happiness kids art








娘sakuraインスタ作品集 少しづつ追加してます♡




happiness kids art ~ Instagram ~









2015-12-31 02:05:23

兵庫県幼小中造形教育展 賞状 副教科成績がいいのはお得です♪

テーマ: ┣受賞歴(sakura)
{E56D303A-DD03-4DA5-A010-3A8BC637061A:01}

ハピネスキッズアート キッズアートクリエイター&デザイナーnarisです。




{73EB7576-1041-49BB-8B38-2257E2A103A8:01}



12月に入って、びっくりするくらい、アメブロランキングの順位が上がった日がいくつかあったので、

何が起こったのかはいまいちわかっていないのですが、たまたま普段みない、

「アクセス解析」というものをみてみました。


すると、

兵庫県幼小中造形教育展 入選

とか、

兵庫県幼小中造形教育展 入選で表彰状はもらえるか

など、

兵庫県幼小中造形教育展 さんちか

などなど。

かなり兵庫県幼小中造形教育展を意識した検索にヒットしたようです。

(それが順位に影響とはまた違うとは思うんですけどね)


みなさん、入選は賞状がもらえるのか、造形教育展とはなんぞや?といろいろ疑問があっての検索だったのかなと思い、調べたことをお書きします。




とはいえ、、

わたしもよくわからないのですが、去年も今年も、2学期の終業式の日にいただいて帰ってきました。



入選でも表彰状はいただけるようです。



「第66回兵庫県幼・小・中造形教育展」


「第67回兵庫県幼・小・中造形教育展」

5年生、6年生と選んでいただいたsakuraに、

ところで、どんな絵が選ばれたの??

と、聞くと、去年も今年も、学校の図工展のテーマ(去年は線で仕切る色彩デザイン、今年はわたしのいる模写)を選んでいただいたのでは・・・ということなのですが、

本人もよくわかっておらず、実際はどうなのか、よくわかりません。
(夏休みの作品などではないようです)

4年生、3年生では、西宮市環境美化ポスター展の方で、優秀賞の賞状を頂いて帰ってきてましたので、そんな県の造形教育展というこのがあったんだ!と知ったのは、5年生でこの教育展の賞状をいただいて初めてでしたし・・・笑

学校側でもあまり、お知らせとかしないんですね~。

そりゃ検索したくなるかも。。








内容は、

兵庫県内の国公立幼稚園、小学校、中学校の児童、生徒が描いた絵画、版画、デザインの作品を展示ということなのですが、

約2万点の応募作品の中から推奨・特選を受賞した700点を展示します。とのことで、

入選=出展ではなく、

入選=学校代表に選ばれた 


ということで、

学校代表からさらに、700点の中に、選ばれなければ、さんちか&姫路での展示はされないようですね~。

HPはこちら




9月末から10月頭くらいに、だったかな。

承諾書のようなものも、もらってきて、サインしました。

大そうですよねポーン

{A36C1322-3262-45E8-8582-180DA7C07BE5:01}



お堅い文書のお手紙。せめて先生の感想、

選ばれた理由、どんな絵が選ばれたのか、もしさらに選ばれた場合は、どうなるか、そして選ばれた子たちの「兵庫県幼・小・中造形教育展」のお知らせなんかも、教えてほしいものですね・・・・




毎年西宮市の「造形展」については、お手紙もらってきますが、

兵庫県の、幼・小・中造形教育展については、お手紙もらってきたことがないように思うのですが。


(うちだけ??よくお手紙がsakuraのお部屋にぽい~~ってほってあり、わたしまで届かないことが多いので笑い泣き




じつは、学校でsakuraが描く絵は、のびのびさに欠け、本人も精一杯かけた~!と喜んで見せたりもしないので、わたしも、すごい上手に描けたね~と思った作品、正直ありません・・・

