はじめまして。

子なし、バツイチのアラフォー女子です。
  
2016年から急に婚活したくなりまして(笑)、
  
主に、自身の「メモ婚活の忘備録」としてブログをはじめました。

最近では、婚活体験記だけでなく、
わたしと同じ年代「40代&アラフォー女子」に役立つような、

メモ大人の美容&健康
メモ大人のソロ活
メモスピリチュアル&占い

ネタも書いています。
 

2017年までに再婚することを目標に、

マイペースで、楽しく活動していきたいと思いますドキドキ
   

  • 24 May
    • あの職業の男性はやっぱり・・・②

      昨日の記事のつづきです。   わたし個人が感じている、「変わっているキャラが多い職業」というのは・・・ 「教師」をされている方々(笑)   ※教師をされている方や関係者の方、ゴメンなさい~   私が会ったのは、小学校と中学校の教師の方々でしたが、わたしとしては、男女問わず「変なキャラの方が多いな~」という印象でした。自己中プラス、ストレス過多な感じの人が多い感じ。   彼らは、普段からモンスターペアレンツに侵されているのか、 子供とだけ接しているせいか分かりませんが、 私を含めて一般の企業に勤めている方との会話の隔たりがあり、 「世間ずれしている」感じがしました。     さらに言うと、仕事に対して緊張感みたいなものが薄くて、どこか、ぼけ~っとしているんです。 気が暗いというか・・・活力がないというか。   ウツっぽい?方も多いようでした。 公共の場では、無理して、社会に同化しようとしている感じがしました。   公務員系の方って、みんなそうなんでしょうか?   私は「教師って、誠実で、責任感のある真面目な人が多い(?)」という勝手なイメージを持っていたんですが、実際はそうではないみたいで・・・ メンタル的に弱い方が多いのかもしれない、と感じました。     話をきけば、公立学校では部活の担任をしても、数千円しかもらえなかったり、 平日の残業も多かったり、 いまだにタイムカードで勤怠管理をしていたり、 労務管理がしっかりしてないのが現状だそうで。 いろいろ大変なんだろうなぁと思ったりして。     先生同士もキスギスした関係があったり、文部科学省のお偉いさんから呼び出しされたり、 PTAでつるし上げにあったり・・・ 人間関係や上下関係も複雑なんだそうです。     私が参加した大学のコースで、ある20代の国語の男性教師と知り合ったのですが、彼が「僕、早く結婚したいんです」というので、婚活の話でもりあがったんですね。   そこで、私が、 「同業者(教師)と結婚すればいいじゃん?」って言ったら 「いや~、それは嫌ですよ。教師って、ぶっちゃけ変な人多いっすから(俺も含めて、笑)」って自虐ネタを披露してたくらいですから、そうとう周りの教師は変わってるのでしょう     女性の音楽教員も方もいましたが、その人も、超~変わり者でした。 周りの空気を読まず、1人でぺちゃくちゃと話したり、 変な持論を聞かれてもないのに披露したり、 初日なのに、「私がこのクラスのリーダー役よ!」みたいにふるまったり、 知り合ったばかりの私に、トイレでいきなり「あの○○って人、××でおかしいと思うのよ~、ね?そうでしょう?」と、別の参加者の悪口を言い始めたり・・・ (イラついたので、速攻シカトしましたが) 中学校の教員をしているという、ある50代の男性教員は、 なぜか目を合わせることができない方でした 大学の講義でグループワークがあるのですが、同じチーム内で、まわりと話す機会が多いんですが、そこでも彼は、私や仲間たちの目を直視することはできず、口だけ動いている感じでした。話している内容は、理路整然として、まともなんですが。 教師って、子供相手ならしゃべれるけど、大人との対面トークには、なにかトラウマでもあるのでしょうか?(苦笑) 教師って、いろいろ心理的、肉体的ストレスが多い職場なのかもしれませんね。 結婚する相手が学校の先生だと、夏休みなどの長期休暇もあるし給与面では公務員なので安定しているかもしれませんが、 夫婦として支えるには、面倒くさい職業の方々なのかもなぁ・・・とちょっぴり感じました。 結婚相手を探すにあたり、職業差別はしたくないですが、 「教師」「先生」と言われる方々に、若干、抵抗感が出てきた今日この頃です(笑)          

      19
      2
      テーマ:
  • 22 May
    • あの職業の男性はやっぱり・・・

      こんにちは、アンネです   先日の記事で、大学に通うことにしたと書きましたが(→記事はこちら ☆) 参加者は学生だけにとどまらず、いろんな職種の大人が集まっていました。   わたし、人間観察が好きなので、 いろんな方々の話を「うん、うんっ」と、きいていたのですが   受講者の中に’ある職業の方々の人’が多かったんですね。たまたまだと思いますが。   でも、というか、やっぱり、というか 彼ら、彼女らは、と~ても変わっているんです(笑) 一見、普通の恰好で、お話ししている内容も筋が通っているので、変な感じはしないのですが、どなたも共通して、覇気(はき)がなくて、どんよりしているの。   そして、一般企業の会社員とは話が合わないくらい、妙なマイペースキャラ?KY(空気読まない?)系な方が多いのです。性別に差はなくて、男女ともに同じ印象を持ちました。   具体的な職業名をオープン記事で書くのは気が引けるので、 アメンバー記事で書きますが、それは、と「ある種類の公務員」の方々です。   以前、婚活パーティやイベントでもこの仕事(公務員)をされている方々と接することがあったんですが、やっぱり、同じ印象を持ちました。   私も一昨年、その職業の男性とデートしたことがあるんですが、 正直、第一印象から「変わっている・・・なぁ」でした。 ダメではないけど、「結婚するとなったら、厳しいだろうなー」と思いました。     詳しくは、アメンバー記事で      

