人生初のサイン会

テーマ:

日本での写真集発売で来日していた、我らのバービィー・スー♪(きのうはいいともにも出てましたね)

友達の友達がサイン会の整理券をゲットし、友達は旅行中で行くことができず、ラッキーなことに譲りうけたのです!!(kaji-san 謝謝~★)


そして本日行って参りました。渋谷PARCO 3の会場には、200人のファンが。予想通り、アキバ系カメラ男子のようなファンは一切おらず、見事に女子ばかりだったなぁ。韓流→華流になったとも思われるおばさまもちらほらいたけど、20代~30代の女子ばかり。小学生くらいの女の子も見かけた。


そもそも、「サイン会」というのに行くのは人生初めてなのだが、スタッフの誘導がひどすぎて・・・。整理券の番号順で並ぶんだから、もう少しオペレーションよくできるはず。ファンが押しかけてるわけじゃなく、200名と決まってるわけだし。一緒に行ったお友達とそんな文句もこぼしつつ、生で見る大Sにウキウキしつつ、華流話で盛り上がりつつ、順番を待った。


いよいよ私の番に!もう、顔小さいし、透き通るような肌だし、目も髪もキラキラしてるし、ほんとにかわいかったーーーー!!中国語でなんて話しかけようかしら・・・といろいろ考えていたのだけど、すっかり頭はまっしろ。


「こんにちは~」

(大S、サイン中。まじまじと私は見つめる)

「ありがとう」


barbie01   barbie02


…こんなもんです(涙) 

けど、最後握手しながら、じーっと私を直視してくれて、すっごくうれしかったー♪


今までも、好きなアーティストにサインをもらったことが数回あるけれど、やはり、サインはもらったときのドキドキがあるからこそ、自分にとっては貴重なものになる。そのサインを見るたび、そのときのこと思い出して幸せな気分になる。

先日のSAKEROCKのハマケンくんしかり、またひとつ宝物が増えた。

AD

ピスタチオ

テーマ:

pistatio


「タイガー&ドラゴン」も、残すところあと1回になってしまった…。ほんとにドラマも佳境だし、泣き所満載の今回でしたが。。。参りました、このシーン!!!!


「見りゃわかんだろぅ。今私はね、ピスタチオに夢中だから」


あまりにもツボに入ってしまい、書かずにはいられませんでした(笑)

AD

泣く日曜日

テーマ:

野島伸司脚本、日曜劇場「あいくるしい」

田舎町で暮らす平凡な7人家族の何気ない日常をつづったホームドラマで、これといって真新しいストーリーというわけではないのだが、毎回涙を流している私。

いくら田舎町の小学生でも、純朴すぎやしないか…?とか、家族で朝から合唱なんて…とか、斜に構えて見たらつっこみどころは多々ある。野島作品に代表される「ひとつ屋根の下」や「家なき子」などのように、見てない人でも認知するようなフックポイントもない。

でも、つい引き込まれてしまうのは、やはり脚本&俳優の良さなのかなぁ。出てる人のキャラクターや役割に無駄がない気がする。個人的に、苦手な俳優が出ていないというもの大きな要因かも。。。(笑)

そんな彼らの姿を(その名のとおり)「あいくるしい」と思えれば、じんわりあったかーい日曜の夜が過ごせると思う。

AD

じれったいが~

テーマ:

donta

いよいよ始まりましたね~。裏でやってる「誰でもピカソ」イ・ビョンホンとどっちをビデオに録画するか迷い、リアルタイムで見るのを選びました。

いやぁ、よかった!最後、拍手しながら泣きそうになった。

阿部サダヲが落ちた…!(笑)やべーやべー、見どころ満載すぎるー。

蒼井優は、酒井若菜とはまた違った魅力で、演技力もいいですねぇ。ハマってますねぇ。

(こないだの「ホテル・サンライズ」で松尾スズキとの絡みもよかったなー)

