皆さん、おはようございます(^-^)/✨✨

出家者にも、自分が魂として成長する感覚、魂の成長、成功感を充分に味わっていただきたいと思います。
「悟り高める」ということは、よりよき未来設計そのものでもあります。来るべき自分の人生を決めることであるし、自分の本来の使命を悟ることでもあるのです

それは非常に大事なことです。

【目標管理】


これはドラッカーも言っているように、「目標を立てる。それを達成する」ということは、普通に行われることであり、大事なことでもあるのですが、本来、目標達成とは努力をするための目印(めじるし)だったにもかかわらず、それが逆になり、この目標そのものが「制約条件」になったり、「統制の旗印(はたじるし)」になってしまったりすることもあるわけです。

― チェックポイント ―


・これらのことを可能にする唯一(ゆいいち)のものが、自己管理に目標管理である。自己管理による目標管理だけが、全体の利益を一人ひとりの目標にすることができる。

・自己管理による目標管理こそ、まさにマネジメントの「哲学」と呼ぶべきものである。この原理は、マネジメントのコンセプトそのものを基盤とし、マネジメントのニーズと障害についての分析からスタートしている。人の行動や動機づけについての洞察(どうさつ)を基礎としている。企業の規模(きぼ)を問わず、あらゆるレベルのあらゆる人に適用することができる。それは、成果を確実なものにするために、客観的なニーズを一人ひとりの目標に変える。こうして真の自由を実現する。

以上です。

仏からの光があり、他力による導きや助け、救いがあります。
それは幸福なことだからです。

主よ、御光を賜りまして本当にありがとうございます✨

心より感謝いたします✨✨

秋田県秋田市:宮腰 訓です。
AD
皆さん、おはようございます(^-^)/✨✨

出家者にも、自分が魂として成長する感覚、魂の成長、成功感を充分に味わっていただきたいと思います。
「悟り高める」ということは、よりよき未来設計そのものでもあります。来るべき自分の人生を決めることであるし、自分の本来の使命を悟ることでもあるのです。

それは非常に大事なことです。

私は、書籍を完読しました。


「嫌われる勇気」は、実は、成功者が待つ「独創性(どくそうせい)」や「先見性」のこと。「勝ち筋」を読んだなら、断行することも大事。

― チェックポイント ―

これは、『アドラーが本当に言いたかったこと。』については、「『嫌われる勇気』は、私の真意ではない」の内容です。

・「嫌(きら)われる勇気」ということもあるので、「嫌われてはいけない」と言わないでも、できれば、お客様を逃(のが)さないような仕事をしてください。お客様が逃(に)げていくような仕事は、なるべくしないでほしいと思います。

・確かに、これは意味不明で分からないと思います。普通(ふつう)は、「マーケティングって販売することじゃないの?売ることでしょ?」などと思っているのではないでしょうか。もちろん、ある意味では、そういう面もあるので、ドラッカーが極端(きょくたん)なことを言いすぎているところもあると思います。


以上です。

仏からの光があり、他力による導きや助け、救いがあります。
それは幸福なことだからです。

主よ、御光を賜りまして本当にありがとうございます✨

心より感謝いたします✨✨

秋田県秋田市:宮腰 訓です。
AD
皆さん、おはようございます(^-^)/✨✨

出家者にも、自分が魂として成長する感覚、魂の成長感、成功感を充分に味わっていただきたいと思います。

「悟りを高める」ということは、よりよき未来設計そのものでもあります。来るべき自分の人生を決めることであるし、自分の本来の使命を悟ることでもあるのです。

それは非常に大事なことです。

『出家(しゅっけ)・在家(ざいけ)を問わず』については、

出家・在家を問わず、こうした経典(きょうてん)を学び、人びとを導く修行者の責務を、仏教では「五種法師(ごしゅほっし)」の行(ぎょう)と呼びます。そして以下の五つの修行をなす人のことを「五種法師」と呼びます。