      23
      テーマ:
  • 20 May
    • 祝・大学生

      こんにちは、アンネです   実は、5月から大学のエクステンションコースを受講することにしました。 会社に勤めていても、通える夜間コース  年内まで通う予定です。   今、お仕事も忙しいので、すべての授業に通えるかどうか、少し不安ですが、 社会人の仲間作りの場としても、自分のビジネススキルアップの場としても有意義な時間を過ごせそうだな~と思い、楽しみにしています。     早速、土日開催のゼミ合宿もあるので、 そこで沢山お友達が増えたらいいな~と思っています。   会社と自宅の往復も安心感があるし、波風立たない生活も悪くないと思いますが、 今は、別の場所「サードプレイス」を開拓していき、 成長しあえる&笑いあえる、大人の友達が欲しいな~って思っています 婚活関係なく、ね。   なんかね、会社だけに安住の地を求めるのもどうかな?と最近、思い始めていて、 (私は仕事&会社大好きっこなので・・・。)株式投資も分散したほうが安全というし、もし会社をリストラされたときには衝撃も大きいだろうから、自分の「居場所」も、ある程度1か所に固定せず、分散したほうが、精神的安定と健康を保つには大事なのかな~と考えています。     わたしにとっての「居心地のいいオアシス」を探し求めて、 動き始めました

      18
      テーマ:
  • 18 May
    • 笑った~

      こんにちは、アンネです 鶴瓶さんが大好きなんです。3年続けて「鶴瓶噺」を観にいっていて、先日も観に行ってきたよ。 あの独特のゆる〜い感じというか、誰でも受け入れてくれるおおらかな雰囲気が良いというか。ときどき優しい毒舌あって、面白いです。 正直そうな坊さんみたいな(笑)?とにかく、話を聞くとなぜか笑顔になれます。 鶴瓶さんの講演や舞台は人気があるので、前売り券はすぐ売り切れちゃうから取るのも必死。 ありがたいことに、ギリギリで取れたので一安心しました。 テレビでも舞台でも、あのまんまの口調で、トークも面白かった!NHKで放映されている「家族に乾杯」のお話しをされていました。あの番組は本当に台本がないみたいで、感だけで動いているそうな。すごいですよね。いきなり知らない人の家に、すっと上がれてしまう、オープンさ。ご年配の方の入れ歯がはずれたときのエピソードが面白かったです。「笑い」って大事ですね。どんなストレスも一気にふっっとんじゃう       

      26
      テーマ:
  • 16 May
    • アメンバーについて

      こんにちは、アンネです   いつもブログにお越しいただき、ありがとうございます。 皆さんが読んで励ましてくださることで、毎日パワーを頂いております。   さて今日は、アメンバーについてご連絡です。 現在、私のアメンバー申請については、以下の条件を満たしている方のみ 承認とさせていただいております。   ・女性の方 ・婚活&恋愛系ブログを書いている(いた)方、もしくはブログを頻繁に更新されている方 ・双方でアメンバー申請を承諾いただける方 ・コメントやメッセージなど下さり、お互いに交流のある方   いきなりアメンバー申請をされても、交流がないため承認できませんので、ご留意ください。 業者の方のアメンバー申請はお断りしております。ステマ、営業メールは削除いたします。     ブログを書いてない方やコメントなど交流が無い方で、アメンバー申請を希望される方は、 申請をされる前に、メッセージにて挨拶&プロフィール紹介をしていただけると嬉しいです。 (ただし、当方の判断により承認しない場合がございます。ご了承ください)     アメンバー記事は、個人的な内容が書かれていることが多いため 情報漏洩や安全確保のためにも、このような対応となりますこと、ご了承いただければと思います。     今後ですが、一定期間交流のない方は、アメンバー解除をさせていただく場合がございます。 (相互承認してくださっている場合、私をアメンバーから解除いただいて結構です)その際は、あらためてご案内させていただきたいと思います。     メッセージはありがたく読ませていただいております。ただ仕事の関係上、返信はできないことが多いです。ごめんなさい つたないブログで恐縮ですが、応援してくださる方々に感謝しております    

