皆様、こんばんは(^-^)/✨✨
お疲れ様でした。

私は、心眼を開いています。
アドバイスですが、「うるわしき光のエネルギーとして働き実を結ぶ」です。

正しいことを、みんなの利益を考え、強く願い、視覚化することで現実のこととなった事例を紹介しました。

よくよく検討し、必要な事であれば内心の自己に身をゆだねて、とにかく自ら先に進み、創造的エネルギーに従うことが自己実現へのキーワードです。

宇宙の意識、背後で協力する守護霊や指導霊たちの計らいが私を媒体として利用できるように精神の調和を図っておかなければならないことを深く実感するのでした。

調和とは、恐れ、不安、猜疑心、見栄、驕り、慢心、傲慢、嫉妬、恨み、憎しみ、などという執着を解散することと日々の小さな感動を大切にすることでもあります。

創造力はこういったことの解散ができるほどうるわしき光のエネルギーとして働き実を結ぶのである。

以上です。

「法」とは、仏から流れ出している教えであり、仏のお心そのものといえます。また、仏が創られた宇宙のルールそのものともいえます。ですから、「法」に従って生きるときに、仏のお心、仏の創られたルールになった正しい生き方ができ、そして、だれもが幸福に生きることができるのです。「法」に基づいて生きるということは、「法」に照らしながらみずからの生活を点検し、またみずからの考えや行動を点検するということです。

皆様、ありがとうございました。

だから、私は、勤勉を頑張っていました。

身体に気をつけてください。

秋田県秋田市:宮腰 訓です。
AD
皆様、こんばんは(^-^)/✨✨
お疲れ様でした。

私は、本名・清水富美加(千眼美子)応援しています。頑張れ✨✨



意識エネルギーこそ全てを造り出す源泉です。

なぜなら、意識エネルギーは生命(いのち)そのものであり、生命(いのち)は意識エネルギーそのものだからです。

✨ 光すなわち生命(いのち)
✨ 光すなわち愛(あい)
✨ 光すなわち力(ちから)
✨ 光すなわち勇気(ゆうき)

今日も最後までお読みくださいまして感謝申し上げます。

私は、心眼を開いています。
アドバイスですが、「正定(禅定、瞑想)の根本は反省であろう。」です。

反省は安楽世界に住するかけ橋であろう。ねたみ、怒り、そしり、そして諸々の執着から離れるには、反省をおいてほかにはない。

反省を積むことによって、心と肉体の調和が生まれ、進んでは己の心と大宇宙の心との合一がはかられよう。

反省をせずして、調和せずして心を空にすると未成仏霊、動物霊、自縛霊などに支配され、自分の心を悪魔たちに売り渡してしまうことになる。正しい禅定は反省という止観の行為でなければなるまい。

1年365日の過去をふりかえり、その想念と行為について、黒白をつけてゆくことは、大変なことである。黒白をつけるには、中道を根本として第三者の立場で自分を眺めなければならない。

身びいきがあっては意味を持たない。これでは反省にならないからだ。それだけに、反省が厳正なものであればあるほど、愚かな自分が浮彫されてくる。人に話すこともできない。

反省して悪いと自認したとしても、その事実を消すことはできない。要はその事実を、これからの人生の課程において、改めてゆく以外にないのである。

また、過去のその善悪について、それに執着を持つと、これからの行動が束縛されてくる。本来の自由性がそこなわれてしまう。とくに悪の行為について、「悪かった・・・・・・」と認めたまではいいが、それにとらわれると暗い想念をつくりだしてしまう。

この点も中道(偏らない)の心が大事である。過去の全体験は、心(魂)の修行の一過程であるからである。反省の結果は反省後の中道の実践にかかっている。

以上です。

― 例えば ―
世界伝道を伝えたい、幸福の体験集は、生命(いのち)を大切にすることです。

・友情が芽生える🌱
(『絆』とは、人の心との結びつき、支え合いや助け合います。)