・「受持(じゅじ」
いつも心のなかに教えを留(とど)め、経典を肌身(はだみ)離さず持ち歩きましょう。
・「読(どく)」
機会あるごとに経典を何度も何度も繰り返し読み込みましょう。
・「誦(じゅ)」
大切な光の言葉を暗記(あんき)し、折にふれて暗唱(あんしょう)しましょう。
・「解説(げせつ)」
経典の内容をわかりやすく人に解説しましょう。
・「書写(しょしゃ)」
経典の一節をノート等に書き写したり、手紙に書いて人に伝えましょう。

こうした「五種法師」の修行を進めていくことによって、仏陀の言魂で綴(つづ)られた『正心法語』の光を、より多く、より深く魂に刻(きざ)み込み、私たちの魂の調べてそのものを美しくしていくことができるのです。

― チェックポイント ―

【在家者(ざいけしゃ)】
これは「在家(ざいけ)の人たちを、どのように教え導くか、教導(きょうどう)すべきか」というものであり、釈尊(しゃくそん)が弟子(でし)たちに対して実際に話をして内容なのです。程度としては、出家向けではなく在家向けであり、低いところから入って、だんだんに上げていくという、段階をとった説法です。これは、「次第説法(しだいせっぽう)」と読んでいます。

次第説法では、まず最初に、正しい信仰(しんこう)である正見(しょうけん)のあり方を説きます。そのあと、「善(よ)いことをすれば、善い結果が来る」という因果(いんが)の理法(りほう)を説きます。

ただ、在家の人では、かなり勉強が進んだ方でないと、ここまでいかないでしょう。

【出家者(しゅっけしゃ)】
出家してくる人がいるとします。そうすると、「世間体(せけんてい)も悪いではないか」と言われることもあるかもしれません。こうした世間法(せけんほう)による攻めはいろいろあると思いますが、そうではないということです。

仏法が真理であるということを信ずる力です。また、霊界の存在を信ずることです。こうしたことを、やはり大事にしていきたいと思います。

以上です。

仏からの光があり、他力による導きや助け、救いがあります。

それは幸福なことだからです。

主よ、御光を賜りまして本当にありがとうございます✨

心より感謝いたします✨✨

秋田県秋田市:宮腰 訓です。
AD
皆さん、こんばんは(^-^)/✨✨
お疲れさまでした。

出家者にも、自分が魂として成長する感覚、魂の成長感、成功感を充分(じゅうぶん)に味わっていただきたいと思っています。

「悟りを高める」ということは、よりよき未来設計(せつけい)そのものでもあります。来(きた)るべき自分の人生を決めることであるし、自分の本来の使命(しめい)を悟ることでもあるのです。

それは非常に大事なことです。

『毎日、朝昼晩、毎晩、寝る前』の読経を祈祷については、

特(とく)に、家に家庭御本尊(御本尊が入ったら、悪霊は、毎日、睨(にら)まれているのと同じになります。その人が、毎日、家庭御本尊の前で『仏説(ぶつせつ)・正心法語(しょうしんほうご)を唱(とな)えると、悪霊のほうは、説教(せつきょう)をされているような感じがして、たまったものではないのです。

その人が、毎日、朝晩(あさばん)、御本尊の前で『仏説・正心法語』を唱え、反省や祈(いの)りをしていると、光が出てくるので、悪魔にとっては、つらいのです。これは、毎日毎日、説教をされているのと同じであり、やがて離(はな)れていかざるをえなくなります。

― チェックポイント ―

毎日、朝昼晩と供養したり、毎晩、寝る前に供養したりするよりも、きちんと自分が修行(しゅぎょう)をすることです。

私は、「経文」をたくさんがあります。

・「仏説(ぶつせつ)・正心法語(しょうしんほうご)」
般若心経(はんにゃしんぎょう)など、後世の弟子(でし)たちか編纂(へんさん)したお経と比べると、無限大の光の強さや『功徳(くどく)』=神仏が与える良い報(むく)いがあるという。この経文を読み上げたり、不治(ふじ)の病が治ったり、大事故、大災害を回避したりするなどの奇跡が数多く起きているという。