      22
      テーマ:
  • 14 May
  • 12 May
    • GWの過ごし方②

      こんにちは、アンネです   ゴールデンウイークの前半は、イルカと泳ぐツアーに参加していました。 記事はこちら→☆   そのツアーは、旅客船旅とはいえ、やはり体力的に疲れてしまいまして、 帰着した日はぐったり~   しかし、すぐさま、 GW後半戦の次の出会いのイベントが待ち構えていました。   それは ボランティア活動。   こちらの記事(☆)でも書きましたが、 2泊3日のアクティビティに参加してきました。 活動内容は、イベントに参加する障がい者の方の活動サポート。   ボランティア団体の規定により、 ブログなどのSNSに活動の詳細は記載できないため、ここでは省略してご紹介しますね。     えーっと、 先に、ぶっちゃけ感想を書きますと。     想像していたよりも、かなりハードな体験でした(笑) 私の障がい者への認識が甘かったせいもありますが 初めての泊まりがけの付き添いでしたので、正直、体力的に厳しかったです。 アラフォーになると、「体力は若いときと変わらないわ!」と思っていても、実際問題、体がついていかなくなるようで     今回、付き添いした参加者(実年齢は、成人の方です)のサポートに集中するあまり、 日中活動のさなか、わたし自身が軽い脱水症状を起こし、体調が悪くなってしまいました。 その日は、天気が良かったので、暑かったんですが、参加者に水を飲ませることばかり考え、自分自身の水分摂取が足りないというオチ・・・反省~。     親として子供の世話をするときや、親の介護もそうですが 世話する自分の精神状態や健康が良い状態でないと、相手の命を守ることはできませんからね。相手も自分も、両方、バランス良くケアしていかないといけないんだよな~と実感。     ちなみに、私。 恋愛でも同じ傾向があります(苦笑) 相手(恋人)のことを気遣うばかり、結局自分を大事にすることをおざなりにしてしまい、 ストレスがたまったり、体力や精神力が落ちたり。 その結果、結局、相手(恋人)にイライラをぶつけちゃったりして自滅するタイプなんですよね   さて。 このボランティア団体の参会者は子供から成人まで多様。 障害の程度は、おそらく中程度~高程度(だと思われる)。 知的障害・発達障害の方が主で、食事補助やトイレ補助が必要な方も多くいらっしゃいました。     私は、女性の補助を担当しました。 実年齢は成人なのですが、会話は単語単語だけの時もあり、こちらが意味を深く読み取る状況も必要でした。 でも、実際に対面で話を聞いてみると、確かに意味不明な言葉も時にありましたが、なんとも可愛らしい、というか、ピュアな子供のようで、彼女達をヘルプしていて、私自身がとても笑顔になれました。   初めての泊まりボランティア活動で、いちばんしんどかったのは、 まったく寝れないこと。 夜中も、ふらっとトイレに起きることがあるため、(危険回避のため) 私たちボランティアチームも、付き添わなくてはならないのです。   正直、まったく気が抜けない状態で、 夜も深く眠れず、1日3時間しか寝れませんでした。   しかも、ずっと付きっ切りになるため(安全上、参加者を1人にできないため) 自分自身のことは一切できる時間がないんですね。一瞬でも彼らから目が離せない状況なんです。いわゆる24時間介護みたいな状態に。 例えば、自分がメイクする時間も、行きたいときにトイレに行くことも、携帯でネット検索する時間も、ちょっと買い物しに行くこともできません。   毎日、朝が早いので、自分の身支度も一苦労しました。   朝方、真っ暗な時間に、参加者がスヤスヤ寝ている横で、 暗闇の中、日焼け止めを塗って、眉毛を書くくらいしかできなかった だから、毎日、ほぼすっぴん。 ちゃんと身なりを整えることを良しとしている私にとって、自分の時間が減ったことは、正直、少しストレスを感じました。   着替えする時間もないので、前日夜に翌日着る服を着て就寝しました。 まるで、軍隊生活(笑)   参加者のことを一番に考えて行動するので、 ボランティアで参加している我々は2の次、3の次。仕方ないことだけどね。   「少しくらいイベントも楽しむ時間あるかな~?」と思っていたんだけど、 こんなに、ハードな活動だとは想像してなかったので、 途中、心が折れそうになりました。 活動中に体調を壊したせいもあってか、疲れすぎて、毎夜、夕食後の記憶がございません   ただ、「本当に参加してみて良かったな~」と感じたのは、 参加者の笑顔をたくさん見れたことみんなとても楽しそうだったんです。 そして、全員安全に、無事に帰宅できたこと。 やっぱり、旅行は安全第一ですから。親御さんも心配しますしね。   みんな、楽しそうに過ごしていたのが印象的でした。   さて今回、ボランティアに参加した目的は 「 自分がどんなことにワクワクするのか?を再確認するため 」だったんですが 参加してみて感じたのは、 意外と、こういう福祉系の仕事も向いているかも~ってこと。   空気を読むのが得意なので、感性で話すというか、相手の意図することを 感覚で想いを読み取る能力に長けているので、それが障がい者と接するときに役に立っているなと実感しました。   ただ、正直・・・ 実際にやれるかと言えば、体力面において難しいかな 私自身、あまり体力がある方ではないので、実生活でも力仕事は正直、苦手なんです ずっと外に居ないといけないとか、物を持ち上げたり運んだりとか、動きが激しい仕事はあまり続いたことがありません。 今回のボランティアも、体を張って臨んだのですが、 介助は力仕事でもありますので、 本人を持ち上げたりして、腰が痛くなったり 走ったり、追いかけたりすることで、私もすぐに疲れてしまうので、疲労のせいで目が痛くなったり、頭痛がしたので、 介護や福祉系の仕事はやれたとしても続けるのは難しいな~と実感しました。 こうした福祉・介護のお仕事をされている方、本当にすごいな~と尊敬します。 さて。 であげていた出会いの「数」を増やすという目的ですが 男性との出会いは・・・「あった」ような。無いような?(笑)   この続きは、アメンバー記事で。     天気は快晴!キレイなお花畑にみんな笑顔になっていました。   結構がっついてエサを食べるので、みんなビックリ。  