工作の方が多いのかな・・・授業自体も少ないですしね。



決められた時間内、決められたテーマで、こどもたちがひとクラス一斉に絵を描くのをひとりの先生が見るって本当に大変なことだと思います。


わたしは、ハピネスキッズアートジュニアクラスで、一クラス10人ちょっとを二人の先生で見ていますが、

絵は描かせるものではなく、絵は聞いてあげるものだと思っています。

ひとりひとりとじっくりかかわればかかわるほど、いろいろ聞いて、広げて、自分の気持ちに気付かせてあげるほど、

子どもたちの絵はどんどん内容が濃いものに、どんどん想像力豊かにかわっていくし、作る絵具の色も変わってきます。

「気づき」を与えてあげるだけで、絵が苦手だった子はずが、絵が好きになっちゃう子もいっぱいいると思います。


何よりも、やっぱり、描きだす前の導入が大切、気持ちをどう作ってから絵に表現したい!と思わせるかどうか、は重要なので、学校の図工、もっと図工の先生を増やしてくれたらいいのにな~って思います。



どうしてもお勉強系でばかり親も評価しがちですが、

中学生になって、内申点は、副教科(音楽・図工・体育・家庭科)の良さが断然影響してきます。みんながどんどん絵を描く機会がなくなり、絵に苦手意識を持つようになっていく中で、自分は絵が好き!絵が得意!と思えるだけでも、小学生になってからの先生の評価も、お子さん自身の絵の描き方もかわってきますよ♪


このブログを読んでくださっている方の大半が、まだお子さんが小さい方、多いと思いますが、よかったら覚えていてください♪



内申点は

主要5教科(国・数・社・理・英)の合計点数×4+実技4教科の合計点数×7.5
の250点満点で計算されます。

副教科の配点が高いのは、本番入試でテストがないからのようです。


5教科がオール4、副教科がオール3の子よりも、

5教科がオール3、副教科がオール4の子の方が内申点が高くなるんですね~。


高校受験、これで得をした私が、高校に入ってから苦労したのは別として・・・(;^_^A



あとは、

授業態度、ノートをきれいに書く、遅刻をしない、親の態度

なども内申点に影響するようです。



絵や工作という表現の分やを、点数に表わすのは本当に難しいことだと思います。

先生によってもとらえ方ちがうでしょうし。


とはいえ、5教科が苦手な右脳派sakuraも、私に似て、通知表は副教科が断然いいので、このまま中学生になっても、得意分野を伸ばしてほしいなと思います。




勉強はあまり好きではない娘ではありますが、集中力は小さいころから、お絵かき工作で培われたのか、かなりあります。


できるだけ 勉強勉強言わないように、好きなことを思い切りできるようにと、育てていますが、勉強、どうしてもついてきますもんね~。

好奇心の塊のような子は授業内容もどんどん頭に入っていくのでしょうが、娘は、あらゆることに興味を持たない性格だったため・・・(マイワールドにいっつも入って行ってしまう)学校のお勉強にもムラがあるように思います・・・特に先生が好き、嫌いは影響します。

勉強が嫌ではなく、好奇心として、学べるような素敵な先生がいっぱい増えてくれたらいいな~と思うのですがね~~。




我が家、娘に勉強を教えようとすると必ず喧嘩になるので、勉強分野は本当に6年間(1年生くらいまではみていたかもだけど)ほったらかし・・・

本人任せです。


やるときはやる子!でいると信じていますが、さて、どんな中学生になるのかな~ははは・・・・苦笑



副教科がんばれ!!


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-03-23 02:32:01

造形教育展入選の絵(平面構成?)★sakura11才

テーマ: ┣受賞歴(sakura)
{90632895-6E0F-4554-9D61-1EB0AD6D3578:01}


いよいよ学校も、今学年ラストの週に入りましたね

いろんな作品を持ち帰り始めてますが、先日、学校から兵庫県の造形教育展に出していただいた作品を持ち帰ってきました。



娘は、図工の時間に、線を5本引いて、その中に自由にデザインをした

というだけで どんな作品で入選をいただいてたのか、全く想像もつかなかったので、

楽しみにしていましたが、

やっぱり黄色笑


娘の好きな色「紫」と正反対の黄色。


1年生から絵を描くといつも黄色。

黄色の折り紙、黄色のクレヨン、黄色の絵具がすぐなくなります




おとなしい紫は表面上、本当は明るく活発に自分を魅せたい!という思いが

絵から表れていて面白い。




{2A692F5A-C75D-4B62-A0BA-26ED88611D52:01}

仕切られたひとつに、何やら細かい絵が。

よく見ると、舞台です。


もっとよ~く見ると

ShakeHands 12の空

と描かれています。

(固有名詞・特に文字を絵に描いちゃうとたぶん選ばれにくいですね)