・「祈願文①・②」
「主への祈り」「守護・指導霊への祈り」をはじめとし、修法(しゅうほう)も含(ふく)め 、全十八の経文が収(おさむ)められている。

・「エル・カンターレへの祈り」
幸福の科学の信者、会員(出家・在家)がが信仰する内容や、教団(きょうだん)の目指す理想など、エル・カンターレへの信仰を深めるの三つの経文が収められている。

・「支部発展のための祈り」
・「幸福実現党の目指すもの」

私は、毎日、朝晩に「仏説・正心法語」・「仏説・願文『先祖供養経』」の読経を祈祷(きとう)します。

私は、御本尊型・家庭供養型、「悪霊封印秘鍵」を持ってあります。

皆さんには、それから、日本では、新興宗教に対するアレルギー、先入観、偏見が強すぎますよね。これを払拭(ふっしょく)する活動をしたいと思います。そうすれば、必ず、この真理は広がって、霊的世界の存在が常識となる『霊性革命』が起こると思うんです。

以上です。

主よ、御光を賜りまして本当にありがとうございます✨

心より感謝いたします✨✨

仏からの光があり、他力による導(みちび)きや助け、救いがありますように・・・。

それは幸福なことだからです。

秋田県秋田市:宮腰 訓です。

信仰の大切さ・・・。

テーマ:
皆さん、おはようございます(^-^)/✨✨

【2017年4月2日(日)】
仏法真理の知識をよく学びましょう。

・『愛・知・反省・発展』
・『愛・平和・悟り』
のうち、仏の光を知りましょう。

「信仰の大切さ」の内容については、

この仏への信仰は、日常生活のなかに生かしてこそ本物となっていきます。一瞬一瞬をすごしていくなかにも、仏の教えをみずからの心にとどめ、仏のお心をみずからの心とすべく努力していく、すなわち、仏とともに日々を生きていくことがほんとうの信仰生活にほかならないのです。

そして、そうした信仰に基づいた生活を続けていくためには、まず仏への祈りで一日を始め、仏への祈りで一日を終える生活を送ることが大切です。こうした生活を続けることで、私たちの信仰心は深まっていき、仏とともに生きる生活を送っていけるようになるのです。

このような感謝の心で満たされた一日は、とても素晴らしいものです。その人の地位も名声(めいせい)も収入(しゅうにゅう)もまったく関係ありません。仏に感謝する人の姿は、この世でいちばん美しい姿なのです。仏への信仰を感謝の心であらわして、一日一日を美しく輝かせながら生きていけるということはとても幸福なことなのです。

― チェックポイント ―

・実は関係があるのです。

足ることを知ると、感謝の心が出てくるからです。足ることを知ると、仏に生かされている自分を知ります。仏に行かされている自分を知ると、感謝の心が湧(わ)いてくるという話ですが、仏からいただいた光に目覚めならば、「仏に生かされているという感謝の気持ちを、他の人びととにも知ってほしい」と思うからです。

そうした人びとに、「みなさんは大きな力によって生かされているのです」と教えていくことが大事なのです。

・伝道は愛のなかにもあります。

他人への愛ゆえに伝道するのです。また、仏法真理の知識をよく学ぶからこそ、「他の人に教えてあげたい」という気持ちが起きてくるのです。

発展のため、地上ユートピア建設のための伝道もあります。

以上です。

主よ、御光を賜りまして本当にありがとうございます✨

仏からの光があり、他力による導(みちび)きや助け、救いがありますように。

それは幸福なことだからです。

心より感謝いたします。✨✨

秋田県秋田市:宮腰 訓です。
皆さん、おはようございます(^-^)/✨✨

【2017年4月1日(土)春陽】
桜花の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。

また会いできる日を心よりお待ちしております。🌸🌸🌸

だいぶ歩いてゆきますと、日本人でしたら、たいていの方が川に行きに行きあたります。これが有名な「三途(さんず)の川」というところなのです。この三途の川に行きあたります。