      20
      2
      テーマ:
  • 10 May
    • GWの過ごし方①

      こんにちは、アンネです   4月30日の記事(こちらをクリック→☆)でちょっと書きましたが、 今年のゴールデンウィークは、かなりアクティブに活動していました。   その理由は、  出会いの「数」を増やすため  自分がどんなことにワクワクするのか?を再確認するため     例年、わたしはゴールデンウイーク中は、遠出をしません。 道路も込みますし、どこに行っても人が多くて変に疲れてしまうし、アミューズメントスポットもGWは家族連れやカップルが多いので独身女子の私としては、肩身が狭く感じちゃってソロ活しにくい場所になってしまうからです。     だから大抵、近くの公園でのんびり本を読んで過ごしたり、映画やDVDを観たりすることのほうが多いんです。 ちなみに、去年2016年は、ネット婚活真っ最中で、何人かの男性とお見合いデートをしていたな~ ま、彼らとはご縁がありませんでしたが・・・(苦笑)     しかーし。 2017年は、男女含め、いろんな「出会いの数」を多くしたいと思っているので、 あえて、「外に出る」ことにチャレンジしてみました。   自分の意思や目的をもって動かないと、家でインドア生活になっちゃって、TVやネットサーフィンばかりしちゃうし 今年は、(占い系ネタで恐縮ですが)恋愛の運気が良い年周りなので、それも少し意識して活動しています。     で GW前半戦は、イルカと泳ぐツアーに行ってきました   ダイビング会社のツアーで行ったので、男女8名(うち、1名はダイビングガイドさん)の参加人数。そのうち20代カップル1組、40代女性の友人同士、あとは1人参加の男女3名でした。     イルカと泳ぐツアー、実は2回目なんです。 前回は前夫とハワイで、イルカと遊ぶツアーに参加しました。 ハワイでは、あまりイルカと近距離で泳ぐことはできなくて、 (私の潜る能力が低いせいか、追いつけなかった・・・) 「今度はもっと間近で見たいな」と思っていたんですね。   とはいえ、離婚後、そんなことは一切思い出すことはなく、時が過ぎ・・・   先月、占いの勉強をしていたとき(私は独学で様々な占いを勉強しています) ふっと、 「そういえば、私の月星座、’魚座’に合う旅行をしてみたら、どうなるんだろう?」って考えて、「水辺」「動物」「癒し」をテーマに旅行を検索していたんです。 実体験的にも、それが証明できたら面白いかなって感じたんですね。     そしたら、検索でたまたまヒットしたのが、 イルカと泳ぐツアー 早速、東京の竹芝ふ頭から、伊豆諸島のとある島へ2泊3日で行くことに決定~     竹芝から旅客船にのってそこで1泊。 20代後半に元カレと小笠原旅行に行ったとき、同じく竹芝ふ頭から大型旅客船行ったんですが、あれからもう15年か~。時が経つのは早い。う~ん感慨深いなぁ   おっと、話がそれましたが、   イルカツアーの2日目。 天気は快晴   みごと、イルカちゃんと泳げました 水温が低くて、死ぬかと思いましたが、必死で泳いでイルカと遊びました。   イルカとの距離、最も近いときは、なんと80cm。 私の目の前を、イルカが悠々自適に、泳いで遊んでいました。 イルカと目が合って、「おや?人間~?こいつ面白いヤツなのか?」みたいな顔をされました(笑) 彼らは、テレパシーが使えるみたい。目と目があっただけで、私の心が読まれた感じがしました すごい不思議な動物だな~と改めて感激。 あと、一緒にいるとなぜか、不思議な癒し効果?がある気がしました。   ※写真はダイビングショップさんからお借りしました。     こんなに近くで泳ぐイルカ。 人間に慣れているとはいえ、すごいですよね。 表情もおだやかで、とてもかわいかったです。 GWにまさかこんな素敵な体験ができるとは! やっぱり、GW外出して良かった     さて肝心の「出会い」ですが、残念ながら男性との出会いという意味では、何もありませんでした 1人参加の男性がいたんですが、全然タイプじゃないし年齢もかなり年上で、ほとんど話しませんでした。   なので、最初から「これはイルカに集中しろ!と言われているんだ」と察して、旅行メインで楽しんできました(笑) 女性の参加者はみんな楽しい方ばかりで、ホッとしました。 参加者との出会いもある意味「ご縁」ですから。良い方々ばかりで良かったです。     イルカツアーで学んだことは、 自然の偉大さと、東京都の意外性(笑) 島は東京都なんですが、まさに秘境中の秘境な島でして、東京から200kmも離れたところに 人が住んでいること自体、正直、驚いてしまいました。   私は東京23区内に住んでいるのですが、ビル群や人込みの東京とはまったく違う、 自然が豊富で、動物もたくさんいる島も、同じ東京都なんですよね。     伊豆諸島はダイビングをする方々は良く行くと思うのですが、 個人的には、独身女子のソロ活でもオススメできるスポット。   島めぐりするのも、楽しいと思いますよ。 その島ごとの物産を楽しむのも良いですし、マリンスポーツを楽しんだりもできます。 意外と1人で泊まれる旅館とか多いですし、スピリチュアル的にも、素敵な神社もあるから、参拝したら良いエネルギーをもらえると思います(笑)   船でのんびり行ける場所なので、中年層~高齢になっても比較的行きやすい旅行先だと感じました。(ただし、体力がある方向け)   元々、旅行が好きなのですが 今回は、伊豆諸島の魅力にハマりました。 近くて便利   今度は、新しい彼氏とともに、イルカに会いに行きたいです  

      21
      2
      テーマ:
  • 08 May
    • Iメッセージ②

      おとといの記事のつづきです   Iメッセージは、 慣れていないうちは、ちょっとでも意識し忘れると、 ついつい自己表現や要望を表現しわすれてしまうので、   手帳に「IメッセOK」など、 ちゃんと言えた日は、メモ書きしてます。 そうすることで、 出来ていることが視覚化でき、数をこなしていることも1つの自信につながるからです。 あと、もう少し使えるようになったら、 より丁寧な表現の仕方や、伝えるときの「間合い」みたいなものも練習したいと思っています。 そして、最終的には、 Iメッセージを発している「相手側」へ「上手く反対意見が言えるようになる」まで、 できるようになりたいな~。 (実は、ポジティブメッセージの発信は簡単なんです。マイナスメッセージの伝え方こそ、コミュニケーション能力の本質だと思うから) ちなみに わたし自身 過去にお付き合いしていた彼氏と、口喧嘩でいざこざしてしまう原因が Iメッセージを使わないことが原因だったと、いまさらながら感じています。 (=つまり、YOUメッセージばかりだったのね) 男性にとって、感情の垂れ流しする女性はウザがられるけれど、 Iメッセージで伝えると、YOUメッセージで言うより、感情や要望を受け入れてもらいやすいので 男女関係にも応用できて良いと思います。   わたしも将来の彼氏に 自分の主張を丁寧に伝えられるようになるためにも、 いまからちゃんと練習しておこうっと。                    

