今日(6月03日)の珠玉のリーディングをお届けします。


果物でも野菜でも肉類でも、その地域に育ったものでなければ、多量に食べてはなりません。これは、すべての人が従うべき重要なルールです。
でぃんぐ
AD

 腰痛になった

テーマ:
疲れがたまったのだろうか、昼過ぎより腰、背中の下側、尾てい骨の上が痛くなりました。
あまり腰痛の体験はありません。めずらしいことです。仕事場で少し寝ました。
家に帰ってから上向きに寝たまま左右に腰を振る、また、腹ばいになって左右に腰を振るを繰り返したところ、ずいぶん楽になりました。
腰痛にも、いろいろあるし、症状も重かったり軽かったりすると思いますが、それほど重くなければ試してみる価値があるかも・・・。症状が重い方はちゃんと病院に行ってくださいね。

そうそう、15年位前、背中が毎日痛くて、どうしたらいいかわからなかったとき、アロエを毎日少しづつ(2センチくらい)食べたところ、ほどなく治った覚えがある。
今日はアロエを少しかじって寝てみよう。
多めに食べると下痢になるので、要注意。
AD
てまりさんからのシェアです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

がんで余命1ヶ月から生還した 工藤房美さん(『遺伝子スイッチ オンの奇跡』の著者)のお話しからシェアします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私は抜けてしまった自分の髪の毛一本一本に ありがとう をいうことをはじめました。

ある晩 家族が寝静まった後 洗面所で新聞紙を広げ まだ言っていない髪の毛にありがとうをいいはじめました。

すると ありがとう が一万回を超えた頃 上のほうから ありがたい気持ち がふってきたのです。
また言うと さらに ありがたい気持ちが降ってきて 雪のように積もっていく感じがしました。

言えば言うほど ありがたい気持ちが降り積もり とうとう ありがたい気持ちが 自分の体の中からあふれ出すほどになりました。

私はもう幸せな気持ちになって涙が止まらなくなりました。滝のような涙でした。

髪の毛が抜けてしまったことも もうすぐがんで死んでまうことも どうでもよくなって 今この瞬間「ありがたい気持ち」の中にいられる自分が嬉しくて堪らなくなったのです。

人から見ると 髪の毛が抜けた末期ガンの女性が髪の毛一本一本にありがとうと言う姿は 哀れでかわいそうと思えかもしれませんが 私は幸せな気持ちに溢れていたのです。

そして 夜中2時頃だったと思います。突然洗面所のドアが開いて 当時高校2年生だった二男が入ってきました。

髪の毛のない母親が抜けた髪の毛を握って泣いているわけですから その姿をみた息子はかなりびっくりしたと思います。

その時 息子は何と言ったと思いますか?

「お母さん この特別な状況を楽しまんといかんよ」と言ったのです。

「でもこれ 特別過ぎるやろう」とツッコミたくなるくらいでしたが その言葉に私はとても驚きました。

そして私は「がんになるまでの40数年間 自分が楽しむという選択をしてこなかった」ということに気付きました。

笑うことがあっても 「自分のために楽しもう」というスイッチを入れたことがなかったのです。

そのことを教えてくれた息子に頭を下げてお礼をいいました。

「私の子どもに生まれてきてくれてありがとう」って

そして 息子に「この状況でお母さんはどうやってたのしんだらよいと思う?」と聞きました。

すると息子は「いつもせんような化粧ばするたい。そして いつも着らんような服を着るたい。僕がバイトでカツラば買ってきてやるけん」といいました。

そして3日後 息子は本当に雑貨屋さんでカツラを買ってきてくれました。

値札がついていて 3999円と書いてありました。

私は いっぱいありがとうを言ってるから ここまで39(サンキュー)なんだ とおもい 「この子すごいもの買ってきたな」と感心しました。

でもそのカツラ 色がまっキンキンでした(笑)

その後 やっぱり気になったのか 何日かしたら黒色やロングなどのバージョンも買ってきてくれて いま私はカツラを 4つも持っています(笑)

これは捨てられない私の宝物です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

息子さんにカツラをプレゼントされた工藤房美さんは

「あと一か月も生きられないと主治医から言われているんだから『今』を楽しもう」と思って 似合いもしないのに息子からプレゼントされた金髪のカツラをかぶって出掛けていました。

「私は子どもたちにに何を残せるだろう」と考え「お母さんは 『痛い』『悲しい』『苦しい』『つらい』とか一言も言わす いつもニコニコ楽しんでいたよね」という思い出を残してあげようと思い 残された時間を楽しく生きようと心に決めたそうです。

それから『今日も生かされている。ありがとう』をいいながら朝日をあびたりしながら ついにはがんが全部消えてしまったそうです。

工藤房美さんは ガンになって 生き方を変えて ガンから解放されましたが 何か病気(お金の問題 人間関係)なども 今までの考え方や行動を見直すチャンスなのかもしれませんね。

何かあったとき 人や出来事のせいにすることなく  このことから何か学ぶことはないかしら?と 気づいていくと より人間力がつきますよネ。

最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも心より感謝しています。 

AD