猫村ねこ、おそるべし

テーマ:

ううう~やばい。脱力。はんなり。愛おしい!

同僚のTさんに借りた漫画、「きょうの猫村さん 1」である。

「Kさん、猫苦手だろうけど、絶対はまると思うよー」とススメられ、表紙を見ると、

「おー、帯のコメントは辛酸なめ子じゃないっすか。ならば絶対ハマります(笑)」てことで、さっそく拝借。

ひょいひょいひょい~ってな具合で書かれた鉛筆書き(吹き出しの字も手書き)のタッチで、するするする~っと読めてしまう。内容はというと、犬神家というお屋敷で、けなげにご奉仕する家政婦の猫、猫村ねこさんの姿が、ほんわかと描かれているのである。


読後のTさんが、「るんるるんるるる~ん」ってメールを打ってきた気持ちがよくわかった(笑)

ついつい、ねこさん口調に自分もなってしまうのね~。

「あらァ~、こないだおみやにもらった羊羹があったわねェ。よばれようかしら~」てなかんじ♪

嗚呼、太極拳でぐったりのこの足を、猫村さんにマッサージしてほしいわァ~

AD

浅草サンバカーニバル

テーマ:

sanba4   sanba3


浅草の夏を代表する祭り、浅草サンバカーニバル。今年でもう25回目になるそうな。足しげく浅草に行っている私だが、実際にちゃんと見るのは初めて。会社の同僚Rさんが観に来るというので、私も一緒に行くことに。Rさんは以前、ドラム演奏で出場経験があり、毎年お友達が出ているらしく、今回もその応援。スタート地点の二天門のあたりで、後半3~4チームのパフォーマンスを見た。


sanba2   sanba1


最初は、必ずチームのテーマ曲を歌うとか、曲はチームのオリジナル曲をエンドレスに演奏するとか、Rさんの解説付きで楽しめた(笑) それに何よりも、サンバカーニバル=目のやり場に困る衣装でサンバしまくるダンサー、という偏ったイメージしかなかったのだが、それは大きな間違い。コンテストそのものは、テーマの表現や衣装、演奏、ダンスなど細かく審査されている。素人目で見ても、衣装の良し悪しとか、ダンスのうまさなどは比較できるので、見ていてもおもしろかった。かわいい女の子や、かっこいい人を見つけるのも楽しいです(笑) 兎に角、ドラムの生演奏にはしびれた。かっこいい!


カーニバルを見た後は、吾妻橋の23番地カフェ で腹ごなし。黒生がうまかった!パスタやコロッケなど、フードメニューも満足。ワンちゃんも連れて来られるし、心地よい風に吹かれて気持ちいいお店です。

AD

ここんこん♪

テーマ:


書くのが1日遅れてしまったが、2005年8月24日、くるりの待望の new シングル「Superstar」発売!
いや~、これまた名盤が生まれてしまいました。
岸田繁氏本人も、サイト(8/23の日記)で セルフライナーノーツ を書いておられ、買った方はぜひここ読んでから聴くと、曲ごとの味わいもひとしお。

1. Superstar
2. 帰り道
3. 真昼の人魚

同僚のTさんと昨日会社帰りに買い、お互い帰り道ディスクマンで聴き、幸せ気分で感想をメールし合い、翌日もこの感動を分かち合い、残業しながら(やや大きめの音で)かけて、「こんこんからからここんこん♪」と口ずさみ…(笑)

うまくいえんが、兎に角うれしい~。じわじわじんわり沁み込みます。秋に発売予定のアルバムが非常に楽しみだす。

AD

アジア雑貨、萌え~

テーマ:

最近思わず買ってしまった本。著者が、タイ(バンコク)、韓国(ソウル)、台湾(台北)、中国(北京・上海)、マレーシア(クアラルンプール)のスーパーマーケットで買い集めた、心くすぐられる雑貨たちが載っている。雑貨たちが呼んでいる。私をアジアへ呼んでいる!

うぉーーーー、アジア行きたーーーーーーいっ!

ものすごく私と目線が似てるんです、彼女が選ぶ雑貨たちが。チープでかわいいものもあれば、洗練された機能美にくすぐられるもの、味はわからんけど買いたくなってしまうお菓子などなど。。。きちんと、現地のスーパーのスタッフにも取材していて、読みごたえもあり。

そんな彼女の、取材進行中から書いてるブログ を発見。チープ雑貨好きにはたまらんですなぁ。

踊る阿呆

テーマ:

bonodori


本日は、地元あらかわ遊園の盆踊りへ。浴衣を着るのはこの夏2度目。うれしい♪ひとまず夕方、姉夫婦と一緒に実家へ夕ご飯を食べに行った。(あら、2週連続同じ休日を過ごしてますなぁ。すいません!お義兄さん…(笑))