      23
      テーマ:
  • 06 May
    • Iメッセージ①

      こんにちは、アンネです   1週間前から、 職場で意識的に、「Iメッセージ」の特訓をしています。   Iメッセージとは、 発信する人の素直な気持ちを伝える言い方のことです。   会社の管理者向けの、 「ビジネススキル研修」「対人スキルアップ研修」などで習うテクニックの1つ。   Iメッセージは、例えば、   「私は、○○だと思います」 「私は、○○されて嬉しかったです」 「私は、○○を聞いて悲しかったです」   相手を「評価」するニュアンスが含まれていないので相手にとって 受け取りやすい伝え方と言われています。   これと逆な言い方は「YOUメッセージ」   「あなた、こんな時間まで何をしてたの?」 「あなたは、いつもそういうキツイ言い方をしますね」 「あなたは間違っています」   YOUメッセージには、「おまえが悪い」という言葉以外に含まれる非難のニュアンスで相手に伝わることが多いのです。     感情のまま、思いついたままの言葉を発すると「YOUメッセージ」になりやすいんですよね。 例えば、カップル同士のケンカを見ていると、「あなたのせいで」「お前が悪いんだろ?」と、YOUメッセージが多く発せられていますものね?     聞き手の立場からすれば、 受け取りやすいのは「Iメッセージ」と言われています。 それは、話し手の気持を隠さず、オープンにしているから、 聞き手は受け取りやすくなります。   また、Iメッセージにすることで、「あなた(相手)」と「私」に境界線を引くことができ、(一定の距離のある)、健全な関係を保てます。     で。なんで、 急に「Iメッセージ特訓」をしだしたか?と言いますと、 相手を動かすため、自分のメッセージを受け取ってほしいから、というよりも、 「自己肯定感」をアップさせるためです     わたしは、対人関係に気を遣うタイプでして、 良く言えば、聞き上手の優しい人、なのかもしれませんが、悪くいえば、YESマンになりがちだなーと思っていたんです。   普段の対人関係では、強く自己主張はしませんので(そのぶん、このブログではストレス発散で言いたい放題、笑) 「そっか~」「うんうん。なるほどね」「わかるわ~」など 傾聴したり、相手の意見を引き出すのは上手なのですが、   「私はこうありたい」「私はこれを望んでいます」「私は、こう思うんです」という、 自己表現・自分の願望や考え方を伝える努力を怠っていたことに、反省したのです。     今は、毎日最低、1回 この「Iメッセージ」を使うようにしてます。   例えば、先日も上司とのミーティングで、 「私は、○○○に関しては××だと思います」 「私は、○○は××の方向で検討したいです」 と、Iメッセージを含め、意見・望みを伝えました。   ちょっとした同僚との会話のなかにも、 わざと「Iメッセージ」を含ませて話しています。   「休憩室の小さいテーブルは、(私は)ない方が部屋がすっきりして良いと思う」 「このお菓子は美味しくないと思う」 など。   感情や意見を伝えるときは、 すこし子供っぽい言い方かもしれませんが、   I want to~(わたしは~したい) I think (わたしは~と思う) という定型型の表現を使うことが多いです。   ビジネスだと本来はもうすこし丁寧な言い回しをすべきですが Iメッセージに慣れるまでは、言い回しよりも、使う回数を重視しています。     さて、何日か続けていると、 上司が私の意見を受け入れたか、受け入れなかったか?は別の話として、 「自分の思ったことをしっかり伝えられた!」ことで、自分を肯定する意識がふつふつと育ち始めたのです   自己主張すること自体が、ある種の「自信」につながるのかもしれません。 なぜなら、自分の「意見」を表現することは、自分の発言に「責任を持つ」ことでもあるからです。   ちなみに、幼いころからしっかりとした自己肯定感を持って育っている方や、 対人スキルの高い方は、こうした言い方を、意識せず、自然に使っていますね 相手を攻撃する言い方はせず、淡々と、自分の感情を正直に表現しています。   長くなったので、つづきます    

      28
      2
      テーマ:
  • 04 May
    • スポーツジム、あるある話

      こんにちは、アンネです   今日は、ひさびさに、毒吐いちゃうネタです   3月からバイク系スポーツジムに通っていて、想像以上にハマっているんですが、 スポーツジムに入って感じる事があります。     それは、「ジムに毎日いるおばさん、お姉さま方」(笑) つっても、私の年齢から少し上の方々、50代、60代くらいの人達なので、 そんなに変わらないんだけど(笑)   たぶん、ヒマを持て余している時間とお金に余裕のある奥様方か、 稼いでいらっしゃる企業家とかなんだと思うんですが・・・   なんだか知りませんが、 毎日、居る。 昼も夜も   彼女たちは、ものすごく元気な女性みたいで 耳を傾けてこっそり会話をきいていると、   「あ、わたし今日は3本(3レッスン)このジムで、朝は○○で、スタジオ1本やってきたわ」 「今週は、このジムは毎日、週3回は別のジムにも平行して、行っているわよ~」   アンネ心の声「・・・まじか?どんだけ体力あんの?つか、すげーな」   好みのスポーツインストラクターがいると、 そればっかりクラスを予約しているようです。   彼女達にとって、スポーツジムは「学校」になっているんですね。   ジム会員同士の会話を、こっそり聞いていると、   「あれ?○○さん、昨日会ったよね?わはは、ホント、ここ学校見たいで楽しいわ部活ね、部活っ!」   明るい会話自体、別に悪いことじゃないです。   しかし   例えば、ロッカーなど自由利用なのに、固定の場所をわがもの顔で使い、 サウナやシャワーコーナーで場所取りしたり、 スタジオでは、「いつもの場所」が他の会員に取られていると睨み付けたり、 コソコソ話したり、(学校のいじめかよ?笑)、 ジム仲間同士、仲が良いのは良いが、ロッカーや休憩ベンチなどで、 大きな声で話したり、狭い場所で4~5人で円陣組んで世間話・・・ (通れないし、邪魔だ!)   「ここは、女子高か?」   正直、わたしのような普通のOLさんや学生さんなど、週数回、しかも限られた時間しか来ない会員にとっては、 同じお金を出しているにも関わらず、 グルーピーを作るおばさん会員が居ると、うるさくて居心地が悪いと感じてしまうこともあります。   わたし自身、そういう女性グループで固まっている感じが好きじゃないので、 そのせいで、余計に気に障るのかもしれません。     これ、私の通っているスポーツジムだけではなく、 過去に通っていた、どこのジムでも同じような「おばさん会員同士のグループ化現象」がありました     女性って、群れるの好きだからなぁ。 やっぱり、どこか仲間が得れる場所が必要なんでしょうな。 それは、仕方ない。   ただ、 やっぱりもう女子学生ではないのだから、大人として、周りへの配慮はあっても良いと思うの。 だって、他の人だって、同じお金払って参加しているんだから。 静かにジムで過ごしたいお客様もいますので、「自分の庭化」は、控えてほしいです。       今のところ、私はそういうウザい場面に遭遇したときは、 着替えやシャワーは早く済ませて、ささっと帰るようにして、私の心のイライラを増幅させないようにつとめています。   お気に入りのスポーツジムなので、もうちょっと、クールな環境になってほしいなぁ~と願うばかりです。      

