2005-09-06 15:26:39

新しいキーワードは「胎盤」です

テーマ:今日の診察

はい。「ポリープ」の次は、「胎盤」です。



次々と新しいアイテム・・・ならぬキーワード発生・・・

メロメロパーク並ですよね。(^^;



昨日は退院後1週間の診察日でした。



朝から我が地方も局地的な大雨に見舞われた箇所があって

電車が止まってました。

急遽だんな様に車で送ってもらいましたが、

病院入りはちょっと遅れてしまいました。



入院やポリープの経過観察でゴタゴタし、

まだ妊婦検診を受けていなかったので、

退院後診察と一緒に妊婦検診も受けることになりました。



まず採尿と血圧測定。

次にいよいよ妊婦さん用のエコー室へ入りました。



まず、どーーん、と出迎えてくれたのは、昔ながらの体重計。

ここでしっかり図るのですねぇ・・・

まずいですっ!体重増えてますっ!



ベットに横になりナースさんによってお腹周りの大きさを測って頂きます。

そして先生登場。お腹にゼリーを塗り、超音波検査機で

ぐりぐりとお腹をなでて、お腹の中の赤ちゃんの様子を探ります。



さすがエコー室!

超音波の機械も格段に良いものに見えました。



「ヅラちゃん」は今日も元気に動いてました。

心臓、頭蓋骨、背骨、胃袋、腕、手、足、などが確認できました。



「赤ちゃんは元気ですよ~。大きさもちょうどいいですね。

胎盤も出来てますね・・・ただ・・・」



む?



「胎盤の位置が・・・」



キターーーーーーーーーーッ!



「低いんですね???」



先生が”胎盤の位置が”まで言われて、すぐ察知しましたよ。

というのも前回の妊娠でも、4ヶ月の終わりごろに同じ判定が出たので・・・。



「(胎盤の位置が)低いだけですよね~?」



「それがですね。

今回は(子宮の)入り口、全部ふさいでいるんですよ」



えっ?



なんて?



全部。。。



えっ?



全部ですかぁあぁあ~~???



てことは・・・ 

胎盤が子宮口を全部ふさいでいる= 全前置胎盤 ですな。



前置胎盤とは?は、またこちらのサイト にお世話になりましょう。

(そして個人の方のサイトでもこんなに素晴らしいサイト が)



妊娠すると「胎盤」という赤ちゃんとお母さんを結ぶ大切な器官が

子宮内に作られますが、その作られる位置というのは、

受精卵が着床した位置によって変わってくるそうです。

たまたま下の方に着床してしまった受精卵の近くに、

胎盤が完成すると前置胎盤、または低置胎盤となります。



胎盤は正常な妊娠の場合は、子宮の上側にあって、

しっかり子宮の壁にくっついているものなのですが、

前置胎盤だと、子宮が収縮した時に、胎盤と子宮の壁の間に

すきまができやすくなり、そこから大量の出血を引き起こすのです。



大出血によって母体も危険な状態になりますし、

赤ちゃんの命綱である胎盤がうまく機能しなくなるわけで、

例えるなら、ダイビング中に酸素ボンベが故障してしまうような、

そんな危機的状況になってしまうわけです。



私が入院した時、一番最初に同室だった15週の方は、

この「全前置胎盤」による出血で安静入院。

やっと退院という前の日の夜から少量の出血がまた始まってしまい、

でもおうちの事(小さい娘さん)が心配で、先生、ナースさんの心配を

振り切って退院されていきました。



退院の前日、入れ替わりナースさん、助産婦さんが訪れて、

とても心配そうに彼女に話しかけていたんですよね。

だから、大変なことは私も承知で・・・。



妊娠後期になると、子宮は収縮を起こしやすくなる為、

胎盤の位置に問題がある妊婦さんは早めに入院し、

出血を起こさないように注意しながらの生活が必要になります。

また全前置胎盤は子宮口をふさいでしまっているため

帝王切開での出産になります。



「まだ週数が浅いですし、これから(胎盤)

上にあがってきますよね。」



「う~ん・・・」



先生が答えづらそうだったので、前回の妊娠の時も

前置胎盤(全前置じゃなかったですが)で出血して2週間自宅安静をして、

その後胎盤が上の方にあがってきて無事出産できたことを

ベラベラしゃべりまくり、しまいには、



「ポリープからの出血が収まったので、今後はこちらの方の影響で

出血がないか、要注意ですね!」



「そうですね」



と、本来先生に言ってもらうべきことまで

自らダメだししてしまいました。



胎盤を上にあげる効果的な方法はなく、

上がる確率もはっきりしないのですが

まだ週数が浅いですから、、、

状況も充分変わる可能性ありだと思います。



前回の妊娠で自宅安静をしていた時、気休めと思いながら、

腰の下に枕を置いて、



「胎盤、あがれ~、あがれ~」

と念じていました。結局ちゃんとあがりましたしね。

なので注意をしつつも、あまりナーバスにならないようにしないとな、

って思います。



内診室でポリープの様子もみてもらいました。

ポリープは今、ほんのちょっと子宮の入り口からのぞいている程度で

注意深くみないと、ポリープかどうかわからない程度まで引っ込んでいるようです。



ただ、胎盤が低い位置にあり、ポリープとも近過ぎるので、

しばらく絶対に取らないほうがいい、ということになりました。

ポリープを縛った糸は溶けるタイプの糸だったとのことです。

だからポリープは、完全に大人しくなったんわけですけどねぇ。。。



最後に血液検査を行いました。

全部で7項目分の検査を行うための採血で、同意書にサインをし、

採血の時間もかかりました。

最後は血管から、ちゅーーっと搾り出されるような感覚でしたよ。



ということで次回はポリープ診察で2週間後来院となりました。

私もこの病院と離れたくないので(こんなんでいいのかしら)