先日の、5年生の参観日、

1枚のお気に入りの写真のスライドをみせながら、みんなの前で

スピーチをするという課題でもそうでしたが、


娘、2014年夏に初のメインキャストとして出させてもらった舞台の写真を選び、

舞台に立てたことが楽しかったと話していました。

(参観日でスピーチをするなんて聞いなかったからこれまたびっくり)




11才のsakuraには、本当に楽しくて、印象に残る経験だったのでしょうね。






このように、子どもの経験って、絵や色にも表れるのです。



素敵な絵、いい絵が描ける子はきっと

普段から素敵な経験や想像をしている子なのかもしれません♪





娘は小学生になってからは、

わたしの小学生クラスにも参加できないほど、ミュージカルのレッスンで

忙しくなってしまい、

家でもほとんど大好きな絵を描く時間はなくなってしまいましたが、


幼児期にわたしと一緒に思う存分アートしてきた経験、

十分すぎるほど生かされているようです!


そして、幼児クラスにずっと来てくれていたお子さんが小学生になってから、

絵が上手って言われる絵がおもしろいって言われる、

賞をもらってきました!

などなどみなさんからもうれしい声をたくさんききます。


これからも、ひとりでもたくさんの子供たちが

小学生になっても絵が嫌いにならない、絵や工作が大好きになってくれ、

自分の気持ちを絵に表現して、すっきりしてもらえるようなお手伝いができたらなあと思います。



また、幼児クラスの15分のクレヨンタイムのこどもたちの絵もご紹介しますね。









{67BBA525-0B54-4981-8680-66BC11EE17C8:01}


表彰状、しっかり額に入れ、大げさですが、いっぱい並べてかざってます。

わたしが子どもの頃は、作文の表彰状がいっぱいでしたが、

sakuraは、絵の表彰状がいっぱいです♪

額に入れて飾ってもらっていることがさらに自信につながっているようです♪





表彰状と図工展についての
過去記事はこちら
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-12-25 15:58:15

兵庫県造形展入選の表彰状もらってきました★sakura5年生

テーマ: ┣受賞歴(sakura)

{AE21D0EF-4F44-4825-9A74-4F9C14B2599A:01}

今日は終業式のsakuraです。

図工の先生に、ちょっと前、エントリーしますとお手紙いただいたものの、
何の音沙汰もなかったので、選ばれなかったと思ってた兵庫県の造形展。



どうやら入選は、いただいていたようです♪



実は、今年は、西宮市の造形展に選ばれず、ちょっとがっかりしていたsakuraさんでした。



でも、西宮市の造形展を観に行って親子で納得。


sakuraの学校は、上手で選ばれた子の作品が出展されたというよりは、
学校の代表として 「5年2組の全員の絵」 が出展されていました。


5本線を描いて、それに囲まれたひとつの形に好きなものを描いて、
残りの囲いの中は自由にデザインするという意外に高度なもの・・・ほんと、絵画というよりはデザインの分野ですね。


(↓西宮市の造形展娘の小学校ブース)




こういう選ばれ方ってのもあるんですね。
しかもほかの学年の作品もなしで、なぜ5年生が?なぜ2組が?