      33
      テーマ:
  • 02 May
    • それぞれの働き方

      こんにちは、アンネです   先日ふらっと入った、新宿のこちらのカフェ。   Caffice →クリックすると、お店のサイトが開きます。     オフィスとカフェが融合した、流行りの(いや、もう古いか?)カフェでお茶してて思ったこと。     内装は本棚があったり、観葉植物も飾られていて、オシャレ。電源もwi-fiもあるから作業もしやすい。食事のメニューは少なめだけど(サンドウイッチとか金沢カレーとかあった。)アイスカフェオレを注文したんですが、話題のジャースタイルでサーブされ、味も美味しかった       新宿という場所がら、商談してる男性がいたり、オフィスを持たずフリーで仕事してるMACをパチパチ触ってる若いノマド系の人も多かったです。   店のコンセプトが、スタバとかおしゃれカフェで「仕事する」スタイルを好む方々向けのできているので、そういう方が多いのも当然なんですが。     きょうは、そんな風景を見ていて、感じたこと 私の個人的な感想なんですが・・・ 個人事業主で、オフィスを持たずカフェなどで仕事をしている方で、 本当に生活できるくらいしっかり稼げる人って、1パーセントにも満たないのでは?ないでしょうか。   表向きは、「カフェで仕事できるくらい稼いでます。来週は沖縄です!」と書いていても、 お財布は、火の車っていう人も多いはず     5~6年前から、「自由な働き方」「会社と場所に縛られない」として会社や自宅以外の場所で仕事するのが、流行ってるけど、 それが上手く働く職種って、 一部のプログラマーやウェブデザイナー、執筆家とかであって、 さらに言えば、 フリーランスで成功出来ている方は、資金繰りが超上手い人・経営感覚の優れた方だけだと思うのよね。       だって。 わたしの隣で、作業していた20代後半のノマド系男性。 チラッと、PC画面覗くと(というか、他人にPC覗かれる時点で、カフェでの作業は情報漏えいなどセキュリティ上問題ありますよね) メルマガを書いていたり、プレゼン資料を作っていたり。 飽きると、携帯でYou tube 見てるし   彼は、1人でもんもんと作業してるけど、 全然、進んでないやん?(笑) 私がカフェにいた1時間で、メルマガ1行くらいしか進んでなかったような気がします。 正直、私には半分あそび、半分仕事にしか見えなかった。 私も大きな口たたけないし、普通のOLだけど、隣で作業仕事をしている男性から、ビジネスへの100%の熱量を感じなかったんです。 まあ、全員がそうだ、とは言い切れませんけどね   きっと彼も、周りにすぐ聞ける方がいるわけでもなく、 会社みたいに書庫があって資料を閲覧できるわけでもなく (あ、未来は書庫はクラウド化されるはずなので見れると思いますが)、 仕事をしていて戸惑うことも多いと思います。     カフェでの作業って、知らない人がスパゲッティーをすすり、その隣は女子会してる環境で、どれほどの質の高い結果を生み出すことができるのかしら? たしかに、人気(ひとけ)のある雑音がある方が、人間は集中できるといわれているけど。 だったら、カフェ音(作業music)をイヤホンで聞きながら、どこか静かな、落ち着く環境で仕事をしても同じことじゃないの。     ネット環境のおかげで、在宅勤務やネット会議など簡単にできるようになってきて、 日本人の働き方は(アメリカのシリコンバレーの’風’をもろに受けて)変わってきているけど、 働くスタイルより、中身の質が大事なんだよなぁ~と、 ふっと感じた1日でした。                  

      25
      テーマ:
  • 30 Apr
    • ボランティア

      こんにちは、アンネです     あっという間に、GWですね 会社員の方は、今年は5/1と5/2を休んで、大型連休になるので、楽しみにしている方も多いと思います。     私は、普段、GWはあまり遠出しないのですが、今年は寂しいせいか、動物に癒されたくなって(笑)、南の島に、イルカ🐬と泳ぎに行ってきます。 (この記事が掲載される頃は、島へ向かう客船の中です) こちらについては、別の記事でご紹介しますね。     あともう一つ、イベントを企画しています 久しぶりに、ボランティアに参加する予定なの。     実は、7年間ほど、障害のあるお子さんを支援したり、就労困難な方々のために食事を提供する団体に所属して、ボランティア活動をしていました。     離婚してからは、時間も体力も無くなって、ボランティアからは遠のいていたんですが、 先日、ふっとしたくなって、インターネットで新しい団体を調べていたの。     すると、たまたまGWに2泊3日でアクティビティを伴うイベントを発見!   こういうのも、出会いの一つだし、と思い、 さっそく、参加説明会に行ってきました。     すると、理事長以外、全員20代 現役の大学生もちらほら。 「わっ、若〜い」     説明会の司会も(恐らく22才〜23才くらいの)若い女の子で、 サークルのりで、グタグタな説明だったけど(笑)、 がんばって最後まで説明してました。     ここまで若い年代が多い団体に入った事がないので、正直、戸惑いましたが こーいうのは2.3回活動してみないと団体の雰囲気が合うか合わないか分からないし、 理事長(この方はアラフォー世代?)から話をきいたら、このNPO団体自体、20年近く活動していて、ある程度実績もあるみたいでした。 そこを信じて、ためしに参加することに。     説明会で、司会の女の子がしきりに「このボランティアを通じて、彼氏、彼女ができたり、結婚された方もいるんですぅ〜」     っていう、いらん情報を突っ込んできたのが、わたしとしては気に障りました(笑) 出会い系サークルみたく説明されちゃうと引くじゃん     ま、そこは置いといて、 子供と関わるボランティアは、とても体力がいるのでアラフォーには大変だけど、やりがいはあります。     あと、アクティビティが少し変わっているので、 私としてはそれも楽しみ。     自分が心から楽しめるサードプレイスを求めて、 臆することなく、新しい場所に足を運んで行きたいと思います。  

