~~ん、どこだろう、と探すと待合室のすぐ脇に、

白いグランドピアノがっ!自動演奏されていたのでした。

(ホテルのロビーによくありますよね)



診察前にまず、体重、血圧測定、採尿。

体重、血圧は診察室の並びで、採尿は中央処置室で行います。

さきほどの事務の方が説明してくださるのですが、

「年齢が・・・とても(41才には)見えません~~っ」と言われて(^^)

いやはや、この事務の方、すごく明るくて良い方です!



8:45ごろにはるか先生、診察室へ到着!

髪が少し短くなっていました☆



9:00少し前、男の先生が2名スタスタスタと目の前を・・・

お一方はなんだか怖そう、もうお一方は他の診療科の先生かと思って、

わたしってば・・・



あんた、だれっ!!


※↑自分こそ何様ですかいっっ


みたいな表情でマジマジと、ガンとばししてしまっていました。

先生も、見慣れない顔だなぁ、といった様子で、 しばし、

お互い見詰め合ってしまったのでした。



なんと・・・その先生は、今日の外来担当のもう一方の

(どうやら)人気の先生のようです。

うわ~、わたし、会釈ぐらいしなきゃーーーねぇ ><



(つづく)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-22 18:22:40

大きな古時計 ~2~

テーマ:今日の診察

***** 大きな古時計 ~2~ *****



一息ついたものの、まだ診察開始には時間があります。

私の担当の先生も到着。どうもくしゃみが止まらない様子です。



廊下越しに私が入院していた病棟の回廊が見えるのですが、

またそれを見ては、うるうる・・・。



準備で通りかかったお馴染み外来ナースさんも、

「どうしました~?出血しちゃった?」

って心配して下さいました。

こういうさりげない会話がまた涙腺を緩めてしまうんですよね。



今日はポリープの経過観察のための診察だったのですが、

妊婦検診の用意も途中までして下さったみたいで、

呼ばれるまでに少し時間がかかりました。



まずエコー室へ。ヅラちゃんの様子を見ます。

順調のようです。心拍、頭、背骨もくっきり。

指も両方5本ちゃんと揃っているのが確認できました。

へその緒もみえました。



う~~ん、残念!!エコー室で見ていただける事がわかっていたら

ビデオテープを持ってきたのに・・・

こちらの病院、エコー室ではビデオテープを持参すると、

赤ちゃんの超音波画像を録画してくれるのです。



先生ここで、この間の検診の週数の間違いに気がつきました。

やっぱり母子手帳に書いてあった週数は間違えで、

正しくは現在、16週4日になるとのことです。

これで週数が確定して一安心。



次にポリープと胎盤の様子を見る為に内診室へ移動です。



内診室に移り、先生の仕度を待ちながら椅子に腰掛けていると、

BGMがかすかに聞こえてきました。(たぶん有線放送)

いつも内診室にはBGMが流れているのですが、

今日はどうやら平井堅のようです。(珍しい)



さらにぼ~っとしたあと、我に帰ると、

BGMが「大きな古時計」に変わっていることに気がつきました。



うううっ!!!ただでさえ「大きな古時計」は涙腺を刺激するのに。

しんとした内診室で、細々とこの歌が聞こえてくると、

なんとも言えない気持ちが・・・



   うれしいことも かなしいことも みな知ってる 時計さ



う・・・・・う・・・・・



もうだめだぁ~~っっ~~っ!!



涙腺決壊っ!!!

・。・゚゚・*:.。 (ノTДT)ノ・゚・。・゚゚・



どうしよう、どうしよう。

とりあえずカーテンで仕切られているからごまかせるかな。。。

涙止まれよぉ~~っ



不妊外来時代からお世話になってるこの内診室ともお別れ。

うれしいこともかなしいこともみな知ってる内診室よ・・・



   へっくちょん!!!!!  ぶっ



はっ?