と不思議だらけではありますが・・・


市の造形展、学校によっても様々でがんばってる学校、
あ、これなんかの画材キットをそのまま使ってるなって学校、

絶対これは、うますぎ!全部先生が手を加えたに違いないという学校、

図工の先生の熱意がうかがえる造形展です。






sakuraの兵庫県造形展にエントリーいただいた絵は、この5年生出品作品と同じテーマの、


5本の線から生まれる世界の表現だそうですが、残念ながらこの


第66回兵庫県幼・小・中造形教育展


は、

約2万点の応募作品の中から推奨・特選を受賞した700点を展示します。


ということで、sakuraは、入選なので、学校レベルで選んでいただいたものの、
県レベルの展示700点には選ばれずということになります。


娘の作品はどんな風に描いたのか、みてみたかったのですが
作品の返品はないのかなあ・・

残念。





学校からは表彰状だけいただいて、作品展については何のお知らせもなく、学校における図工ってそんな程度なの?とちょっと残念に思います。



選ばれても選ばれなくっても、作品展がいつどこであるのか教えてくださいって
先日担任の先生にも懇談会でお伝えしていたものの、

ご連絡もいただいてないままだし(笑)






調べてみると、「こちら★」 のホームページに 詳細載っていました。



なんと今日から三宮地下で展示されているようですよ!

お友達のいい作品、いっぱいみて、刺激をうけてほしいですね。



第66回兵庫県幼・小・中造形教育展


約2万点の応募作品の中から推奨・特選を受賞した700点を展示します。
入場無料。 

【さんちか展】
<とき> 
12月25日(木)~29日(月)
10~20時(最終日は17時まで)

<ところ>
さんちかホール
(さんちか3番街ホーム&ライフ内)

【ヤマトヤシキ展】
<とき>
2015年1月2日(金)~5日(月)
10~19時
(2、3日は18時まで、最終日は17時まで)

<ところ>
ヤマトヤシキ加古川店6階催会場(JR加古川駅前)

<主催>
兵庫県造形教育連盟、県国公立幼稚園教育研究会、
県小学校教育研究会図工部会、県中学校教育研究会美術部会、
神戸新聞社 

<共催> 
さんちか、ヤマトヤシキ

【協賛】 
サクラクレパス



展示はされませんが、またひとつ、宝物が増えてよかったね。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014-12-08 21:42:38

西宮市造形展に選ばれた生徒さんご紹介

テーマ: ┣受賞歴(sakura)
{A49B75C7-2964-461A-8475-1E2ADBBBD24B:01}

先週、怒涛のような忙しさの合間を縫って。。。
行ってきました。西宮市造形展。
幼稚園から中学校までの図工の作品が学校ごとに展示されています。

自転車で香櫨園まで片道30分。

徹夜続き、PC前に座りっぱなしのわたしにはいい運動になりました♪



娘の学校は、今年音楽会だったので
(図工展と音楽会を交互にします)
造形展の存在すら忘れていたので、西宮市造形展の学年代表で、生徒さんから、選ばれた!と嬉しい声が届いて初めて

もうそんな時期だったのね~?
いついつ??

とびっくり。
すでに今週2日より始まっていたのですね。

(学校からもらったお手紙は娘の部屋からわたしに渡されることなくでてきました。ええ、よくある話・・・)



幼児クラスにハピネスキッズアートに通われていたお子さんも小学生になってからもやっぱり絵や作品作りが好きで、選ばれましたというお知らせもたくさんいただいています。


今回は、お知らせいただいた、ハピネスキッズアート小学生クラスに在籍する、おふたりをご紹介。


{A4CC4CE3-76EE-4FB2-87AB-34CE016A440E:01}


西宮市立 春風小学校 6年 ふくながみらいちゃん
将来の夢の粘土造形ということで、



意表をついた「競技かるた選手」というタイトル笑



みらいちゃんは、1年生からハピネスキッズアート小学生クラスに入会、
6年生までがんばって通ってくれていますが、明らかに、成長を感じます。



絵の上手な描き方を、無理やり教えるというコンセプトではない、ハピネスキッズアート。

まずはアートを楽しいと感じ、そして好きになり、
そして、表現することのおもしろさ、楽しさに気づき、
自然と観る力、表現する力を自ら学び取っていくような教室。




みらいちゃんは、低学年の頃は、なんでもできるお兄ちゃんと一緒に来ていたので、
おにいちゃんみたいにならなきゃ!うまくかかなきゃ!というこだわりが強すぎて、
本当に好きで教室に来てるのかな?と時々わたしが不安になってしまうほど、
自分の納得のいかない線はすぐに消して書き直し、気分が乗らないと描かない。
といった、本当に繊細な几帳面なお子さんでした。笑



が、みらいちゃんのこだわりは否定せず、
描きたくなったら描いてね。
みらいちゃんのここがすごいね!と無理強いせず対応し続けたことで、
本来はきっと好きだったけれど、うまく表現できないことで自信をうしなっていた絵が、だんだん個性にかわり、今では細かい作業、細かい作品作り、繊細な絵が得意になって表現力もぐ~んとUPしてきています。

これぞ、継続は力なり!