      33
      2
      テーマ:
  • 28 Apr
    • 映画、たたら侍

      こんにちは、アンネです   先日、試写会チケットを頂きまして、EXILEの青柳 翔さん主演の「たたら侍」を鑑賞しました。 錦織監督と青柳さんの舞台挨拶もあって、たいへん盛り上がっていました。   「私、EXILEファンじゃ~ないし、時代劇ものはあんまり好きではないんだけどなぁ」と思いつつもせっかくなので、行ったのですが。     意外や、意外     主演の青柳 翔さんは、とても「映画映え」する顔で、 演技も上手で、とても良かったです。 監督も青柳さんのことを、「黒沢映画に出てくるような無骨な演技派」と褒めていらっしゃいました。   映画の舞台ですが、戦国末期に1000年錆びない鉄を作るという、「出雲の山奥」にある「たたら村」が舞台になっているんですが・・・   「あれ?映画のロケーション、出雲なの?」   先日、この記事で→☆ 書きましたが、 東京の「出雲大社」に行ったばかりの私としては 「へぇ。偶然?・・・じゃないな、これは」と、出雲とのシンクロを実感(笑)。   きっと出雲を意識してたら、映画まで引寄せちゃったのかもね。   んなわけで、 雄大で神々しい山々が大画面に映し出されると、ため息がでるくらい美しかったです。 映像美は星3つ!     ただ、もともと私、日本の時代劇とか歴史ものってあんまり好きじゃなくて。   この映画は、設定が戦国時代末期なんですが、武士や切り合い戦いあうシーンも多くて、織田信長が○○だ、秀吉が○○、というセリフも出てくるんですが、 日本人同士が刀で切り合う時代を見ていると、「同じ民族同士で、何やってんだよ!(当時の人は)」って、見ていて冷めてきちゃうんですよね     あと、正直、脚本が少し単純だった?というか、盛り上がりに欠けた感じがして、見ごたえという意味では星2つくらいかな?     この映画のような、戦国時代とか、職人をメインにしたストーリーは男性が好きかもしれませんね。 主役を囲う脇役に、田畑智子、津川雅彦、佐野史郎、でんでん、宮崎美子など、 豪華俳優陣が出演されているので、 映画のクオリティーはとても高い気がしました。     EXILEのAKIRAさんと小林直己さんも出演されていました。大画面に映るたびに、ファンの女性達がうっとりされていましたよ(笑) ただ個人的には、小林さんは骨格が’今っぽい’というか、背が高くて、頭蓋骨が整っているので、「戦国時代に、こんなイケメン骨格の日本人いねーだろ?」って感じちゃってなんか違和感が・・・ 時代劇より、現代劇のほうが合っている気がしました   5月20日から全国公開だそうです ご興味のある方はぜひ。    

      21
      テーマ:
  • 26 Apr
    • ようやく決別

      こんにちは、アンネです   先日、ポストをふっと見たら、免許書の更新の時期を知らせるハガキが届いていました。   「ようやく、この時が来たか。」     実は、私の免許証に書いてある名前は、「元旦那の姓」のまま。 離婚直後、色々ありまして、変更できなかったのです。 (裏面に現在の苗字で記載がされています)   免許証って、会員証を作ったり、役所に提示したり、IDとして意外と頻繁に使うじゃないですか?     そのたびごとに、 「私、○○って名前じゃないんだけどなぁ」 と思いつつ、先に裏面(今の苗字)を少し大げさに提示して、「あ、今の名前こっちです!」と毎回受付してくださる方に、伝えていたんです。   そして、その過去の苗字を見る度に、元旦那のことを、思い出してしまい、 胸がきゅーっと苦しく締め付けられることもありました。     それに、 たとえば、新しい彼氏ができて、そうした結婚生活の証拠みたいなものを、チラっとでも見られたとき、なんかばつが悪いな~とも思っていたので、更新のタイミングで旧姓に戻してすっきりしたいと思っていたんです。     なので、 ようやく、というか、とうとう。 自分の苗字に戻る時期がきたという感じ。     まるで、 体の奥に重く残っていたモヤっとした黒い塊が、ジワっと蒸発して消え去るような感覚。 ようやく最終決別の時が来たんだなと、感慨深い気持になりました。   「’あの時’から、もうそんなに時がたったんだ・・・」   色々あって、ここまで生きてこれた。 まさに、生還劇だった。     ・・・ がんばったね、私。 たった1人で、誰にも頼らず、よくここまで来れた。 自分を褒めてあげたい気持でいっぱいです。     過去の思い出を花びら一枚、一枚をひらひらとめくるように、 ゆっくり、少しずつ、元旦那との出来事を消化してきました。 人より少し時間がかかったけど、これはこれで良いんだと感じています。   だから。 もうすぐ、本当の意味での「卒業」   免許証の苗字の更新をして、新たな自分をスタート 爽やかな風が舞い込んできそうな予感がしています                                

      36
      2
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 六本木で、ソロ活カフェ

      こんにちは、アンネです前回の記事の続き。六本木でブラブラしてたら、偶然見つけた、星乃珈琲店。六本木って、素敵なレストランはたくさんあるんだけど、大人の女性が、1人でゆっくりできるカフェが少ない気がしてたので、ここなら静かに過ごせそうだなぁと思い、入ってみたの。六本木の星乃珈琲店は、なぜか老夫婦の客も多くて、そのせいか店内は静かで落ち着いた雰囲気で、居心地が良かったです。禁煙席側。パリやロンドンの老舗カフェをイメージしたダークな内装がオシャレね。アンティークなランプシェードが可愛いかった。店内の奥側。昼過ぎで、すでに満席でした。座席が広めなので、ゆっくりできます。コーヒーも美味しかったし、六本木でソロ活かするなら、オススメの喫茶店です