そこで、第一関門(かんもん)として、日本人であれば、有名な「三途(さんず)の川(かわ)」が出てきます。

※ 日本は川が多いので、日本人は川を見慣(みな)れていますが、外国には川がない所もあります。

三途の川は、地方のほうでしたら、多少、田舎の川に見えます。

ただ、日本人の場合は、ほとんどが川です。三途の川が出てくるのです。

この三途の川は、そういう人のために、あちこちにつくってあるというか、流してあります。そうしないと分かってくれないので、三途の川は各県別に用意してあります。これが近所にないと、やはり不自由するので、困(こま)らない ように、だいたい、各県、各地域(かくたいき)に三途の川を流してあるのです。

それは、春、あるいはお彼岸(ひがん)です。そのため、あの世でも、菜(さい)の花が出てきたり、彼岸花(ひかんはな)も咲(さ)いていたり、人によっては桜(さくら)の花が咲いていたり、いろいろするのです。

※ これは、『三途の川』の内容については、

・「信仰のすすめ」
・「永遠の生命の世界」
・「悟りに到る道」

に詳しい。

― チェックポイント ―

・上の世界に上がっていくと、しだいに「愛と慈悲(じひ)」が強くなってきて、世のため人のために自分を捨(す)てて働く人のほうが多くなってきます。

・上の次元に上がっていくと、「愛」という言葉は、「私は、あなたを愛しています」というような愛というより、「真理」という言葉と、ほほ同義語(どうぎご)になります。

愛と真理が同じことになります。

真理に則って生きていくことが、愛の実践や慈悲の実践と同じことになっているのです。

主よ、御光を賜りまして本当にありがとうございます✨

心より感謝いたします。✨✨

私は、信じる力の強い方で光の修法に則って生きています。
(仏法真理)

秋田県秋田市:宮腰 訓です。
皆さん、こんにちは(^-^)/✨✨

仏は念(おも)いによって宇宙(うちゅう)を創(つく)り、太陽を創り、星を創り、人間をはじめ動植物をすべて創りました。すべてを念いによって創った仏、すべてを己(おのれ)の光によって現象化(げんしょうか)した仏であるならば、みなさんの体のなかにできた、ささやかなる病巣(びょうそう)など、なくせないわけはないではありませんか。

それは人間の心がつくったものです。

・人間がつくったものを、仏が消すことができないことはありません。

・仏は全能(ぜんのう)です。

それが仏の力なのです。

※ これは、『ヒーリングとは「癒(いや)し」と意味』の内容については、

・「「アイム・ファイン!」なるための7つのヒント」
・「病気カルマ リーディング」
・「アイム・ハッピー」
・「超・絶対健康法」
・「奇跡のガン克服法」
・「心の体のほんとうの関係。」

に詳しい。

― チェックポイント ―

・人びとへの感謝、優しい言葉、明るい笑顔をわすれてはいなかっただろうか。

・また、知らないうちに自分を苛(いじ)める気持ちの虜(とりこ)になっていたのではないだろうか。

こうしたことを一つひとつ反省してみるのです。

たとえば、こうしたこと全てが重(へ)なって崩壊になるか!?

そのほかに注意点としては、睡眠不足が著(いちじる)しいとき、極端(きょくたん)に疲れているとき、体調の悪いとき、悩みごとで心が一杯のときなどは行わないでください。

きっと何かしら「これだ!」と思いあたる原因があるはずです。

心意気(こころいき)をきっかけでもあります。

たとえば、原因や動機を心意気です。

以上です。

私は、出家で仏のお役に立てますように、人のお役に立てますように、世の中をよくするお役に立てますように、という純粋(じゅんすい)な心が大切なのです。

私たちは、この光の武器を正しく修得し、地上ユートピア建設(けんせつ)するために役立ててまいりましょう。

主よ、御光を賜りまして本当にありがとうございます✨

心より感謝いたします。✨✨

仏の光が流れはじめます。

私は、仏を信ずる信仰の力です。

秋田県秋田市:宮腰 訓です。
皆さん、こんにちは(^-^)/✨✨

「光の修法」を正しく修得(しゅうとく)を行(ぎょう)じてみてほしい。

心のなかで、その祈りの言葉を唱えるとよい。

さすれば、あなたがたは、いかなる困難(こんなん)のなかにおいても、それに打ち克(か)つ力が与(あた)えられることとなるであろう。

日常生活の仏・菩薩は、天使と悪魔を戦い、撃破(げきは)する強力な光の武器です。

たとえば、『怨念(おんねん)』というは、意味ですか!?