豪快なくしゃみがカーテンの向こう側から聞こえてきました。

担当の先生、くしゃみ止まりません・・・

(病院あれるぎーですっ とかおっしゃってました)



それでとりあえず涙は引っ込んだ感じです。

先生・・・相変わらずナイスですっ 。・゚・(ノД`)・゚・。



と、なんと!!!またあのポリープが復活しているそうです!!



「出血してませんか?ごめんなさい~!

・・・もしかしたら今日の内診で出血が

また始まってしまうかもしれないです」



いやはや、ポリープまで先生との別れを惜しんで、

挨拶にくるとは・・・

胎盤も残念ながら、上に伸びているものの、

子宮口にも、まだかかっているとのことです。



ナプの用意をしていなかったので、急遽病院に頂きました。

またエコー室に戻り、総まとめのお話しを伺います。



超音波写真を見ながらの説明では、



○ポリープは一度ひっこんだものの、また顔を出している

○胎盤の位置は、子宮口にかかっている(全部)

○ポリープ(おそらく胎盤の位置の影響)は血流が激しい部位にあって、

 これからも活発に活動しそう



とのことでした。

ポリープ活動開始をにらんで「安静」と「早めの転院」を薦められました。



妊婦検診の血液検査はすべて異常なし。

いよいよ転院の打ち合わせ・・・と思ったら、

すでに「○○病院 はるか先生あて」という立派な紹介状が

できあがっていました。(PC画面で拝見しました)



私も、8割心は決まっていたし、胎盤の位置を確認した後も、

○○病院で大丈夫、ということであれば、もうOKです。



先生にも産婦人科廃業を惜しむ声が多いとお伝えして、

本当に残念です・・・とお別れしました。



外来の看護士さん、受付の方もとっても良い方で、

お世話になりました、と挨拶をして病院を後にしました。

(受付のおばちゃまも本当に大好きだったんですよね。

 頑張って下さいね!とお声かけて頂けました。)



診療代の領収書に次回予約票印字のないのがちょっと悲しくて。

でも、また他の病気になったら絶対来るぞ~っ!



はぁ~・・・とバスに乗って駅に向かいました。



今日の診察代:1,220円(自費1,000円)


【9月5日の検査結果】

子宮底長:?cm

腹囲:80cm(はずかしっ)

血圧:96-50

浮腫:-

尿:蛋白-、糖-

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-09-22 14:34:58

大きな古時計 ~1~

テーマ:今日の診察

***** 大きな古時計 ~1~ *****



今日、朝一番で病院へ行ってきました。

9月5日の診察の時に、ポリープ経過観察診察日として

予約を入れていました。



先生にも少し早めに来て下さいね♪

と言われていたので、7時30分には家を出ました。



これで最後になっちゃうのかなぁ。。。

今日こそ病院が決定して、

紹介状という段取りになるんだろうなぁ・・・

と、いつもより足取りも重く、向かいました。



9月5日の退院後診察のあと、いろいろ病院を調べ、

絞るどころか、転院先希望病院は4つ(+α)に増えてしまいました。



1.地元自治体の総合病院(新生児未熟児室あり)

  ベット数500床以上。外来産婦人科医4名(男2女2)

  「綾瀬はるか先生」(※私の担当の先生ではない方の先生)

  の転院予定先と聞いていて一応第一候補。

  担当の先生もオススメの病院。


2.社会福祉法人の総合病院(地域周産期母子医療センター)

  ベット数700床以上。外来産婦人科医3名(男3)

  ゴットハンドといわれる有名な評判の先生がいるらしい。

  担当の先生によると激混みとか。


3.いまの病院の近くの産科婦人科専門個人病院

  昨年1年間の総分娩数は198件。

  1.の病院の産婦人科医長を経て、数年前に開業。

  かなり評判が良い病院で、お産は予約制ですぐいっぱいに。


4.ふたつ隣の市の自治体総合病院

  地域周産期母子医療センター。産科+婦人科医師5名(男5)

  ベット数600床以上。H7年改築済み。

  病棟は最大で4人部屋まで。

  自治体管轄なのに3D写真提供あり!


