見送り

テーマ:

何でいつも見送る側は 照れ笑いとかしちゃうんだ 何でいつも見送る側は~


ハイロウズ、マーシー作詞作曲のせつない歌。

まぁ、これは恋人同士のシチュエーションなのかもしれんが、ちょいとこんな気分。


素敵で楽しい仲間(先輩)がまた去ってしまった。

さびしいけれど、しかたない。

しかたないけれど、さびちい。。。


miokuri


また明日から、がんばりますかー。

AD

くるり 「NIKKI」

テーマ:
待望のニューアルバム「NIKKI(初回限定盤DVD付) 」が本日発売!
シングル「Birthday」「Superstar」「赤い電車」「Baby I Love You」の4曲を含む全13曲は、本人たちも言ってるとおり、ほんとに「捨て曲」なしの素晴らしいアルバムだと思う。もう、一日中聴いている。

とにかく、「いい!」としか言えないのだが、例えば、洋楽しか聴いていない人とか、外国人の音楽好きの友人に、「日本でいいバンド教えて」と言われたら、今だったらこのアルバムを聴いてほしいかも。

AD

THE BIGGEST HIP 2005

テーマ:

本日は渋谷ラ・ママにて、THE BIG HIP のワンマンライブ。THE BIG HIPとは、白井幹夫(ex ハイロウズ)、梶原徹也(ex ブルーハーツ)の二人による、ピアノとドラムだけでロックンロールを鳴らす世界で唯一無二のバンド。今年のフジロックでは、苗場食堂で演奏したらしいのだが、タイミング悪く私は見ることができず…(涙) 友人が絶賛しており、ギターでマーシーが参加するかも…という情報を聞きつけ、弟(高2)を誘って友人たちと行ってきた。


白井氏のファンキーなキーボードと、梶くんのテンポ190以上の高速8ビート(プロフィールにあり)のドラムがめちゃくちゃかっこいい!!そして、そのビートとビールにやられて、途中たまらずトイレへ…。ひさびさにあんな限界まで我慢したなぁ。。。(苦笑)

後半はトランペット二人に加え、ギターにマーシー、ベースに調くんも参加! あんなに間近で見れるなんて感激だ。場内もヒートアップ。演奏してるマーシーたちもすごく楽しそうで、聴いてるこっちもめちゃくちゃ楽しかった♪


ラ・ママは、昔から名前だけは聞いたことはあるのだが、実際に行ったのは初めて。MAX150~200人くらいかなぁ。新宿ロフトのように、真ん中の太っい柱になんとも絶妙にさえぎられる構造だが、段差がある上のほう&モニター近くにいたのでわりと見やすかった。けど最近は、こう小さくて人口密度高い状況がしんどいにゃぁ。。。THE BIG HIP、ぜひまた来年も、夏の野外フェスなんかにどしどし出ていただきたい。そして跳ね回って聴きたい。年内~年明けもいろいろライブやるみたいです。

AD

ボジョレー&豆乳鍋の夜

テーマ:

bojore


来月、ズッコケ親友10周年記念(ほんとは11年経ってる…?)旅行で京都に行くのだが、その打ち合わせを兼ねて、84んちで鍋パーチー。毎度水炊きなので、今夜は豆乳鍋に初挑戦。

エネルギースーパーたじまで食材を買い込み、3人で手際よく下準備して、さぁ乾杯!てときに、


「じゅわわわわぁ~~~~」


鍋から豆乳があふれ出しているではないの!!!豆乳をあっためたあと、具をぶっこんでからも強火のまま、しかも蓋をしめていたもんだから、鍋の中はすごいことになってたわけで。あまりにもすごいタイミング&気持ちいいくらい流れてきて、しばし爆笑。


そんなドタバタも落ち着いてから仕切りなおし、「第2豆乳、投入しまーす♪」なんてうかれながら、まろやかな味に思わずにんまり。いろんな具を入れたのだが、ほどよい食感の大根と、お餅のように溶けない「生麩」が絶妙だったなぁ。今年初のボジョレーもうまかった。あんま味わからんけど、うまかった。


さして京都のスケジュールも練られず、アド街の東銀座で「大人の贅沢」にため息ついたり、エンタの神様で爆笑したり、いつもどおり騒いで、お腹いっぱいになって解散したのであった。