・深く心に刻(きざ)み込まれたうらみ。

※ 『天変地異や突発的災害などの危機』の内容については、

・「逆境の中の希望」
・「熊本震度7の神意と警告」
・「箱根山噴火リーディング」
・「大地震予兆リーディング」
・「阿蘇山噴火リーディング」
・「広島大水害と御嶽山噴火に天意はあるか」
・「フィリピン巨大台風の霊的を探る」
・「天照大神の未来記」
・「天照大神の御教えを伝える」
・「天照大神のお怒りについて」

に詳しい。

― チェックポイント ―

・この奇蹟の武器は、このような悪魔の撃退だけではなく、天変地異や突発的災害などの危機に遭遇(そうぐう)した時も威力(いりょく)を発揮する修法です。

・地震で地面が割れる時、頭上に物が崩れ落ちてきた時、火山が噴火(ふんか)して岩石(がんせき)が飛んできた時、溶岩(ようかん)が迫りくる時、津波が突然押し寄せてきた時、雷が落ちる時、車が衝突(しょうとつ)しそうになった時など、危険が身辺に及んだ時に、この修法で奇蹟が現象化し、身を守ることが可能となります。

以上です。

主よ、御光を賜りまして本当にありがとうございます✨

心より感謝いたします。✨✨

私は、信じる力の強い方で光の修法です。

秋田県秋田市:宮腰 訓です。

光のドーム✨✨

テーマ:
皆さん、こんにちは(^-^)/✨✨

「光のドーム」は、単なる悪魔払いではありません。この修法(しゅほう)を行なう人の心のなかにいかに仏法真理(ふつほうしんり)が染(し)みわたっているか、理解が進んでいるかによって効果が大きく違うのです。仏法真理を知れば知るほどに力が増(ま)し、自分で仏の光を受けることができるようになります。したがって、常日頃(つねひごろ)の努力精進が、みずからを助ける力となるのです。

私たち会員が光の行軍(こうぐん)を開始するとき、魔もまた、それを阻(はば)まんとして競(きそ)い立ちます。闇の勢力から身を守り、信仰心を基にして光を強めるの武器(ぶき)として、感謝の心で修法「光のドーム」を活用してまいりましょう。

― チェックポイント ―

・憑依状態の強弱(きょうじゃく)に応じた三つの方法を説明です。

これは、次の人への悪霊の影響を避けるために必要です。

以上です。

主よ、御光を賜りまして本当にありがとうございます✨

心より感謝いたします。✨✨



秋田県秋田市:宮腰 訓です。
私は、本当に『正観世音菩薩様(愛・平和・悟り)』を大好きです。

私は、仏教の研究を勉強です。

『正観世音』というは、意味ですか!?

もともとは、「正法妙如来(しょうぼうみょうにょらい)」という如来でしたが、人々の救済のため、人間に近い菩薩の身になりました。

「観音」とは、心の目で見ることを「観」といい、色なき色を見、音なき音を聴く、これが「観」です。

困難に面した人々が、一心(いっしん)に観音さまにお願いすれば、その声を感じて願い事を聞き届ける、すなわち声(音)を観(かん)じる ところからその名が付けられたそうです。

「正観世音菩薩様(愛・平和・悟り)」 

この三次元世界において最も難関といわれる地球の平和・慈悲慈愛の 見開きなどについて正観世音菩薩様の神聖は、宗教・精神世界を超えて真の平和の構築に向けて手をかかげられておられます。 

以上です。

主よ、御光を賜りまして本当にありがとうございます。✨

心より感謝いたします。✨✨

秋田県秋田市:(文貴) 宮腰 訓です。