久しぶりに食べたケンタッキーのチキンと、我が家の定番メニュー、酢飯のまぜご飯がうまかったなぁ。いろいろ最近の出来事やら、そこからつながった昔の思い出話やらで盛り上がり、「そろそろ行きますか」と、いざ、盆踊り会場へ。


あらかわ遊園通りのグランドで行われているのだが、入ってみると、会場が明るいじゃないの!なんと、ナイター用のライトで照らされているのだ。踊る姿がよく見えすぎて、ちょっと恥ずかしい…。提灯や街灯の明かりの中で踊るという風情が欠けてしまって残念だが、迷子や落し物が少なくなるので、今年からこうなったとか…。


明るさに違和感を覚えつつ、中休憩後から踊りの輪に。「のぞきに行くかもねー」なんて曖昧に返事していた両親も、しっかり浴衣姿で遅れて到着。母の浴衣、粋だったなぁ。みんなで並んで踊っていると、今度は輪の外から私を呼ぶ声が。振り返ると、今度はばあちゃんの姿!「もっと腰落として」 「あんたは踊れるんだから、やぐら見ながら踊らないの!」と指導の声が。。。(笑) 来ないって言ってたけど、やっぱ江戸っ子だねぇ…。祖母は昔踊りをやっていて、私はやぐらの上でも踊っていた気がしていたのだが、それは記憶違いだと判明。今日話を聞いたところ、「上に上がって踊るのは好きじゃないのよ。だって、高い所怖いんだもん」だって(笑) よく、行く前に振り付けを教わってから行ったものだ。


いや~、ほんとに踊ったなぁ。「八木節」が、踊りもシンプルだしかっこよくて一番好きだ。盆踊りの太鼓やトンチキを聞くと、胸がワクワクする。今年は数箇所で体験できておもしろかった!盆踊りって、全国どこでもあるものだと思っていたけど、ない地域もあるのだと初めて知った、27歳の夏でした。

夏の地図

テーマ:

今日は墨田区の納涼祭で盆踊り♪ 夕方から、一緒に行く親友S子の家におじゃまし、ピアノを弾きまくっていた。ピアノの横の壁をふと見ると、見慣れた文字のメモ書きが…んっ?私の字じゃん!(笑) そこには、


昨日は読むもの 明日は書くもの

6月と9月にはさまれたのが 夏じゃない


と書いてある。

「…?」

「あーっ!ハイロウズの歌詞だ!」


メモ書きには日付まで書いてあり、2000年○月×日と。何を思って書いたかまったく覚えてないのだが、その当時よっぽどその曲を気に入っており、自分がグッときた歌詞だけ書いていたのだ。S子によると、最近部屋を片付けてたら出てきたらしい。うわ~、寒いな、私(笑) けど、残ってたことがすごくうれしかった。


これは、ハイロウズのアルバム「ロブスター」の最後の曲、「夏の地図」。とってもシンプルな歌詞なんだけど、とっても深い。

「6月と9月にはさまれたのが夏じゃない」って言葉が、今の自分にすごく染みたのだ。もうすぐ夏が終わってしまうことに淋しく感じつつある今、自分にとっての「夏」は、どこにでもあるってことなんだよな~と当時感銘したことをまた思い出し、ちょっと元気になった。そして改めて、ヒロトに感謝。

…ややくさい話になってしまったが、そういうこと、ありますよねん。

やきそばーん

テーマ:

yakisova


やばい。2日つづけて、夕飯が焼きそば。給料日まで10日もあるのだが、暑いから…という面倒くささと、痛みやすいから心配、という理由でお弁当を作ってないため、しわ寄せは夕飯にくるわけで。飲み会とか、週末のおでかけとか、出費の予定もありますし。。。

しかし、「やばい」とは言ってみただけで、むしろ、好んで焼きそば。ビールとの相性ばっちり! 素材はすべて、「キュッキュキュキュッ♪」でお馴染み、SHOP 99で調達。きざみのりって、「自分で切ればいいじゃん」と買ったことなかったのだが、あると便利なのね~。やきそばはもちろん、冷奴にかけたり、ラーメンにのっけたり、地味~にパンチが効くんですな。

今日さっそく届いた東京事変のDVD「Dynamite out 」を見ながら完食。そして、ぷはーっ。


ウィンナーって、すばらしいよね。

サマソニ初体験

テーマ:

samasoni


ひょんなことからチケットが舞い込み(ラッキー!)、急遽サマソニ2日目に行ってきた。2日間参加の姉夫婦と、海浜幕張で待ち合わせ。さすが2日目はチケットが売り切れただけあって、きのうとは人の多さが違うそうな。 フジロックやエゾロックなど、自然を満喫しながらでこそフェスでしょう、と思ってる者の立場から見ると、なんで夏フェスなのに、屋内のうすぐらーいとこでやるの、とか、太陽照りつける下、アスファルトの道を歩いて移動するだけでテンション下がる…とか、不満は多々あるものの、見たライブはそれぞれ楽しめた。あと、お姉ちゃんのおにぎりおいしかった。ありがとう。


【見たアーティスト】

RIP SLYME 最後の15分くらいだけ。楽園ベイベー♪

SAKEROCK めちゃ最高!曲&演奏もかっちょよいし、MCのセンスにはまりまくり…。またライブ見たいにゃー。星野源くんの笑顔がたまらん。放水シャワーも気持ちよかった!