(次点)今年4月にオープンした我が家に一番近い総合病院

  ベット数500床以上。特定医療法人。

  全国規模展開しており、悪くはなさそうですが・・・

  かなり微妙な一面も。

  まだオープンまもなく、スタッフ自体が揃ってない。

  近くて本当に良いのですが・・・。(医師1名?木・金のみ?)



この4.の病院が自分の中では急浮上だったのですが、

なにせ少し遠い感じがします。

個人病院も一度は・・・という思いも断ち切れず、

もんもんとしながらも、病院は近づいてきます。



もともと、私ってば、超~ウェットな性格で、

卒業式とかの「別れ」などにめっぽう弱くて、

バスの中でもじめじめしていました。



バスから病院が見えてきたときに、目に入ったのが・・・

そう!!あのジェントルマン☆さん!!!

この時この時 に登場してます)



このジェントルマン☆さんの朝のご挨拶が、

私の病院への恋心にさらに拍車をかけていたのです。



ううう、最後にまた、このご挨拶に立ち会えるなんて。

(ここで ぷち☆ と第一回目、涙腺が・・・でもガマン)



待合室に行くと夫婦が1組。他にはまだどなたもいらしてません。

・・・と!そこで突然、私服姿の「綾瀬はるか先生」と遭遇!!!



「お、おはようございますつ!!」



と緊張しながら挨拶をして。



にこやかに微笑まれる先生が去ろうとした時、

(このままでいいの??)と先生を呼び止めてしまいました。



「先生・・・あの、先生は、○○病院へ転院されるんですか?」



「あ、・・・はい、今の所・・・そうですね」



「あの・・・婦人科に行かれるんですか?」

(↑うぉ~~イっ!!産婦人科となぜいわない!!=緊張)


というのも、入院仲間からその後のメールで、

先生が○○病院へ転院するけれども、麻酔科へ行かれるかも!、

との情報を入手していたので・・・。



「はい、婦人科に行きますよ。(^-^)

 しばらくして一時的に麻酔科に行ったりもしますけど」



「あ、ありがとうございました!!!」



という事で、はるか先生は○○病院(1.の病院)へ転院される事が

ご本人から直接確認できました。



ただ、緊張のあまり「婦人科」という事だけしか確認できなくて、

お産担当じゃなかったら・・・とか、麻酔科にはいつ・・・とか、

引き続き頭の中がぐるぐるしてましたが、なんとか第一関門突破☆



よし!○○病院へ、8割方、心は確定。

後は、今日の診察の具合によって、

胎盤の位置やその他の要因で地域周産期センター指定病院の方が

いいのか先生と相談して決めよう!!

と診察開始を待ちました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-06 15:26:39

新しいキーワードは「胎盤」です

テーマ:今日の診察

はい。「ポリープ」の次は、「胎盤」です。



次々と新しいアイテム・・・ならぬキーワード発生・・・

メロメロパーク並ですよね。(^^;



昨日は退院後1週間の診察日でした。



朝から我が地方も局地的な大雨に見舞われた箇所があって

電車が止まってました。

急遽だんな様に車で送ってもらいましたが、

病院入りはちょっと遅れてしまいました。



入院やポリープの経過観察でゴタゴタし、

まだ妊婦検診を受けていなかったので、

退院後診察と一緒に妊婦検診も受けることになりました。



まず採尿と血圧測定。

次にいよいよ妊婦さん用のエコー室へ入りました。



まず、どーーん、と出迎えてくれたのは、昔ながらの体重計。

ここでしっかり図るのですねぇ・・・

まずいですっ!体重増えてますっ!