与える愛⭕
奪う愛❌

人間関係が上手くいかなくなる時があります。また、ストレスにさらさらやすくなることも。

だから、私は、勤勉を頑張っていました。

改めて、よろしくお願いします。

では、身体に気をつけてください。

秋田県秋田市:宮腰 訓です。
AD
皆様、こんにちは(^-^)/✨✨

昨日は、本の2冊を買いました。

私は、『南京事件「証拠写真」検証する』本を読んで見ました。

- 例えば -

ドット絵とは、主としてコンピュータ上における画像の表現方法・作成方法の一形態であり、表層的には通常の目視でピクセルが判別できる程度に解像度が低いビットマップ画像と捉えることができる。

しかし実際には、限られたピクセル数の中で表現し切るという制約やピクセルを手作業で1つずつ配置するという作成プロセス等も含めてドット絵であると認識されていることが多く、それゆえに単に写真などのビットマップ画像を拡大したものは、一般にドット絵とは認識されない。

・モノクロ(白黒)
・ガット(ガット切貼)
・合成二重(写真と絵画)
・キャプション(加工処理)
・ひそかな転載(写真と絵画データ転載)

偽・捏造・プロパガンダ・改竄されたものを使っている。

- 例えばのサイバー攻撃 -

(1)ひそかな侵略行為によってもたらされる危機を見逃す。
(2)ひそかな政治工作
(3)ひそかな漫画
(4)ひそかな写真

などもあります。

以上です。



昨晩、私は、アメリカへの問い合わせ(問題解決)をGメールがありました。

写真証拠を確認しました。

(これの写真は、右のアイリス・チャンさんです。)

真ん中の写真は、誰ですか!? ←(去年は、ヒラリー・クリンント氏の落選❣️)



皆さん、でっちあげなあ。

色々なの発言ばかりにやめてください。

許してください。

改めまして、よろしくお願い申し上げます。

以上です。

ありがとうございました❣️

秋田県秋田市:宮腰 訓です。

皆様のご健康をお祈りしつつ、とり急ぎお礼お願い申し上げます。
AD
おはようございます(^-^)/✨✨

私は、【ザ・ファクト】の動画を確認し、インパクトです。
― 中国政府激怒! ―
アパホテルが南京大虐殺否定本で炎上!!

『南京「事件」研究の最前線』の本を読んで、正しい手段を発見しました。

中立的な英国のジャーナリストであるティントパーリが出したと思われていた『戦争とは何か(※) 』という南京虐殺本が、実は国民党工作員である彼が国際宣伝処の指令で、その金でこの本をつくり出版した国民党宣伝部の「対敵宣伝本」であったということは100パーセント明らかになってくる。

(※) H.J Timperley.ed.,What War Means: The Japanese Terror in China. London: Victor GollanzcLtd.,1938

― 極機密の文書 ―
『中央宣伝部国際宣伝処工作要』は、公的機関の内部報告書であるから、余計な対外的宣伝的装飾もないので、当時の日本軍と戦っていた国民党の宣伝部が何を狙ってとういうことをしていたかが、赤裸々にわかる。

・国民党の『中央宣伝部国際宣伝処工作概要』(極機密印)である。

以上です。

2015年11月6日(金)
私は、『南京「事件」研究の最前線』の本を買いました。



皆様、ありがとうございました。

天候不順のみぎり、どうかお体を大切になさってください。

皆様のご健康をお祈りしつつ、とり急ぎお礼お願い申し上げます。
おはようございます(^-^)/✨✨

私は、問題解決で、重要な研究課題になっている。

『「南京事件」を調査せよ』の本を読んで、正しい手段を発見しました。

沖縄戦、東京大空襲、原爆・・・・・・、私自身がこれまで手がけた取材も例外ではなかった。だが、いつの頃からかそこにバランスの悪さを感じ始めていたのだ。なぜそんな事態に至ったのか?という「流れ」が無視されているような気がしたからだ。日本はある日突然、被害国になったのか?戦争である以上そんな馬鹿な話もないであろう・・・・・・。