写真:カメラを意識しすぎた84のオウムのような手がキモイ(笑)

中村兄弟

テーマ:

本日は、中村勘太郎・七之助兄弟による「錦秋特別公演」鑑賞に、日本青年館へ。

歌舞伎界のサラブレッドと呼ばれるこの兄弟は、幼少からテレビのドキュメントを見ながら追っているせいか、そんなに年は変わらない(いいすぎ?)ものの、親戚のおばちゃん目線で見てしまう傾向がある。

私の、個人的歌舞伎デビューは去年の浅草歌舞伎からで、半分ミーハーなノリなのだが、そのとき初めてまともに歌舞伎に触れ、すっかり魅了されてしまった。そして今年の浅草歌舞伎で「鏡獅子」の素晴らしい演舞を見て以来、七之助に胸キュンしてしまった私。


もともとは七之助目当てでチケットをゲットしたのだが、やはり兄弟のバランスが素晴らしく、息の合った演舞も素晴らしかった。お兄ちゃんのキャラも大好き。

幕間に日テレアナウンサー司会による二人のトークも見ることができ、お兄ちゃんが「相撲界の兄弟とは違って、仲良しだけが取り柄です(笑)」なんてサービストークもあり~の、客席からのワイドショー的な質問にもうまーくかわし~の、ますますファンになってしまった♪


3演目中真ん中は、中村勘三郎一門の若手による演目だったのだが、やはり中村兄弟二人はうまいんだなぁと実感。今回は3演目とも舞踊の演目だったのだが、踊りのメリハリが違う気がした。あとはやはり、好きな演者がやっているか否かで、こうも興味がなくなるのだなぁとも実感。なんでも、きっかけがミーハー気分だと自分なりに楽しめるものですな。

俄然、児玉清です

テーマ:

kodama


いつも水曜の夜は「水曜どうでしょう」を近所の人妻U子と見るのがお約束なのだが、なんとも偶然なことに、私の独立記念日と彼女の結婚記念日が同じ日だということで、U子宅で祝い鍋をすることに。with 旦那さま。

そして本日のメインイベントは、先日の「細かすぎて伝わりにくいモノマネ」を2週分、前半&後半の鑑賞。

もう、辻本議員という刺客も現れたり、木の実ナナにやられたり、ほんと、過去最高の出来だった。俄然、児玉清は殿堂入りでしょう。。。


すっかり児玉清にはまった旦那が、日曜の「アタック25」をビデオ録画しており、つづいてリアル・アタック25を鑑賞。そもそも、昼近くに起きた日曜、ズルズルと見てしまい、見終わった後に「日曜」を仕切りなおせるか否かで、その日の充実ぶりが試される番組、「アタック25」。テレビっ子の私も、さすがに録画したアタック25を見るのは初体験(笑)


博多華丸の児玉清を見た後だからか、素敵な紳士・児玉清がいつもどおり淡々と進行する姿も滑稽に映ってしまうから不思議だ。だれか知り合い、パネラーで出ないかなぁ。うしろの応援席に座り、生・児玉清を拝見したい。

独立記念日

テーマ:

本日をもって、一人暮らしを始めてちょうど1周年。は、はやい…。

「すいか」の基子さんのお母さんに、「独立記念」紅白まんじゅう買ってきてほしい気分(笑)


1年経って部屋を見渡すと、中古で買った洗濯機は、まだまだ元気。そのうちちゃんとしたのが欲しいなぁと思いつづけている食器棚は、いまだにカラーBOXで代用中。テレビはそのうちスチール棚を買って置こう…と思いながらそのまんま。どうせ割るかもしれんし…と、実家から持ってきた食器も、割れずに健在。「とりあえず」と間に合わせたものに限って、しぶとく息が長いものだ。その反対に、昔から大事に大事にしていたガレ(レプリカ)のランプを割ってしまったのは、年明け早々。このときばかりは、フローリングを悔やんだ。涙ながらに執念で直し、その後は何事もなかったように、かつ痛々しい姿で点灯中。


夜中に響く冷蔵庫の音にも慣れ、食べ物を買いすぎて腐らせることも減り、パソコンのローンがもうすぐ終わるのはうれしい変化。

まだまだ日々の暮らしは厳しいけれど、お米がなくなりそうになったら、実家や姉夫婦からおすそ分けしてもらえるし、飲みたいときは友達が近くにいるし、肉屋のおじちゃんは毎回天ぷらおまけしてくれるし、

「落ち込んだりもしたけれど、私は元気です」

って、それ言ってみたかっただけっす(笑)


まぁそんなこんなで、「I Love 生活」な毎日はこれからも続けて参ります。

お世話になってるみなさま、これからもよろしくどうぞー!