また診てもらえて嬉しかったりして☆



また、今日の妊婦検診は市からの助成が受けられるので、

自費負担の血液検査のみでOKでした。

(といっても高いんですけどねっ)



そういえば、また週数がわからなくなってしまいました



う~ん

たぶん先生・・・13週5日と間違ったんだと思うんだけどなぁ(^^;



今日母子手帳に書いてもらったもの:12週5日

妊娠届けの出産予定日(3/5)から逆算:14週1日

最終月経開始日から計算:13週2日

今日の超音波写真の大きさ:13週5日



どれにしようかな~♪



そうそう。

家に帰って母子手帳を開いたら、お土産の超音波写真が2枚♪

さすが妊婦検診となると違うなぁ~☆

と思ってよくみたら・・・



うち1枚は、胎盤の大きさと位置を示した写真でした・・・_| ̄|○

やっぱり・・・見事にふさいでいるみたいです。^^;



今日の医療費:検査料10,750円、診断書2,100円(保険適用外)



AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

みんとさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

10 ■☆安産灸体験者より さんへ

はじめまして!貴重な情報をありがとうございます。
そうですよね。冷えは大敵、よい血流を保つことは大事ですよね。これから秋になって徐々に冷え込んできますし、さらに注意しないといけないですね。
パンツは大きいのはいてます♪(*^.^*)
慣れるとラクだしあったかいですよね。

9 ■妊婦、女性第一は保温、お灸で健康な体を創る

妊娠して胎盤の位置が不安だと本当に綱渡りのきぶんですよね。とにかく今出来ることからやる!パンツは2枚。1枚は普通にマタニティパンツ、もう一枚はババパンツ、太ももが隠れるくらいのズロース(スパーで1枚千円くらい)をはく。
 靴下はくるぶしより自分の握りこぶし1個ぶん上までの靴下ははく!夏でも
 足湯は必ず毎日
後お灸をするのもいい。
なにより子供を産みたい体にするには手入れも大事。
薄着、冷たい飲食物、強度の冷房、素足女性の敵
やれることから初めてみて
安産灸 西新井治療センターHPも参考になるよ

8 ■☆まさぷーさんへ

ご連絡ありがとうございました~(^-^)
なにかと気ぜわしくしちゃう私ですが、のんびり、まったり、ゆっくりを心がけて行きたいです♪
だんな様も頑張ってくれてます。(ありがたいです・・・T-T)
家族そろっていいペースを作っていけるようにしたいです☆

7 ■よろしく。。。

リンクさせて貰います。
そうそう、無理しないで・・・ノンビリと。
精神面が一番妊婦さんにはキツイですからね。
旦那様に引っ付いて優しくして貰って下さいね。

6 ■☆まさぷーさんへ

こんにちは。そうでしたか、、、まさぷーさんも・・・臨月近くになって大逆転という状況になって本当によかったですね!!
前置胎盤は、自分でも本当にどうしようもできないし(安静にすることしか)、もどかしいですよね。
私も最後まで良い方向に行くように諦めないように、かつ、心構えは万全に!を心がけようかと思います。
本当に安全に生まれてくれるのが何よりだと思います。ありがとうございます。いつもまさぷーさんの言葉が胸にしみます。
リンクの件、遅くなっちゃってごめんなさい!大歓迎です♪私の方も後ほどリンクさせて頂いてもよろしいですか?
これからもどうぞよろしくお願いしますね(^-^)

5 ■焦らずゆっくりと・・・

本当に色々ありますね。
私も娘がお腹に居るときに前置胎盤と言われました。
半分塞がってる感じだったのと逆子だったので9ヶ月には入るまで帝王切開を言い渡されていました。
でも・・・9ヶ月の終わりに逆子が急に治り胎盤の位置も上に上がってました。
先生も首を傾げたほどの奇跡でした。
まだ何があるか分らないのでナーバスにならないで居ましょうね。
最終的には赤ちゃんをどうやって産むか・・・ではなく・・・いかに元気な赤ちゃんを産むかという問題ですから。
元気な赤ちゃんが生まれて来る事だけを祈っていましょうね。。。
リンクさせて頂きたいのですが・・・。

4 ■☆べりぃさんへ3

本当にねぇ・・・
妊娠トラブルにこんなに詳しくなってしまってどうするよ?って感じなのですが(^^;
ナーバスになると、一番よくない子宮収縮が起こったりもしそうなので、ゆったり構えるしかないなぁと思ってます。
ほんと、何かいい方法があるといいんですけどねー。

3 ■☆tk-0706さんへ

ありがとうございます~。
逆子直しの体操みたいに、胎盤があがる姿勢などもあるといいんですけれど、、、経過を見るしかないのがちょっともどかしいですよね。
本当に妊娠はいろんな事が起こりますね!
お互いに頑張りましょうね!!

2 ■また新たなる試練が!?

やっとポリープが大人しくなったのに・・・そんな次から次に ーー;

でも!ナーバスにならないっ!!

それが1番ですよね!

「ヅラちゃん」は元気にスクスク成長してるんですもの♪
体調にだけは、十分に気を付けてくださいね。

・・・お腹を下から上にマッサージしても、胎盤って上がらないのかなぁ・・・

1 ■無理されないで下さいね

ゆっくり過ごして、少しでも胎盤あがるといいですね。
ホント妊娠って大変な事ですね。お互いがんばって元気な赤ちゃん産みましょうね!

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。