そんな思考にひっかかったのが、「南京大虐殺」だった。

1937年。日中戦争において日本軍が当時の首都・南京を攻略。その際多数の捕虜や民間人を虐殺し、強姦や放火、略奪までも行ったといわれている。

事実ならば日本軍が加害者の立場となる事件である。

かなり以前に、何冊かの本を読んだことがあった。

※ 『「南京大虐殺」のまぼろし』は、南京における虐殺行為そのものを否定した本ではないのだが、以後「まぼろし」という言葉が一人歩きを始める。

やがて事件そのものが、「あった」「なかった」という論争となっていった。

― 例えばの知識 ―
敗戦後の東京裁判では、「南京事件」の責任を問われ死刑になった戦犯がいる。そんな事実が存在しても「いや東京裁判そのものがでっちあげだ」という声があがる。

※ そう考えてこれまで事件取材してきた私にとって、この振幅は驚異であった。

そもそも事件名すら統一されていなかった。

「南京虐殺」「南京大虐殺」「南京事件」「南京アトローシティ」・・・・・・。

以上です。



ありがとうございます。(^-^)/✨✨

重要な研究課題❗❗

テーマ:
私は、問題解決で、重要な研究課題になっている。

『「南京事件」を調査せよ』の本を読んで、正しい手段を発見しました。

これが「南京事件」、「南京大虐殺」などと呼ばれるこの事件を、数年にわたって取材した私の素直な感想である。

1937年、中国・南京で日本軍が起こしたとされる虐殺事件・・・・・・、と、短く事件を説明するだけでも、必ず「される」といった言葉尻が求められるのだ。

この事件は、存在そのものが「あった」「なかった」と延々と論争になっているからだ。

あるいは事件の存在は認めても、今度はその被害者の「人数」で激しい議論が続いていたりもする。数千人から、30万人以上と、その幅はあまりに広く今後も折り合いはつきそうにもない。そして次には〈南京30万人虐殺の嘘〉といった声も飛び出す。

「虐殺」という言葉の意味。
辞書でそれを拾ってみれば「むごい方法で殺すこと」と定義されていた。(大辞林)
79年前の冬、揚子江の岸辺でいったい何があったのか。
時空を遡るためのインターフェースは、黒い革張りの手帳だった・・・・・・。

※ 昨今では、ネットを駆けまわる情報をもとに「南京大虐殺って中国のでっちあげでしょ?」と真顔で話す人だって特段珍しくはない。
それ程、事実認定がぼやけてしまったのだ。

― 例えば ―
戦後の外交、政治イデオロギー、そして国の面子(メンツ)までも内包し混迷に拍車をかける。

以上です。



ありがとうございます(^-^)/✨✨
皆様、こんばんは(^-^)/✨✨
お疲れ様でした。

秋田県秋田市:宮腰 訓です。

アバホテルの本は、何冊の写真を見て分かります。

私は、『南京「事件」研究の最前線』の本を読んで分かりやすくで、正しい歴史認識です。

アメリカは、怒っていました。
なぜ、中国のプロパンダ・捏造に起こりました。

まとめで、本の内容に書いてありました。

理由原因について・・・、意見を述べる。

『中国の「南京大虐殺」の政治宣伝 の原点が、顧中国代表の国際連盟での演説にあり、ここからスタートしていると見ることができる。』の本に書いてありました。

以上です。



参考にお願いします。
こんにちは(^-^)/

秋田県秋田市:宮腰 訓です。

皆様、お久しぶりです。

私は、1月14日~1月17日の東京出張です。

14日は、夜行高速バスです。

15日は、朝 新宿西口に到着しました。
(ホテルは、1泊2日間です。)

16日は、靖国神社を参拝です。

【靖国神社御創立150年】


私は、靖国神社へ行きました。
(4年振り、8月16日)


