こんにちは。
島根県在住 カウンセリング専門店 PINK DAIYA 所属
フラクタル心理カウンセラーの sasaki etuko(サエ)です。


年末に 「出過ぎた杭は打たれない」という話を聞いて
それになる!って決めた話は こちら


その後の様子も、このブログの中で時々、
残していこうかな、と。


今の会社では
毎月、個人で目標を与えられて
入社2ヶ月の私には、少し高めの目標でした。

それでも、
この条件でクリア出来たら
とびぬけて、かっこいいよね~という
何とも単純な理由で
この1月、取り組んでいました。

ホントに不思議なもので
数字を意識すると上がらなくて
焦った時期もあり…。

そのコントロールが当面の課題かな。

でも、ここに
自分発信のフラクタル心理学を使えばよいのが
分かっているし
現象学で思い知った「自分を信じる」こと

この2つを
意識しなくても使えるようになったら
「出過ぎた杭」になっているんだろうな、と。


出た杭は打たれるけど
出過ぎた杭は打たれない。

出過ぎた杭になれば
逆に周りから協力が得られるんだと聞いていて
その仕組みが正直、よく分からなかったんですよね。

フラクタル心理学では分かるんだけど
周りが自分の深層意識だから

出た杭 = 深層意識が反対している
出過ぎた杭 = 深層意識と表層意識が同じ

その違いが分からない…というか。

自分に置き換えたときに
どんな状態なのか
きっと体験していないから
余計に分からないのかな、と
思っていたんですよね。

でも
1月に無事、目標を達成した時に
気付いたんです。

達成するまでの間、
周りの方がいろいろと協力して下さったんです。

それで、ふと
こんな状態のことなのかな、って感じたんです。


これを感じたことが
私の中で
1度、体験したことになったので
現実化も近いんだろーな

AD