ベットに横になりナースさんによってお腹周りの大きさを測って頂きます。

そして先生登場。お腹にゼリーを塗り、超音波検査機で

ぐりぐりとお腹をなでて、お腹の中の赤ちゃんの様子を探ります。



さすがエコー室!

超音波の機械も格段に良いものに見えました。



「ヅラちゃん」は今日も元気に動いてました。

心臓、頭蓋骨、背骨、胃袋、腕、手、足、などが確認できました。



「赤ちゃんは元気ですよ~。大きさもちょうどいいですね。

胎盤も出来てますね・・・ただ・・・」



む?



「胎盤の位置が・・・」



キターーーーーーーーーーッ!



「低いんですね???」



先生が”胎盤の位置が”まで言われて、すぐ察知しましたよ。

というのも前回の妊娠でも、4ヶ月の終わりごろに同じ判定が出たので・・・。



「(胎盤の位置が)低いだけですよね~?」



「それがですね。

今回は(子宮の)入り口、全部ふさいでいるんですよ」



えっ?



なんて?



全部。。。



えっ?



全部ですかぁあぁあ~~???



てことは・・・ 

胎盤が子宮口を全部ふさいでいる= 全前置胎盤 ですな。



前置胎盤とは?は、またこちらのサイト にお世話になりましょう。

(そして個人の方のサイトでもこんなに素晴らしいサイト が)



妊娠すると「胎盤」という赤ちゃんとお母さんを結ぶ大切な器官が

子宮内に作られますが、その作られる位置というのは、

受精卵が着床した位置によって変わってくるそうです。

たまたま下の方に着床してしまった受精卵の近くに、

胎盤が完成すると前置胎盤、または低置胎盤となります。



胎盤は正常な妊娠の場合は、子宮の上側にあって、

しっかり子宮の壁にくっついているものなのですが、

前置胎盤だと、子宮が収縮した時に、胎盤と子宮の壁の間に

すきまができやすくなり、そこから大量の出血を引き起こすのです。



大出血によって母体も危険な状態になりますし、

赤ちゃんの命綱である胎盤がうまく機能しなくなるわけで、

例えるなら、ダイビング中に酸素ボンベが故障してしまうような、

そんな危機的状況になってしまうわけです。



私が入院した時、一番最初に同室だった15週の方は、

この「全前置胎盤」による出血で安静入院。

やっと退院という前の日の夜から少量の出血がまた始まってしまい、

でもおうちの事(小さい娘さん)が心配で、先生、ナースさんの心配を

振り切って退院されていきました。



退院の前日、入れ替わりナースさん、助産婦さんが訪れて、

とても心配そうに彼女に話しかけていたんですよね。

だから、大変なことは私も承知で・・・。



妊娠後期になると、子宮は収縮を起こしやすくなる為、

胎盤の位置に問題がある妊婦さんは早めに入院し、

出血を起こさないように注意しながらの生活が必要になります。

また全前置胎盤は子宮口をふさいでしまっているため

帝王切開での出産になります。



「まだ週数が浅いですし、これから(胎盤)