ハピネスキッズアートも3月で卒業・・・寂しいですが、ぜひ中学生になっても絵に自信が持てるように、作品作りをしていってもらいたいなと思います。

かるたとり選手になれるよう、自分で描いたかるた、作ってみては!!?笑



つぎに、


同じく、西宮市立 春風小学校1年 森山りんかちゃん

{C2158908-9047-4662-9315-1AB692E852DF:01}



「不思議な森の色彩な動物たち」のきりんの絵

りんかちゃんは、今年の春から新しく入会したとってもマイペースで個性的なお子さん。

描く絵、作る作品、動物が好きなんだな~と感じさせるものばかり。

例えば、キッズアートで作った作品では、

ふくろうの絵、くじゃくの絵
粘土の牛、

何か普通の子が選ぶような動物(人気なのはうさぎ、りすなど)と違った動物をセレクトしたり色あいだったり、そして、独特の画風でお絵かき。

3月に入会を希望された時には、空きがなくお断りしていたのですが、

どうしても娘の好きな絵をのばしてやりたいというお母さんの熱意が伝わったのか、
空きがでて、入会いただけることに。

大好きでいつも夢のある動物を表現するりんかちゃん、夢のある世界を持ち続けてくださいね。絵本作家さんとか向いてるかも~♪

他にも選ばれたけれど、お知らせいただいていないお子さんもいらっしゃったかもしれませんがまたうれしいお知らせいただきましたら、ブログで紹介させていただきたいと思います♪



ちなみに、
娘の小学校は、なぜか、学校代表が5年2組全員でした笑

sakura、そのセレクトに納得いかない様子でしたが、学校により、様々なのですね。

いろんな作品があり、とても参考になりました!
{7827D925-CBE6-4A5A-92C7-D1D19955E2CB:01}

{DEE567A9-49F2-4F23-A061-5A0298D0F23B:01}

{A171B3C2-F7FB-4E81-9C30-89526E490549:01}




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-11-03 15:43:26

第29回シルバニアメルヘン大賞 赤ちゃん賞の凜夏ちゃん

テーマ: ┣受賞歴(sakura)

夏休み、わたしのブログ(こちら)で、

様々な絵画の募集を紹介していましたが、

ハピネスキッズアート小学生クラス 1年生森山 凜夏 ちゃんが、

「第29回シルバニアメルヘン大賞」に応募

「ぼくじょう と にじ


の塗り絵で、赤ちゃん賞をいただきました♪



こちらのシルバに亜ファミリー公式ホームページにはたくさんの子どもたちの塗り絵が紹介されています。


今度はもっと大きなシルバアファミリーが欲しいようで、また塗り絵を取り出して、いろいろ描いてます♪とのりんかちゃん。

おしゃれなデザインのお洋服に、背景は虹を描いたのですね~。




5才くらいから、細かい表現のできる色鉛筆で、塗り絵が好きになる子が多いと思いますが、
特に、こういうお洋服の塗り絵は、女の子は大好き。

(過去にこちらで「ロージーフローのぬりえ」を紹介してます♪)

ファッションデザイナーになった気分でいろいろ描きためておくのもいいですね~。

特賞で、デザインしたお洋服をシルバニアファミリーに着せてプレゼントっていうのがあったらいいのにな~って思いました。

他にもシルバニアを様々なシーンをテーマにディスプレイした応募などいろいろされているようですのでまたチェックしてみたいです。


子どもたちが、ちょっとした評価をいただき、
自分の好きをたくさんのばせるきっかけに出来たら良いですね。
ありがとうございました。


また来年もぜひみんな挑戦してみてくださいね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。