DEATH CAB FOR CUTIE 初めて聴いたのだが、いいかんじ。ちゃんとCDでも聴いてみたい。(事前にすすめてくれたTさん謝謝!)

THE MICETEETH 夏のビーチに彼らの音楽が似合わないわけないわけで。。。ライブで見たのは初めてだったけど、心地よかったぁ。もっと酩酊してから踊り狂いたかった(笑)

ASIAN KUNG-HU GENERATION 最後の2~3曲だけ。人いっぱいだったなぁ。

KASABIAN 思った以上にライブがよかった!次があったので、後ろ髪を引かれながら途中で退散。イケメンのvocal or guitar(?)は、PRADAのモデルとしてオファーがあるとかないとか…?!

TEENAGE FANCLUB 1st&3rdの曲が中心だったみたい。想像してたより年配のメンバーで驚いたが、”ハーモニー”は美しかった。うん、よかった。

THE LA'S 生「There she goes」聴けました!演奏はマイペースにたんたんとすすむかんじでしたが。。。

oasis 30分くらいだけ。マリンスタジアム超満員だったなぁ。相変わらず、あのかんじ。

高校時代にタイムトリップ

テーマ:

今日は高校時代の男友達、N朗の新居に、親友K子と遊びに行った。この3人の関係は不思議なもので、ふだんよく遊んでる(高校時代からの)友達とは違い、しょっちゅうメールしたり、会ったりしてるわけではない(K子とは会ってるけど)。 でも、高校を卒業して社会人になってからも、なんだかんだ1~2年に1回は3人でつるんでいた。なんとなく「ドライ」な関係が心地よいのかも。

去年N朗はパパになり、そろそろ会いますか、てことで、K子と浅草で赤ちゃんのお祝いを調達してから、東武伊勢崎線で蒲生へ向かった。オートロックの素敵なマンションで、赤ちゃんもかわいい~。人見知りするらしいんだけど、「人見知り=泣く」じゃなく、内弁慶になるタイプ。女の子だからか、ときどきみる仕草が、女らしいのよねん。


夕ご飯@焼肉屋で、真剣20代しゃべり場トーク。3人とも部活に青春してたので、高校時代の話にトリップしたり、それぞれ今の仕事についてや、人間関係について熱く語ったり、ひさしぶりに昔のあだ名で呼ばれ、こしょばかったり(笑) だってその呼び方、今ではN朗しか呼ばないんだもん。考えてみたら、高校時代のことも、この3人でしかあまり話さないかもなぁ。


結婚してる同い年の友達はけっこういるけど、「夫」でいろいろ話せるのは奴だけで、ふだんは「妻」側の話ばかり聞いているので、なるほどなぁ~と思ったし、やっぱ、えらいよ! 誰がえらくて誰がダメっていうことではないけど、同い年で、結婚して、ちゃんと生活してる友人は、すげぇなーと単純に思います。まだまだ自分、己に甘いっすから。。。また気が向いたころ、遊びましょう。今日はほんとに楽しかった!

ご当地もの

テーマ:

momo   ringo


今日は水曜日。2週間たまった「水曜どうでしょう」のビデオを一緒に見るために、ご近所のU子の家で夕飯をゴチになった。彼女は先週、東北祭りのはしごをしてきたらしく。秋田かんとう祭り→青森ねぶた→仙台七夕祭りと、それはそれは魅力的な夏休みだったようで。旦那さんが用意してくれた夕飯をいただきつつ、青森名酒「田酒」もいただいた。日本酒、得意なほうではないのだが、こういう言い方していいのかわからんが、ほんとに水みたいで飲みやすかった!今まで飲んだ日本酒で、一番飲みやすいかも…!なかなか手に入らないそうだが、東京でも飲める店あるのかなぁ。ご存知の方いたら情報お待ちしております。青森物産展とか要チェックだわ。


で、写真ですが、左の桃は、姉の旦那さんの実家から届き、おすそわけしてもらった桃。聞くところによると、お母さんが近くの畑 or 山(?)でもいできたそうな!数日おいたほうが熟すといわれていたけど、サクサクした桃も好きなので、たまらず1つ食べてみた。サクサク→ほんのり甘い→口あたりさっぱり→うまい~♪右は、U子のおみやげ、青森産濃縮還元100%りんごジュース。これで割った焼酎もうまかったなぁ。ご当地ものは、何よりうれしいお土産ですな。