服部まさみのブログ 幸福実現党

幸福実現党・服部聖巳 (はっとりまさみ)HAPPY☆SAMMYのブログです。


テーマ:
皆様、こんばんは!

今週は東京第6選挙区支部長の中岡まきさんと一緒に、世田谷区で活動しました。

羽根木公園の梅林は今年は開花が早かったらしく、時期を失してしまいましたが、世田谷区生まれ、世田谷区育ちの中岡まきさんに、世田谷区を案内して頂きながら、春の日差しの中、ステキな出会いがたくさんありました。









この後、帰宅途中に駅の階段で子供のようにハデに転んでしまい、顔が・・・

22時以降に空いている病院もなく、どうしよう・・・と途方にくれながら、インターネットで空いている病院が近くにないか検索してみると・・・

「往診型夜間クリニック」というものを発見。

痛いし、どんどん腫れてきたらきたら困るし、明日も仕事だし・・・と電話をかけてみる。


窓口の方が優しく対応して下さり、20分ほどで往診の先生が到着。


丁寧に診察して下さいました。

痛み止めや湿布、ガーゼなどを処方して頂きました。


保険もきくみたいですが、治療費はそれなりに高いです。
(15歳未満のお子様は一律1400円のみで診察料などは無料のようです)


しかし、白い白衣を着た先生に「あ~これくらいなら大丈夫ですよ。心配ありませんよ~」と言われた時の安堵感。


落ち着きます。


ホッとします。


なんか、一気に痛みが消えます。


急なケガで動揺している中、病院を探して自分でいく気力もない。


かと言って、救急車を呼ぶほどでもない。


痛いし、次の日まで待つのも不安・・・


そんなときにすぐに駆けつけてくれる「往診型夜間クリニック」というサービスは非常に素晴らしいと思いました。


私の場合、スマホでネット検索ができるけど、もし、お年寄りの一人暮らしの方だったらどうするんだろうか?


日本は医療制度が充実していると言われているし、実際にそうなんだろうと思うけれど、病院の夜間診療や休日診療はまだまだ改善されるべき点があるんだなと考えさせられました。


私が利用したのは「ファストドクター」というインターネットや、電話でオーダーし、23区内であれば30分以内に医師が往診してくれるサービスです。

急病、子どもの診察など、都内で不足している夜間診察の需要にこたえるために設立されたようですが、本当に便利でありがたいと感じました。
http://fastdoctor.jp/


こういったサービスは非常にニーズが高いと思いますので、ぜひ、多くの方に存在を知っていただき、広がっていって欲しいと思います。







AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
皆様、

こんにちは!

本日、配信されたHRPニュースファイルを執筆致しました。

◆アメリカ大使館も踊った!「恋ダンス」が爆発的話題に

昨年、TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(通称:逃げ恥)で爆発的人気となった「恋ダンス」。

全国の老若男女がこの「恋ダンス」を踊り、インターネット上に動画をアップすることが流行りました。

ちょうどドラマが最終回を迎えるころ、アメリカ大使館のケネディ元大使やスッタフたちが踊っている動画がYoutubeにアップされ、700万回以上再生されるという爆発的なヒットを生み出し、話題になりました。

アメリカ大使館の広報は、この爆発的なヒットを「ただのブーム」、「流行にのっただけ」とするのではなく、真面目に、専門的に分析しています。

その視点が非常に参考になるので、ご紹介させて頂きます。

◆テレビ×SNS=大きな反響!

アメリカ大使館が動画をyoutubeにアップしただけではそれほど大きな反響はなかったようですが、ニュース番組で「アメリカ大使館も踊った!」と取り上げられ、そこからフェイスブックやツイッタ―などで拡散され、一気に大きな話題になりました。

大きな反響が出るためには、テレビで取り上げられただけでは、若者の間で話題にならず、反対に、ツイッタ―などインターネット上で話題になっただけでは、世間に知られることはありません。

特に、日本では、テレビの影響力が大きいので、テレビとSNS(フェイスブックやツイッターなど)の両方で取り上げられることで大きな反響が出てきます。

◆ツイッターから生まれるトレンド

最近は、テレビや新聞で話題になることより、ツイッタ―などインターネット上で話題になったものをテレビや新聞などが取り上げ、ひとつのトレンドを作っていくというケースが増えてきているといいます。

それでは、具体的にどのようなプロセスでトレンドが生まれるのでしょうか。

若者の意見をもとに商品開発を行い、様々なヒット商品を生み出しているマーケティング会社の調査によると、以下のプロセスでトレンドが生まれるといいます。

(1)ツイッタラーがコンテンツに目をつける

「ツイッタラー」という3万人以上のフォロワーを持っている人たちがいます。このツイッタラーたちは、おもしろい内容(コンテンツ)を見つけることが仕事なので、常におもしろいコンテンツを探しています。