浅草、いつ来てるんだよー。エキストラ、参加したいよー。

エンディングのタイトルバックに、荒川良々の姿が…!いつ出てくるのかそれも楽しみー

嗚呼、最終回

テーマ:
今クールで欠かさず見ていたドラマのひとつ、「優しい時間」も最終回を迎えてしまった。
一度、ビデオ録画して土曜の昼間に見たことがあったが、何か違うのだ。そう、私にとってこのドラマは、木曜の夜10時に見ることに意味があるのだとわかった。ドラマが終わるころ、ああ、明日で1週間も終わるなぁ~というくつろいだ気持ちにさせてくれたから。そう考えると、やはりドラマの曜日や時間て、けっこう重要だ。
最終回は、静かに号泣した。このドラマは、寺尾聰&二宮和也が、絶妙のキャスティングだったと思う。ときどき、つっこみたくなるような倉本聰独特の台詞まわしはあったけど(笑)
ひさしぶりに、終わるのが名残惜しいドラマだった。まぁ、4月からも見たいドラマはいくつかあるので、それはそれで楽しみ。
予断だが、上野でやっていた「唐招提寺展」の音声ガイドの声が、寺尾聰だったことと(「世界遺産」だから…?)、大森南朋が麿赤児の息子だということを知ったことが、「優しい時間」つながりの驚きだった。

F4写真展

テーマ:
ファンミーティングに一緒に行った友達と、@渋谷PARCO行ってきました~。
会社の人とも、今週お昼休みに行くのですが…(笑)
夜7時ころ行ったのですが、思ってたより人が少なく、写真撮ってもOKなかんじだったので、バシバシ撮ってしまいました。
ネタバレになってしまうのでここでは控えますが、ヴィック&バービーの来日時の映像が流れていたり、流星花園はもちろん、F4メンバーが出ているドラマや、日本のコミック原作の台湾ドラマの紹介などがされてました。
ふだんもいろいろ情報収集してるF4迷には、真新しいかんじはないかもしれないけど、大きなパネルで見られるのはよかったし、改めて「流星花園」の良さを実感。
プリクラに期待してたのですが、彼らと一緒に写れるのではなく、「流星花園」「F4」のロゴ入りというだけだったので、それが残念でした…。

MARS Fan Meeting

テーマ:
台湾ドラマ「戦神 MARS」のファン・ミーティングに行ってきた。ゲストには、ヴィック・チョウ、バービィー・スー、メーガン・ライ、ショーン・アンが出演。こんなにミーハー気分全開で楽しんだのは久しぶりだった(笑)。
生・ヴィッグはスーツ姿でかっこよかった~。バービーも話し方はドラマのときのまんまで、笑ったときの雰囲気が池脇千鶴に似てるなぁと思った。イベント会場は渋谷・クラブクアトロ。あんなに近くで彼らを見れるチャンスは、もうこの先ないだろうなぁと思うと、終わってからもなんかドキドキしてしまい、友達と感無量でいっぱいに…。
イベントでは客席からの質問に答えたり、抽選で選ばれたラッキーな人は、4人と握手&サイン入り色紙をもらっていた。私も友達も、2、3番違いで当たらず…。でも、帰りには参加者全員にプレゼントがあり、F4のカレンダー&写真集、そしてヴィッグがキャンペーンモデルになっているPARCO ホワイトデーのポスターが!参加費2000円に最初はちょっと不満だったが、かなりお得なおみやげ付きだったし、とにかく楽しく過ごせて大満足だった。

華流…?

テーマ:

韓国ドラマもおさえつつ、去年は台湾ドラマにもはまった私。最近(ほんとは前からあるのだろうが)耳にする「華流」ブームにものってるというわけです。
漫画「花より男子」の台湾版ドラマ、「流星花園」でF4を演じた男子4人がドラマでブレイクし、そのまま「F4」というアイドルユニットになったことは、多少海外ドラマなどを網羅している人はご存知でしょう。
その、F4の4人がめちゃくちゃかっこEのです~。多少メイキングなどで素顔は見ても、ドラマの役柄の影響が強いわけですが…。漫画同様、劇中の彼らは金持ちでかっこいいわけです。すごく漫画に忠実で、(正直、日本で映画化されたものよりも)テンポよく作られているドラマなので、誰でも見たら絶対ハマるはず!すんなり現実逃避できちゃいます(笑)
そんな「流星花園」で、花沢類役を演じていたヴィック・チョウと、つくし役を演じていたバービー・スーが、今週来日しており、そのイベントに抽選で当たってしまった!!金曜に、「ファン・ミーティング」とやらに参加し

て参ります。うわぁ、ドキドキだ~
今回の1曲「サリー」 安藤裕子
※「流星花園」のエンディング曲に使われてます。