      29
      テーマ:
  • 22 Apr
    • 良縁祈願へ

      こんにちは、アンネです先日、六本木にある「出雲大社 東京分祠」へ良縁祈願に行ってきました島根県の出雲大社にはまだ行ったことなくて、ぜひ行ってみたいんだけど、東京にも分祠がある、と聞いて足を運んでみたの。とても近代な建物で、びっくり‼️さすが都心の一等地に立っているだけあります。ビルの3階に社務所と本殿があり、普通にビルの階段で上がります。出雲大社は、2礼4拍手1礼の流れなので4拍手スタイルに馴染みの無いわたしは、すこし戸惑いましたが、無事に、お参りをすませることができました。趣味の一つとして、神社仏閣巡りをしてるんだけど、神社に来ると、どんな御守りが売ってるのか、チェックするが楽しみなのね。で、これ!珍しくないですか?「出雲 縁結びの糸」この中に、紅白の糸が入っているの。衣類などに縫いつけると良縁を引き寄せるんだとかおおー、新しいタイプの御守りでテンション上がるわあと、恒例のおみくじも引いたの。こちらのおみくじは、大吉とか中吉とか書いてないタイプなんだけど、「今年は次第に順調になる」と。そして、「結婚  良縁あり」って書いてありました。嬉しいな〜ワクワクこちらが入り口↑近代的です。このあと、六本木でブラブラしていたら、穴場のカフェを発見しました。次回の記事でご紹介しますね。

      25
      テーマ:
  • 20 Apr
    • 分かれ道

      こんにちは、アンネです   春になると、いろんな別れがありますよね   私の勤める会社では、この時期、会社の業績に伴い人員整理が行われることがしばしばあります。 成績が悪ければ、バッサリ切られるシビアな世界(業界)。   今まで、何度も「次の日に隣の席の社員が居なくなっている」「午後にはもう居ない」ってことも経験してきて、 「明日は我が身・・・」の気持で、せっせと仕事に励む毎日 今年は、かなり大がかりな「人員整理」があるようで、正直、社内はとてもピリピリムードなの。     わたしは、そういう雰囲気を「気(みんなが出す念みたいなやつ)」を、肌で感じ取ってしまうタイプなので、最近は、その波動に当てられ、ハラハラしながら仕事をしています。     今年は、ぶっちゃけ。 会社的に、とても売り上げが厳しかったので、 「評価も相当、締められるよ。アンネさんも覚悟しておいて。」と直属の上司から聞かされ、 いまから、ちょ~ビビっています     昨年の秋から、今まで、新しい業務を任されたり、 (専門外の)仕事をふられたりして、 個人的には、忙しく大変だったけど、 それなりに努力もして、頑張ってきたので、 ここでもし、給与を下げられることがあったら・・・     う~ん。正直、転職も考えようかな?と考えはじめています。   レイオフされる前に、もしくは、会社がつぶれる前に、「退散する」ていうのも1つの運気アップの方法なので。   ただ、今の居心地の良い環境を離れるのは、後ろ髪が引かれます。 直上司もとても優秀な方だし、まだまだ色々教えて欲しいことがたくさんある。 それに、長く勤めているからこそ、なんだかんだ、会社愛もあるので、名残惜しいけれど・・・     転職する、となると、 ガラっと私の生活が変わる可能性があります。 人との出会い(出会いの流れ)も変化しますので、 少々、緊張します。 40代女の転職活動は、婚活より相当厳しいので、 そうなると、婚活はしばらくお休みすることになると思います。     あと、自分で占いができるので ここ10年の運勢の流れを事前に把握しているのですが (とはいえ、100%それに従っているわけではないのよそのあたりは今度、占いネタ記事で書きますね)     「あ~、もしかしたらこのあたりで、動きがある時期かも?」と、なんとなく把握しているので、 どんな大きな「波」や、変化球が襲ってきても、びっくりしたり、動じないよう、 心の準備だけは、しっかりと、しておこうって思いました。     昔、ある方に教えていただいた言葉を、ふと思い出しました。   自分が動かなくても、周りや環境が動くことで、あなた自身に「変化」をもたらされることがある。でもその変化は(あとから考えれば)決して、あなたにとって悪いことばかり、ではないのよ。変化を恐れず、前向きにとらえてみてね。      

      23
      テーマ:
  • 18 Apr
    • UNIQLOスポーツ

      こんにちは、アンネです   最近スポーツジムにはまってしまい、思ったより通い回数が多くなったため ボトムスパッツが複数枚、必要になってしまいました。     そこで、新しいものが好きなわたくし 先月、新宿高島屋にオープンした、ユニクロのコンセプトショップ「 UNIQLO MOVE(ユニクロ ムーブ) 」へ足を運んできました。   スポーツ専用のウエアが揃っているお店でして、ここでしか買えない限定商品もあります。 ジムや、ヨガ、ランニング、テニスなどいろんなスポーツにまんべんなく対応できるウエアが揃っていました。しかもユニクロ価格なので高品質なのに、安いのが嬉しいところ     わたしも、エアリズムプリントレギンズ(1990円)を購入しちゃいました。 デザインも良いし、質も某スポーツブランドと遜色ないくらい良いので 春からスポーツを始める方におすすめのショップです   ぜひお試しあれ~    

      16
      テーマ:
  • 16 Apr
    • わたしの前世診断の結果は...

       アメブロで見てやってみましたサーカスのピエロ🤡〜あ、でも人前に立ってのは意外と嫌いではないな?(笑)アンネさんの前世は...  あなたの前世...どこで何してた?前世診断をやってみる 

      14
      テーマ:

プロフィール

アンネ

性別:
女性
お住まいの地域:
東京都

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

旧ランキング

アラフォー
207 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。