たまの肉体労働

テーマ:

4日(金)夜8時~翌朝6時にかけて、会社のヘルプ勤務に参戦してきた。

ふだんとはまったく畑違いな仕事内容で、倉庫内で注文商品をひたすらピックアップするというもの。

夜7時半に最寄り駅に助っ人勇士(?!)たちと待ち合わせたのだが、みんな、ちょいとお祭り気分で上がり気味のような、学生時代の深夜バイト前の憂鬱な気分のような、妙なテンション。


新しくできた配送センターは、最長250メートルもの広さ!敷地内はまだ「新しいにおい」がする。作業前にセンター内の設備等の説明を受け、作業は夜9時から。夜食が出されたのだが、期待するまでもなく、お約束のピザ(とほほ…)。タイムスケジュールを見ると、90分おきに15分ほど休憩が入り、夜中0:00が「ランチタイム」1時間(笑)


ただひたすら、商品棚を歩き回ってピックアップしていくのだが、こういう単純作業って不思議なもので、ときどきノッてきては脳が冴え、しばらくすると朦朧として気持ちと体のバランスが崩れ…と、その繰り返し。てくてくエンジェルで歩数を確認したところ、その日の労働で約1万6000歩!!帰るころには足腰がパンパン(泣) 


作業しながら、おいしい焼き立てパンのようなにおいがして気になっていたのだが、近くにパン工場でもあるのかなぁ。”有給1日付与”に食いついて参戦したのだけれど、ときどき違う現場を知るのはおもしろい。けど、今回のような夜勤は1回でいいかなぁ…。このピックアップの作業は嫌いじゃないので、クビになったらバイト要員として「mobaito.com Tシャツ」着て作業してたりして(笑) このTシャツ姿のスタッフ見るたびに、CMの曲が頭ん中に流れ、やかましかった。。。。 あちこち痛む体をほぐしに、今夜は銭湯に参ります。

はぐれメタル純情派

テーマ:

日付変わってしまいましたが、11月3日、くるりワンマンライブツアー2005~はぐれメタル純情派~@Zepp Tokyoに行って参りました♪

願わくばあまり行きたくないお台場。近いのに遠いお台場。けど、くるりだから行かないわけにはいかず。


いやぁ~、素晴らしかった。素敵だった!11月23日に発売をひかえるアルバムの新曲も数曲聴けたり、「Birthday」バックコーラスのイノトモさんもゲストで登場して、女性ボーカルがゲストで出るってことは、あの曲もやるかも…と思ったら、やはり「ばらの花」も聴けたり、アンコールでラストの曲「街」に鳥肌立ったり。


くるりの曲はもちろん、彼らの人間性も大好きなのだが、今日は今まで味わったことがない「胸キュン♪」があったのです。スタンディングの真ん中らへんにいて、彼らの顔が見えたり見えなかったりというかんじだったのだが、ふと右側を見ると、ライトで反射されて、演奏してる彼らのシルエットが右側のコンクリートの壁に映っていたのだ。その、サラサラヘアを揺らしながら演奏している佐藤くんのシルエットに、胸キュン♪ なんか、顔が見えないのに、ドキドキしてしまった。もう、バカ(笑) まぁ兎に角、ライブはいいいもんですなぁ。岸田くんはめがね→コンタクトになったにもかかわらず、相変わらずメガネ率高し!素敵なメガネ男子がいっぱい(笑)


帰り、新橋までゆりかもめに乗りながら、未来都市な風景を眺めていると、「早く家に帰りたい~」と思ってしまう。近未来すぎて、落ち着かない。けど、心地よい余韻が脳内を循環し、幸せな気分だった。家路までは、新橋から「印西牧の原行き」の電車に乗り、最後までくるくるくるり♪