(2)ツイッタラーが拡散する

このツイッタラーたちに目をつけられると、拡散(RT)が始まります。

(3)一般のアカウント上でツイッタ―がまわり出す。

そして、拡散されたものが一般のアカウント上でもまわり始め、多くの人が拡散し始めます。

(4)ニュースやテレビで取り上げられる

ニュースやテレビでも取り上げられ、ツイッタ―を知らない世代にも広まり、トレンドになり、世論が形成されていきます。

◆ツイッタ―がもつ影響力

ツイッタ―は日本語との相性が良く、特に、日本においては、ツイッタ―が持つ影響力が大きいと言われています。

それぞれの国よって影響力をもつ媒体が違うようで、アメリカの場合、若者の間では「スナップチャット」という媒体が主流で、「フェイスブック」は35歳以上の年齢層で、年配の方がお孫さんの写真を見せ合って交流するツールとして人気があります。

また、「ツイッタ―」は少し、ブームが去っていましたが、トランプ大統領が使ったことで、再び、注目されています。このように世代によっても違いがあります。

「PPAP」という世界中で話題になった動画がありましたが、これもYoutubeの動画を日本のツイッタラーたちが拡散し始め、ジャスティン・ビーバーという歌手がこの動画を見つけて、話題にしたところ、世界中に広がりました。

一方で、世界では話題になっても、日本では全く知られていないケースもあります。

「ソルト・ベイ」という1か月で950万回も見られて海外ですごく流行った動画がありますが、これはインスタグラムという媒体から拡散され、日本では、ツイッタ―に乗らなかったので、ほとんど知られていません。

このように日本ではツイッタ―の要素が足りないと影響力が出ないといわれています。

◆爆発的な話題になる動画の共通点

話題になる動画にはいくつかの共通点があるようです。

爆発的に話題になる動画の3大要素として次のように考えられています。

(1)ギャップ要素:真面目な人がふざける。ふざけている人が真面目にしているなど内容のギャップがあるもの。

(2)リズム(音)要素:トレンドの曲や頭に残る曲を使っている。

(3)動き(ダンス)要素:インパクトがあったり、真似しやすい動きがあるもの。

この3大要素が含まれているものは、爆発的な話題を生みやすいと言われています。前述したアメリカ大使館の恋ダンスビデオもこの3大要素を含んでいます。

一つ目のギャップ要素では、大使など真面目なイメージのある人たちが、学生や若者が面白がってやる「踊ってみた」をやっている点や、雪の中や大使館の中など、ロケーションが新鮮で斬新であること。

二つ目のリズム要素は、話題のドラマ、流行の曲を使っていること。

三つ目のダンス要素も、いろんな人が真似して踊っている、流行りの「恋ダンス」をしていることなどです。

◆広報外交の重要性

以上のように、インターネットの新しい媒体を使いながら話題性をもって世論をつくりあげていく事例を紹介してきました。

なぜ、このような事例にアメリカ大使館は注目するのでしょうか。

外交戦略のひとつに、「パブリック・ディプロマシー」があります。

「広報外交」、「広報文化外交」と言われていますが、伝統的な「政府対政府」が行う外交とは異なり、広報や文化交流を通じて、国際社会の中で自国の存在感やイメージを高め、相手国の国民や世論に直接働きかける外交のことです。

インターネットなど情報化社会が進んだ現代では、個人が様々な情報を受け取り、発信できる時代になりました。

そのため、政府を相手に政治家や外交官が交渉を行う外交だけでは十分ではなく、国民や世論に働きかける「パブリック・ディプロマシー」がますます重要になってきています。

トランプ大統領を見てもわかるように、外交官やメディアを使わず、大統領自らがツイッタ―で、世界中に直接メッセージを発信しています。

アメリカは特にこの広報外交に力を入れている国ですが、今までは「アメリカの価値観を押し付ける」というイメージが定着していました。

しかし、恋ダンスの動画に見られるように、日本で流行っているもの、日本人が好きなもの、日本の文化的要素に合わせながら、アメリカらしいメッセージを含んでいる点など、相手の文化を尊重しながら友情をはぐくもうとする姿勢が新しく、参考になる点です。

また、動画や音楽など非言語の要素を活用したコンテンツは言葉が通じない相手や、政治に興味がない人にもアプローチできるという点で大きなポテンシャルがあり、様々な垣根を越えてリーチできるツールとして注目されています。

インターネットの媒体を上手に使いながら、私たち一人一人が日本の素晴らしさを世界にアピールしていくチャンスでもあります。

幸福実現党は正しい方向に国論を引っ張りながら、積極的な外交を展開して参ります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近は、東京も満開の梅の香りがとても良い匂いです。

今日は、中野区で頑張っているしらかし貴子さんと地域まわりに行ってきました。

今日もたくさんの出会いに感謝です。

途中、童謡「たき火」の歌に出てくる、「かきねのかきねのまがりかど♪ たき火だ たき火だ おちばたき♪」の「かきねのまがりかど」のモデルになったお屋敷の垣根を発見!

「これがあの垣根なんだー!」と妙に盛り上がってしまいました(笑)

歌になってしまうくらい、ずーっと垣根が続く大きなお屋敷でした。

{81632E24-8928-42A7-A5C4-135C1DC3E99B}

{2FF0084B-FF3E-4621-94B8-E64D2C44E8B4}

{1430C21C-4EF3-4534-9EA8-D9905A538497}


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。