上にあがってきますよね。」



「う~ん・・・」



先生が答えづらそうだったので、前回の妊娠の時も

前置胎盤(全前置じゃなかったですが)で出血して2週間自宅安静をして、

その後胎盤が上の方にあがってきて無事出産できたことを

ベラベラしゃべりまくり、しまいには、



「ポリープからの出血が収まったので、今後はこちらの方の影響で

出血がないか、要注意ですね!」



「そうですね」



と、本来先生に言ってもらうべきことまで

自らダメだししてしまいました。



胎盤を上にあげる効果的な方法はなく、

上がる確率もはっきりしないのですが

まだ週数が浅いですから、、、

状況も充分変わる可能性ありだと思います。



前回の妊娠で自宅安静をしていた時、気休めと思いながら、

腰の下に枕を置いて、



「胎盤、あがれ~、あがれ~」

と念じていました。結局ちゃんとあがりましたしね。

なので注意をしつつも、あまりナーバスにならないようにしないとな、

って思います。



内診室でポリープの様子もみてもらいました。

ポリープは今、ほんのちょっと子宮の入り口からのぞいている程度で

注意深くみないと、ポリープかどうかわからない程度まで引っ込んでいるようです。



ただ、胎盤が低い位置にあり、ポリープとも近過ぎるので、

しばらく絶対に取らないほうがいい、ということになりました。

ポリープを縛った糸は溶けるタイプの糸だったとのことです。

だからポリープは、完全に大人しくなったんわけですけどねぇ。。。



最後に血液検査を行いました。

全部で7項目分の検査を行うための採血で、同意書にサインをし、

採血の時間もかかりました。

最後は血管から、ちゅーーっと搾り出されるような感覚でしたよ。



ということで次回はポリープ診察で2週間後来院となりました。

私もこの病院と離れたくないので(こんなんでいいのかしら)

また診てもらえて嬉しかったりして☆



また、今日の妊婦検診は市からの助成が受けられるので、

自費負担の血液検査のみでOKでした。

(といっても高いんですけどねっ)



そういえば、また週数がわからなくなってしまいました



う~ん

たぶん先生・・・13週5日と間違ったんだと思うんだけどなぁ(^^;



今日母子手帳に書いてもらったもの:12週5日

妊娠届けの出産予定日(3/5)から逆算:14週1日

最終月経開始日から計算:13週2日

今日の超音波写真の大きさ:13週5日



どれにしようかな~♪



そうそう。

家に帰って母子手帳を開いたら、お土産の超音波写真が2枚♪

さすが妊婦検診となると違うなぁ~☆

と思ってよくみたら・・・



うち1枚は、胎盤の大きさと位置を示した写真でした・・・_| ̄|○

やっぱり・・・見事にふさいでいるみたいです。^^;



今日の医療費:検査料10,750円、診断書2,100円(保険適用外)



いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-07-29 14:39:14

恒例の検診日 3回目

テーマ:今日の診察

朝一番で病院へ行ってきました。

週一度のポリープ&心拍チェックです。



最初の問診の時に、全身に発疹が出たことを伝えました。

先生には「食べ物」で思い当たるもの、と聞かれましたが、

すべて怪しいような、怪しくないような・・・



もしかしたら「止血剤」の影響かもしれないと思ったので

薬は途中でやめてます、と報告しました。



内診の結果、今日はポリープの充血が収まっていて、

出血は減少傾向、消毒をしました。



赤ちゃんの方は、順調で、今16ミリ、8週2日の大きさだそうです。

ほぼぴったり大きさもあっているみたい。

心臓もチカチカしているように見えました。(自信なし・・・)



形はピーナッツの殻のように、

ふたつの大きな楕円が繋がっている感じです。

アタマと胴の二頭身に成長しました。



・・・もう3ヶ月なんですね。早いなぁ・・・。



診察室に戻って、もう一度ポリープの説明を受けました。



「出血はまだまだ続くと思いますが、赤ちゃんは成長していて

 心拍も正常なので、少しの出血では心配ない程度になってきました。


ポリープは動きによって出血しますし、

なるべく出血しなような動き(激しい動きなど)をしないように注意して

出血したら安静を心がけて下さいね」



とのことでした。



次回は2週間後の月曜日になりました。

そこで異常がなければ、

いよいよ本格的に産科へのバトン渡しになるようで、

母子手帳発行の書類説明もあるようです。

まだ実感が・・・。



全身の発疹は止血剤の影響もあるかもしれないので

引き続きやめておいてOKだそうです。

でもかゆみは、ほとんど引いてます。

まだ全身に跡がたくさんあって、見たら痒くなっちゃいますけど・・・。



簡単なお買い物を済ませて帰宅して、また仕事三昧でした~☆



今日の診察代:1,700円





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。