靖国神社です。


館就遊です。














靖国神社参拝をしました。

私は、感動をしました。

本当にありがとうございました。

16日は、夜行高速バスで、秋田へ帰ります。

17日は、朝 秋田市に到着しました。

皆様、体にお気をつけてください。
皆様、こんにちは(^-^)/✨✨

秋田県秋田市:宮腰 訓です。
私は、今月14~16日の東京出張です。
お楽しみです。m(_ _)m
※ 明日から、ブログを休みです。


(最終回) 西歴の歴史認識なあ🎵

・元和 1615~
・寛永 1624~
・正保 1644~
・慶安 1648~
・承応 1655~
・明暦 1655~
・万治 1658~
・寛文 1661~
・延宝 1673~
・天和 1681~
・貞享 1684~
・元禄 1688~
・宝永 1704~
・正徳 1711~
・享保 1716~
・元文 1736~
・寛保 1741~
・延享 1744~
・寛延 1748~
・宝暦 1751~
・明和 1764~
・安永 1772~
・天明 1781~
・寛政 1789~
・享和 1801~
・文化 1804~
・文政 1818~
・天保 1830~
・弘化 1844~
・嘉永 1848~
・安政 1854~
・万延 1860~
・文久 1861~
・元治 1864~
・慶応 1865~ (江戸時代)
・明治 1868~
・大正 1912~
・昭和 1926~
・平成 1989~

以上です。

私は、『西歴の歴史認識』の書籍を読んで、分かりやすいと思います。

ありがとうございます。

皆様、体にお気をつけてください。
皆様、こんばんは。
お疲れ様でした。

秋田県秋田市:宮腰 訓です。

(3) 西歴の歴史認識なあ🎵

・元暦 1184~ (平安時代)
・文治 1185~
・建久 1190~
・正治 1199~
・建仁 1201~
・元久 1204~
・建永 1206~
・承元 1207~
・建暦 1211~
・建保 1213~
・承久 1219~
・貞応 1222~
・元仁 1224~
・嘉禄 1225~
・安貞 1227~
・寛喜 1229~
・貞永 1232~
・天福 1233~
・文暦 1234~
・嘉禎 1235~
・暦仁 1238~
・延応 1239~
・仁治 1240~
・寛元 1243~
・宝治 1247~
・建長 1249~
・康元 1256~
・正嘉 1257~
・正元 1259~
・文応 1260~
・弘長 1261~
・文永 1264~
・建治 1275~
・弘安 1278~
・正応 1288~
・永仁 1293~
・正安 1299~
・乾元 1302~
・嘉元 1303~
・徳治 1306~
・延慶 1308~
・応長 1311~
・正和 1312~
・文保 1317~
・元応 1319~
・元亨 1321~
・正中 1326~
・嘉暦 1326~
・元徳 1329~ (鎌倉時代)
・元弘 1331~
・建武 1334~
・延元 1336~
・興国 1340~
・正平 1346~
・建徳 1370~
・文中 1372~
・天授 1375~
・弘和 1381~
・元中 1384~ (南北朝:南朝)
・正慶 1332~
・暦応 1338~
・康永 1342~
・貞和 1345~
・観応 1350~
・文和 1352~
・延文 1356~
・康安 1361~
・貞治 1362~
・応安 1368~
・永和 1375~
・康暦 1379~
・永徳 1381~
・至徳 1384~
・嘉慶 1387~
・康応 1389~
・明徳 1390~ (南北朝:北朝)
・応永 1394~
・正長 1428~
・永亨 1429~
・嘉吉 1441~
・文安 1444~
・宝徳 1449~
・享徳 1452~
・康正 1455~
・長禄 1457~
・寛正 1460~
・文正 1466~
・応仁 1467~
・長享 1487~
・延徳 1489~ (室町時代)
・明応 1492~
・文亀 1501~
・永正 1504~
・大永 1521~
・享禄 1528~
・天文 1532~
・弘治 1555~
・永禄 1558~
・建亀 1570~ (戦国時代)
・天正 1573~
・文禄 1592~
・慶長 1596~ (安土桃山時代)

(最終回) 西歴の歴史認識、続き・・・。

ありがとうございます。

皆様、体にお気をつけてください。