welina-ウェリナ-のブライダルトーク

ブライダルプロデューサーのひとりごと・・・

結婚式のエピソードや裏話、結婚準備お役立ち知識 

ちょっぴりプライベートのお話などもつれづれなるままに☆


テーマ:
最近増えて来ました
ご連絡は新郎とやり取りすることが

こちらのお二人も、お電話でのご連絡は終始、新郎とでしたにひひ
結婚式に、夢と憧れ、を抱いてるのは新婦だけでなくて嬉しい限りですアップ

海が見えるチャペルと海岸での撮影可能な立地、そして、カジュアルなイタリアンの雰囲気を気に入ってくださって神奈川県逗子市にあるイタリアンレストラン[カンティーナ]にてご決定波

沖縄出身の新婦には、海はやはり、身近なもののようです

あわせて、面白い事が大好きっ!!
そんなお二人は、本当にいつもケラケラ笑っていて、陽気なイタリアンジョークが通じる位晴れ
この雰囲気をそのままセレモニーとパーティーに持っていきたい!と強く思って、プラン作り開始音譜

新婦にはこだわりが一つあって、それは『バービードレス』
ショップに電話をしまくって1番ストックが多いドレスショップをご紹介。お気に入りのドレスにめぐり逢う事が出来ました。
photo:01



一方、新郎のこだわりは
『ジンベイザメ』と『お花』
新婦がメイクリハーサルしている横で、2人であーでもないこーでもないとアイデアを出し合い、ケーキで海の生き物をデザインにする事にドキドキ
photo:02



そして、お花も予算に限りある中、何度も練り直してデザイン完成!
アドバイスを気に入ってくれた、貝殻のメッセージは、ご自分でセットなさってましたっっ!
photo:03



パーティーのメインイベントは
お絵描き大会!!
新郎は、担当のワタクシと新婦から、天才画伯とからかわれる、絵のヘタレさん…コレは、ケーキデザインの際に発覚!そこで、新郎の作品をオチに使いゲストにはお題を描いて頂きましたひらめき電球

当日は、本当に、2人の人柄が溢れ出た、笑とツッコミが溢れた結婚式で、ワタクシもスタッフでありながら、楽しい時間を共有させて貰いましたクラッカー
photo:04



アイデアは、2人のキャラクターの中に眠っています!
ご準備に行き詰まったり、不安な時は、私達プランナーに、話してみてくださいね!
平井は、ご相談のみも、承っておりますので(^_-)
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
4月30日
またまた素敵なウェディングに立ち合う事が出来て感激の一日[みんな:01]

永くお付き合いされたお二人の結婚式は親族だけでゆったりと
そして何より、体調を崩されて車椅子生活をなさっている新婦のお母様が参列出来るよう

とお考えになり
実家の側である千葉県野田市桜台の櫻木神社にて結婚式を!!

一日一組
ゆったりとカスタマイズしてプログラムを組む事ができるので
本日のお二人にはピッタリアップ

マットレスとお布団を、和室貴賓室に持ち込んで、どんな時もお母様が休めるようにしたり、
結婚!?を知った旧友が、どーしても式に出たいっ!とお越しになるので、挙式後ご友人との歓談時間をとって、披露宴開始時間をズラしたり
タイムテーブルも、お二人仕様にかなりカスタマイズしました

打合せを進めて行く中で
四月ということと櫻木神社ということで、さくら、を一つのアイテムに
そして、両家の家紋が
揚羽と桔梗だと、いう事が衣装合わせの際に判明!!
…和装ならでは、ですね。
皆さんもご自分の家の『家紋』をご存知でしょうか?
家紋をいれますか?とは着物でないと聞かれない質問ですし
質問されないと、なかなか知る機会がないかもしれないですね…

余談ですが
ワタクシの家紋は『円三』
…モチーフにならん?かな

お二人は、
クローバーしっかり和にこだわって
黄色い花アイテムモチーフは『桜』『揚羽』『桔梗』と決めました

ウェルカムボード、席次表は家紋を使ったデザインで
席札は…なんとグラスに蝶々がとまっているデザインです
そしてそして、鏡開きの枡には、桜の紋を焼印しました
テーブルナプキンは、桜柄
テーブル装花は、トルコ桔梗
テーブル名は、勿論、桜と揚羽と桔梗

やっぱり、お花のテーマがあると
会場の雰囲気も統一感が出て素敵です

お二人がご友人との歓談中は
披露宴会場の親族ゲストに、ビデオを見ていただいてお待ち頂き
桜のメッセージカードに、たっぷりお祝いのコメントを書き込んで頂きました。

ラメシールなどデコシールキラキラをお二人がご用意…
ご年配のゲストに、デコって頂くのは実は至難の技、なんですが
(あまりそういう文化がない世代なので、ちょっとアナウンスするだけでは、シールを使ってくれない)
ですが…
そこは、ベテランプロ司会者!!男性司会でしたが、たっぷりのユーモアで案内、合わせて、アシスタントスタッフが、ゲスト一人一人にお声掛けした結果、コルクボードには、お二人のイメージ通りにデコられたゲストメッセージが、飾られました音譜

ふぅ…良かった良かった。
お二人がイメージしている最終の形を、実現するには、こういう作業がかかせません。
終わったあとに、うーん、伝わってなかったなぁ…と思わせたくない!

ので、打合せでは、イメージを正しく汲み取るように努力しています。

(汲み取ったイメージをチームと共有する為に伝える…というのもまた難しいのですが)

お二人の、お互いの家、家族、親族を知って欲しい!という想いは
しっかり伝わったと思います!!

お見送りは、九州からお見えになったゲストに新婦実家の野田の名物を!という事で、御用蔵醤油、をプレゼント

お母様も、遠方のゲストも
おかえりの際に、良かったわぁ
と言ってくださった事が、まずは安心

お二人と、報告会開催の約束をして御飛楽喜、となりましたグッド!
photo:01


photo:02


photo:03






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ALWAYS 三丁目の夕日 64′
本年初映画を観て来ましたひらめき電球

一作目から映画館で観てるので
コレも、映画館で!と思って勢いで3Dを観ちゃいました…

正直、2Dでも良かったなぁ汗

今の若い新郎新婦からしたら、ご両親がこの辺りに生まれてますね…
昭和のオヤジがリアルに描かれてる所が好きなんだけど
今回は、六ちゃんがお嫁に行くシーンがあったり、淳之介が作家になるべく家を出たり…と、巣立ち、がひとつのテーマになっているようでした。

スグに感情移入が出来るワタクシは、今回、送られる側ではなく、送る側に同調したあたり、年を重ねたなぁ~
と思ってしまった。
花嫁を送り出す親目線。

家族であれ、友人であれ、確かに「結婚」までを支えてくれた人達がいらっしゃるんです、どんな2人にも。

最近の結婚式で、震災以降、絆婚、という言葉が生まれたけど、
やはり、絆は作って行くもの、だから、結婚式というセレモニーや、披露宴というイベントを、上手に使って欲しいなぁ…と思います音譜

そして、絶対にキルコトガデキナイ、親子の絆。どんな過程があったとしても、新夫婦が新しい絆を結ぶ結婚という節目に、是非それまでの人生の物語を見つめ直して欲しいなぁ~
と、思います。

私のお仕事の中でも、
いい結婚式で!と、両親がとても喜んでいました。
と、言ってもらえた時、別の喜びがあります。

幸せな、新しい家族のスタートを、ご両親やご兄弟が、一番近くで見ていられる環境を模索したいなぁ

…と、思った映画でしたクラッカー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。